自分らしくいられる・「陰陽師」再び


五輪シーズンのフリーが「SEIMEI」と聞いた時、新しいプログラムじゃなくて寂しい、と思ったのは正直な気持ちだ。

(靴ひもを結ぶ姿も麗しい。エッジカバーが変わりましたね^^)

平昌後の展望が予想不能なこともあって、出来るだけ多くのプログラムが観たいという願望があった。

だけど次々に入ってくる練習の映像とインタビューを見て、やはり良い選択だと思った。

(佇まいが美しすぎて、それだけで涙が出ます)

彼自身が2015-16シーズンの時既に、オリンピックシーズンにもう一度このプログラムをやると決めていた強い意志。

「自分らしくいられる。滑っていて心地よい」と語るほど相性がいいのなら、そのプロを滑るのが良いんじゃないか。

「SEIMEI」は結弦クンに合っている。
笛や太鼓に合わせて舞い、陰陽師・安倍晴明を演じるこの曲は彼に良く似合う。

2015年のグランプリファイナルの時に2種類の4回転3本で出した当時の世界最高得点219.48は、ボーヤン・ジン、ネイサン・チェン選手が4Lz-3Tを成功させても越すことは未だできていない。

結弦クン自身が2017年のヘルシンキワールドで3種類4本の4回転(223.20)でようやく上回れた神プログラムでもある。

神プロが更にバージョンアップ。再演の今季は、3種類の4回転5本。

後半に持ってくる3本のうち2本が鉄板の4回転トーループなのでもう足の甲はすっかり大丈夫、なのかなって気になります。

(この恐ろしく美しいスパイラルはフリーの振り付けにあるのか期待してしまうんですけど~)

練習映像を観ていても、4Loは美着氷。
国別でいきなりやってくれた4T-1Lo-3Sは今回はきちんと構成に入っていて、とても綺麗だった。

SP・FSともに再演なので色々ご意見もあるようですが、概ねは賛成や喜ぶ声が多いかと思います。

「バラⅠ」と「SEIMEI」は最強のタグ。

自分に合った、身体にもなじんだ曲で構成の難易度を上げて表現に磨きをかけて連覇を狙って良いんじゃないか。

8月11日に公開された、websportivaさんの記事にも、今季のSP、FSがどれほど自分に溶け込んでいるかが語られています。

羽生結弦が語った五輪への戦略。「自分でいられるプログラム」を選ぶ

ルッツも跳べるようですが、今季は試合に入れないと明言。
ジャンプもミスした時、どんな状況でもリカバリーできるように対策していることも伺え、必ず金を狙っている強い意志、も感じました。

レツクレやホプレガがなかなかまとまらなかった昨シーズン。
今季はプログラムをシーズンの中で仕上げていく時間はなく、最初から仕上がった素晴らしいものを持ってくる必要がある。

websportivaさんの記事から、新しい物をやることの難しさも伺えましたが、「自分でいられるプログラム、勝負曲をこのシーズンにもってきた正しい選曲」と思います。

同じプログラムを滑ることは、ジャッジに新鮮味が欠けると判断され演技構成点で10点がつかないリスクもあるのだそうですね。(河合彩さん解説)

公開練習の映像を観てワクワクもしたので、その心配はないと思うけど新プロでないゆえの難しさもあるんですね。

衣装もどんなふうに変わるのかとても楽しみ。
(アイスショーバージョンのこの衣装も懐かしいですね。生地が硬そう)

「SEIMEI」には私自身も強い思い入れがある。

2015年・長野NHK杯。最初のジャンプが決まったと同時にノーミスを確信し、彼がゾーンに入って行く、そんなに簡単に出会えない場にいられた奇跡の4分半。

平昌で、再現してくれたらうれしい。

オリンピックの魔物も、自ら陰陽師として取り払って平昌でも金!。

今回もお写真、多くの方々からお借りしました。ありがとうございます。

神奈川のイベントや、24時間テレビが迫っているので、間もなく帰国ですね。

(やはり公開練習にはANAジャスでスーツケースガラガラでの登場♪)

元気に帰ってきてくれるのを楽しみにしています。

来月にはオータムクラシックが始まるので完全にシーズンモードに突入です。

スカスカの繋ぎみたいな記事なのに、とても時間が掛ってしまいました。(T_T)
と、公開練習まで頑張ったからしばらくゆっくり応援しようと思います。(^^)/

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

郷ひろみさんと、3年ぶりの共演


24時間テレビでコラボする大物アーティスト、すぐ発表になりましたね。(^^)/


「今回僕は郷ひろみさんとコラボレーションして、アイスショーをします」

もう少し若い方かなと言う気もしたし、you tubeで観た予想動画の「福山雅治さん」か、ご自身も喘息だったという「YOSHIKさん」かもしれないに納得していたら意表を突かれました。


以前共演したことのある大物アーティストなら、「郷ひろみさんか、藤井郁也さんがいるな」って考えたんですけど、いつも文が長くなるので書きませんでした。


2014年のファンタジーオンアイス・幕張で、結弦クンは郷ひろみさんの「言えないよ」でオオトリで滑ってますよね。

私は家で生中継を見ていたのですが、今回結弦クンと一緒にスケートの練習をする少年も同じ映像を観たんですね。^^

その公演を録画したブルーレイディスクが再生不能になってしまっていたので今回、お久しぶりにyou tubeで観てみました


金メダリストになったばかりのまだまだ可愛らしい結弦クン。
きっと、郷さんも彼の笑顔が素敵!と思ったんでしょうね。

この衣装も素敵ですよね。私もですが、大好きな方多いのではないでしょうか~。
最初のお写真の彼も、とても綺麗ですね。

The Final Time Travelerの衣装は、こちらが浮かんでしまうけど

初演の時はこの衣装だったのですよね。懐かしいです。(身体、今よりさらに華奢(^^;)

男の子と昼間に一緒に練習した後、夜に中継で郷ひろみさんの生歌で滑るのかな・・・。
プログラムは少年のスケートが大好きになったきっかけの「言えないよ」だと思いますよね。
カメレンゴさんの振り付けというのが珍しかったので、覚えてます。

郷ひろみさんが、1曲だけしか歌わないと言うのも何なので・・・「Gold finger」か、「億千万!」も滑ってくれたりして??← あくまで妄想です。

公開練習も、8月8日、9日等の噂を聞きましたが全録ブルーレイでいつでもスタンバイOK♪

ついに、フリーの曲が発表だろうってことで改めてドキドキ。

「SEIMEI 2.0」説もありますが、SPが3シーズン目だからFSは新プロって思ってます。

私自身は「何が観たいのか」も、わかんなくなってきましたっ!

彼はセンスが良いし、いつも自分の意志がしっかりとあるので楽しみに待つのみ!です。

公開練習って、ANAジャージ姿にスーツケースガラガラ引いての登場で、

靴ひもバババッて結ぶシーンから始まるイメージが脳内に定着してまーす。
(靴ひもバババのイメージ画像です。(笑))

お写真たくさんの所からお借りいたしました。

24時間テレビの宣伝番組のキャプチャーは、YzRikoさんの動画
http://www.dailymotion.com/video/x5w2j4xからさせて頂きました。

「言えないよ」の郷さんとの共演シーンのキャプチャーは、beeeeeさんの動画からさせて頂きました。
https://www.youtube.com/watch?v=MRfI_qeUuEU
お写真と動画をお借りした皆様、ありがとうございました。

既出ではありますがヒロミ・ゴウさんとコラボのことを先にアップしておけば、公開練習の記事は単独でゆっくり書けるかなと思ったりしています。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

五輪シーズンの7・8月/24時間テレビ2017


カラカラの砂漠、と言うよりは良い具合にめぐみのオアシスが点在してくれているオリンピックシーズンの7月・8月だと思う。

お久しぶりの更新で、充電期間(ともいう)はFaOI新潟公演の演技とアンコールパリ散シーンを鬼リピ。
当然幕張・神戸のバラⅠ、キャッツアイになだれ込み。テレ朝チャンネルの国別特集コースがお決まりでした。

ヴィンセント・ゾウ君のインスタでのお写真も見られ、24時間テレビ出演の発表も早々とありましたね。(このお写真はほとんど、マッシュルームのチビゆづと変わんなーい。(^^)

(こちらは日テレさんの番宣用なので、前髪整ってます。)

シーズンフォトブックのたくさんの笑顔に癒されてもいました。フォトブックさんよりお写真一部お借りしました。
気持ちが塞ぐことも多々あるが、結弦クンの笑顔と演技で幸せになれるから良しとしよう。

更新頻度が高ければ一つ一つを丁寧に書けるのに、纏めて書いてしまうので毎回内容に深みが無くてスミマセン。

2017年の24時間テレビのテーマは「告白」「勇気を出して伝えよう」

今回の結弦クンの告白は、
報道されていることなので認識はあったけど、彼が自ら持病のぜんそくのことを話すのを聞くのは初めてのように思う。

2015年のグランプリカナダ大会でもその影響があったようだが本人から語られることはなく新聞で知った。病気を決して言い訳にすることの無い彼がどのように語るのか見届けたい。

今年の24時間テレビは、結弦クンが自分と同じ喘息を抱えながらも「羽生選手」に憧れてスケートの練習に打ち込む少年と一緒に練習するという企画。

結弦クンにスケートを教わる男の子。カナダの結弦クンとサプライズでのテレビ電話対談☆
結弦クンに(羽生選手の)「何のジャンプが好き?」と聞かれて「トリプルアクセル」と答えるところがただ者じゃありませんね。(^^)

このVTRの前髪は無頓着で、笑ってしまいました。マイカット・ママカット疑惑も浮上(笑)


「怖さとか恐怖とかあると思うんですよ。勇気出さなきゃいけない時って。
でもそれって一生懸命何かやろうとしている時に感じることだから。

それを感じてるってことはもうすでに勇気を出せているから、そのままがんばれば勇気って出るんじゃないかなって思います。」

彼自身を「勇気のある人」と考えたことがなかった。

メンタルが強い、ブレない、強い意志と向上心を持った人と思ってはいたけど。
常に期待やプレッシャーと闘いながら逃げないから、勇気ある人だったのね、と気づかせてくださった日テレさんありがとうございます。

でも、演技は収録でお願いしたいです。m(_ _)m
少年にスケートを教えるだけでなく、番組内のアイスショーで何を滑ってくれるのか?

大物アーティストのコラボということですが、どなたなのか?も気になる。


このシルエットだと男性っぽい。
大物アーティストの持ち歌で作られたプロを滑るのかな。賢二先生振り付けで。
プラスNotte Stellataとか(笑)

私事で申し訳ありませんが、昨年の24時間テレビは手術後4日目という状態で病室で観ていました。大部屋の空きがなく個室だったので、消灯時間を過ぎていましたがLIVEで見られました。

体力をかなり消耗していたので起きているのが辛くて、とにかく早くゆづ!と思いながら登場を待ってました。
ようやく出番が来てこの姿を見た時、張りつめてた気持がふーっと緩んだのが忘れられません。

演技終了後、被災地の方にメッセージを届けるのを見た後爆睡、だったのも覚えています。

リスクを背負っての手術でしたので、私にとっては昨年が「勇気を出す」年だったのでしょう。

もうすぐ1年。24時間テレビを見る度にこの時手術だったんだよね、と毎年思い出すことが出来るのが幸せなのだと思います。
オリンピックシーズンに間に合ったのが一番の幸運と感謝しています。

8月1日のNHKニュースでは、あと半年に迫ってきているせいか平昌オリンピックの話題も取り上げられました。

現地の映像も流れると、いよいよだな…という気持ちになってきますね。

今回のお写真は日テレ、websportivaさん、多くの方々からお借りしました。キャプチャーは、pinoさんの動画、170730 「告白」少年と夢のアイスショーと、170801 平昌オリンピック会場公開・メダルに向けて日本勢活躍に期待
及び被災地に愛を込めてくまモンとコラボ、一夜限りのアイスショーからさせて頂きました。いつもありがとうございます。

新プロ発表も気になりますが、まずは8月の神奈川でのエキシビション・子供たちへのスケート指導と、24時間テレビの2つのイベントが滞りなく済みますように。

2つのイベント、共通点は「羽生先生」(笑)
自身がすぐにコツをつかんでしまう彼が、子供たちにどんなふうに教えるのかとてもみたい。
「シュッとやれば跳べるよ」はさすがに織田君向け、だと思います・・・よね。

新プロ発表は24時間テレビ後だと予想していますが、今季は想像がつきません。

特別なシーズンなので目の前のイベントやお仕事を一つ一つクリアして、良い状態で初戦を迎えてほしい。
応援する側の緊張感も増しています。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

「FaOI 2017全日程終了後のあれこれ」


楽しかった新潟公演からまだ10日程しか経っていないのに、キャンペーン・テレビ放送・嬉しいお写真公開等、色々あって自分が追うのが精いっぱい。

ようやく記録しようと思えました。(^^;)

最初のお写真はFaOIさんのFacebookより、新潟公演での「バキュン!」

他のお写真などでも思ったのですが、結弦クン、ハビより背が高くなってる気がするんですよねーっ。公式発表の身長は変わらず171cm。でも絶対もっと伸びてる!とは思いますがご本人が教えてくれないから仕方ない(笑)

(新潟公演最終日の、ずべっとこけてフィニッシュに間に合わなかった立膝バキュンのお写真。公開後にFaOIさんがFacebookに追加してくださったようです。しばらくお休みすると思うので私もお借りして貼らせて頂きます。結弦クンばかり見ていたので、昌磨君と真凛ちゃんのいい感じも、明子さんのリフトにも気づかずすみません(汗))

昨年の夏より再びの東京西川さんのキャンペーン。

6月23日開始の東京西川さんのクリアファイルキャンペーンを知った時、新潟で最高の時間を過ごせたのだからもうグッズは良いんじゃないか、と本気で思った。

ですが、当日は近所のヨーカ堂で実施することを確認して9時の開店時間前にお店の前にいました。(^^;)

自分にコレクター気質の部分があったことに気づかされました。

対象商品2000円お買い上げにつき1枚で全4種。

とはいえ、2000円ピッタリのものはヨーカ堂でもありませんでした。税込2700円の敷きパッドとか。デパートに行かれた方などはもっとお高めの対象商品しかなかったようです。(;;)

一枚2000円以上のクリアファイルです。(苦笑)

ヤフオクの方が安く手に入ったかも・・・今回のファイルはそちらで買っても良かったかな・・と言う気もちょっとします。

ですが自分でお迎えに行くことに意味もある、と自分を納得させ他で節約。

キャンペーン実施期間は6月23日~7月31日ですが既に終了しているかも?
な、東京西川COOL SLEEPキャンペーン

そんな中、関西の方で放映されたFaOI神戸の映像は、「キャッツアイ」のアングルが違う。

ずっと、側転?と思い切り勘違いしていた結弦クンの得意技は、「ロンダート」と言うのだと最近学ばせて頂きました。(笑)

BS朝日では思い切り切られていましたが、関西版では「ロンダート、切れてないよっ!」
と感激された方、多いと思います。


織田クン・真凛ちゃん・鈴木明子さんとのトークや、明石焼きをほおばる姿も見られました。

「食が細い」と言われ続けている彼が、美味しそうに食べている姿って貴重だし嬉しいんですよね。


演技後のインタビューもたっぷり。だけどその分、OPやフィナーレ部分が少ないかな?

Mさんより動画をお借りしました。一度削除されてしまったものを最アップして頂き、ありがとうございます。キャプチャーもさせて頂き、重ねてお礼申し上げます。

Kobe 1(Opening)
Kobe 2(Talk oda yuzu akko marin)
kobe 3(Y- Finale)

プルシェンコさんのインスタのこのお写真の笑顔がかわいいんですが、筋肉に釘づけ!

脚を見せてくれてますがファンサービスではなく、プルシェンコさんのマッスルマンに近づけようとしていると思われます。

ホントに脂肪がない。(^^)血管にすら喜んでしまいました。
この足で華麗なジャンプが繰り出されているんですね。

絶対王者じゃなくって「ただのプルオタ」になってるところが微笑ましすぎる(^^)/

記事に貼っておけばいつでも見られるということで写真お借りしました。ありがとうございます。

平昌五輪代表発表の場でもある、年末の全日本選手権12月20日~24日の開催が、「武蔵野の森総合プラザ」であることも発表になり、新しいシーズンに入ることを改めて実感しました。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/06/23/kiji/20170623s00079000131000c.html
個人的には収容人数が多いし、さいたまスーパーアリーナだと良いなと思っていました。

通える距離だからありがたいなんて思いましたが、その前に「チケット」ですね。(^^;)

8月は公開練習や、神奈川県でのイベント、そして今年も24時間テレビがあるようで7月の砂漠期間を乗り切れば、またすぐに会えるかな?

(猫耳つけた新潟千秋楽の彼。楽しそうに滑る姿がやはり印象的。)

24時間テレビに関しては、「夜遅めの生放送時間中に演技をしなくていいのでは」と言うのが彼のコンディションを心配するファンの意見としては多いようです。ワタシもそう思います。

7月1日が2017-2018シーズンインと言うことで、「明けましておめでとう」
という挨拶がかわされる、なんてことも一年を通してフィギュアを追うようになって知ったことです。

(ソチ五輪シーズン中に発売されたNumber Plus。この本の裏表紙である彼を見て衝動買いした時から、私の地球は結弦クン中心に廻りはじめたのかもしれません。ちなみに表は高橋大輔さんです。)

「パトリックや高橋君に演技で勝てるとは思わない。だったら僕はどんどんジャンプを跳ぶしかない」

そう言っていた彼に勝つために、若手たちがどんどんジャンプを跳んでいる。とてもとても時代を感じる1冊です。

五輪シーズン開幕まであと3日。怪我なくシーズンを過ごして彼が大好きなスケートを楽しんでくれること。その上で結果がついてきてくれることを信じて、ずーっと彼を応援し続けます。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

猫耳・プー耳・神挨拶・FaOI 2017新潟


「ソチより嬉しい」「人生で一番嬉しい」

彼は最後の挨拶でそう語り、声は震えていた。その場に居られた私達も最高の時間を過ごせた。
そんなFaOI新潟・楽公演だった。


OPから、猫耳~っ。


結弦クンはそこらの芸人より遥かに観客の心をつかむのが上手い!
私達が何を望んでいて、喜ぶツボをすべて見透かされていた感じ。

猫耳は私達が観たがってるの知ってて、楽日まで封印していたのかな?(ヤラレました。)

「キャッツアイ」も日ごとにネコ化がパワーアップ!!何事も進化(^^)

(こちらは神戸のお写真。公演別でなくてごめんなさい)

初日の「キャッツ」は動きを追うのに精いっぱいで、ハビとの決めポーズもライトが眼に当たって、見にくかった~。

2日目と楽日はステージ寄りの北ブロックだったので、キャッツアイには神位置!!

腹チラもバッチリ。(見たいでしょ?みたいにまくってくださいました。)

と今は冷静に振り返っていますが、その時はひたすら興奮。

最終日は、ずべっとこけてフィニッシュに間に合わず立膝でバキュン。ハビもナイス反応。


本当はこうなるはずでしたが。立膝バキュンも可愛かったですよ^^

結弦クンの描写に終始してしまいますが、すべてのスケーターさんの素晴らしい演技に、「ありがとうございました」と申し上げさせて頂きます。

第二部の最後、結弦クンの登場。
恐らく、多くの方が待ちこがれていたに違いない瞬間。


初日は、暗かった会場にライトが灯った瞬間、真正面に彼の姿があって息をのんだ。

4Loは3日とも抜けたと思う。楽日は、コーナーギリギリのところで跳んだ記憶がある。

ステップも美しく妖艶にすら感じた。

最終日、私はスケートに魅入っていて最後にあぁ、ジャンプがあったんだと思いだした程だ。

大事な得点源の4T-3Tを忘れるくらいうっとりしてたんだと思います。(試合でそれはないと思うけど(笑))

安定の「4T-3T」は2日目だけ、転倒。

初日と2日目は「神戸のバラⅠ」に近くって、楽日はまた、「別物」に見えた。

それくらい上半身の動きは異なって見えた。

考えて振り付けを変えているようには見えず、曲に合わせて体が動くままに舞っている。そんな風に私は感じた。

バラード第1番のVersion3。衣装も含めてこれからがますます楽しみ☆

初日と2日目のアンコールはプリンス!!

「声援が足りない」って煽られて、またしても新潟で3日間叫びまくりました。

楽日に、嬉しすぎるサプライズ。

生ギターが奏でる懐かしいメロディ。鈍い私はすぐわかりませんでしたが~。
FaOI 2017・楽日のアンコールはパリ散!!

(ギターを弾かれたTakeo konnnoさんと握手。お写真インスタよりお借りしました。)

バラⅠ衣装でのパリ散。ヘランジ正面。3日間とも、北ブロックで自分ではラッキーだったと思っています。


フィナーレはプー耳!!(正確にはヘアバンドのようです)

すぐにプー耳とわかったし、最後に輪のセンターでスピンする時は外して手にもって廻ってました。挨拶の時にパンツのポケットに入れてるのも見えて眼福でした♪

最後のご挨拶の第一声。

「終わっちゃったー!」だったかな??

(スミマセン。私メモ取るより結弦クンガン見派です。)

覚えているのは部分だけ、順不動・言葉通りでなくニュアンスだけ抜粋します。

「自分の人生少ないんですけど、人生最高の梅雨でした!」

「去年はホントに何もできなくって・・・本当にスケートやってて良かったなって。ソチの時より嬉しいです。北銀さん・P&Gさん(スポンサーの名前を次々に挙げ)、CIC、真壁社長、僕をこの公演に呼んでくださってありがとうございました!!」


この神挨拶が、「みんなのニュース」でこの部分しか放送されませんでした。
フジテレビさん、ぜひぜひ放送してくださるよう心よりお願い申し上げます。

「最後に<ありがとうございました>聞かせてください」とファンに向かって言ってくれて。


無事に、結弦クンの「ありがとうございましたー!!」の後に、ファンの「ありがとうございましたー!!」

で、FaOI 2017全公演終了しました。
(画像は幕張のものでごめんなさい。イメージということでお願いします。m(_ _)m)

今回のお写真はFaOIさんのFacebook、websportivaさん等からお借りしました。
ありがとうございます。

羽生選手の猫耳・プーバンド、演技のキャプチャーはpino16-17さんの動画http://www.dailymotion.com/video/k599Eyd567LBKEnym9rhttp://www.dailymotion.com/video/k1LpuogiuZ4bYpnxMpWよりお借りしました。いつもありがとうございます。

いつもの如く遅れてのアップですが、今回、彼を無事に観に行けた自分の記録でもあります。

初日と2日目の挨拶も、断片的にしか覚えていないけど優しさはいつも感じた。
「今日は早く終わりたいんですよね。(遅い終演で次の日午前公演で大変でしたよね)ちゃんと食べてくださいね。自分こそか。何にも食べてない」

「言いたいこといっぱいあるんだけど~。へそ出してる人!冷えるから気を付けてくださいね。って俺か!」

毎回「一期一会」の「神挨拶」をありがとう。

全力の演技と共に温かい言葉の数々も忘れたくない大切な思い出になりました。

彼が楽日の挨拶で涙ぐんでいたようで、昨年の今頃が苦しい時期だったんだという事と共に、今年元気にスケートが出来る喜びをかみしめているのがとても伝わってきた。

オリンピック連覇は信じているけど、責任感にとらわれ過ぎず存分にスケートを楽しんでほしい、そんな気持ちにもなりました。

シーズンに入ったら最大の難関「チケット争奪戦」を突破して、また彼の演技を見られますように!!

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

最強の「バラⅠ」来ました・FaOI 2017幕張


幕張で3日間、どれほど叫んだことだろう。

キレッキレダンスに煽られ、初日は予想外のバラⅠ衣装での登場に狂気し、絶妙のタイミングでの「今季のショートプログラムです」のアナウンスに絶叫。

家から幕張までは決して近い訳ではないですが、無事にコンプリート出来ました。
神様、強運をありがとう。

スケーターの皆様至福の時間をありがとう。(といいつつ、レポは99%羽生選手です。)

おなじみのテーマソングと共にスケーターさん達が次々登場にどんどん高まっていく昂奮。

ハビ・ステファン・プル様の登場からさらに盛り上がってゆづ登場でMAX。


オープニングからキレッキレで客席、煽る煽る。(他の言葉が浮かびません)

大勢の中でも、ひときわ輝きを放ってました。

そして中西圭三さんの登場で「Choo Choo Train」へ。

初日はソロパートを南側で堪能。

氷上なのにこのダンスもすっごい!EXILEからオーディションなしで入ってって言われちゃうよ~っ!!

(2日目と3日めはショートサイドでこの後姿をがっつり観られてそれだけでもう天国。(^^))

Choo Choo Trainが終わって去る時もリンクに一礼をする姿にもウルッ。

5月28日のテレビ放映だと、第一部の大半をカットされてしまっていました。

私が特に印象に残ったのは、アンナ・ポゴリラヤさんによる悲劇の女性「アンナ・カレーニナ」

ハビの新SP。「えっ。五輪ではさすがに衣装は変えるよね?」と、はてなマークがついたのは否めません。

正統派がかっこいいのに。(個人的意見です)

ステファンの「戦場のメリークリスマス」も良かった。前から彼がデイビッド・ボウイさんに似ていると思ったこともあり感慨深かったです。

戦メリの後で、第一部終了のアナウンスが流れた。

初日は当然、「えっ。結弦クン第一部で滑らなかった!」となりますよね。(>_<)

「じゃぁ何を滑るんだろう?」「コラボ?新プロ間に合わなそう?」

2015年のように昔のプロを滑るの?お写真は「2015年・FaOIのVertigo」

昌磨君も第一部に新SPお披露目のみでコラボナシでしたから、やはり現役選手に配慮された、オリンピックシーズンならではのショー構成かもしれません。

と、第2部を楽しみながらも大トリであろう彼が何を滑るのか!!も気掛かりでした。

プルシェンコさんの「Sex Bomb」に大笑いして遂にバラⅠの衣装での登場となります。


「えっ?えっ?」と思ったのも束の間。
「今季のショートプログラムです」の紹介に場内騒然。


バラード第Ⅰ番。未だにショートの世界最高得点を破られていない自信作。
3シーズン滑ることはないと思っていただけに、嬉しさもひとしお。

「オリンピックシーズンはこれで来ましたかっ。」

初日と2日目は冒頭の4Loが抜けたけれど、あの美しい音楽に合った滑りはそのまま。

会場で私にわかった2015-16シーズンとの違いは、4S→4Loと、後半3A、ラストに4T-3Tを持ってきたこと。(皆さんそうですよね。スミマセン。(^^;))ステップ等は後でじっくり。

それでも、2015年のNHK杯以来に会場で観ることのできたバラⅠは変わらず、美しくて大好きなプログラムでした。

泣くことはなく嬉しい気持ちだけで観られた幸せな時間。

バラⅠ衣装でアンコールはプリンス!!


ズサーが初めて自分のいるサイドに来てくれてまたまた大叫び。(嬉)

楽日は4Loも決まって、ノーミス。観られて良かったです。

(こちらはフィナーレでの美しいレイバック・イナバゥアー)

ジャンプ大会も、参加してくれたけど、抑え目なのがわかって安心してみていられました。

で、3日間毎日シメのマイクパフォーマンス。


毎回、感謝の気持ちと「昨シーズンはつらかったけれど今年、皆さんの前で滑ることが出来て幸せです」と伝えてくれた。テレビではカットされたけど、プルさんの「Sex Bomb」凄く観たかったんだよねっ。(笑)

私達は皆結弦クンが元気に滑ってくれることが幸せで、毎回全力の演技を見せてくれる姿には感動と感謝しかない。

最終日は急病の方が出て、救急隊がいらしたようです。

ショーも一時中断。私の席からは様子が全くわかりませんでしたが、大事が無い事を願っています。

結弦クンも最後のごあいさつで心配していたし、私も他人ごとではなかった。
無事に3日間通えたことに感謝します。

今回のお写真は、デジタル朝日・スポナビ・共同・newscom・getty他の方々からお借りしました。

羽生選手の演技のキャプチャーはpinoさんの動画、2017FaOI幕張①および2017幕張②からさせて頂きました。いつもありがとうございます。

今回、初日と2日目に、「3!2!1!」で彼と同時に「ありがとうございました」
っていうべきなのかちょっと悩みました。
私は、彼の声を聞いてから、「ありがとうございました!」って返したかったので。


最終日はわかりやすく「僕が!2!1!ありがとうございました」って言ったらその後にお願いします」
って言ってくれたんで、彼の生の声も聞けて自分もお礼を言えた感じ。

あーっ。すっきり。

最終日のジャンプノーミスと力強いインタビューは、170528サンステ 楽公演 バラード1番・インタよりご覧いただけます。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。