月別アーカイブ: 2016年6月

「氷上練習再開!」と「来季試合多いですね」

practice started
このニュースをどれだけ待ったことでしょうっ。(ウルッ)

羽生 左足甲負傷から順調回復

日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は22日、都内で行われた理事会後に報道陣に対応し、4月の世界選手権後、左足リスフラン関節靭帯損傷のため、全治2か月の安静、加療と診断されたソチ五輪金メダリストの羽生結弦(21)=ANA=について、「表情で滑っていると聞いている。ジャンプ、スピンをどんどんと言うわけではないが滑り始めている」と、氷上練習を再開したことを明かした。

羽生は2年ぶりの優勝を狙った世界選手権でSP首位発進したが、フリーで逆転され、2年連続の2位に終わった。シーズン途中から左足甲を痛めており、その後、帰国はせず、練習拠点のあるトロントで治療に専念。今夏に予定されていたアイスショーについては、今のところ全てキャンセルしている。

http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/06/22/0009211918.shtml

He is revovery dailyなぜかネットニュースではこのお写真が使われています☆

今朝(6月23日)の「めざまし」と「あさチャン」でも、「羽生選手氷上練習再開」を取り上げてくれていて、嬉しかった~。
織田クンの、「焦らないで治そう」「彼ならすぐ跳べるようになるから」のお言葉を信じることに致しましょう。

例年のシーズンなら、DOIで新プロ披露目してる頃なので、確かに遅れてはいますが、まずは良かった~!!
多くの方の回復祈願が通じたのでしょう。(一応ワタクシもしてました(笑))
onnnmyouzi(昨年のアイスショーバージョンの衣装のSEIMEI懐かしいです)

出場選手の決定はこれからだそうですが、グランプリシリーズの6大会については日程は決まったとのこと。
フィギュアスケート速報さんより

リンク貼らせて頂きありがとうございます。 グランプリの日程のほかに、四大陸選手権~国別までの日程のほかにも、平昌オリンピックのチケットの手配のことについても挙げてくださっています。

今回の試合の日程も参照させて頂きました。改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
羽生選手のNHK杯出場はほぼ確定としても、もう1試合をどこにエントリーするか、ワタシ如きには明確な予想が出来ません(^^;)

NHK FS finish smile(NHK杯もまた異次元の演技を期待してしまいますので、来季もプレッシャーとの闘いはあることでしょう)

あまりNHK杯に近いとファイナルも含めて連戦になってしまうので、靭帯に不安を抱えた羽生選手には厳しいでしょうから、どの試合を選択するのかドキドキしながら発表を待ちたいと思います。

ワタクシ個人は来季の試合のチケ取りは全て不参戦ですので、皆様のご健闘を心よりお祈り申し上げます。

来年は、世界選手権前にもう一試合増えるとのことで、大変驚きました。
四大陸フィギュアスケート選手権2017 2月15日(水)~2月19日(日)(韓国・江陵)の後に、
2017 冬季アジア札幌大会 2月23日(木)~26日(日)
が、あるとのことで選手の負担が気になります。

2017 冬季アジア札幌大会
フィギュアのことしかアタマにありませんでしたが、スキーやカーリングもあるんですね。
ウィンタースポーツの選手が大変になりそう。(^^;)

JIJI.comさんより 世界フィギュア選考基準承認=スケート連盟

世界選手権 2017年 3月29日(水)~4月2日(日)(フィンラン・ドヘルシンキ)
国別対抗戦 2017年 4月20日(水)~4月23日(土)(日本開催・場所は未定)

冬季アジア札幌大会を全日本優勝者から選出等、スケ連はベストメンバーを組みたいようですが、選手は平昌と同じリンクで開催の四大陸の方に出たいのではないかということも想像してしまいます。

世界選手権はオリンピックの枠がかかる大事な試合ですし、いつもの年よりプレッシャーがかかるでしょう。世界選手権の前にどちらの試合に出ることになるのか。

結弦クンもどちらかには出ることになりそうですね。四大陸に出て平昌のリンクで滑ってほしいのはやまやまですが。
足の状態もシーズン保ってほしいですし~。

JIJI(ワールドのFSのお写真。足痛かったんでしょうね。と思うとまた涙が。)

怪我の心配・身体の負担はどの選手に対しても考慮しないといけないことは承知していますが、羽生選手がじん帯に不安を抱えているシーズンに限って、試合が多いことがヒジョーに心配なのは否めません。

Lambiel twitterランビエールさんのツイッターからお借りしましたこのお写真、可愛すぎます。鏡の前でクールに台本か何かを読んでいる女性たちとの対比も何とも言えません(笑))

今日はまず、練習再開のニュースが聞けたことを素直に喜び、後は足の状態をよくしつつ、大事に新プロ作成まで持って行ってほしいと心から思います。

4Loへの挑戦をどうするのか等も気になりますが、彼がグランプリに元気な姿で臨めることを今は願いたいと思います☆

今回のお写真はJIJIさん、朝日さん等からお借りしました。ありがとうございます。
NHK杯の画像はRikoさんより以前にキャプさせて頂きましたので、リンク貼らせて頂きます。ありがとうございました。151128 N杯 FS結果NEWS 2

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

聞けて良かった!結弦クンのメッセージ

2014 World champion ship
今年の夏は史上最大ともいえるゆづロスですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

6月18日はJSports4にて ISUフィギュアスケート選手権アーカイブで、2014年の世界選手権男子シングルが放映され、わずか2年と少し前のことなのに懐かしい気持ちで見入ってしまいました。最初のお写真はその表彰式。町田選手が懐かしい☆

実は、この試合の男子フリーが人生初のフィギュア観戦という思い出の試合でもあります。
それまでの私は、「フィギュアは家で観るもの」という観念にとらわれていて、まさか自分が観に行けるとは思っていなかったんですね~。
2014 world championship entrance(この柱の横で自分も撮って頂いたのですが、どう見ても初観戦に舞い上がった見苦しいおばさん(笑)人差し指の形もチョット違う。顔隠して載せようかと思いましたがやはりボツにしました(^^;)

また同じ日に2016 FaOI神戸のテレビ放送があり、結弦クン自身のメッセージが流れるシーンも見られ、彼の声が直接聞けてと~っても嬉しかったです。

2016 FaOI神戸は録画したものを、アイスショーとして楽しみながら見ていましたが昨年を懐かしむ気持ちが出てきて、ぼ~っとすることもありました。

けれど、「羽生結弦さんからのメッセージお聞きください」のナレーションで我に返りました(^_^)

「こんにちは。羽生結弦です。
ファンタジーオンアイスの後半のツアー、神戸公演・長野公演に出演できるようけがの回復に努めてきましたが、なかなか思うように回復が出来ず残念ながら出演することが出来ませんでした。一日も早く皆さんの前で元気な姿を見せられるよう一生懸命頑張っていきます。」

羽生選手のメッセージの部分のみ、yuzupinoさんよりお借りしました。
アップありがとうございます。


2016 FaOI in KOBE YuzuruHANYU message 投稿者 yuzupino

神戸公演の他の選手の演技をご覧になりたい方は、結弦クンのメッセージからyuzupinoさんがアップして下さった神戸公演の動画に行けると思います☆

やはり見込みより、少し回復が遅いのかな~。

FaoIの後半の公演に出たい気持ちもあったのだな~というそのお気持ちが十分嬉しいです。

グランプリのアサインもそろそろ出る頃だろうし、彼がどの大会にエントリーにするかも凄く気になりますね。

どうか、怪我が順調に回復してくれていますように。
次のシーズンが最大の試練の時にならないようにと願うのみです。

同日にJsports4でダイジェストで放送された、2014さいたまスーパーアリーナでの世界選手権、本当に懐かしいです。昨年の300点越えで少し印象が薄れた感がありますが、異次元の演技の前に史上二人目の「三冠達成」の偉業も成し遂げていたんですよねっ。

前述の通り、全く初めてのスケート観戦でしたが、慣れた方が一緒だったので観戦マナーなども色々と教えて頂きました。

2014 world champion ship real pooh
あ~ホントにプーさんが居る~と感激したのも覚えてます。

2014 world yuzu shake hands with pooh
サルコウを初めて降りたことや、キスクラの真正面だったので、一人でプーさんと握手する可愛さも目の当たりにできました。

SPで転んで3位スタートでしたから、逆転出来るかもドキドキ。
マッチ―の火の鳥が素晴らしかったので、逃げ切られちゃうかもと思った記憶も鮮明。

2014 world his performance(初めて見る彼の演技はとても美しく、一挙手一投足見逃すまいと思った)

2014 world gamzatti is be there
(最後のルッツを決めて喜んでいる姿。あの中にワタシがいます(笑)比較的探しやすい席なので本人だからわかるんですね。人は今がつらいと過去の楽しかった時間を思い出して逃げたくなることもあるんだな~と実感。)

2014 word championship Y and T
町田樹さんと二人で仲良くインタビューに答え、マッチ―が、
「来年これ目指すから」と結弦クンの金メダルを指していたことも印象深かったですね。

町田さんの引退宣言は突然すぎて「来年はこれ(金メダル)を目指すからって言ってたじゃない。」と涙ぐんだこともありました。

町田さんが現役を退いても、昨季は昌磨クン・ボーヤン君の台頭があり進化が止まらない男子シングルとなってしまいました。

その立役者である結弦クン、今シーズン間に合うのか心配ではありますが平昌連覇を見据えて無理はしないでほしい、けど早く回復して元気な姿を見せてほしいと気持ちは複雑です。

今は、私の人生の中で最もゆっくり時間が流れている感じ。

夜も早く寝てしまう日が多く、朝も7時ごろに起きますが朝食後は又寝てしまうことが多く、起きていられる時間に結弦クンの録画したものを観たり、フィギュア雑誌を見る時間は必ず取ります。

やはり好きな人や好きなものを観て笑顔になることは身体にも良いようです。(^^)

この記事も3日かけて書いているので、18日に放映された番組のことが今日に至ってしまいました。

今回は、結弦クンの声が直接聞けたことが嬉しかったので、それだけでいいから書きたいなと思いました。が、それだけという訳にはいかず、結局自分にとっても思い出深い2014ワールドを少し振り返ることに致しました。

お写真はNews.comさん、自分で撮ったもののほかに、WDMBF2さんよりお借りしましたのでリンク貼らせて頂きます。
[HD] 羽生結弦 Yuzuru Hanyu – 2014 ISU World Championships – FS

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

FaOI全公演欠場とその他諸々

Faoi Sapporo not entry 2
結弦クンのFaOIの残りの日程の欠場が早く発表になってほしい、と思いながらもいざ公になると複雑な思いに駆られました。

Fantasy On Ice FBより

それでも正式に神戸・長野の欠場が発表になったことですっきりしました。
これで無理して「出る」ことになってしまう方が嫌~。

結弦クンの今の状態は、Quadruple 2016 Extraで文書でのインタビューに答えているし、6月6日発売のフィギュアスケートLife Vol.6では、近況を話してくれたと思われるインタビューが掲載されている。

Quadruple Extra

Quadruple 2016 Extraでは、彼はボーヤン君のことを凄い選手と称え、昌磨クンのフリップ成功も心からのお祝いの言葉を述べている。

「昌磨クンのフリップも本当にすごいなと。ここまで来るためにどんなに努力をしてきたのかと感じました。(中略)ワクワクしています!(中略)本当にすごい時代に生まれてこれて幸せです!」

昌磨クンのフリップ成功を祝福し、その努力に思いが至るのが彼の良いところだと思う。

「ボーヤン選手の4回転ルッツ、宇野昌磨選手のフリップ成功に危機感はあるのか」
質問が、オリンピックチャンピオンでワールド記録保持者の彼に対して失礼だな~と思う表現にも拘らず、「すごい時代に生まれてこれて幸せです!」
と言い切ってしまう彼が凄いと思うんですけど~。

それを見られる私達も、怪我の心配をしながらだけど幸せなんだと思う。

そしてフィギュアスケートVol.6より一部抜粋させて頂きますと・・・
世界選手権前から決めていたそうです。

figure skate life vol.6 (2)
「足の状態から、「試合が終わったら1か月滑らない。しばらくスケートから離れなきゃいけない」と。(中略)
1か月の予定だった休養が2か月近くになろうとしていて「1か月半も滑っていないし靴も履いていない。脚は痛みが完全に治まってるわけじゃない。氷に乗った時に痛みがある部分をカバーできるようなトレーニングやリハビリをちょっとずつやり始めました」
とのこと。

Quadruple 2016 Extra
フィギュアスケート日本男子ファンブック Quadruple(クワドラプル)2016Extra
2016/05/19 発売 1,950円

Figure skate life Vol.6
フィギュアスケートLife vol.6 (扶桑社ムック)
2016/06/06発売 1,836円

上記のインタビュー掲載の2冊は、他の選手の頁も多いです。
結弦クンの頁が8割を占める本が好き!という方は中身を確認されて買うことをお勧めいたします☆

私は行けなかったけれど、結弦クンのいないショーはさみしいと思う。

もう、オフシーズンをショーで無理しなくたって良いとも思う。
全力で臨み過ぎてしまう結弦クンだから、平昌が終わるまでショーは待つたって良い。

2015 FaOI Kobe(昨年のFaOI神戸でのフィナーレ。またきっと、こんな楽しいショーを観られる日も来るでしょう!)

平昌で金メダルを獲ってもらうことが一番の願いだから。

2015 FaOI神戸の画像、yuzupinoさんよりお借りしました。ありがとうございます。
動画のリンク貼らせて頂きます。

2015 FaOI 神戸 YuzuruHanyu

実はちょっと案じている。
今回の怪我で練習が解禁になったら、焦って激しい練習しすぎて大けがしないかと。
高橋大輔さんがプレシーズンを棒に振る大けがをしたことが重なって怖い。

2015FaoI Kobe 2

練習再開・新プロ振付開始の良いニュースが聞けるまで、アイスショーの放送は楽しめないと思う。
怪我の回復も心から願って・・・

そんな中で取って付けたようで申し訳ありませんが、アミノバイタルのクリアファイルが届き始めたようです。
なぜかBだけ(笑)
clear file amino
Bを2枚申し込んだら別便で来てもったいないとつい思ってしまいます。

Aは人気があり過ぎて製作が追いついていないんじゃないですか (^^)
同じクリアファイルでも、西川さんのものと比べるとちょっとショボい気がするのですが・・・

な~ンて思ってたら、Aのファイルもたった今4枚届きました☆(やはり4枚別々に封入され送られてきました~)
やはりAの方が良いお顔(^^)
これなら2枚保存用にしても使える(嬉)
amino clear file A

最後に、フィギュアの採点方式等が大きく変わるようです。
昨年ライストの見方でお世話になりました、「今日も明日もフィギュア脳」さんがわかりやすく纏めてくださっているので、リンクを貼らせて頂きます。

私自身も10月のシーズン開幕に備えてルール変更について行けるよう勉強させて頂きます。

結弦クンの怪我の今後の見通しも、説得力のある予想をされています。

色んなことに精通されていてこちらのブログよりずっとおもしろいと思います。(^^)
リンク貼らせて頂きありがとうございます。

【ISU総会】ザヤックルールの緩和が正式に承認される!その他決定事項のまとめも。

【海外の反応】羽生結弦選手、リハビリは5月半ばにスタート。順調に行けば予定通り6月に新プロ制作か。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

待望の「蒼い炎Ⅱ」

world he is so beautiful
FaOI幕張では福間洸太朗さんの生演奏のバラⅠと、結弦クンの演技との映像コラボがあったとのこと。

6月5日のテレビ放送で、ノーカットは無理でも少しは放送してくれるよね!とテレビに貼りついていましたが、少しどころか一切放映ナシ(T^T)

実際にショーに出演した人の放送を優先にしたのはわかるけど、ちょっとでも映してほしかったのが本音です(泣)

ファンが回復を案じている中で、ようやく発表になった「蒼い炎第Ⅱ章」発売。
昨年から第Ⅱ章が発売される噂がありながらなかなか出版されなくて、怪我に紛れて忘れかけてたこの時期にようやくAmazonで予約が受け付け開始になりました。

Blue flameⅡ

著者名 羽生結弦
予 価 1620円
発売日 2016/07/07

★前著刊行から4年。2012-2016 待望の自叙伝続編・第二章!

2012年、仙台からトロントへ練習拠点を移した羽生結弦。ソチ五輪金メダリストとなり、史上最高得点を更新し続ける“王者”の姿と、その陰で怪我や病気と闘い、苦難を糧に飛躍する“一人の青年”の姿。2012年から2016年までの激動の4年間とその舞台裏を、ロングインタビューと豊富な写真で描く自叙伝・第二章。

★2004年から現在までのカラー写真110点を掲載!

-目次より-
気づきの時/新天地カナダへ/見えてきた課題/苦しい戦い/五輪シーズンを前に/五輪の戦略、ライバルとの戦い/銀盤の王者へ/成長の実感/被災地で見つけたもの/予期せぬ痛みとの闘い/苦難を乗り越えて/さらなる高みを求めて/史上初の300点超え/最高得点のその先へ

羽生選手への印税はすべて、アイスリンク仙台へ寄付されます。芙桑社の売り上げの一部も寄付いたします。

蒼い炎Ⅱ-飛翔編- 書籍詳細 芙桑社

パートⅠも、王者のメソッドも読んだけれど、感想を人様に読ませられるような文章には起こせません(^^;)
Blue flame「蒼い炎の表紙はやっぱりこの、「悲愴」の青い衣装だよね~。」
等と言いながら、久しぶりに頁をめくってみましたが涙腺が緩んできたので中断。

ベストセラー間違いなしのこの本の印税。パートⅠと同様、全額アイリンに寄付するのね(感涙)

下は2014年のアイスリンク仙台。凱旋公演TOIに行ったときに撮ってきたものです。
Rink sendai4あの時が羽生フィーバーのピークと私は軽く考えていた。

タクシーの運転手さんに「今日3組くらいリンクに送ってるんですけど、何かあるんですか?」
と訊かれたほどだ。彼の人気はさらに加速し、リンクの見学者は夕方で3組なんかでは済まないだろう・・・

rink sendai 3
写真がヘタなのは、私がスマホを持っていない時期で慣れないデジカメで写したこと。

更に加藤商会の社長さんに、「写真良いですか?」とお聞きしたら、「人物が写らないようにお願いします」と言われ、不自然なアングルで撮ることになったからだ。

実際のリンクはもっと練習する子供たちで賑わっていた。

ice rink Sendaiだけど、意地でも蒼い炎の広告だけはカメラに全部おさめたかった。

今ならもう少し上手に取れるだろう(と思う)。

2014年のTOIは観に行けることになったらうれしさが先に立ったが、本当はショー多すぎじゃないかと思っていた。

rink sendai 2今年、少し長く休めることが彼にとって吉と出ると良いな。
神戸・長野の欠場発表が未だなことが少し心に掛っているけど。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

東京西川・クリアファイルキャンペーン

UA
昨日から始まりました東京西川さんのキャンペーン。

体調が悪いとか言いながら、今回も初日にアドレナリンでゲットしました。

さすがに今朝は二度寝したらお昼近くまで起きられませんでした。
白血球や血小板が減っているのかもしれません。(^^;)

コンプにかかる金額が様々な憶測を生む中、自分でも一応確認。

某百貨店さんは税抜4000円のピローケースが一番お手頃な対象商品とのこと。

別の量販店さんは6000円の敷布だったかな。
「クリアファイルも3種類用意があります」とのお返事でしたので、一応保留。
お値段が高いうえに一度にコンプできないのでは「予備」だな、と思ってしまいスミマセン。

Nishikawa complete(それでも今回も無事に全種類揃いました☆)

5枚のクリアファイルの為に2万円強の大金をはたくつもりだったのか自分でもわからないのですが、9時営業開始の家から一番近いヨーカ堂に行ってみました。

開店前に並んでいる人で明らかにクリアファイル狙いの人はワタシくらいしか見当たらない。

開店と同時に寝具売り場に直行してみると。
嬉しい事に税込1580円の枕パッドが対象商品になっていました(^^)。

4000円+税のピローケースが一番安い対象商品とばかり思っていたので、とてもとてもありがたかったです☆
cool pad(こちらがその一番お手頃と思われる対象商品です水色もありました。)

1点お買い上げに付き1枚ですので5セットお買い上げ。

夫と二人暮らしだから両親・姉夫婦に配るしかないな。

思いがけず安く手に入りましたので、この美しい彼を二人連れて帰ってしまいました~。
ってことは正確には6セットお買い上げ・・・。
IMG_1547

覚悟の出費より低コストで済みはしましたが、充分お高いクリアファイルではありますね。
ロッテさんのファイルに比べると厚くて頑丈なつくり、と言う訳でもなく(あはは)

最近のワタクシは結弦クンのファイルやボトルガムを集めることに夢中になって肝心の彼の演技を観ていなかったことにハタと気付きました。

あまり頻繁に出歩けないし、この機会に今まで録画したものやダウンロードした映像を少しづつ見返すことにしました。

今は丁度オリンピックシーズンの試合、インタビュー等を観ています。
Eric Bon 2(本当に綺麗。このニーノロータ版のロミジュリの結弦クン。伝説の旧ロミジュリの時よりスケーティングに磨きがかかり、精神的な成長も感じましたね。4Sにはヒジョーに苦労してましたが・・・)

2013年のエリボン杯では、FSで溝にハマって4Sが跳べなかった時、
「氷を味方にしきれなかった」
と、誰のせいにもせず、言い訳もせず起こったことをきちんと受け入れてるんですよね。
Eribon fall(穴にハマってシングルサルコウになってしまいましたが、その後の立て直しが見事でした☆)

「氷を味方にしきれなかった」
今年のワールドを思い出してしまいますが、彼のこの言葉も私の中ではとーっても心に残ってます。

ほんの少し前の映像ですが見返すと楽しいです。
Eric Bon(この結弦クンの映像も「好き」な方多いのでは?)

(ロミジュリの映像、お借りしました。ありがとうございます。)

先日行われたFaOI幕張も、6月5日(日)にBS朝日にて21:00~23:00に放映されますね。

今年はショーに行くのは無理なのでおとなしくテレビ鑑賞します。
結弦クンと福間洸太朗さんの映像のコラボもカットしないでやってくれると信じます!!

今度いつ、結弦クンの元気な姿を映像で観られるかはわかりませんが、過去の映像に見入りながらその日を待つことに致します。

私自身あれこれと心配になることもありますが、結弦クンは必ず復帰すると信じています。

東京西川さん、冬にもキャンペーンやってしまうかも。(冬の布団なんてお値段が怖すぎっ!)

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。