入手は困難・「週末仙台」

content_photo04 (2)
まず、熊本・大分地域で地震の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
救出活動が無事に済み、ライフラインの一日も早い復旧と、支援物資が多くの方々に行き届きます様に。

最初のお写真は勿論、「週末仙台」さんからお借りしました。
言うまでもなく仙台市が作成して無料配布した観光ガイドブック、ですね。

東京でも各場所で配布されたとたんソッコー無くなる大人気だったようで、今の結弦クン人気がちょっと、どころかかなり怖くもあります。

content_photo10 (2)
ゲットされた方、おめでとうございます。
貰いそびれた方、WEBからの申し込みで当たりますよーに。

ワタシもWEBサイトから申し込みました。

サイトはこちらから。WEBからの応募フォームもあります。
羽生結弦が歩く仙台「僕とスケートと仙台と」
当選しないかな~と思いつつ倍率高すぎ!!

サイト未公開のお写真もあるようですが、こちらをダウンロードしたから「良し!」と思うことにします。
今後のユヅルクエストと併せて行けない時は無理しないでおきます。(^^;)

content_photo03 (2)
(この笑顔には瞬殺されます)

昨秋のananにも驚かされましたが今回のFRaUの企画にも驚かされました。
多忙な中いつのまに撮ってたのでしょ。

ずんだ餅をほおばってる結弦クンは可愛いし、スタイリストさんが選んだ素敵なお洋服を着ると映えます。

自分も朝から並ぶことが出来て、入手したら「かわいい!!」と叫んでいる姿も容易に想像できすぎます。

content_photo08 (2)
(個人的には後姿なんですが、このお写真好きです。ちょっとさみしげなところと、カーディガンに袖を通している姿が何とも言えない・・・)

けれど浮かんできてしまいまして。

「スケートやりたいだけなんですよね」

「自分はアイドルでも芸能人でもない。アスリートの魂はブラさずに気持ちの芯に入れておきたい」
という言葉が。

content_photo01 (2)
(確かに可愛い!!でも彼はアスリートなんですよね。自分もつい忘れてしまいそうになってしまうのですが)

週末仙台の撮影を彼は楽しんでいたと思います。
冊子を見て、自分の育ったところを多くの方が訪れてくれることを願って。

ゲットできた方が喜んでいる中、水を差してしまい申し訳ありません。

彼のそんな言葉も思い出してしまいましたのでちょと綴ってみました。

content_photo05 (2)
(結弦クンのお洋服はもう追いかけるのムリ(年齢もあるけどすぐ完売するし))って思ったけど、このカーディガンなら冷房対策に重宝するのにな~とかちょっと思いました)

ananに登場した際にも書かせて頂きました。

「スポーツ選手でありながら、こういう仕事(芸能人のようなこと)もこなさなければならないほどのスター性を持ってしまった人の宿命ってあると思います。
彼ならそんな宿命に打ち克ってきっと結果を出してくれるはず。」と。

content_photo09
(お花に手がいってるし。あ~。似合う。私も偉そうなこと言えませんね)

昨季は実際そんな年でしたから、来季も怪我を治してきっとまた私たちを驚かせてくれる。

この連休に、また、その後もより多くの方が仙台を訪れてくれることを自分も願っています。
自分自身も、行くことが出来ますように。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。