「悔しさが一番の原動力」


オータムクラシック銀メダル、おめでとう。(ハビの金メダルを羨ましそうにチラ見の姿が可愛い)

新・SEIMEIの初お披露目は不本意だったと思うけど、けがが悪化しないことが皆の願いです。

オータムクラシック2日目・男子フリーもライスト観戦。
結弦クン登場。ジャージ脱いだ時の衣装の印象は、基本のデザイン変わらずで手袋なし?

(この写真でやっと細部の違いをチェック出来たボケボケな私です。)

ライストだと画質が劣るので襟元ちょっと違う?と思ったくらいで、他の部分をチェックする間もなかった。

(襟元に黄色が加わって3重。狩衣により近くなった印象。色も模様も、こちらの方が良い感じと私は思います。サッシュベルトもこちらの衣装のが映えますね)

演技が始まったら、ジャンプがあまりにも決まらなかったので、「膝?膝?」とそればかりが気になって仕方なかったし。

ビールマン抜くとか3Aで転倒も、調子の目安って思ってしまう。(^^;


ハビエルの点数聴いてやっぱり逆転されちゃった!って感じです。フリーでの155点台は2014年・中国大会以来って言ってましたね。SPとFSの点差が42点て言うのも、なかなか見られないスコアかも・・・

ライストではジャンプの成功を祈ることしかできません。
良い演技はリピートしますが、良くなかった演技は殆ど見直せないです。

自分用ジャッジスコア

フリーは総合5位(;;)。8本中ジャンプの失敗は6本。

ジャンプが大崩れでも演技構成点が9点台が多いのは、凄いです。

演技中も演技後も良い表情をしているので怪我は大丈夫かな、という印象です。(私の予想当たらないけど今回は当たって欲しい。)

ジャンプに精彩を欠いた理由も、小塚君がわかりやすい解説。
「4回転の練習を積んでいるから身体が4回転のタイミングに慣れている」

あとはフリーの難易度を落としたことで却ってリズムが狂ったのか?や、雑念が多くなって失敗を重ねたとの分析をしているのが、9月25日放送のeveryです。

pinoさんから動画をお借りし、キャプチャーもさせて頂きました。
http://www.dailymotion.com/video/k7wlXzwgF1CL4voLEj1


悔しさっていうのは一番の僕の原動力になるし
また新たな悔しさを胸にこれからさらに力つけて行かないとと思いました。」

(everyは2015年のNHK杯で世界最高得点を更新した裏には、前のカナダ大会での悔しい思いをバネにしたこにもちゃんと触れてくれました!。)

世界最高得点更新の翌日に、フリーの失速で、予想通りの「まさかの2位」報道でした(苦笑)

結弦クンは同じシーズンで天国と地獄を見る人でもあるし、「悔しい思い」をした次の試合や、「悔しいSP」の次の日に良いフリーを見せてくれるのだけど。

報道する側もわかってて、「まさかの2位」とつけるのでしょうか。

(袖の内側のゴールドも効いていて、正面から見てもこの衣装素敵です。
フリーでは珍しく素手で良かったですね!)
グランプリの初戦は5年連続2位のスロースターターだから、この結果は全く心配なし。

むしろ、早くにピークが来ちゃうよりいつも通りのスタートにホッとしています。

ここぞという時に強いことも、土壇場での底力も皆わかって信じているから。

試合後にこんなリラックスした表情や

穏やかな佇まいを見せてくれているから、怪我は大丈夫って思いたいし、思ってます。


ハビエルに、スペインの国旗掲揚だよ、と教えてあげるこの写真はライストをスクリーンショットで来ました。

(3位は地元・カナダのケーガン・メッシング選手(存じ上げなくてすみません。読み方もあったるのか。(^^;))

SPはパーフェクトだったから認めてくれたけど、やはりこの試合のジャッジは、辛い感じーっ
イタリアが気前がいいのか、謎ですがあまり突っ込まないでおきましょう。

写真と動画をお借りした皆様、ありがとうございました。

初戦、お疲れ様でした。
完璧なSEIMEIはグランプリの楽しみに。

ロステレ杯までに順調に調整できますように。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

ワールド・レコード更新おめでとう!


圧巻!完璧!お見事!でした。(日本からの応援がやはり凄い!)

羽生、圧巻のSP最高得点…「納得できる演技」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00050042-yom-spo
【モントリオール(カナダ)=永井順子】フィギュアスケートのオータムクラシックは22日、カナダのモントリオールで男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季初戦となる羽生結弦(ANA)が自身の持つSPの世界歴代最高得点を更新する112・72点をマークして首位に立った。
村上大介(陽進堂)は70・09点の7位と出遅れた。
来年2月の平昌五輪でソチ大会に続く連覇を目指す羽生は、4回転サルコー、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、4回転トウループ―3回転トウループの連続ジャンプと、すべてのジャンプを成功。このうち二つのジャンプの出来栄え点で3点満点を獲得した。スピンやステップもすべて最高難度のレベル4となる圧巻の演技だった。演技後は、「いい演技が出来た。納得できる演技で(世界歴代最高得点を)超えられた」と語った。


ライストをスマホとパソコンの両方準備。画質の方が断然良いスマホから観ることにし、フリーズに備えてパソコンもそのままでスタンバイしてました。

全てのジャンプを綺麗に降りて、スピンもステップも美しい最高のバラⅠありがとう!


右ひざに負担をかけないように4Loを4Sに変えてのサンドイーグルも美!

SPの3Aは心配ゼロだし、4T-3T(タノ)がとても綺麗でしたね。


完璧バラⅠで、2015-16シーズンより進化してるから点数を待つ間もドキドキ。
112.72!ワールドレコードを自ら更新おめでとうございます。やはりプーさんは戦友


世界最高得点が発表になった時のお顔です。表情豊かで可愛いですね。

本来予定の構成より難易度を落としても、世界最高得点を更新!!
ループを入れての完璧を見せてくれたらどこまで行くか、ワクワクしますね。
納得のいく演技が出来たことが一番嬉しい。

衣装はマイナーチェンジがあると思っていましたが、そのままでしたね。

ライストで観ていた時は、色がファーストシーズンの時の濃いブルーに見えたのすが、ネットに上がってきた写真を見たら同じでした(^^;

五輪シーズンだからこれから新調する気もしますが、そのままでももうOK!な感じ。

FaOIの時より、更に進化してることだけ!は感じました!やっぱり「バラⅠ派」と言い続けてきて良かった。(^^)

解説のお二人の“What can we say. A masterpiece!” “One word!”
が全てだと思いました。フィギュアの解説って、英語に堪能でなくても伝わってきますね。


順位・点数はは上のフィニッシュのポーズの横に出てます。元・トップ3がクリケット3兄弟というのが感慨深い。

演技とインタビュー、のキャプチャーは、pinoさんの動画からさせて頂きました。
http://www.dailymotion.com/video/k55hErFVay4uiPoJYJd
http://www.dailymotion.com/video/k1p2Z0iaMXRcWRoJV7U
お写真と動画をお借りした方々、ありがとうございました。

羽生選手を超えられるのはやはり彼自身。

オリンピックも無事に開催できるのか心配なところですが、今日は素直に彼の点数を喜ぶことにします。

もしかしたら、ファンの中でも「バラードⅠ番」というプログラムへの信頼感もあったのかもしれない。
彼が自分でいられる、滑っていて心地よいと語ったことで更にそれが増した印象。
あっそれはSEIMEIの方だっけ。でも二つのプロともそうだと解釈して良いということで!

(公式練習ではジャンプん苦しむような映像もチラリ。公式練習で調子がいい!のニュースの時の方が本番は良くない気がします。)

自分用ジャッジスコア

まずは膝が大丈夫!で、明日のフリーと今シーズンこのまま、行けますように。

SPが会心の出来だったことをまず、アップしてしまおう。(SP急いだからフリーはゆっくりでいいかな。)

最後まお付き合い頂いてありがとうございました。

「神様に選ばれた試合」と「愛ある贈り物」


結弦クンのモントリオール入りのお写真、映像が来るとドキドキしてきました!

右膝痛で、オータムクラシックの構成はシンプルにしたとの心配なニュースも耳にしました。

「大きな問題ではない」のブライアン談を信じて、無事に初戦を終えられますように!


平昌五輪のメダルも発表になりました。(彫が深いみたいなイメージ?)

公式練習のお写真をアップできないで試合になってしまうと思います(;;)

(縁起を担いで2015・GPFのSEIMEIです!)

五輪シーズンの「バラⅠ」と「SEIMEI」の全世界初お披露目が、楽しみすぎてどうしよう。

衣装がどうなるのか、バラⅠ。基本の形は変えてほしくない。色がマイナーチェンジだと良いな。


まずライストで観られますように。

Senior MenのSPライストは日本時間23日、8:40開始予定。(記載ミスがあって訂正しました。ここで検索する人はいないと思いますが念のため)
Skate Canada Patinage Canadaをフォローすれば見られると思いますーでごめんなさい。
http://www.dailymotion.com/video/x60qkns
美・スパイラルもやっぱり振付に入りそうで、みんな嬉しい♪

9月24日(日)PM1時55分~のテレビ朝日さん、「神様に選ばれた試合」で2015年GPFの真相を結弦クンが語ってくれる楽しみな番組。

(2015年・今なお世界最高得点であるグランプリファイナルを「神が舞い降りたかのような伝説の演技」と番宣のyou tubeより!)


オータムクラシックの放送もしてくださるようです。

(この場面でイライラしていたということ?)

(バルセロナはハビエルのホームでもあったし、彼は良い演技をし、結弦クンにはプレッシャーがかなりあったとは思う。)

(彼は何に対して怖さを感じたのか?(煽るのがうまいですね!)

(昨年長期療養を余儀なくされたリスフラン靱帯損傷は、この時既に起こっていたという事でせうか)

(もう!何を計算済みだったのか気になる度MAX!)

彼があの伝説の演技を自分で語ってくれるのだから、見るしかない!乞うご期待ですね。

***************************************************************************************

昨日から、羽生選手からファンレターやプレゼントのお礼が届きました!の喜びの声が届いてきました。

現地観戦をするようになって、私もお手紙をプレゼントBOXに入れさせて頂いてます。

ですが彼のBOXはいつもたくさんの贈り物やお手紙で溢れているので、「読み切れないだろう」と今年のFantasyではご遠慮しました。
だから私は頂けないと思っていたのですが、思いがけなく今日9 月21日に届きました。

Yuzuキャプテンから、Pyeong Chang 2018 へのファーストクラスのチケットと、ホプレガのチケットフォルダーです。

日付は2018年2月16日。10時。
平昌オリンピック男子SPの開始時間。(ホントにこれで平昌迄行っちゃいますよ。)

神様に選ばれた試合予告の羽生選手の映像のキャプチャーは、https://www.youtube.com/watch?v=Su-qVV6D4Is演技はpinoさんの動画170910 新SEIMEI ジャンプ構成 トロント公開練習よりさせて頂きました。

写真と動画をお借りした方々ありがとうございました。

このお心遣いは羽生選手のお母様。今回のお手紙、プレゼントのお礼は4年前にお手紙を出した方にも送ってくださっているようです。愛ある贈り物をありがとうございました。

(まさかこれをアップする日が来るとは思いませんでした。こちらはオリンピックシーズンの応援のお礼という事でくださったのかな。届いたのは2014年末か2015年初めか迄覚えていないのですが、腰が抜けそうになりました(^^;)

大勢のファンへありがとうございました。2014年のNHK杯後に頂いた、スケート靴のチャームと共にずっと大事にします。
これからもずっと結弦クンを応援させて頂きます。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

「再びの羽生先生」と「言えないよ・2017」


「言えないよ」の演技も良かったし、宙君が素直でかわいかったな。

今年は演技も収録。武道館にも行かずで、負担が少なくて良かったと思ってるファンはきっと多いと思う。

2017年の24時間テレビはマラソンランナーがなかなか発表にならなかったのは、良い進行とは思えなかったけど、それは割愛します。羽生選手のブログですので(笑)

「羽生選手が自分と同じ喘息を持つ少年にスケートで元気づけ、郷ひろみさんとコラボしてアイスショーをする」が番組の内容ではありますが、それだけではなく。

彼の優しさ・人を思う気持ち、越えてきた試練が伝わってきて、温かい気持ちにさせて頂きました。

(これは宙君に「今、何(の練習)がんばってるの?」と、とても優しく語りかける姿)

宙くんは、シャイで自分からあまり話さない。
テレビ電話で初対面した時も、「びっくりしてるね。緊張するよね」と優しく語りかけ、


初対面の時も、自分から、「こんにちは。初めまして。よろしくお願いします」
って、緊張ほぐしてた!

「何を練習したい?」って最初に訊いたのは彼がブライアンやトレイシーから
「今日の予定は?」とか「今日は何したい?」と聞かれるからかなぁ。


宙くんのこの動作で、なんで「ハイドロ」ってわかったのか不思議。(^^;


ジャンプ練習は、宙君ご希望の「ダブルトーループ」
(「先生」の目になってキラッ☆)


「キュッ!」擬態音だけど通じて跳べるようになっちゃった。
伝わるものあるんですね。宙君も感覚の人?


お揃いのUA・チャコットのジャージが兄弟みたい。

羽生先生は厳しめ?やれる!出来る!と思ったら愛情込めて厳しくなるのかも。

奈々美先生やブライアンの愛情こもった指導を引き継いで、絶対良い先生になりますね。


3年ぶりの郷ひろみさんとの共演「言えないよ」の演技も素晴らしくて涙。

宙君は、映像でなくて生でご覧になってたんですね。(いいな。2014年の幕張行けたのね。)


4Tがエアリー、ふわっ。(技術表現する言葉を持ちません)
大好きな3Aの時は、宙君もキラキラ。


至近距離で、美・ビールマン。良いなーっ。(こればっか)

ジャンプ構成、4T → 4T → 3A(エキシビの構成なのでしょうか・・・)


(このうなずき方も可愛い。)

宙くんは結弦クンが構成を上げて滑って見せてくれたこととその意味を理解して、彼のように「挑戦するスケーターになりたい」って言ってくれた。結弦クンも絶対嬉しかったはず。


「僕を通じて気持ちが強くなる、勇気を出せるきっかけになれればいいと思います」
今回の24時間テレビのテーマにもきちんと触れて、穏やかに語る姿にも釘づけ。

郷ひろみさんが、ご自分は一歩引いて羽生選手と宙君の為に歌って下さったことに優しさを感じました。


そんな郷ひろみさんにも敬意を表して、「こんな偉大な方と一緒に作品を作ること幸せ」と言う結弦クンも素敵で、既に偉大な存在なのですよ。


宙君のこと、これからも見守って応援する人が増えると思います。私もでーす。

余りフィギュアをご覧にならない方の「とても良かった!」感想が多いようで嬉しいです。
恐らく多くの方の心に残ったであろう言葉が


「みんなと違う経験をしているかもしれないけど、自分にとっては普通じゃない?
だから別に人と比べる必要はないよ。」

ごく普通に語りかけていからこその、「自分にとっては普通」この言葉が心に響きました。

ぜんそくの発作も相当苦しいはず。コントロールしながら練習することを「自分にとっては普通」と言い切れる。

時々彼を、妖精・天使と「人ではないもの」にたとえたくなるのはこんな、全てを超越した何かを感じるからでしょうか。
私も勇気をもらったと断言します。ありがとう。


2012年フィン杯のフリー後に倒れ込んだのも、持病からだったのも今回知った方も多いようです。
難易度のあがったフリーで「バテちゃってたか」と思っていたのは、私だけではなかった。

(当時はグランプリシリーズの前に前哨戦があるなんて知らなくて、このフィンラディア杯は、オリンピック直前に動画で観ました。)


ヘルシンキワールドの時も、大変な中で神演技してくれていたんですね。

発作が出てしまったのが前日や当日でなくて2週間前だったことで、やはりあなたは「スケートの神様に愛されてる」と改めて思いました。

今回のキャプチャーはpinoさんの動画、170826 24hTV 告白 少年と夢のアイスショーwith郷ひろみ
からさせて頂きました。

写真と動画をお借りした方々、ありがとうございました。


今回の結弦クンは持病について話してくれて、携帯している薬も見せてくれた。
それも「勇気を出しての告白」だったと思います。

今回は、自分と同じ病気の「ぜんそく」の少年に勇気を持ってもらう事にとどまらずに、たくさんの方々にも、それぞれの胸に響くものを届けてくれたとも強く感じています。

オータムクラシックでの「バラⅠ3.0」と「SEIMEI2.0」のお披露目を楽しみにしています。
(ラストは宙君に何気にクワド挑戦を促すちょっとドSな羽生先生で。)

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

「花になれ」を舞う綺麗な羽生先生


羽生先生、その美しさは「反則」です(>_<)

8月16日に横浜で行われた神奈川区制90周年の記念行事。
「真夏の氷上カーニバル」として行われたエキシビションとスケート教室。

エキシビションで滑ってくれたのは、「花になれ」。

全演技の映像は観られていませんが、各局の映像で断片的にはいってくる演技はやはり美しく。

ジャンプ構成は、4T → 3A → 4T(むつかしい入り方から)

スケートファンが集うアイスショーでなくても高難度ジャンプを跳んで、「本物の技」をしっかりと子供たちに見せてくれた。

彼にとっては、東日本大震災で「アイスリンク仙台」が使えなかった期間、練習場所としていた思い出のリンクでのアイスショー。

オリンピックシーズンの夏でも、お世話になった所でのイベントにはしっかり参加する。
そんな姿に皆惹かれる。

彼の演技を見る子供たちの眼がキラキラしていたこと。

彼の演技にスケート観戦はしないであろうお父様たちまでが魅入っていたこと、などの感動が短いニュース映像から感じ取れました。

久しぶりにみたお花衣装が、いまだなお似合ふ。

エキシビの後はスケート教室で、初の「羽生先生」へ。

「ある程度経験のあるお子さんに教える姿」をイメージしていたのですが。

全く初めてと見られるお子さんが多くて、それは大変!思ったら。
何かとってもいい感じ!

(この、「あら、いいじゃない」がツボすぎます)

「上手!」「上手いねー」と優しく声を掛けて褒めて伸ばすタイプだった!

世界ランク1位の結弦クンが、スケートは初めての子供たちにわかりやすく細やかに教えてる姿が微笑ましすぎて幸せ。
子供たちを見守る視線が優しい(^^)/


習っているお子さんにはレベルにあった教え方もしていて、凄いなって思っちゃいました。
(こちらの女の子には、「コマみたいにキューンてされてるような」とスピンのアドバイス)

結弦クンは絶対良い指導者になる!

(この男の子はハイドロいけると思って指導したのかも(^^;)衣装がパリ散♪)

(個人的にはこの「マイク持ってのハイドロ」もかなりツボです。)

「たくさん失敗してそこから工夫しよう!」という深すぎる言葉を語る羽生さんの年齢が(22)と表示されているところが何とも・・・凄い22歳です!)

子供たちだけでなく、保護者の方(特にお母様)にとっては最高の夏休みの思い出になったと思います。

今回のお写真もたくさんの方々からお借りしました。
キャプチャーは、pinoさんの動画、https://www.youtube.com/watch?v=HlJhlp2PMYsと、https://www.youtube.com/watch?v=HlJhlp2PMYsからさせて頂きました。

写真と動画をお借りした皆様ありがとうございます。


皆さんの応援のパワーを持って、このシーズン頑張ってくださーい!!

初戦からドキドキですが、ピークを五輪に持っていかなければいけない難しいシーズンを、頑張って応援したいと思います。

最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。

自分らしくいられる・「陰陽師」再び


五輪シーズンのフリーが「SEIMEI」と聞いた時、新しいプログラムじゃなくて寂しい、と思ったのは正直な気持ちだ。

(靴ひもを結ぶ姿も麗しい。エッジカバーが変わりましたね^^)

平昌後の展望が予想不能なこともあって、出来るだけ多くのプログラムが観たいという願望があった。

だけど次々に入ってくる練習の映像とインタビューを見て、やはり良い選択だと思った。

(佇まいが美しすぎて、それだけで涙が出ます)

彼自身が2015-16シーズンの時既に、オリンピックシーズンにもう一度このプログラムをやると決めていた強い意志。

「自分らしくいられる。滑っていて心地よい」と語るほど相性がいいのなら、そのプロを滑るのが良いんじゃないか。

「SEIMEI」は結弦クンに合っている。
笛や太鼓に合わせて舞い、陰陽師・安倍晴明を演じるこの曲は彼に良く似合う。

2015年のグランプリファイナルの時に2種類の4回転3本で出した当時の世界最高得点219.48は、ボーヤン・ジン、ネイサン・チェン選手が4Lz-3Tを成功させても越すことは未だできていない。

結弦クン自身が2017年のヘルシンキワールドで3種類4本の4回転(223.20)でようやく上回れた神プログラムでもある。

神プロが更にバージョンアップ。再演の今季は、3種類の4回転5本。

後半に持ってくる3本のうち2本が鉄板の4回転トーループなのでもう足の甲はすっかり大丈夫、なのかなって気になります。

(この恐ろしく美しいスパイラルはフリーの振り付けにあるのか期待してしまうんですけど~)

練習映像を観ていても、4Loは美着氷。
国別でいきなりやってくれた4T-1Lo-3Sは今回はきちんと構成に入っていて、とても綺麗だった。

SP・FSともに再演なので色々ご意見もあるようですが、概ねは賛成や喜ぶ声が多いかと思います。

「バラⅠ」と「SEIMEI」は最強のタグ。

自分に合った、身体にもなじんだ曲で構成の難易度を上げて表現に磨きをかけて連覇を狙って良いんじゃないか。

8月11日に公開された、websportivaさんの記事にも、今季のSP、FSがどれほど自分に溶け込んでいるかが語られています。

羽生結弦が語った五輪への戦略。「自分でいられるプログラム」を選ぶ

ルッツも跳べるようですが、今季は試合に入れないと明言。
ジャンプもミスした時、どんな状況でもリカバリーできるように対策していることも伺え、必ず金を狙っている強い意志、も感じました。

レツクレやホプレガがなかなかまとまらなかった昨シーズン。
今季はプログラムをシーズンの中で仕上げていく時間はなく、最初から仕上がった素晴らしいものを持ってくる必要がある。

websportivaさんの記事から、新しい物をやることの難しさも伺えましたが、「自分でいられるプログラム、勝負曲をこのシーズンにもってきた正しい選曲」と思います。

同じプログラムを滑ることは、ジャッジに新鮮味が欠けると判断され演技構成点で10点がつかないリスクもあるのだそうですね。(河合彩さん解説)

公開練習の映像を観てワクワクもしたので、その心配はないと思うけど新プロでないゆえの難しさもあるんですね。

衣装もどんなふうに変わるのかとても楽しみ。
(アイスショーバージョンのこの衣装も懐かしいですね。生地が硬そう)

「SEIMEI」には私自身も強い思い入れがある。

2015年・長野NHK杯。最初のジャンプが決まったと同時にノーミスを確信し、彼がゾーンに入って行く、そんなに簡単に出会えない場にいられた奇跡の4分半。

平昌で、再現してくれたらうれしい。

オリンピックの魔物も、自ら陰陽師として取り払って平昌でも金!。

今回もお写真、多くの方々からお借りしました。ありがとうございます。

神奈川のイベントや、24時間テレビが迫っているので、間もなく帰国ですね。

(やはり公開練習にはANAジャスでスーツケースガラガラでの登場♪)

元気に帰ってきてくれるのを楽しみにしています。

来月にはオータムクラシックが始まるので完全にシーズンモードに突入です。

スカスカの繋ぎみたいな記事なのに、とても時間が掛ってしまいました。(T_T)
と、公開練習まで頑張ったからしばらくゆっくり応援しようと思います。(^^)/

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。