月別アーカイブ: 2015年8月

「大変なことばかりだと思うんですけど、そこに全部ありがとう」

精悍なUA
2015年、今年の24時間テレビまで、あと10日を切った。

everyの時間帯に「羽生選手のアイスショー」の15秒CMは流れるが、今年のショーはどんな形で行われるのか未だ不明。
会場を借りて昨年同様被災地の方を招待するのか等も東京在住の私達にはわからず。

(トップのお写真はデジタル朝日さんからお借りしました。かっこよすぎの水色UA)

「トロントからの中継じゃないの?」
などと大ちゃんファンの友人に言われたりして「そうかな~、だったら良いな~」と間にうけたりしましたが、8月28日(金)のNHKのあさイチに出演するという情報が上がってきました。

これが生出演なら24時間テレビの時にも日本にいる可能性もある訳で。(笑)
やっぱりどこかの会場を借りての生中継?

水色めっちゃ好き
(公開練習以来すっかりはまった水色アンダーアーマー。本日のお写真は全てデジタル朝日さんよりお借りしました)

競技会だって表彰式が終わるのが夜9時30分過ぎはありがちなので、生中継でも無謀な企画ではないこともわかってはいる。
「滑りこめていない。調子が悪いとアクセルも飛べない」とのご本人の談も映像で観ました。

けれど昨年のタイトすぎる強行スケジュールとは違って、公開練習前にしっかりクリケットでブライアンやジェフの指導を受けられたようなので、昨年のように疲弊した状態のアイスショーではない!と信じたいです。

被災地の為のみならず、日本及び世界を「繋ぐ」ために滑ってくれるのでしょうか。
ここまでくると何をどこで滑ってくれるか、楽しみにしちゃうのがファン心理です。

あさイチも、もしかしたら本格的トークコーナー初出演?

有働さんにきわどいこと等を突っ込まれても、あざと可愛くかわしそうですね。
多分タジタジになることは無いんじゃないかと。頭の回転速いですし。

妄想はこのくらいにしておきます。(^^;)

女の子みたいに身体が薄い
(このお写真、女の子みたいに身体が薄くてびっくり!です。)

8月に24時間テレビのアイスショーとあさイチ。
9月は5週にわたってJsports4で、KENJIの部屋出演。(収録済み)

今年は砂漠がなく過ごせそうで嬉しい限りです。
9月にクリケットでしっかり練習できる環境であれば、10月の初戦を安心して迎えられそう。

今年こそは思い切り最強プログラムに挑戦してほしいです。

精悍なUA2
とりあえず、来週は24時間テレビのアイスショーですね。
今年はどんな形で行われるのか、楽しみというより気がかりです。

結弦クンにはいろんな名言があるけれど、私が一番心に残っている言葉はまさに、昨年の24時間テレビで流れたものなのです。

昨年6月に被災した石巻の中学校をサプライズ訪問して生徒たちに喜んでもらって楽しい時を過ごした後、彼らに語った言葉。

大変なことばかり

ぜんぶありがとう

感謝の気持ちを持っていればいつか絶対いことがある

僕は信じています

その時は(当時)19歳の青年がなかなか言える言葉ではない、と率直に感心したにとどまってしまったけれど。

この時の映像が流れてから約2か月半後。

中国大会での怪我に始まり、これでもかと襲い掛かるアクシデントにも決してあきらめることなく試合に出続けた彼が、その時生徒たちに語った言葉の重さを痛いほど感じた次第です。

下は昨年の、4位に終わったもののギリギリでファイナル進出を決めた後のNHK杯後のインタビュー。

まれな体験

本当に幸せ者だと思いました

壁を作って頂いて

シッカリ乗り越えていきたい

その後もファイナル2連覇、全日本3連覇でもう無敵!と思いきや、手術に捻挫。
「壁を越えたらその先には更に壁でした」(ビミョーに違う?)のさらなる名言が。

「あれを乗り越えたからどうにでもなるんじゃない?」

今笑ってそう言える状況で良かった。
気づけばアイスショーをすっかり楽しみにしている自分。昨年より今年の夏がオーバーワークでないと思えるからでしょう。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

平昌後の結弦クン引退報道・その後

サンスポさんよりお借りしました
公開練習のニュースは出そろって、感想も書けたし録画した番組も編集してディスクに落とせた。

これでしばらくはニュースはないかな、なんて思いながらも念のため夕方録画しておいた「報ステSUNDAY」を観てかなりびっくり。

(トップのお写真はサンスポさんからお借りしました)

日テレ以外の局が結弦クンが「平昌後引退してプロになる」と発言したことを比較的大きく取り上げていたのに気付いてはいた。

9日の「報道ステーションSUNDAY」では、その報道があまりにも大きく取り上げられてしまって戸惑っている彼のインタビューの映像を流している。
snipping tool
(サンスポさんよりお借りしました)

公開練習の映像が各局で流れる中、テレ朝のみがスーパーJチャンネルや、昨年は他局よりも早く報道したワイドスクランブルで一切取り上げなかったのに違和感を覚えてはいた。

日曜日にこのご本人のインタを流すために公開練習の映像を流さなかったのかと、疑ってしまう。

一挙手一投足が注目され過ぎて結弦クンが気の毒すぎる。

結弦クンは報道陣に平昌後について聞かれて、

「プロでやる夢があると言ったことが思っていた以上に大きく取り上げられてしまって戸惑っている」

「平昌後はまた考えも変わっているかもしれないし、目の前のことに集中したい」とも。

単純な私は、結弦クンは平昌後に引退することを昨年出版された「チームブライアン」という本でもほぼ明言していたし、今回も「プロとしての仕事を全うするためにベストな状態で転向する」という報道に特に違和感も持たずにおりました。

結弦クン本人はあくまで平昌後の一つの考えとしてプロ転向を示唆したら即、「平昌後引退!プロ転向!!」とでかでかと載ってしまって戸惑ったのが真相だろうか。
赤のアンダーアーマー1
(赤のアンダーアーマー、他局ではなかった映像。今年の公開練習?)

本当に私は単純で、他意なく平昌後引退報道を、

「そっか、そこまではっきりビジョンを持っていたのか」

なんて納得してしまったけど、良く考えると3年後のことなんて明言出来る人は少ないだろう。

一つの可能性として言った言葉がNHKでもかなり大きく取り上げられて彼がどれほど戸惑ってしまったか、考えると胸が痛みます。単純すぎるファンでごめんね、結弦クン・・・
赤のアンダーアーマー
(クリケットの練習場ですよね)

今日(8月10日)の報道は朝刊の見出しをチェックした時点では変わらなそうだったけど、昨日の報ステが彼の本心だろう。と思う。

平昌後のことは、その時の身体の状態でも変わってくるだろうから明言できなくて当たり前。

19歳で金メダル
「19歳で金メダルを取る、23歳でも金メダルを取るときめていたので」
目の前の試合に集中したい
「目の前の試合に集中してやっていきたい」

けれど、「19歳と23歳で金メダルを取るときめている」と明言しちゃうの、やっぱり凄いな。
本当に実現させてしまうと思えるもの。

公開練習の映像一切流さないで件のインタビューだけ流すテレ朝、なんだかなぁ、という印象をぬぐえない。

私一人で気にしすぎていて、皆様が冷静だったら申し訳ありません。m(_ _)m

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

公開練習・SPはバラⅠ持越し

top
甲子園や世界水泳等様々なスポーツニュースが多い中、今年の公開練習を最初にテレビで放映したのは恐らくNHKのお昼12時台のニュース。
NHKさん夜7時台でも取り上げてくださり、
「ゆづ、凄い扱いぢゃん!」などとショーや試合で叫ぶ以外はほとんど使わない呼び方を思わずしてしまいました。

トップのお写真は公開練習時の「SEIMEI」最初のポーズ。

news.tbsさんからお借りしました。

夕方の報道番組ではテレ朝以外で取り上げられておりましたので、無事に観ることが出来ました。

ジェフとのツーショット
(ジェフとのツーショット、クリケットで見るのは初めてで貴重かなと思って載せてみました。)

ショート・プログラムは昨年の「ショパンバラード第Ⅰ番」を「再演」とのこと。

大好きなプログラムだし、結局昨年は一度もノーミスできなかったから完成形を観たい気持ちがありましたので、素直に嬉しいです。

ワタシは彼の代名詞の「パリ散」より断然「バラⅠ」派。
3Aイーグル
(3Aに入る前のイーグル)

SPで後半に4Tをもってくるなら、新しいプロより滑り込んだバラⅠの方が良いかもしれない。

冒頭には、公開練習の映像にもあったけどファンが大好きな3Aサンドイーグルを持ってくるはず。GOE3点をたたき出せる世界一の3A。これに後半の4Tが決まれば必ず100点越えは見えてくる。

衣装も振り付けもきっとより一層洗練されることでしょう。楽しみすぎます!!
3A着地
(3A着地後のイーグル(笑))

水色とグレーの入ったのアンダーアーマー、今まで見た記憶がないデザインだけど新モデルかな。プレーンなのが一番好きですが、違う形のをたまに見るととても新鮮ですね。
ニューアンダーアーマー

昨シーズンはアクシデントで、フリーに4回転3本の挑戦も断念せざるを得なかったけど、今年は期待してしまいます。

FSの「SEIMEI」では、冒頭の4S、4T共にクリーンに入ってましたね。

後半の4回転のコンビネーションはあまり確率良くなさそうでしたけど、これから合わせて行けば大丈夫でしょう。

4Tの前にステップを入れてくるんですね~。どれだけチャレンジャーなんでしょうか。
後半にジャンプ5つ持ってきて3Aには全部コンビネーションつけて、4T-2Tまで入れる超鬼プロ。
ほんとハイリスク・ハイリターンでスケ・カナから観てる方は胃が痛くなりそう・・・

今の彼なら多少のジャンプミスがあっても他の部分全てでカバーできるのはわかってるけど、試合は観てる方も「ハァ~緊張するぅ」になりますよね。

中日スポーツインタに答える結弦クン(中日スポーツさんのインタに答える結弦クン。お写真はお借りしています)

まずは怪我なくシーズンを迎えられますように。

今年の初戦はフィン杯ではないのですね。
昨年欠場したこともあって、今年はフィン杯に出ると思っていたのでかなり意外でした。

カナダで「オータムクラシック国際」という大会があることすら知りませんでした。

今回のインタビューは、リラックスしていてオリンピックチャンピオンとしての気負いが相当あった昨年とは全く違った印象。
怖いものはない
(本当に昨シーズンを振り返ると、そんな境地になると思います)
どうにでもなるんじゃねぇ
(案外砕けた口調になることも。いつも礼儀正しい結弦クンではないところも好きですっ)

クリケットの練習場の映像も見慣れたし、皆でピラティスしてる映像なんかも昨年と同じで何となくこちらまでホッとします。

結弦クンが、良い環境で練習出来ているんだろうなって思えるし。

ある意味、「オペラ座」が「バラⅠ」と「SEIMEI」になって結弦クンが大人になったこと以外は、昨年と変わらない風景に見えました。

昨年から、「平昌後にはガチで引退します」宣言はしてたけど、報道陣に正式にと平昌での引退を表明したのは初めてだったから、朝日の夕刊にも載ったのでしょうか。
五輪を有終の美
「五輪を連覇して有終の美を飾りたい」
全うしたい
「ベストな状態のときにプロに転向し、プロとしての仕事を全うしたい」

ここまで、はっきりとしたビジョンがおありだったのですね。

結弦クンなら絶対五輪連覇できると思っています。
平昌までしっかり応援し続けます。もちろんプロになってからも。

このブログが平昌まで続けられるかは、怪しいですけど(笑えません)

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

トロントでの公開練習・報道は8月7日夕方以降(予想)

最新にちかいゆづ
本日は多くの方がこのささやかなブログに「羽生選手 8月6日 公開練習」でお越しくださいましたが、何もご提供できる情報がなく申し訳なく思っております。
(トップのお写真は、ハビエル・ラヤさんからお借りしました。結弦クンの最新に近いお写真だと思います♪)

私自身昨日から朝夕のニュース・情報番組を張っておりましたが今日(6日)の夕方のニュースに至るまで羽生選手に関する報道はなく、今更ですが日本とトロントの時差を調べてみました。
日本の方が13~14時間進んでいるとのこと。
「オー・マイ・ガッ!」
もっと早くチェックすればよかった。
ヤフーニュースなどでも公開練習を取り上げた形跡はなく、ひょっとして時差で報道は明日(7日)?と疑うのが遅すぎました。

オペラ座公開練習
(今年の公開練習も昨年同様に大々的に扱ってほしいです)

恐らく、明日の夕方以降から久々の結弦クンニュースが多くなるのではないでしょうか。
昨年のオペラ座お披露目はワイドスクランブルの情報が早かった記憶があるのですが、時差の関係で一番乗りだったのかもしれません。
早ければワイドスクランブル、夕方のニュース全般に間に合うかもしれません。スポルト、昨年はNHKの9時台のニュースでも取り上げられたと思いますので、要チェックかも。

TBSのnews23、日テレのnews zeroなども時間が短くても取り上げられることが多いと思います。
土曜日の朝の情報番組もチェックしておいた方が無難かもしれません。
我が家は2台のブルーレイで同時録画できるのが4番組なので、朝の時間帯はNHKを録るなら民放を1局あきらめざるを得ません(泣)
NHKのおはよう日本、フィギュアを取り扱ってくれるのであなどれないと思っています。
ですから、zipを犠牲にしています。(理由は何となく)
夕方のeveryは突然、羽生選手特集が組まれたりするので毎日録画しています。(笑)
2014 オペラ座初お披露目の日
(昨年のオペラ座お披露目の際のこのお写真、とても好きです。素の表情だからかな。(お借りしています))

8月9日(日)の「フィギュアスケートTV!」では間違いなく取り上げられるようですが、それまで待つのは長いですよね。
明日の報ステ、NHKのサタデー・サンデースポーツ、get sports、スポルトも明日取り上げられなかったら土曜日に録画するつもりでいます。
仙台ローカルの「てれまさむね」「スポるたん!」なども本当にありがたいことに動画をあげてくださる方がいらっしゃるのでDailymotionなどもチェックしております。
(以下は、新しい映像が上がってくるまで昨年のプレイバックを致しましょう)

スタイル良いのわかりましたからっ。
(もう、立っているだけで絵になります。スタイル良いのわかったからっ!と、どなたかもおっしゃっていたような。ウェストのくびれにも驚愕しますよね。)

転んじゃったね
(転び方まで可愛すぎでしょっ!!)

かわいすぎでしょっ
(その後、嫌々をするかのように首を振る。このしぐさに何人やられたことでしょ。あざと可愛さ健在!)

私の様に自分で録画したい方は7日・8日辺り迄は手間ですが、予約がんばりましょうねっ。
今は他のスポーツの話題も多い時期なのでちょっと心配はありますけど。
昨年の公開練習も同時期だったし、結弦クンが取り上げられないってことはないとは思うんですが。

自分で録画するのは面倒なので「とにかくアップされた動画が見たい」という方は、明日以降、各局の報道を見事に編集して動画をアップして下さる方がいらっしゃると思いますので、それまでお待ちくださいませ。(笑)

公開練習とは無関係ですが、最近の私の一番のお気に入りのお写真がこちらです。
フィギュアスケート通信
(なんでこんなに背中にドレーブの効いた衣装が似合うの??もう性別を超えた美しさとしか言えません。)
ちなみにこの雑誌の裏表紙です。こちらが表でもいい位だと思う程お気に入りです。

ファン通信

この雑誌、100頁くらいなのですがうち87頁が結弦クン。良い写真が多いのでワタクシ的にはお勧めですが、これからもどんどん本は出てくるのでご自身の好みに応じてお買い上げくださいね。

無事皆様が、(そして私も)トロントの公開練習の映像とマスコミインタ、しっかり見ることができますように。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

「THE ICE」仙台公演8月1日レポ・その2

フィナーレで手をフル真央ちゃん
ショーを観に行くときは自分が思い切り楽しむことが優先なので、メモ等一切取りません。

その為、一昨日のことなのに第2部の最初の出演者がどなただったのか等の細かい記憶が飛んでいます。(情けない)

トップのお写真はフィナーレで手を振る真央ちゃん。(news.comさんからお借りしました)

戻ってきたパトリック
順番は前後しますが忘れてはいけないパトリックのことをまず書かせて頂きます。

やはり滑らかなスケーティングは健在だったと、フシアナの目なりに感じました。(笑)

THE  ICE特番で動きも固く「休養明けの人のスケーティングだな」と感じたのは、皮切りの札幌公演だったこともあるかと思います。

公演を重ねるごとに身体も絞れてきている印象。ジャンプも4回転は跳びませんでしたが確実に戻ってきていると思いました。

休養中に4Sを練習していたようには見えませんので、GPSにしっかり合わせて4Tを取り戻してくるとは思っています。

まさかジェイソン・ブラウンの様にクワドを跳ばずに表現とスケーティング技術で点数を伸ばす。

それが、「ユヅルがやらないことに挑戦する」の意味じゃないですよね?パトリック。

真央ちゃんの新プログラム。「踊るリッツの夜に」
踊るリッツI
(お出かけ前の女の子の可愛い様子、口紅を塗るしぐさがかわいい♪)

お出かけですか                 (news.comさんからお借りしました)

タキシード姿も良くお似合いの明るいEX。

現役バリバリの宮原知子選手が今年のFS「ため息」をノーミスで披露して間もなくの演技だった(と思う)ので、比べてしまうと試合レベルまでにはもう少しかな?

と思ったのは否めませんが、ご本人もおっしゃる通り初戦には間に合うことでしょう!

最後はジェフとのコラボで魅せてくれました、懐かしの「タンゴ」

赤と黒の対比が見事な衣装と氷をコツコツ削る振り付けがとても印象的で、大好きなEXですが、幻想即興曲やソチでのラフマニノフを抑えて、ファンからのもう一度見たいプログラムリクエストの第一位だったのはちょっと意外でした。
ジェフとのタンゴ
(氷カツカツのステップは印象深かったですね。)

フィナーレは真央ちゃん直々に振付を伝授して頂いたダンスをしながらスケーターさん達が廻ってくださいました。

やっぱり、主役が違うとフィナーレの雰囲気も全く違う。

トーゼンジャンプ大会もなしだし(当たり前ですね)

こんなに真央ちゃんの出番が多いショーだと、ファンはとても嬉しいと思います!

真央ちゃんの今年の出演が、このショーのみだからできた演出でもあるでしょう。
THE ICEグランフィナーレ
(フィナーレのお写真はnews.comさんからお借りしました)

覚えている選手のこと、ざっと挙げさせて頂きますね。全員分でなくてごめんなさい。

アダム・リッポン選手
認定されなくても4Lzチャレンジし続けるところ大好きです。
今回のプログラムも良かったと思うので、シーズンも楽しみです。(といいつつ、アメリカ男子のGPSエントリー選手が誰か後で調べないと(汗))

無良崇人選手
DOIの新SPと今回新FSを観て、ワタクシは今年の無良クンはマッチ―の如く遅咲きのブレイクの予感がするかも?と期待しております。

ケイトリン・ウィバー&アンドリュー・ポジェ(ペア)
プログラムに泣きました。ロミジュリ。使用されている部分の多くが結弦クンバージョンと被り、更には大ちゃんのプロKissing youのボーカル部分も。
以前演じた方の印象が強すぎてちょっと今回二人の滑りに入り込めず、すみません。

大好きなコストナー選手、仙台1日のみのゲストの佐藤君、アシュリーとかチン・パン&ジャン・トンペアとかロシェットとか、織田クン・明子さん、全部書けなくってごめんなさい。

皆さんが、素晴らしくてとても楽しませて頂きました!

炎天下の移動でかなり消耗したので、終了後はすぐ帰ることにしました。

結弦クンの愛する故郷仙台は、別の機会にじっくり観光しよう。

そんなことを考えながら帰りの新幹線でうとうとしてました。

シーズン入りまであとわずか。私のこの夏の見納めのショーでもありました。

では、2011年の結弦クンのTHE ICEの懐かしいお写真を数枚アップさせて頂きたいと思います。
2011 THE  
(練習場所を震災で失って、ショーに出続けることで練習不足を補っていた時期でしたね。当時16歳。見た目は今よりずっと幼いけど、既にしっかりした受け答えでした。)

未知のトリプルアクセル

お見せ来て良かった

千秋楽公演
(当時の彼には挑戦だったんですね。3Aの2連続。
それからすぐに、3Aの3連続、4T-3A-3Aなどをショーで披露してくれるまでに成長。短期間に凄すぎ!!)

群舞です。
(当時のグループナンバーでは、オープニングの立ち位置は一番端。そんな時期も経て現在があるのですね~)

結弦クンの写真を5枚もいれてしまいましたので、長くなってしまいました。(^^;)すみませ~ん。

最後までお付き合いくださった方、ありがとうございました。

「THE ICE」仙台公演8月1日レポ・その1

本日のヒロイン
8月の仙台は予想を越えて暑かった・・・

昨年行った結弦クン凱旋公演の「TOI」の会場は地下鉄でラク~に行けたのに、今回の会場はシャトルバスに揺られること50分。バスを降りて更に炎天下を歩き、移動だけで疲れた印象がありますが、ショーは楽しかったです!

トップのお写真はもちろん、本日のヒロインです。(news.comさんからお借りしました)

オープニングは仮面舞踏会。まずは真央ちゃんが一人で登場。
その後次々と豪華キャストが曲に合わせて現れて、バレエの舞台を観ているかのような演出でした。

仮面舞踏会
(バンクーバー五輪のSP。 タラソワさんの重厚な振り付けが懐かしい・・・)

その後は豪華キャストが次々と演技を披露。

佳菜ちゃん、5月のPIWでの怪我は大丈夫なのかな?

関東ローカルで放映された札幌公演とは違う、ロクサーヌのタンゴを披露してくれました。

既にフィギュアの王道と化している曲ですがボーカル入りだったので新鮮でした。
理華ちゃん、さっとんに押され気味なので今年は頑張って!!

個性派のミーシャ・ジー、以前から気になる選手ではありました。

大ちゃんメドレーを披露するとのことでしたので、楽しみにしておりました。

プログラムをカバーするくらいリスペクトしてるんですね。
そのお気持ちがすごく嬉しいので大ちゃんとは比べないことにします。(笑)
ミーシャ・お気持ちだけ
(大ちゃんのeyesの決めポーズ。大好きです~)

ジェレミーも小塚クンも大好きなスケーターさんなので、滑りを観られるのがとても嬉しい。本当に正直に書かせて頂くとGPSで上位に行くのはもう難しいと思うけど、現役続行されるなら応援します!

今回一番楽しみにしていたのが、真央ちゃん・コストナー・ロシェットの夢の共演。
前回トップのお写真として勝手に、「パ・ドゥ・トロワ」なんて書いちゃいましたが、バレエの「3人の踊り」というだけで、本来は素晴らしい意味のこもったタイトルがあるのです。

『平和への道程』より「ベネディクトゥス」

争いのない平和な世界が来ることを願ってローリー・ニコルさんが振付たそうです。

3人の息の合った素晴らしい滑り。
個性の違う3人の一体感も素晴らしくてローリーさんの想いを受け取ったプログラムだと思いました。
息の合った3人
(お隣の方が涙ぐんでおられました。実はワタクシも)

平和への祈り
(2枚のお写真はnews.comさんよりお借りしました)

第一部最後のプログラムが、3人による「ベネディクトゥス」

その後真央ちゃんが早着替えして出てきて、直々にフィナーレで観客参加のダンス指導をしてくれました。

もちろんまじめに覚えましたっ。

ちょっと前半後半の選手の順番が違っているかもしれません。

ジェフも前半にジャンプ以外は現役さながらの滑りを見せてくれたと思いますが、キリがないので省略させて頂きます。

DOIの時は結弦クン以外スルーしちゃったのに、THE ICEのレポの方がなぜか丁寧。
強い思い入れのいない人がいないと、こうなってしまうのでしょうか?

一度に書いてしまうと収拾がつかなくなりそうなので、続きは次回ということで。

勿論、最後は結弦クン出演の懐かしのTHE ICEのお写真をアップさせて頂きます。
レオノワ・チュッ
(レオノワさんとコラボした後、予定外にいきなりチュッとされてしまったようです。動画で見た記憶はあります)

焦るゆづ
(この焦り様と驚き方が全然世間慣れしてなくって初々しかったです。お写真、お借りしました)

今なら、レオノワさん大ヒンシュクで冷たい眼で観られてしまうかもしれませんね~(笑)
私は現地で観た方が羨ましいです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。