「蒼い炎Ⅱ」発売・アサイン発表・他

sportiva
お久しぶりです。ブログ放置記録を更新してしまったと思います。
一週間と少し入院してる間に、アサインも発表され・青い炎Ⅱが発売になってしまいましたっ!!

本来の病気の治療はまだまだ続きますが、副作用で以前の古傷に影響が及び入院・手術の運びとなりましたが、無事に済み退院できました。
ご心配下さった方々ありがとうございました。

「何のことか訳わからん」と言う方は読み飛ばしてやってください。(苦笑)

既出すぎて今更書くのも憚られますが、「それなりに維持してます」のご報告も兼ねての更新ということで。(^^)

長いお休みの間にのぞいてくださった方々、ありがとうございます。

退院したのは七夕ですが、通院の「通り道だから~♪」と理由を付けて、池袋の三省堂サンにて等身大パネルのお写真を撮らせて頂けましたので、「蒼い炎Ⅱ」発売から。

Blue flameⅡこちらはAmazonにて注文しておいたので、病院にもってきてもらいました。

前作の方が、結弦クンが自分の言葉で「語る」部分が多かったので、感情移入しながら読めたな~というのはあります。

「蒼い炎Ⅱ」は既にテレビや雑誌で聞いていた話も多かったし、結弦クンの言葉も「インタビューに答えている」形式のこともあってか淡々と読んでしまいました。

2012 romeo(2012 ワールドのリンクに出る直前の表情。気迫の演技前にこんな切ないお顔を見せていたんですね(涙)

2012年の世界選手権初出場から現在を時系列で、その時の彼の心境を自身の言葉と共に振り返ることも出来ました。
既出のインタビューに新しく加えられたところもあり、やはり読んでよかったです。写真も良かった☆

Blue Flame panel(池袋三省堂書店にて。端の方にひっそりと設置され、写真を撮りに来たのも私一人。この配置だと、結弦クン自ら本を売ってるように見えなくもない・・・(^^;))

尿膜管遺残症については初めて語られたこともあり、2014年の全日本はお臍が痛みと出血で大変な状態に耐えての演技で優勝だったんだと思うと泣けても来るし、行きつくところはメンタルの強さになってしまいます。

最終章では、ボーヤン君のルッツ・昌磨クンのフリップについて語り、パトリックやハビも進化している中で闘えている「今が一番スケートが楽しいかも!」
ご本人も進化を止める気はなく、四回転の種類増やす気マンマン。

本文も、「羽生結弦は体力もまだ向上できるし、表現も更なる高みを目指す」 と言う当然希望に満ちた言葉で締めくくられてます。(かなり端折りました。スミマセン)

今シーズンも怪我の心配しながら応援することになりそうです。心配することに慣れることはできない~。

Blue Flame Pop(嫌というほどご覧になっていると思いますが、POPの実物。思ったより小さかったです。この本の出版はチャリティの意味もあるんですよね、とエピローグと結びつくお言葉ですね。)

個人的にはやっぱり前作が好き。
紙質も良かったし。← 消費税も上がってるし仕方ないか。

では、1週間以上前に出ましたアサインに関して。

2016 gpf asign men(字が見えにくい方はリンクをクリックして頂くと見やすいかもしれません(^^;))

シングルス男女のアサインと世界ランキングのリンクも貼らせて頂きます。

ISU Grand Prix of Figure Skating 2016/2017 Men

ISU Grand Prix of Figure Skating 2016/2017 Ladies

世界ランキング 男子シングルス

結弦クンは、10月28日~30日のスケートカナダ、11月25日~27日のNHK杯にエントリーですね。

スケカナのパトリック、NHK杯のミハイル・コリヤダ、ジェイソン君、ネイサン君が気になります。

昌磨君が、10月21~23日のスケートアメリカと、11月4日~6日のロシア杯にエントリー。

スケアメでボーヤン君、ロステレでハビと強い相手と当たりますのでその戦いぶりに注目したいと思います。
結弦クンとファイナルへ!

ハビは連戦だけど大丈夫そう。SP自信作の持ち越しだし(笑)

ネイサン君、草太君、クリケットから出ちゃったナム君がどこまでお兄さんたちを脅かすのかもヒジョーに気になります!!

後は結弦クンの状態しかアタマにありません。
新プロはSPジェフ。FSシェイリーンさんとのことですし、元気に滑る映像も流れてましたね。
criket workout(一番後ろは確かに結弦クンですね)

私が留守の間に良い情報が出て良かったです (^_^)v

今季はショーで新プロのお披露目の機会がなかったのでいきなり試合で初披露でしょうか。
それもキンチョーするかもしれませんね。

自分の入院騒動でDOIの事すっかり忘れてました。
ドクターXも、2011四大陸のアーカイブも観られていない。(汗)
いずれも録画はしてあるのでおいおいと観ます。

アサインと、青い炎Ⅱを、記録できてよかった!とします。

お写真は自分で撮ったもの、Web sportivaさん、蒼い炎Ⅱ本書よりお借りしました。

結弦クンのキャプは、yuzuemon1207さんよりお借りしましたので、リンク貼らせて頂きます。ありがとうございました。
クリケット練習風景

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

「蒼い炎Ⅱ」発売・アサイン発表・他」への4件のフィードバック

  1. ガムザッティさん、こんばんは^^
    昨晩は気絶するように早寝をしてしまい、こんな時間に目が覚めました(笑)

    まずは改めまして、ご退院おめでとうございます*^^*
    嬉しいご退院のお知らせに良い七夕の日となりました☆

    記事をアップされましたね♪

    青い炎Ⅱは病室で読まれたのですね。
    購入していない私(ぺこりん)
    こちらの記事で少し内容が知れてよかったです♪

    今季の試合出場の折には、結弦君を待ち焦がれたファンの方々の
    大歓声が目に浮かびそうです♪

    顔なじみの海外選手、日本の有望な若手選手たちも居て
    今季は本当にどんな戦いとなるのか、いつも以上に手に汗を握る
    激戦、そして感動的となることでしょう☆

    1. 由莉さん、おはようございます。(^^)
      こんばんはの時間にお目覚めでしたか。
      おかげさまで、無事に退院できました。色々とお心遣いを頂きありがとうございました。

      服薬再開前に一つは書いておきたいな~と思い、頑張って見ました(^_^)v
      最近は1つアップすると間がどうしても空いてしまいます(^^;)

      私も自叙伝まで購入してしまうのは結弦クンだけです☆(笑)
      初戦は例年通り、GPS前の海外試合だと予想しています。涙と歓声で凄いことになりそうですね。

      今季はベテラン・若手の間でどんなドラマが起きるか楽しみです。
      皆が怪我なく自分の最高の演技をしてくれるのが一番ですね。

  2. ガムザッティさん、こんばんは。そして退院おめでとうございます。
    「蒼い炎Ⅱ」もう読まれたんですね。ここまで書いて頂けると私自身はもう読まなくていい感じ、でも買って置いてあるので読みますが。
    羽生選手はやっぱりスケカナですね。私はもう少し後から参戦すると予想していたので意外でした。羽生選手の調子が良好な印ですかね。誰かクリケットリンク関係者が4Lo跳んでるよとのツイなのかインスタなのか載せてあったそう。本当だと嬉しいです。無理な事はコーチがさせないでしょうから。
    バトル師匠のSPとシェイリーン姉さんのFSで決まりですね。これも良かったです。誰かさんのコミカルプロだったら泣いてしまうもん。でも羽生選手はEXプロはもっとはじけてほしいと思います。ロックとかコンテンポラリーな音楽で。
    見所はやはりハビエル選手のFSの出来栄えとボーヤン選手のスケーティングスキルの上達度、宇野選手の4Fのレベルでしょうか。まだまだネイサン選手や山本選手の敵ではありませんよと言いたいな〜。

    1. サライさん、おはようございます。無事に帰ってこられました。
      早速お越しいただき、とても嬉しいです。ありがとうございます。
      「蒼い炎Ⅱ」は2012年~の内容ですから、濃いのでじっくり読まれてくださいね☆
      GPSの初戦はNHK杯・ファイナル・全日本と後半がいつも連戦になるのでスケカナが妥当な気はします。

      4Lo跳んでるよのツイかインスタ、拝見しました。他の方の情報なので自粛(笑)
      今回の怪我は、4Loなら跳びやすかったようです。蒼い炎Ⅱにちらっとそのようなことが。
      新プロの振り付けはホッとしました。FSはウィルソンに戻ってもいいような気もしたんですけど(笑)
      シェイ姉さんの方が彼が組みやすいのかも。一緒に能や狂言も勉強してくれるし。ウィルソンはそこまでしてくれそうにない(笑)
      誰かさんは、コミカルでなくても人差し指を口に当てて「シーっ」ってする振りが多くて、あれが苦手です。

      怪我の後でSP/FS共新作だとEXまで作れるでしょうか。
      手持ちプロの再演やSEIMEIのステップから等も、予想したりして。(^^;)
      コンテンポラリーも合いそうですが今季は時間の問題ありそうな気がして。

      見所は全くサライさんのご意見に同意します。
      ネイサン君は、昨季のボーヤン君を再現するのか予測不可能なんですが。

      一発勝負なので勝つのはその時にミスなく調子がいい人だとわかっているけど、本来の力では結弦クンにかなう人はいませんよと言いたいです。差し障りありすぎて本文には書きませんが(あはは)
      どこにも行かないし、絶対ブレません。
      完全な羽生至上主義です。

コメントは停止中です。