「晴明」と「SEIMEI」

SEIMEI.OP
野村萬斎さんと結弦クンの対談、見られないかなぁなんて思いつつ実現はしないだろうと思っていらした方、とても多いのではないでしょうか。私もその一人です。

最初のお写真はBS.FUJIさんからお借りしました。
「SEIMEI」最初のポーズ、剣印を結ぶお姿。

9月22日のnews.everyで(15時50分~19時放送予定)お二人の夢の対談が放送されるという嬉しいニュースがありますね。
夢の対談(お写真はnews.everyさんの公式Facebookからお借りしました)

シーズンインする前に実現させてくれるなんて、あまりにも粋な計らいと感激です。

ファンの要望がどんなに多くても本当に企画・実行してくださる局があるとは思っていなかったので嬉しい裏切りでした。

叶えた下さった局が、フィギュアの大会放送枠を持たない日テレさんなのが何とも言えません。
mansaisann sample
萬斎さんが結弦クンの陰陽師をどのように感じているのか、とても知りたかったですし、(対談前に演技の映像ご覧になっていることでしょう)お二人の間にどんな会話がなされるのか非常に興味深く思います。

masaisanngakakkoii
(結弦クンのポーズも充分美しいですが、萬斎さんと直接お話をされたことで表現に深みが出てくるかもしれません。)

放送時間は10分弱くらいかもしれませんが期待しています。
9月22日はKENJIの部屋のエピソード4もありますし、楽しみですね。

先日放映された「陰陽師」のTVドラマももちろん、拝見しました。
面白かったですが、染五郎さんがチョット貫禄が出てしまったかな、という気がしました。

安倍晴明は、もう少し華奢であってほしいからやっぱり萬斎さんの方がイメージかな~というのが個人的な感想です。

9月20日(日)18時~19時
テレ朝ch2にて、「フィギュペディア」
羽生結弦・2015記憶に残る名プログラム
も放映されます。番組の案内から昨年の再放送ではなさそうなので必見かなと。

番組の詳細は下記からご覧に慣れます。
テレ朝ch2

更なる怒涛の出版物も続きます・・・
一番気になるのがこちら。

ice jweles
Ice Jewels
2015年10月下旬創刊予定 舵社 1400円+税

「創刊」って。月刊かいっ!!
中身、かなり濃そうなので創刊号は絶対欲しいです。気になる詳細は下記からチェックできます。
Ice Jewels

world figure skating 2015-16guide
WFS 別冊 フィギュアスケート2015-2016年シーズンガイド
2015年 10月8日発売予定 新書館 1944円
もうこんな時期だ~!!

figure skate life 3.
フィギュアスケートLife Vol.3
2015年9月30日発売 (扶桑社ムック)1728円
ANAのジャージで剣印を結ぶお姿も素敵。

こんな調子では、トーゼン日々の生活は質素になります。
ワタクシに物欲が無いのが救いです。というか、持つ資格無いですね。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

「晴明」と「SEIMEI」」への10件のフィードバック

  1. ガムザッティさん、こんばんは!

    前の記事のコメントをとばして先にこちらの記事にきてしまいましたm(_ _)m
    前の記事にはまた改めてコメしますね!

    う〜!この夢のような対談に今からワクワクとドキドキが(^○^)
    うちの地域も見れるかどうか微妙(T . T)
    こんな素晴らしい対談を全国放送にしないでどうする!( ̄^ ̄)ゞ

    でもでも、エブリィさんはいつも内容の濃いものを放送してくれるので感謝ですね^ ^

    このまえの陰陽師のドラマ録画してあるのですが、まだ見てないんです。
    私もガムザッティさんと同じく、染五郎さんはちとお歳がね(^_^;)もう少し若い時ならと。。(ゴメンなさい^^;)
    結弦くん、秋らしいブラウンのスーツでまたまた素敵♪
    萬斎さんとの対談で得た事をまた演技に生かしてくれることでしょう。ますます完全版のSEIMEIを観るのが楽しみです。

    それと、また怒涛のフィギュア本発売ですね(^_^;)
    どうしても欲しいものだけにしようと自分に言い聞かせてます(汗)

    1. マロニーさん、こんばんは。
      新しい記事への早速のコメント、ありがとうございます。
      everyさんの特集の時間帯、ローカル番組のお時間になってしまうことがあるのですね。
      結弦クンの時だけでも全国で流すなど、検討してくださるといいのにと思います。
      お住まいの地域で放送されることを願っております。
      everyさんは不意打ちで「羽生選手特集」を組むので本当に毎日録画しています。

      私も陰陽師のドラマの録画、シーズンインしたら見てられない!と思ってほんとに昨日、見たのです。
      萬斎さんの方が所作も美しいと感じました。
      萬斎さんの舞台に結弦クンが見に来ていたとのツイも上がっていたようですし、対談も含めて演技に大いに生かしてくれることと私も楽しみです。
      いつもジャージかTシャツなのに、萬斎さんに敬意を表してスーツだったのでしょうか。良くお似合いでしたね。
      怒涛のフィギュア本、買って満足してしまうところもあるので、厳選しようと思いつつどれも素敵~と買ってしまうことが多いです。
      さすがに、「イケ●ンアスリート」は買いませんでした。
      その分、化粧品や洋服はどんどんランクが下がります(笑)

  2. ガムザッティさん、こんにちは^^
    読み逃げ多くて本当にすみません^^;

    野村萬斎さんと結弦クンの対談があるのですか!
    どんな対談をされているのか凄く興味深いです。
    わ~こちらでも見れるといいな♪

    羽生君の秋らしいシックなスーツ素敵ですね☆

    FIGURE SKATINGモノクロの羽生君が素敵で予約してあります^^

    1. 由莉さん、こんにちは。
      読んで頂けることが一番嬉しいので、コメントのことはお身体のこともありますし、本当にお気になさらないでください。(*^^*)
      気に掛けてくださることがとてもありがたいと思っております。
      お二人の対談、とてもとても興味深いですよね。ノーカットでお願いしたいくらいです。
      彼のスーツ姿は貴重だし素敵ですよね。ジャージ・Tシャツ・練習着・衣装が圧倒的に多いので。
      そちらでも放送されるといいですね。

      モノクロの写真、魅入ってしまいますよね。あれは、表紙だけでも「買い」だと思います。
      発売楽しみですね♪。

  3. こんにちはー(^O^)/。
    ちょっとご無沙汰してしまってすみませ~ん(^_^;)。
    ファンとしては、雑誌も揃えたいところですが、
    とりあえず、創刊号だけは押さえたいですね!
    できたら、手にとって読む用と、飾っておく用と、完全保存用と最低3冊?

    1. ヒッキ―さん、お久しぶりです。お元気でしたか?
      1種類につき3冊そろえられるくらいの財力と広いお屋敷があればそうしたいところです。
      残念ながら一般庶民ですので雑誌は可愛らしく控えめに、1冊のみです。(*^^*)
      シーズンインすると、またしても怒涛の出版物が毎月のように出てまいりますので。
      そのあたりはセルフコントロールが必要になってきますね。
      コレクター気質ではなくて幸いでした。(^○^)

    1. ホントに粋な計らいですよね~。
      二人の間になされる会話がとてもとても楽しみです。

  4. ガムザッティさん、こんばんは。
    前のコメントでは私の方こそ、バカ真面目でつまらないもので御免なさい。でもやっぱり上海ワールドでも奇跡を起こしてほしかったのです。だから妄想じみた話もOKなんですよ。羽生選手が勝てて楽しそうなら(←これこそ妄想っぽい)。
    そうこれですよ。萬斎さんの舞台を観覧していたとの情報があって随分と日本に滞在されているんだなっと思ったら、夢のような対談が実現するという!。萬斎さん、自身の舞台がはけた後に印を結ぶ様子を客席に披露された事もあったりで、結構気になっておられたのではないでしょうか。粋な計らいですね、every さん。この番組って本当に羽生選手のガチファンが居るのでは?というビックリを時々番組に放り込んできますね。3冠達成の時の生出演もここだし、今季のプログラムのトロントでの練習風景で4T跳ぶ前のステップの難しさを解説していたのもここ。雑誌はもう2冊も予約してしまいました。。。

    1. サライさん、おはようございます。
      返信が遅くなり申し訳ありませんでした。サライさんは真摯で誠実なお人柄なんだと思います。
      私もちょっと軽すぎと反省してます。でも妄想OKのお言葉に救われました。(笑)
      萬斎さんご自身が、客席に向かって印を結ばれたのですか!素敵なお話ありがとうございます。(情報通ではないのバレバレ)

      やはり萬世さんも気になっていらっしゃったのですね。
      確かにeveryは、他局より充実した羽生選手特集組んでくださいますよね。
      3冠達成後の生出演!公開練習の映像も一番充実していたと思います。
      今回の夢の対談は最高峰の企画!と思います。楽しみですね。
      本は完全に出版業界の思うつぼにはまっているのを自覚しつつ歯止めが効きません。(^^;)

コメントは停止中です。