長岡楽日情報を少しと「欲」について

織田クン、ホントありがとね。

長岡公演、昨日無事に千秋楽を迎えられたようです!
本当に、客席とリンクの近いアットホームな会場だったようですね。
行かれた方々が本当にうらやましいです。
(トップのお写真は織田信成さんのブログからお借りしました)

振付師の宮本賢二さんのブログに寄せられた長岡公演のコメントと、実際に行かれたのレポを基に文章を書かせて頂きます。

長岡公演で結弦クンは昼・夜共に1曲のみを披露。
1公演で2曲滑るものと思って行かれた方はショックだったようです・・・よね。
7月11日の昼公演で「SEIMEI」・夜公演で「天と地のレクイエム」を滑ったとのこと。
自分が新潟まで行って「天と地のレクイエム」を観られなかったら厳しかったかも・・・

7月12日の楽日は昼公演のみ。第1部終了後の情報をあげてくださった方、ありがとうございます。
プログラムは「SEIMEI」で、後半に3連続やったようです。
DOIとFaOIでは、3A-3Tしか披露してくれませんでした。
3A-1Lo-2Sだったそうです。(2Sは勿論、パンクしちゃっただけで本番では3Sですよねっ)
楽日のみ結弦クンが天と地のレクイエムを2部で滑ってくれたかは現時点で未確認です。申し訳ございません。

結弦君のこの夏のショーは19公演。
17公演、18公演行かれた方もいらっしゃるそうです。
遠征は家族の理解と協力がないとできないしほぼ毎週でしたからお疲れ様でした、と心から思います。
自分を振り返るとDOI完全制覇が大きかったので、6公演観られました。
さまざまなご事情やチケットが手に入らなくて観に行けなかった方もいらっしゃると思いますので1/3近くを観られたことは本当に幸せだったと思っています。

ここまで美しい後姿

天と地ハイドロ

天と地のレクイエムを語るとしたら、まず最初のポーズの美しさ。ソチでも滑ったEX「ホワイトレジェンド」の震災から白鳥が目覚める場面も回顧されますが、テレビで改めて観たらアップテンポな曲であることに気づきました。
そしてなぜか今シーズン多いハイドロで何を表現しているのか。

ここまで氷を削る

削れた氷

しぶきを上げるほど激しく削り取ることで、やり場のない憤りや深い悲しみを表現しているのでしょうか。
その後のやるせない表情・・・

希望の光

明るい光

彼がようやく少し微笑み、明るいライトが差し込んでくる。花は咲くと同様に、希望につながるラストと感じました。
この素晴らしいエキシビションをもう一度観ることができるのか。

2015年になってから、国別(EXだけ行かなくて超悔みましたが)も行けたしショーも沢山行けました。
ですからもう、「思い残すことはありません」とはなりませんでした。
却って、
「思い残すことだらけになってしまいました!!」

これは何としてもSEIMEIの競技会用プログラムを観たい!とか、新ショートはこれから振り付けで、またジェフかな?これも観に行きたいとか。
そして何より、天と地のレクイエムを競技会のEXでもう1回観たい!!

羽生選手の言葉が思い出されました。
「(前文略) 課題が克服出来たら、人間は欲深い生き物だからそれを超えようとする。
僕の場合は人一倍欲張りだから、必死で越えようとするんです。」

すみません。結弦クン、私の欲はそんな高尚な欲ではありません。物欲もありません。
ただただ、貴方の演技を生で観たい欲!!が強くなってしまいました!!

今日は、もし、お一人でも新しいサイトにいらして下さった方がいてその方が、FC2と同じ記事ぢゃん、とお帰りになられたらあまりにも申し訳ないので頑張って更新させて頂きました。

新SPやCMの撮影の情報でも入ってこなければ、The Iceレポまでのんびり更新させて頂くつもりではいますが、時折思いついたことも書き留めたりすることもあるかもしれませんので、気が向いたらたまにいらしてくださるととてもありがたく思います。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

長岡楽日情報を少しと「欲」について」への2件のフィードバック

    1. さすが、隊長さんすぐお分かりですね。
      隊長さんもメインの方は独自じゃありませんか?
      なんとなくですが、そう感じました。

コメントは停止中です。