天と地のレクイエム

羽生選手が金沢のFaOIでエキシビションで披露した曲名が、「天と地のレクイエム」
であることは、皆さん周知のことでしょう。
エキシビションとしてのタイトルは、「天と地のレクイエム」となっていますが、原曲は
東日本大震災 鎮魂曲 「3.11」

金沢で初めてあのプログラムの初披露に立ち合えた方はごく一部なので、曲名がすぐわかった方はほとんどいなかったと思います。
あの震災で命を落とされた方々のために作られた曲だったのに「誰も知らないピアノ曲」という情報が先行したのは、何とも切ない気がします。

You tubeから、演奏の動画お借りしました。

私も含めてこの鎮魂曲を知っていた人は少ないと思います。
羽生選手は人知れずその曲をずっと聴いてきたのでしょうか。
自分がこの曲で演じることで、いまだに苦しんでいる方たちに寄り添ってほしいと願っているのでしょうか。
東日本大震災の後にも、広島の土砂災害を始めあちこちで自然災害起こり誰がいつ被災者になってもおかしくい状況と思います。
震災があったことを忘れずに、細く長く被災地に対する支援をできる範囲で続けていきたい。
ボランティアに行くのはなかなか難しくて、微々たる金額を募金させて頂くことくらいしか出来ないけれど。
今の自分の率直な思いです。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。