月別アーカイブ: 2016年4月

笑顔で戻ってくる日を待ってます。

World FS op
私達がキシリトールの羽生ボトルゲットに奔走している日に、奇しくも結弦クンの「リスフラン関節靭帯損傷、2か月の加療・安静を要す」ことが発表になった。

更に翌朝は今季始動が、例年より1か月遅れの6月になること。
プログラムも例年は5月に作り始めていたのが、6月にずれ込むことなども発表され、怪我の重さを知らされた感じでした。

I wish your recovery 4

アイスショーは今年は恐らく全休と思った方がよさそうで、寂しさはもちろんありますが、「治療に専念」の報道にホッともしています。
7月のDOIは微妙な気もしますが間に合わせようとは思わずに、今はひたすら療養してほしいと思います。

オリンピックシーズンでなかったことが救いで、そこに彼の運の良さも感じます。

syoma 4F
昌磨クンのフリップ成功のニュースも当然聞いていてメラメラしているとは思いますが、
その気持ちを抑えて「早く治すこと」に集中してくれるんだなと。

スケカナ以降、状態が悪化していく中で、NHK杯・GPFで神演技での2度の記録更新達成を思うと涙が出そうになったり、精神力の強さにまたしても驚かされたり。

I wish you recovery
「ゆっくり治してほしい」と思っていましたが、6月始動だとあっという間なので、早い回復を願うのみです。

ロッテキシリトール・羽生結弦ボトルはその日のうちにコンプリート出来ました。
というか、その日のうちに揃えないともう無くなってしまうようで焦りました。(^^;)

world sp flow like a river 2
世の中は甘くなかったです。

問い合わせたコンビニの方の、「お取り置きしましょうか?」お言葉につい甘えてしまいました。

キャンペーン開始当日、未開封の6個入りパックをお店の方から受け取り、念のため確認したら同じ顔が3ボトル入ってました~。(泣)

XIL1 (2)(こちらのお顔のボトルが3個入ってました~)

気付いてよかったとお店に戻り、2個を交換して頂けばOKと思ったのですが
コンビニさんも、1パックに6種類入っていると思ってしまって、私が受け取ったパックしか仕入なかったとのことでショックすぎ~。

やはり、お取り置きでコンプしようなどとは許されなかった!!

駅も大きいしコンビニの数も多い所なのに、あと2種類を手に入れるために廻ったコンビニでは既に完売かゲット済みのボトルが少しだけ残っているパターン。

私が手にしそこなった2種類のうち1個は買えました。(どの顔だったか記憶が飛んでます)

XIL6 (2)手に入っていない最後の1個はよりによってハイドロ~(泣)

運悪く今の自分は甲状腺の機能低下で普段より疲れやすい状態。

少し歩くとすぐ息切れがしてくる。それでも最後の1種類ハイドロにこだわる自分にあきれつつ、その地にあるヨーカドーの開店時間になったのでいってみましたが、予想通り通常ボトルしかないっ。

このまま諦めて帰るか。どーするっ。

少し考えて現在地からバスで一本の所にイオンがあるのを思い出し、行くことにしました。
着いたら駅の階段がつらいッ。(泣)

甲状腺の機能が落ちると、筋力落ちるってホントだな~などと冷静に分析しながらも、手すりにつかまってまさに脚ががくがく。

それでも何とかイオンにたどり着き、ガムの売り場に行ったらありました~。
自分で好きでやってることだから誰にも文句も言えませんが、無事、コンプリート。

I wish your recovery complete
(半日掛かりでコンプリートしました)

最初から件のイオンに来ていれば一度に全部揃ったのですが、一日限りの勝飯キャンペーンも不参加だったから敬遠してました。

普段寝てばかりいた割に動ける自分にも驚きました。いやいや、今日はたまたま調子が良い日だったのがラッキー。
「殿、利息でござる」も観に行けるかな。何とも言い難いですが行く気ではいます。

17日からまたクリアファイルキャンペーン開始のお知らせを見かけ戦慄しました。

行けるのか? 寝てばかりの状態に陥っている可能性もあるので、なるようになれということで(笑)

我ながら凄い執念と思ってしまいました。異次元の力かしらと思いましたが、一緒にしないで!とお気を悪くされた方がいらしたら申し訳ありません。

次のキャンペーンはチョコが良いんですが、またガムだったような?

どちらでもいいから結弦クンの怪我が早く治りますように。
笑顔で戻ってくる日を待ってます。

最後になりましたが、結弦クンが熊本に飲料水を届けたニュースが出ていました。
yahooニュースの記事が削除されていましたので、こちらのリンクも削除させて頂きました。
これからも継続的に支援を続けるとのことで、やはりご自身の経験から東北のみならず、被災された方々への思いやる心が深いのですね。

と感心している場合でなく、自分もまだどこにも寄付などもできていないので少しでも協力せねばと思う次第です。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

もうすぐキシリトール・ボトルキャンペーン

XILOTL2
またしても、ロッテさんのキシリトールで羽生選手ボトルキャンペーンが行われるのは既出ですね。
いつもテンポがずれていてすみません。

XiILTOL

4月26日~全国でとの情報のみで、実際に取り扱うお店の情報がでていませんでした。

XIL6(なんだかんだ言ってこのハイドロはほしい~)

電話魔のワタクシがロッテお客様センターにて、取扱店をお伺いしたら「今の段階でこちらに情報は来ておりません」
とツレないお返事。

XIL5
朝からどのコンビニに置いてあるかわからない状態でさすらえ・・・とな?
それとも大手のコンビニに行けばほぼ置いてあって、1か所で全種類揃うことなど考えにくいなぁ。

XIL4
これ以上私如きではどうにもならず。あとは情報の早い方があげてくださるかもしれませんし、早くゲットされた方のつぶやきを待つなり。

少し追記させて頂きます。(赤字部分)
キャンペーン前日の4月25日お昼過ぎに、10月にクリアファイルでお世話になったミニストップさんに、キャンペーンのことをお聞きしたところ、「これから在庫が入ってくる」とのことでした。

 実施店舗全てが当てはまるのかわかりませんが、私がお問い合わせたお店では6種類が1か所で揃うようです。(喜)
念のため、実施をしっかりと確認したのはミニストップの1店舗のみです。

ミニストップで手に入るということは、たいていの大手コンビニ・スーパーで手に入るのでは?とつい思ってしまいますが、未確認です。今までキャンペーンに参加したことのないセブンでもやるのか等、気になるところではあります。

「週末仙台」を並ぶのをあきらめたくらいだからいっそ、不参戦にしとこうかな~とちょっとだけ思っていたのです。
XIL2(ファイルと被る写真は良いかな~と思ってたのですが)

ガムは減らないうえに、ボトルだと扱いが厄介と思いまして。
まさか中身を入れたままウン十年保管するわけにはいかず、開封してガムを取出し永久保存か~。(そもそもウン十年自分が持つのか?)

ボトルの開け閉めを何度もしたくないから、一気にガムを別容器に移そうか等と考えてたってことは、迷ってると言いながら買う気だった自分。

クリアファイルの時はどうしても値段の安いスティックの方が先に売れてしまうため、今回はついにボトルに結弦クンをもってきたのだろうな~と思うとアンフェア感もあったりします。

XIL1
(なぜか1個のボトルだけ大きな写真が探せずすみません)

買ったら満足してしまう自分のこともわかってます(苦笑)

アミノバイタルのクリアファイルが郵送されてくるのは、キャンペーン終了後かもしれない。それでも、申し込んだことで満足して忘れてました。
aminovital clear file A(このAだけでよかったかな)

マヌケに一枚一枚レシートを発行してもらった事を書いてしまいましたが、一枚の応募用紙で2口応募できたんですよね。

判断力が鈍ってますのでスルーしてやってください。

本もそろそろ出た傍から買うのを控えて厳選しよう、と思いつつ実行で来てません(^^;)
(今日届いた一部です)

sportiva
Sportiva 羽生結弦 異次元のシーズン
集英社 税込1500円

figure skate new season
フィギュアスケート2015-2016 総集編
英和出版社 税込1296円

ウチには子供がいないし将来的に誰かが処分しないといけなくなるので、今からでも少し量おさえる努力をしないとなぁと殊勝なことも考えます。

そして、この見覚えのある方多数のゆづT!
XILTOL paredeTshirts(スミマセン。amazonさんから画像お借りしてしまいました。なんか高値でびっくりです。作りが荒いのに(笑)しかも残り1点になってました。)

私はパレードには行けなかったけど、「スッキリ!」で発売情報が出た直後に池袋行のバスに飛び乗って、宮城のアンテナショップに行ってすんなり買えたのがつい最近のことみたい。

このTシャツは、今年の夏にはパジャマにして着るものとしての職務を全うしてもらおう。
買って満足せず思い切って使おう!

キシリトールのボトルから話がそれてしまいました。

歴代のクリアファイルも数枚は使っていますがしょっちゅう眺めている訳でもないし、今回はデザインボトルガムだしな~。(まだ言ってる)

唯一結弦クンの私服で持っているのがこのパーカー。なつかし~な~。(どんどん話がずれてくし)
XILTOL3(お持ちの方はわかると思いますが厚手ですよね。これくらいでないと真夏の冷房対策になりません。実はショーや試合は結構、苦行な会場もあります(笑)でいつも重装備)
(パーカーのお写真はクランクインネットさんからお借りしました。)

最近は次の更新がいつできるか自分でもわからずちょっと綱渡り状態。それでも主要なニュースは書いておきたいです。

今回は、ロッテでボトルキャンペーンがあったという記録の意味でも書かせて頂きました☆

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

入手は困難・「週末仙台」

content_photo04 (2)
まず、熊本・大分地域で地震の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
救出活動が無事に済み、ライフラインの一日も早い復旧と、支援物資が多くの方々に行き届きます様に。

最初のお写真は勿論、「週末仙台」さんからお借りしました。
言うまでもなく仙台市が作成して無料配布した観光ガイドブック、ですね。

東京でも各場所で配布されたとたんソッコー無くなる大人気だったようで、今の結弦クン人気がちょっと、どころかかなり怖くもあります。

content_photo10 (2)
ゲットされた方、おめでとうございます。
貰いそびれた方、WEBからの申し込みで当たりますよーに。

ワタシもWEBサイトから申し込みました。

サイトはこちらから。WEBからの応募フォームもあります。
羽生結弦が歩く仙台「僕とスケートと仙台と」
当選しないかな~と思いつつ倍率高すぎ!!

サイト未公開のお写真もあるようですが、こちらをダウンロードしたから「良し!」と思うことにします。
今後のユヅルクエストと併せて行けない時は無理しないでおきます。(^^;)

content_photo03 (2)
(この笑顔には瞬殺されます)

昨秋のananにも驚かされましたが今回のFRaUの企画にも驚かされました。
多忙な中いつのまに撮ってたのでしょ。

ずんだ餅をほおばってる結弦クンは可愛いし、スタイリストさんが選んだ素敵なお洋服を着ると映えます。

自分も朝から並ぶことが出来て、入手したら「かわいい!!」と叫んでいる姿も容易に想像できすぎます。

content_photo08 (2)
(個人的には後姿なんですが、このお写真好きです。ちょっとさみしげなところと、カーディガンに袖を通している姿が何とも言えない・・・)

けれど浮かんできてしまいまして。

「スケートやりたいだけなんですよね」

「自分はアイドルでも芸能人でもない。アスリートの魂はブラさずに気持ちの芯に入れておきたい」
という言葉が。

content_photo01 (2)
(確かに可愛い!!でも彼はアスリートなんですよね。自分もつい忘れてしまいそうになってしまうのですが)

週末仙台の撮影を彼は楽しんでいたと思います。
冊子を見て、自分の育ったところを多くの方が訪れてくれることを願って。

ゲットできた方が喜んでいる中、水を差してしまい申し訳ありません。

彼のそんな言葉も思い出してしまいましたのでちょと綴ってみました。

content_photo05 (2)
(結弦クンのお洋服はもう追いかけるのムリ(年齢もあるけどすぐ完売するし))って思ったけど、このカーディガンなら冷房対策に重宝するのにな~とかちょっと思いました)

ananに登場した際にも書かせて頂きました。

「スポーツ選手でありながら、こういう仕事(芸能人のようなこと)もこなさなければならないほどのスター性を持ってしまった人の宿命ってあると思います。
彼ならそんな宿命に打ち克ってきっと結果を出してくれるはず。」と。

content_photo09
(お花に手がいってるし。あ~。似合う。私も偉そうなこと言えませんね)

昨季は実際そんな年でしたから、来季も怪我を治してきっとまた私たちを驚かせてくれる。

この連休に、また、その後もより多くの方が仙台を訪れてくれることを自分も願っています。
自分自身も、行くことが出来ますように。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

「情熱大陸 」フィギュアスケーター 羽生結弦

continetnal of passion

最初のお写真は情熱大陸さんより、一部お借りしました。
「天才なんかじゃない」の一行が心に響きます。

本日のお写真は毎日新聞さんの「情熱大陸 ケガを隠してシーズン最後の大舞台に挑んだ羽生結弦が今、思うこと」からお借りしました。

結弦クンの映像だけ流す番組が多い中、久しぶりにきちんと彼を取材した番組が観られとてもよかったと思います。
Passion Continental mainichi
ディレクターさんが元フィギュアスケーターでスケ連とも交渉して企画し丁寧に作られた番組だったとのことで、30分枠の放映だったのが残念でした。

先日の世界選手権で優勝を逃し、試合後バスに乗り込むシーンから番組は始まる。

passion continental 9
(NYOIに出演するために大阪入り)

その後クリケットで自分を追い込むシーンや、何か所か場所を変えてのインタビュー、NYOIでのバックステージで見せる素の彼等も見られ、中身が濃かったと思います。

passion continental maichi 10
タクシーの中でのインタビューも面白かったですね(笑)
この写真の彼、やけに顔が幼く見えます。

今回番組中で一番印象深い場面は、予告でも流れた
このシーン、という方も多いのでは?

continental I'm lonely
孤独ですよ。ホントに。言ってみれば周りの環境っていうのがある程度、自分の精神時状態や肉体にすごく左右してくるんですけど、それを遮断しないと自分が思っているパフォーマンスできないんですよ。

I want to be a lonely
だからある意味で、孤独にさせてもらいたい。むしろ。」

より良いパフォーマンスをするために、イヤフォンつけて自分の世界に入り、誰も近づくなオーラ発して周囲の雑音をシャットアウトして集中するのでしょう。

とはいえ、

continental YUzu cares shyoma
オープニングに出番がないから、この後、寒そうな昌磨クンに自分の上着を貸してあげたり周囲のこともちゃんと見ている。

passion continental 6
孤高の人になるときと、周囲に気遣ったりじゃれ合ったりするときの切り替えがしっかりできるんだろうなぁと。

continental up before the show
本番前のアップの真剣な表情。
この番組は様々な結弦クンの素顔を捉えていた。

passion continental 11
(迎えた本番も素晴らしい演技でした)

continental long sreeves
タイムトラベラーの長めの袖も。(私には萌えどころでしたので。スミマセン)

3月のカナダでの追込み練習に場所が移る。
「左足の不調如きで王座奪還をあきらめるわけにはいかない。」(ナレーションより)

足の方が大事と言いたいですが、シーズン最後だし行けると判断したのでしょうから何も言えません。
が、中国杯を経ても怪我への心配に慣れることが出来ません。

continetal sp practice
(得意の3Aもこの追い込み練習の時は決められず、疲弊して調子が悪そうでした)

番組スタッフの方々は彼の左足のことを世界選手権前に知ってたんですね。
まさにトップシークレット。

continental he cares his toe
ご本人は心配するスタッフに、

I can walk normally
「今ちゃんと歩けてるし、ここまでしっかりやってきたんで、ありがたいです」
と飄々としていた。本当はGPS始まる前から違和感感じて、どんどん痛くなっていたはずなのに。

記録を更新するたびに痛みも増していたのかと思うと涙がでそうになってしまう。

今回も最後まで滑り切ることが出来たのは、強運の持ち主としか言いようがない。
彼は怪我が多いけれど、「骨折」がないから試合に出続けられているのだと思う。

シーズンオフに無理しないで済めば順調に回復するとは思うので、彼のこのオフのスケジュールがどうなるのか、非常に気になるところではあります☆

continentalu are you strron
「自分は強い人間ですか?」の問いに

conitnental no
(即答)「弱いです。めちゃくちゃ弱いです。(中略)強ければ周りが何言おうと、周りがどんな環境であろうと関係なく自分を作り出せると思うんですよ。自分が作り出せない理由は多分弱いからだと思います。」

自分の弱い所を理解して、認められるって強い人だと個人的には思うけど。

continental what are you doing when tough sitiuation
「つらい時はどうやって乗り越える?」

continental i don't do nothing
「なんも乗り越えようとしないです。つらいものはツライ。もう認めちゃう。」
(大変参考になるご意見です(笑))

SP首位発進から、FSで失速し2位となった世界選手権後のインタビュー

continental after world competition
「はっきり言って、僕はもうこのまでは絶対終わらないし、もう次の目標に向けて結果どうのこうのじゃなくて、自分の理想・自分がしたい事、自分のスケートをもっと高めたいと思います。」

彼はもう次を見ていた。王者奪還はならなかったけれど

continental He sees future
「スケートと自分の生活は割り切らなければならないところもあると思うけれど、ホントにそのメリハリをしっかりつけて自分の中でもスケートを心から楽しみたいです。」

技術的な進化も楽しみだけれど結弦クンは人間的な成長もスケートにきっと顕著に反映されるであろうから、それも楽しみだ。

具体的には4Loの試合での成功や、更なる高得点・自分越えが期待され緊張にさらされるシーズンにはなるだろう。
エンディングでの彼の笑顔を見ていたら、来季も大丈夫と思えた。

Passion continental 7
(この直筆のフリップ持った映像も流れませんでしたね。番宣用?)

来季こそ、大きな怪我がないことを心から願っています。
今回は発表されなかっただけで足の状態は昨年よりも良くなかった雰囲気がとても漂う。

ほんとは怪我を隠して試合に出て良いんだっけ??とまたうろ覚えの知識がアタマをよぎったけど、もう終わったことだし。

シーズン最後の試合の世界選手権、結弦クンのことばかり心配してしまうけれど多くの選手も連戦で、万全な状態で出られる人って少ないんだろうと思う。

とにかく今は、一日も早く怪我が回復しますよーに。

continental 900
未使用の映像も沢山ありそうで、続編も作ってほしいと思った情熱大陸900回記念放送でした。
(オープニングに使用されたのに、ラストに持ってきてしまいました(汗))

yuzupinoさんより、動画をお借りいたしました。アップありがとうございます。
2016 0410 誰も知らない絶対王者の素顔

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

「今シーズンお疲れ様」と「ありがとう」

World EX finare
最初のお写真は第一線で活躍する選手が並んだEXならではのもの。
シンプルな服の選手が多い中、結弦クンの衣装が目立つ(笑)

今回のお写真もNewscomさん、スポナビさんからお借りしました。

お久しぶりの更新になってしまいましたので、結弦クンの怪我が左足甲靭帯損傷で、日本に戻らずトロントで治療というのも既出の話題。

world-exopenning-2
既に多くの方の心は間もなく放送の情熱大陸に向いているんだろうなと思いつつ、私個人が彼に対して「今シーズンお疲れ様」と「ありがとう」をきちんと言えていなかったことが気になっていたので、今回はその気持ちを伝えさせて頂きたいと思います。

World EX op
EXでのレクイエム、怪我をしているとは思えないほど美しい滑りでした。

私にとっても思い出深い「天と地のレクイエム」
初めて観た神戸のポートぴあホールに一瞬心が飛びました。

World EX beautiful
心を動かされ過ぎて、終演後もしばらく席から離れられなかった想い出のプログラム。

これが見納めではなく、これからも滑ってほしいと思いました。
新しいプロの合間に(笑)

World EX his tears
このEXの後も涙ぐんで
「ありがとう」ってつぶやいてましたね。

長いシーズン、お疲れ様でした。

NHK after FS how cute
今シーズンは「凄いもの」を2回も観させてくれてありがとう。

今シーズンは、緊張していたことを素直に言葉にするインタビューがとても印象的でした。
Iam nervous

今回の試合で私たちも彼の緊張を感じ取れるシーンもあったと思います。

yuzu fasner
SPの記事で書くのを忘れてしまいましたが、6練の際衣装の背中のファスナーが思い切り空いてたことなど、今思うと全く結弦クンらしくなかった。

he forgot his costume for practice
Tシャツで練習する彼を、何かの映像か写真で眼にした時「なんでアンダーアーマーじゃないの?」と思ったのですが、まさか公式練習の時大事な練習着を忘れてきてしまっていたとは~。

それほど今大会では平常心を失っていたのでしょうか。

余談ですが彼がアンダーアーマーを愛用しているのは、どんなに激しい動きをしても身体に密着してくれるのも理由の1つかもと別のことを考えてしまいました。

under armor is good costume for practice
ブランドのTシャツだとこんなにずり上がってしまってやりにくそ~

yuzupinoさんより、練習着を忘れたことの動画借りしました。アップありがとうございます。

2016 0404忘れた練習着と滑走順

今シーズンは大きな怪我のニュースがなく、かなり油断してましたが、シーズン序盤から足が痛かったと聞き胸が痛みました。

トロントに戻った時は甲が痛かったけど、既に治っているという話を真に受けて。

world his hard work 2
年明けに悪化ということでしたから、3月に動けなくなるほど自分を追い込むこの番組では、足の状態もかなり悪かったと思われます。

そんな中で、渾身の滑り観せてくれてありがとう。

2015-2016シーズンは、結果もシッカリ出したけれど異次元に達したことでの苦しさが生まれ、神様が与えてくれた試練も。
God gives me a trial

でも今シーズンはもう終わった。怪我の治療もかねて少しでも休めればと思います。

ハビと仲良く療養しているかもしれない、と思うと少しほっとします。

God gives me a trial 2

まずは怪我をしっかり治してください。

トロントで治療だし、EXでも綺麗なジャンプを跳んでいたから深刻ではないのかなと言う気もしています。

日本に戻ってこないのは正解かも(汗)
来月になったらショーシーズン。

FaOIのことなどはまったくわからないけど、まずは怪我の治療優先であってほしいと思います。

シーズン前に自分に大きな病気が見つかり今でも何度も心が折れそうになりますが、家族・友人、心に掛けてくださる方々に支えられ、結弦クンの演技に癒されて、どうにか心を保てています。

夢の対談
萬斎さんとの対談が初めてeveryで流れた頃に病気がわかったので、お二人の対談は今でも殆ど見返すことができません。

自分の中にある邪なもの捨て去れれば、来季もまた元気な結弦クンを応援できるでしょうか。

結弦クン、今シーズンもお疲れ様でした。
いつもひたむきな姿を見せてくれて

NSP Thanks 2
「ありがとうございましたっ」(ショーの後の彼の真似です)

情熱大陸、楽しみですね。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

ハビエル、ワールド2連覇おめでとう!!

fs-three-medalists-2
最初のお写真は母国の国旗を身にまとうメダリストたちです。

本日のお写真は、Newscom・スポナビ・getty images・日刊・デジタル朝日さんからお借りしました。

それぞれの選手に多くのドラマがあった熱い戦いだったと思います。

いつも結弦クンに対して優しい気遣いをしてくれるハビエル。

FS Javier congraturation
今回は靴のアクシデントやかかと痛みなどで万全の状態ではなかったのに、神演技で文句なしの逆転優勝した彼を心から称えたいと思っています。

まずは、SP第1グループから最終グループに上がってきたミハイル・コリヤダ選手。
FS mivail coriyada

今回は4Tは1本でしたきっちりまとめて総合でも4位。
プルシェンコさんの平昌は難しそうだし、コフトゥン君もミスが多いので、これまで目立たなかった彼のような人がこれから上がってくるかも。

第2滑走の結弦クン。
FS SEIMEI8

結弦クンが「第2滑走」あまり記憶にないです。
あまりいい順じゃないかも~と、言う気がしました。
FS getty 3
(実はこのお写真、かなり好きです。こういう眼差しにドキっとしてしまいます)

いっそ、6連の後リンクに残ってすぐ滑れる第一滑走の方が未だ良いのでは?
イヤ、結弦クンにはそんなこと関係ないかと前日は色々妄想していたのです。

FS当日、テレビ放送前に順位がわかってしまったので、ジャンプミスが出ていい演技できなかったんだろうなって思って、動画も探しませんでした。

FS 4s touched the ice
冒頭4Sお手付き。

FS landing
次の4Tもこらえた感じで、いつものGOE満点の出来ではなかった。

FS getty
(前半から後半へ)

FS getty 2
後半の4S転倒。

コンビネーションがつけられず単発4Sのリピートになって減点されてしまう。これもイタイ。
3A-3Tが綺麗に決まってホッとしたのも束の間、大事な得点源の3連続で3Aにターンが入ってしまうし2Sになってしまった。

鬼門の3Lzも着氷が怪しかった。

FS SEIMEI 2
最後までジャンプが立て直せなかった結弦クンも珍しい。

FS
治ったと言っていた足の甲がずっと痛かったというのも買い込んだスポーツ紙で読んでしまったし。

全ての状況をネットで知ってから試合を観るというのも、味気ない気もして今後は時差のある試合は情報シャットアウトしてテレビ放送見ることにしましょうか。

FS Hydro
(ハイドロもどんどんヴァージョンアップしている感が。両手を離してのハイドロって難しいとか。手ついてても難しそうですが(汗))

それでも、他の部分は充分SEIMEIで結弦クンが表現したかった和の力強さ・繊細さを堪能した、というか「しようとした」と言った方が近かったかもしれない。

FS SEIMEI 3
来季はきっといろいろ試す最後のチャンスだからプロの持越しはしない(と思う)。
何と言っても競技としては恐らく見納めの「SEIMEI」であると思っていたから。

FS SEIMEI finish
大好きなプログラムです!!

フィニッシュ後、いつものドヤ顔は残念ながら見られず。

FS after performance
しばらく動けない彼。

FS com Thank you everyone
それでも、観客に向かって「ありがとうございます!」って言ってくれた。

FS SEIMEI 5
(フリーの得点184.51。結弦クンのレベルではこのスコアでは物足りなく思える。)

演技後の彼のコメント。
「ずっと緊張してました。」
「緊張の質に適応しきれなかった」

今回も、SPでハビに大差をつけての首位発進だったから、「勝って当然」と思われる緊張もあったでしょうか。

When I was skating that I feel
前回、「期待」というプレッシャーが続くと人は慣れるものなのか?

Iam nervous
と疑問を呈したけれど、結弦クンの答えは「否」だった。

オリンピック・昨年のNHK杯のFS前。昨年のGPF。
それぞれ、金メダルや、世界最高得点への期待。
何度、期待に応えて成し遂げても更なる期待に対して緊張するんですね。

恐らく彼が引退するまで続くであろう。

次回に期待しよう。
彼だって、期待されなくなったら自分じゃないってことはわかっているはずだから。

第三滑走・ボーヤン君。
FS Boyan

結弦クンの後の滑走という緊張感の中でも、(一応)ミスなく纏めるところが彼の凄さ。

ステップアウトしようが、着氷の際動き・流れが止まってしまおうが、詰まろうが、4回転全て降りてしまうところ、脅威ですね☆
派手に転んだのを見た記憶もない。

フィニッシュが音に遅れてたし、乱れ放題のランディングでガッツポーズですか?

FX Boyan
振付はもうちょっと見直したほうがいいかも。衣装もそうだし、全体的にあか抜けない。
ジャンプの質が良くなって、演技構成点が伸びれば更なる嫌な存在になると思います。

彼の4Lzが皆の闘志に火をつけた存在であるのは確か。
今は若いから跳べてしまうのかもしれないけど、怪我せずに来季の成長を期待します。

そして、ハビ。
「ユヅルに勝つためには生涯で最高の演技をする必要があった」

FS Javier F
靴が合わない、かかとに怪我。悪条件で生涯で最高の演技を滑り切ったハビ。凄いな・・・

その場で観ていた方たちは、きっと「ゾーンに入った」彼の演技を観られたのでしょう。

質の良いジャンプ・素晴らしい演技力とスケーティングスキルでノーミスされたら、勝てませんね☆。

以前SPの世界最高得点を結弦クンとパトリックがしのぎを削って更新しあったように今度はハビとの間で繰り広げられるのだろうか。

第5滑走・昌磨クン
FS Syoma 2

ハビのスケートに興奮冷めやらぬ大変な空気の中で滑ったのでしょうか。

FS Syoma crimkin eagle
とても痛そうな転び方をしてしまって、とても心配になったけどその後、後半の3Aも決めてクリムキンイーグルも魅せてくれ最後まで滑り切った。

FS SYOMA crying
キスクラで、流れ落ちる涙を隠そうともしない姿に胸打たれてしまいました☆
7位に順位が落ちたのは残念だったけど、3枠確保してくれてありがとう!

最終滑走・パトリック。
FS Patric near the fence
(壁にぶつかりそうになりましたが、お怪我が無くて何よりです。)

4回転一種類で闘うのもありだと思いますが、今回のフリーのように他のジャンプをミスしたらかなり置いて行かれてしまうので、彼が今後どうするのか気になります。

現役を続けるのか、止めるのか。
私は続けてほしいのですが。
私が情報遅いので、もう発表になってたりして(笑)

男子順位表です。
2016 World result

見るのが個人的には好きなJudge Scoreです。(今回はつらいですが)

FS three medalists
ハビ、世界選手権2連覇おめでとうございます。
結弦クン、銀メダルおめでとう☆
まさかの銀、等とは言いません。がんばったと思うから。
ボーヤン君も初出場で銅メダル、おめでとう。

FS nikkan
(うつむいてVサインする姿が可愛い☆)

ゆづ・ハビとも平昌までブライアンのところで切磋琢磨してほしいと思っています。
FS HINOMARU ON THE BACK
(国旗をまとう結弦クン、綺麗ですね)

結弦クンは甲を痛めているのであれば、SOIにサプライズでINするとも思えず、カナダに戻るのか、日本に帰ってくるのでしょうか??

いずれにせよ、少しでも静かにシーズンの疲れを癒せると良いなと願っています。痛めた足も早く治りますように。
FS medal ceremoney 2
(来年は真ん中に立ってね。)

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。