「夢の対談」と「フィギュペディア」

onnnmyouzi
9月22日付のeveryでの野村萬斎さんと結弦クンの対談、良かったですね~。
最初のお写真は「SEIMEI」より。能登直さんからお借りしました。
飛び散る汗も美しい!と感じてしまいます。

mansaisann yuduseimei
緊張しながらも萬斎さんの言葉を一言一句も聞き漏らすまいと、熱心にお話を聞く結弦クン。

そんな彼に、真摯に狂言の表現の極意をお話し下さり、結弦クンに対してアドバイスをされる萬斎さん。

お年の差がかなりあるので萬斎さんの落ち着きぶりはさすがでしたが、表現者同士感じるものがあるのかなぁと思わせてくれた対談でした。

left hand
萬斎さんは演技冒頭のポーズの左手が気になったようです。

hutarinohikaku
萬斎さん演じる晴明は烏帽子をかぶり、そで口も長いので左手の位置が頭の後ろ、一方で烏帽子もなく袖も短い衣装の結弦クンの左手は頭の上になってしまう。
衣装が変わると他の部分もアレンジする必要性があることは萬斎さんもご承知のようですが、左手の位置を修正するのかそのままで行くのか非常に気になります。

演技フィニッシュのポーズ
最後のポーズ
結弦クンは、足を踏み鳴らす音を出したいけれど、太鼓で実際には聞こえない。
「音を聞こえるようにどうやって見せようか悩んでいるという結弦クンに対しても、萬斎さんらしいアドバイスが。

脚で慣らせないなら

手で天にひびかせる
脚で鳴らせないなら、(太鼓が無くてもスケート靴ではちょっと難しいかもしれませんね。)手で表現しても良いのでは?ということでしょうか。

しかし、シェイリーンとも相当詰めた振付のはず。
最初のポーズも含め、フィニッシュのポーズも萬斎さんのアドバイスを取り入れて変えるのか、そのままで行くのかもとても興味深いです。

kataniimi
 「萬斎さんのおっしゃっていた、一つ一つ形に意味を持たせる」

このお話もご紹介できなかったので、下記のdailyのリンクからご覧になっていただければ幸いです。)
kaiysyakudekaeru
「全部自分の解釈で変えられる」の力強いお言葉で、さらなる表現の深みが期待できると思います。)

お二人の対談は通しで見るともっともっと中身も深く、萬斎さんのお言葉一つ一つの重さを、さすがにすべてご紹介するのは難しいと感じました。

Everyさんの特集は、一部ローカル番組になってしまう地域もあるようですので RIKOさんがあげてくださった動画をお借りしました。いつもありがとうございます。下記からご覧になれます。

150922 YUZURU×MANSAI 表現の極意

そして、今回もう一つご紹介したいのが、テレ朝ch2で放送された
「フィギュペディア2015 記憶に残るプログラム 羽生結弦」
昨年も放送されましたが、2015年版として新しく制作されています。
meiprogram

前回こちらでもご紹介させて頂きましたが、見逃した方も再放送でご覧になれます。
10月11日(日)08:00~09:00 10月13日(火)03:25~04:25
10月19日(月)19:45~20:45 10月21日(水)13:05~14:05

2009jgf
(2009年のJGPFのSP、ミッションインポシブル。今なら絶対滑りそうにない曲ですね)

2011gpf
(2011年GPF初出場の時。観客を感動させる演技でスタオべをもらってます。この時ハビが次の滑走で、ブライアンとニアミスしてるんですよね。)

2013EXparis
(2013年のフランス大会のEXに選んだ、開催地にふさわしいプログラム。「ノートル・ダム・ド・パリ」

実は私はこのプログラムの良さをシーズン後に感じました。もっと真剣に味わっておくんだったと後悔しております。

kunibetuEX
(記憶に新しい国別EX。ノーミスパリ散。
国別、タイムトラベラーと踏んでEXだけいかなかったんですよね。
(アタマをかきむしって後悔した記憶がよみがえりました)後悔ばかりのワタシですね。

他にも懐かしいEX、演技等も収録されていますのでCSが見られる方にはお勧めします。

今日は「KENJIの部屋エピソード4」より、萬斎さん対談を優先してしまいました。
既出になってしまいますが、次回描かせて頂きます。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

「夢の対談」と「フィギュペディア」」への6件のフィードバック

  1. ガムザッティさん、こんばんは。
    フィギペディア2015については正に私もダムパリのプログラムの良さを競技会のシーズン後に初めて知ったような感じです。しかしこの選ばれたEXは幻想的な照明の下で4回転ジャンプも華やかに跳んで全てに意味がある素晴らしいものでしたね。
    萬斎さんとの対談は、結弦くんの「パンパンになっている頭の中が」という発言で表されている通りの萬斎語録のオンパレードで期待通りというか、こんな数分間で期待した以上の興味深い内容でした。不条理な現代に生き伝統芸の重みを一身に背負った萬斎さんって軽妙洒脱で鋭い人物でしたね〜。お姿もカッコいい!。個人的には「邪なジャッジ」という部分がウケましたが。また萬斎さんの舞台のチケットも売り切れそうです。

    1. サライさん、おはようございます。
      早速のコメントありがとうございます。ノートルダムに関しては、旧ロミジュリに比べて落ち着きすぎと思ったのか最初は良さがわかりませんでした(泣)
      萬世さん対談も、どこを抜粋しようか非常に悩みました。「邪なジャッジ」もナイスな表現と思いましたし、「型があるものの宿命」などのお話も載せたかったですが、涙をのんで、SEIMEIに関するところのみ抜粋し、残りの対談はデイリーのリンクからご覧になっていただこうという形をとりました。
      本当に、萬斎さんのお話は聞いているこちらもなるほどと思い、この対談は必ず表現面に大きく生きることと思います。
      期待以上の対談で中身の濃い14分ほどでした。(かなり時間枠も取ってくれたんですね。)
      サライさんは萬斎さんにもお詳しく、凄い!と感じました。狂言や能などの日本独自のものにもお詳しいのでしょうか。
      一夜漬けで勉強できるものではないので羨ましい限りです。

      そして最後に正直に申し上げます。
      結弦クンが萬斎さんとの対談後の感想を述べている2枚の写真を載せるのを忘れて、アップしてしまいまして、たった今そちらを加えました。何ボケボケしていたのでしょう。
      こんな間抜けなブログですが、呆れずにまたお越しいただければ幸いです。

  2. ガムザッティさん、こんにちは^^
    私の方のブログは、記事も簡単でお恥ずかしくて…

    萬斎さんの所作や話術の洗練された様に流石だと感じました。
    ユーモアを持っての「邪なジャッジ」との表現も、実は言い得ているなぁ
    よく見ていらっしゃるなと思いました。

    会場全体に意識を持って行く…

    フィギュアスケートは技と美…
    両方が備わらなければいけない、ほんと凄いモノですよね!☆
    でも、それが出来る羽生結弦君だと思っておりますので
    今後も物凄く楽しみです*^^*

    1. 由莉さん、こんばんは。
      由莉さんは、「絵」という素晴らしい表現があるので多くの言葉は要らないのではないでしょうか。

      萬斎さんは本当に素晴らしい方だと思いました。
      普段は狂言と全く縁がなかったものでしたから、なかなか萬斎さんのお人柄に触れる機会もなく。
      今回、結弦クンが陰陽師を選曲したことで狂言も観てみたいな~なんて思ってしまいました。
      本当に、どのお言葉も素晴らしくて全部ご紹介できなくて残念でした。
      結弦クンなら、今回の萬斎さんとの対談を表現に充分生かしてくれると思います。
      観客・邪なジャッジのみならず、会場全体に意識を持っていく・・・目からうろこでした。
      初戦まであとわずか。ともに応援いたしましょうね。

    1. せっかくのシーズンインに、自分がなんてこったい!
      状態なのですが、頑張って応援したいと思います。

コメントは停止中です。