月別アーカイブ: 2016年11月

パープル衣装に騒然・2016・NHK杯男子SP

nhk-2016%e3%80%80sp-a-little-difference
今頃男子SPのアップでスミマセン。
スマホでサクッと現地で更新が出来ないものでして(^^;)
戻ったのも月曜日だし、それから録画をチェックしての作業なのでお時間がかかってしまいます。

せっかく現地で観られたのだから記録に残したい。
のんびり過ぎる更新ですが、気長にお付き合い頂ければ幸いです。

最初のお写真は、チョイ悪な紫プリンス。靴のカバーまで紫にして綺麗ですね♪
他の選手なら、靴は黒のままだったりしますがさすがの結弦クン☆
今回のお写真は産経デジタル・AFP・getty・newscom・スポナビさんからお借りしました。

11月25日(金)。新千歳空港に降りたらやはり空気が違ってました。
JR「快速エアポート」にて、札幌駅に向かう時にも足元が寒かった(;_;)

札幌駅に到着し、地下直結のホテルに荷物を預けお昼を済ませ、地下鉄にて真駒内駅へ。
駅からはシャトルバス。

makomanai-ice-arena(お約束の真駒内アイスアリーナ外観です)

今回のNHK杯の見どころの一つに、羽生結弦・田中刑事・日野龍樹選手の同級生トリオが初めて同じ国際試合に出るのを観られることも挙がっていました。もちろん私も楽しみにしてました~(^^)

nhk3人そろってとても嬉しそうな結弦クン。
大人になったと思ったのにこのお写真の笑顔はとても幼く、ジュニア時代の写真かなと思ってしまいそうだ。

結弦クンは早々にシニアに上がってすぐにトップ選手になってしまったので、田中・日野選手が遅れを取ったようにも見えるけど、結弦クンが凄すぎたんですよね☆

普段はほとんど結弦クンのことしか書かない私だけれど、今回は他の選手のこともほんの少しだけ書かせて頂きたいと思います。

nhk-sp-vasilievs第一グループの2番滑走。デニス・バシリエフス選手。

彼よりコーチのランビ様の動きを双眼鏡で追っていらっしゃる方が多かったような気がして笑ってしまいました。演技よりそっちの方がきになってしまい、ごめんなさい。(笑)

nhk%e3%80%80sp%e3%80%80keiji-tanaka4番滑走田中刑事選手。

男らしいスケートをする選手だったんだ、と今更気づきました。
SPは3位につけて、好発進。チーム・ジャパンの中でビミョーな位置にいることは否めないので、今後の更なる活躍を期待しますっ。

第二グループの6練。動画がないのが残念です。(;;)
第一グループ終了後、すぐに前の方に姿を現す結弦クンがなかなか出てこないので、少しざわつきました。

ようやく姿を見せますが、他の選手より後ろの方に居たためパンツに色がついていることはわかったけれど、双眼鏡で見ても会場の壁の青い幕とライトで、色がはっきりしなかった。

ようやく、第二グループの選手がリンクイン。
紫のパンツだ~っ
と、ジャージを脱ぐ前から既に会場のボルテージは右肩上がり。

nhk%e3%80%80sp-take-off-his-jamperジャージ脱いだっ!
「シャツも紫だ~っ!!パープル・プリンスっ!!」

演技前から既に、衣装に興奮。演技前からボルテージがMAX (^^;)

4Loも調子がよさそう。でもやっぱり見ている側はドキドキ。
6練が終わって一旦引き上げる結弦クン。

nhk-2016-sp-ryuju-hino第二グループの2番滑走、日野龍樹選手。

4回転に挑んでほしかった。けれど、気持ちを込めて丁寧に丁寧に滑っているのが伝わってくる演技だった。
演技終了後に、こみあげてくるものがあって涙ぐんでいる彼。

「1回出て終わりじゃないんだよ。これからもがんばってね」と思いながら拍手を送った。

日野選手の滑走直前、東のショートサイドでかなり大きな声で「日野ぉ?あまり聞かないな」と、大きな声でおっしゃたおっさん。年配の男性。マイクでお声を拾われないにしても、選手に対して失礼すぎます。

観戦マナーがあまりにも目に余る方には、「お前っ、来るな。」「お家で観戦して下さるようにお願い申し上げます。」

nhk-sp-lets-go-crazy-op
第4滑走結弦クン。

1年ぶりに見られる彼の雄姿。
「Let’s go Crazy」日本初お披露目に立ち合える幸せも感じつつ、心臓はバクバク。

どうかどうか4Loが決まって、コンビネーションも入りますように。

握手・屈伸・軸確認
両手をあげて・・・
Let’s go crazyの音楽が鳴る。

nhk%e3%80%80sp%e3%80%80%ef%bc%94lo%e3%80%80landing4Lo、軸ぶれてる?着氷乱れたけど転ばなかったっ!。動じずにすかさずイーグル。(をしているように見えた)

2016-nhk-sp-prince

未だ今季決まっていないコンビネーション。今日は絶対決めてっ!!(祈りのポーズの自分)

nhk-sp-4s3t-landing
鮮やかな4S-3T!!良かった~っ。

nhk-2016-donuts-spinスピンは得意だから心配なし。

nhk%e3%80%80sp-call-me(電話をかけるポーズもおなじみ。80年代だからトーゼン携帯はない(笑))

nhk%e3%80%802016%e3%80%80%ef%bc%93a-preparation

nhk-2016-sp-after-3aSPの3Aは心配要素ゼロ。

nhk-sp-heranz笑顔がないと思ってたけど。

nhk%e3%80%80sp%e3%80%80%ef%bc%92このプログラムの彼、笑顔でも怖い顔になってる(笑)

2016-nhkズサー!!(この決めポーズはそう呼ばれているようです。)

nhk2016-a-little-bad-guyチョイ悪な感じが良く出てる☆

nhk-sp-performance-last-poseフィニッシュ!

nhk-2016-sp-a-little-bitも・ちょっと。

ジェスチャーも含めて「a little bit」って感じでしょうか?

4Loが惜しかっただけでプログラムとしてほとんど完成形。
バラⅠは1シーズンてこずったけれど、今の彼だと2試合ですぐに修正出来てしまう力も身に着けてしまったとしか思えない。

nhk-sp-kiss-and-cry-a-little-bitキス・クラでもやってるし(^^)(ホントにあとちょっとでしたからね)

ループはミスしたけれど、ジャンプ構成が変わったので何点くらい出るのか想像できなくなっていた。点数を待つ間も緊張。

nhk%e3%80%80sp%e3%80%80score
合計103.89。技術点は、57.35。ループが成功して加点がつけば、ご本人の弁通り5点は伸びたはず☆

ミスしても引きずらず圧巻の100点越えに会場は大盛り上がり。

nhk%e3%80%80sp%e3%80%802016%e3%83%bb衣装に関しては私は断然紫派です。

やはりプリンスのイメージは紫。前の2戦の白も良いと思っていたけれど綺麗に上手にイメチェンしたなと思います。

上半身は相変わらず身体が薄くてウェスト細いけれど、写真を選んでいて今回はお尻が少し大きくなって、脚や下半身がたくましくなったなぁと感じた。

4回転4本に耐えられる身体にするために、脂肪を増やさないように食べる努力もされたようですね。

2016-nhk-neysan-chen最終滑走のネイサン君。
4Lz転倒残念でした。その後の4Fにコンビネーションを付けられる能力も機転も凄い☆

4F-3Tで、基礎点16.60!!
今は未だ加点が0.86しかつかないレベルだけど、スケーティングスキルが上がったらやっぱり嫌な存在ですね。

選曲はFSを含めて良いと思います(偉そうにすみません(^^;))

ぶっちぎりの首位発進。多分優勝は確実と思うけど。
結弦クンがSP首位で逃げ切れなかったのは、2012年のスケアメと、今年のワールドくらいかな?追記:2013年の四大陸もでした、と後から思い出しました。失礼いたしました。)

nhk%e3%80%802016%e3%80%80sp-top3SPのトップ3。田中選手。シニアのグランプリ初表彰台に乗れるでしょうか?(って、結果出てるし)

2016nhk-sp-result順位表貼っておきます。

自分用 ジャッジスコア

結弦クンの演技の動画の1tvDanceさんよりお借りいたしました。
羽生結弦2016NHK杯国際

もう結果は出ておりますが、4Loを早いところグランプリで決めて頂きましょう。(笑)

フリーもぶっちぎりなのは既出ですが、一応今日はSPのみということで。
(昨年のNHK杯SPと全く同じ締めくくりのの文章です(^^))

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

開幕間近 2016・NHK杯へ

nhk%e3%80%80i-can
間もなくNHK杯開幕ですね。(2016・11/25~11/27)

グランプリシリーズ最後の試合であり、結弦クンのファイナル進出がかかる大事な試合。
言うまでもなく、国内で観られる彼の数少ない貴重な試合のひとつ。

オータムクラシックでも、スケートカナダでも思うような演技ができなかった彼ですが、昨年のような神演技を魅せてくれるのか、観る側も手に汗握っちゃいます。

i-never-feel-my-limitnhk%e3%80%80
今季は過去2戦とも優勝・2位ではありますがスコアとしては物足りないと感じてしまう。

SP、FS共に、4Loを決めて、残りのジャンプも加点がしっかりつくくらい美しく流れのあるものになっているか、その仕上がりに注目したいと思います。(^^)

もちろんジャンプだけでなくプログラム全体も、どれだけ完成度が高まっているか期待します。
SPのコンビネーションが確り入りますように☆ネイサン君との直接対決も楽しみです♪

4回転4本、今季中にすべてクリーンに降りられることを願い信じます。もちろん大きな怪我なく。

おおっ。サンデースポーツでは更に含蓄深いお言葉が。
nhk-trophy-start
「これが限界とか最強のプログラムだとかそういうものはこの世に存在しないと思う。」
最強のプログラムに挑戦している彼にそう言われてしまっては素直にハイというしかない。

nhk%e3%80%80trophy-starts-2
「自分にしかできないクオリティー、自分にしかできないプログラム構成で」

nhk%e3%80%80trophy-start-3
「自分にしかできない表現目指して頑張っていきたい」

NHK杯ではぜひ優勝してほしいので、全力で応援して来ます(^^)

通し券の抽選時は入院中で、今年は「行く」ことなど全く考えていませんでした。

退院後に、プレイガイドから単日券の抽選メールが届いて、「絶対ムリ!」と気楽に応募したら3日分一気に当選してしまいました。

こんなことってあるんですね。(^^)
術後3か月で、厳寒の地・札幌に行けるか、体力を戻すのにヒジョーに苦労しました。

ホントは今でもちょっと、どころかかなり不安。いきなり、予報だと-5℃の世界に飛び込むのですから(^^;)

何かあった時にお譲りできるように、紙チケで申し込んだのですがここまで来ると絶対自分で行きます。

nhk-trophyfor白プリンス(衣装の見直しあるでしょうか?)

canada-fs-cool森のほとりの泉の妖精さん

the-swan
至上最強のEX 「 Notte Stellata」 これは楽しみです。

3日間、同じスタンド。偶然だとは思いますが厳正な抽選なのかと疑いたくなったり~(苦笑)
応募者多数だから画策しているヒマがあるとも思えず。

私の人生、大半がショートサイド。
ジャンプが来るから良いんですけど。(笑)

昨年のNHK杯は最後の試合観戦になるだろうと相当の覚悟をしていたのですが、難しい手術に成功して1年後に試合観戦復帰できるなんて、ドラマみたいな展開が自分に起こるとは思いませんでした。

mai-mihara三原舞依ちゃんのことも心から応援しちゃいます☆

nhk-nishikawa-nisihishinjuku
8月に手術して、体力がなかなか戻ってくれず泣きたくなったこともしばしば。
それでも、「日にち薬」とは良く言ったもの。

nhk-nishikawa-2
新宿の東京西川さんの広告も。

mr-kikiyu-shinmbashi
新橋のきき湯の広告も。
撮りに行けるようになりました。

nhk%e3%80%80sleeping-beautyこのお写真を撮っている時に、見ず知らずのご婦人に、
「この寝顔、羽生クン?ずいぶん可愛いわね~。眼を開けているのはロボットみたいなのにね~っ」と話しかけられヘドモド。
当然、言いたいことだけおっしゃってすぐ立ち去られました☆
(ロボットはないでしょ(^^;)
知らない人に良く話しかけられます(汗)

canada-ex-finare術後3か月は経っていますが、初めての遠出がNHK杯3日通し観戦、不安はあります。

が、主治医の許可も得てますし、治験コーディネーターさんには、「海外に行かれるんですか?」と聞かれたくらいだから、医療関係の方々からはお墨付き頂いてるんですよね。

本人がヘタレなだけで(笑)
(今更ですが、ワタシ、治験で治療受けさせて頂いたんです。新薬との比較のため、私が使ったのは承認済みのお薬でしたけど。全くのヨコスミマセン。)

日中は未だ暖かい東京から、いきなり寒いところに行くのですから行って体調不良等があったら、速やかにホテルか自宅に戻るなりして、周囲の方にご迷惑をかけないようにしたいと思っています。

canada-ex-intro無事に札幌まで行って結弦クンの応援をし、良い演技を見届け、帰ってこられますように

お写真はスポナビさん、newscomさんよりお借りしたもののほかに
pino2016さんの動画より

16 1108 N杯番宣 「できる」
16 1120 N杯25日開幕
からキャプさせて頂きました。
pinoさん、いつも本当にありがとうございます。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

星降る夜 Notte Stellata(The Swan)

canada-ex-hydro
「美しい」それ以外の言葉が見つからない。

私が一番観たかった彼の姿・演技だったのだと思う。
カナダ大会のエキシビションで、それを観ることが叶った。

Notte Stellata(The Swan) 星降る夜 by IL VOLO
canada-ex-swan
ホワイトレジェンドのような色のある白鳥ではなく、純白の衣装をまとって「swan」として滑る彼。

canada-ex-starry-night

曲がサンサーンスの「白鳥」であったことも、実現することはないと諦めて、望むことすらしようとしなかった私の心の奥を神様が見透かして、かなえてくれたのかもしれない・・・等と少し思っている。

canada-ex-jj2

原曲でなくボーカルが加わって、ラブソングとなっているところ。

canada-ex-sponavi
バレエの演目では「瀕死の白鳥」だけれど、白鳥が息絶えて終わるのではなく、全てを包み込む優しい白鳥の物語として生まれ変わっているところが良いと思った。

タラソワさんから、ぜひ滑ってほしいと贈られた曲であることも興味深い。

私が今更書くまでもないけれど、ソチオリンピックの結弦クンに対して、「あんなにポンポン転ぶオリンピックチャンピオンは見たことがない」と手厳しいことを言った印象が強すぎる。

canada-ex-sponavi-2ミスがあろうがその時に最高得点を出した人が金メダリストだ。

真央ちゃんのプログラムの振り付けは好きだったけれど、タラソワさんの印象はずっと良くなかった。

canada-exisufigureskating-instaglam(こちらのお写真はisu figureskatingさんのインスタからお借りしました。ハイドロの指の後の美しさを指摘されていた方がいらして、ホントにその通りと思いました・・・)

昨年のSEIMEIで、彼女が結弦クンを絶賛する解説が話題になって、「ちゃんと見るべきところは見る人だったんだ」
と嬉しくなったのも記憶に新しい。(今思うと公平に見るべきなのは当たり前なのですが)

結弦クンのスケートがかつて彼を批判した、世界で名だたるコーチにきちんとした形で認められて本当に嬉しかった。
canada-ex-ina

彼にとっても、憧れのスケーターの指導者であった彼女から曲を選んでもらったことはとても大きな意味があり、素直に嬉しかったことと思う。

今季のEXはウィルソン振り付け。
その情報だけで楽しみにしていたけれど、タラソワさんから素敵な曲が贈られて、こんなにも慈愛すら感じられる美しいプログラムが待っているとは思わなかった。

canada-ex-beautiful-silet
EXだからこそ、存分に美しいスピンやスケーティングに見入ることが出来、ジャンプの成否に気を取られることもない。

canada-ex-swan-last-smile
白鳥そのものの美しい彼。私が一番観たかった姿なんだと思う。

canada-ex-off-the-ice(演技後、ご挨拶してリンクを去る時の彼の腕の動きの美しさに目を見張りました)

彼の中では、震災後初めて滑ったホワイトレジェンドの続きとなっているようですね。

「ホワイトレジェンドは飛び立つところまで。」

今回は演技後のインタビューより。
「しっかり一歩前に踏み出しているような自分の思いが詰まったプログラムになった。」
canada-ex-good-moni
「今回のスワンで、全部を包み込むような優しさを感じて頂けたら」

少しづつでも前に進んでいること、これからもいろんな状況に置かれた方と共にあることを表現されたのかな、と思いました。

今回は競技用としてのプログラムを観る気持ちを取り除いて、スケートとバレエを愛するファンとしての気持ちを綴りました。

canada-ex-fiare2このお衣装、背中がかなり開いていて男性スケーターには珍しいと思います。が、やはり「美しい」ですね。
肌襦袢で隠さなくてもいいくらい☆と思ったほどです。

お写真は主に、JIJIさん、スポナビさん、newscomさんよりお借りいたしました。

pinoさんの動画より
エキシビ今季初披露
演技動画
Yuzuru Hanyu EX 2016 Skate Canada

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

フリーは1位♪ 2016スケートカナダ男子結果

canada-medalists
昨年同様、フリーで巻き返しての2位。

勝って当然と思われての厳しい立場ではあるけど、どこかのニュースに出ていた通り、結弦クンはグランプリの初戦は5年連続で2位だ。
(そう言われれば・・・と段々記憶が甦ってきました(笑))

canada-fs-at-firstフリーは第二グループの第二滑走。
今回のライスト、フリーは長いからとのんびりしていたら、既にパトリックが滑っていました。(^^;)
結弦クンを見逃してしまい、pinoさんの動画のお世話になりました。ありがとうございます。

canada-fs-fall
冒頭の4Lo転倒は残念だったけれど、4Sの着氷はとても綺麗。

canada-fs-beermanビールマンもオータムクラシックで、やらなかったけど構成から抜いてなくて良かった。負担だと思うけど無いとさみしい。

canada-fs-spiral-jiji
後半の4S-3Tは今大会でも決められなかった。2Sにはなっちゃったけどコンビネーションに出来て良かったと思う。
4Tをこらえたのも大きかったし、3Aからの大事な得点源のジャンプも決まった。

canada-fs-hope-and-legacy今回のHope&Legacyで表現するのは、「自然」。
「SEIMEI」は自然を司る者だったけれど、「Hope & Legacy」は彼自身が風や木や水となっているのだと納得。

canada-fs-sponavi優しく柔らかに表現していたと私は感じた。
どうしてもジャンプの成否がまず気になってしまうけれど、本来の彼の理想のスケートはプログラムの中にジャンプが溶け込むもの。

canada-fs-so-coolソチシーズンはまだ粗いところがあったと思うけれど、本当に美しく丁寧な滑りになったなぁと感じる。

canada-fs-beautifulそれは、スピンやステップのレベルを忘れて、舞として彼のプログラムを観た感想にすぎないのだけれど。

今シーズンは出遅れもあり、まだ滑り込めていないのだと思うけどジャンプの精度が上がれば更に表現に集中できるはず。

canada-fs-hydro
スケカナではハイドロの写真が見つからず、キャプさせて頂きました☆
顔が下を向いちゃっているからかな。

canada-fs-ina
私は情けないことに、ACで衣装を見た時も、「森の泉のほとりの妖精」等という素敵な言葉も思いも浮かばず、「これは何のテーマ?」と真剣に悩みました。(^^;)

canada-fs-free(21歳の男性でも妖精さんがピッタリの美しさです♪)

多くの方はすぐにそのように感じられたようで、お恥ずかしいです。
久石譲さんや、ジブリの映画に明るければ浮かんだかしら・・・

canada-fs-last最後のスピン、よろけちゃいましたね(笑)2012年のNHK杯フリーでの豪快なよろけっぷりを思うと成長しましたねっ。

canada-score-waitngフリー、総合得点、183.41。
これで低いと感じられてしまうのが、絶対王者たる所以。

シーズン序盤だしプログラムはまだ完成途上。
次の試合で4本の4回転に成功するかはわからないけど、足の状態が悪くならなければジャンプの精度・プログラムの完成度は上がっていくと思う。

きっと彼はまた、ファイナルの時に自身の持つ記録を更新するのかもしれない。
そんな、強さを持っている。

canada-fs-kevinケビンも4回転4つのうち、1つ転倒
後半の4Tもしっかり決めてきたし、凄いな♪。
戻ってきてくれて私は嬉しいです。グランプリはカナダ大会しか出ないのが残念。

canada-fs-patric
なんだかんだと、立ちはだかる壁パトリック。

練習着みたいな衣装(笑)しかも、サイドにラインが入ったパンツが好きだなぁというのと、肩のあたりにXXIと見えて、「TATTO入れたんかいっ」と、演技に関係ないことがまず、気になってしまいました。

パトリック自体が、新四回転時代が思ったより早く来たことを認め、演技を見直さざるを得なくなったことに驚きを感じる。
4S挑戦、後半にも4T。3A。頑張った~!!
最後はダブルジャンプが多くなっちゃったけど。

無良君は、6練の時に捻挫してしまったので、ジャンプミスが続いたと翌日のスポーツ紙で知った。
不運なこともあり、なかなか上に行けない彼ですが頑張ってほしい。

2015の国別以来、同じ試合だとグータッチするのかな?
今回も、さりげなくやってましたよね☆

canada-goo-touch(ほんの一瞬、周囲の人でわかりづらいですが、グータッチしてます)

お二人のグータッチの映像は、pinoさんのこちらの動画からご覧になれます。
16 1030 FS 6分練習

canada-result最終結果。
パトリックに11点近く差をつけられたけど、ほぼ4点差まで詰め寄っての2位!。
総合では2位だけれど、フリーの得点は1位。これも収穫♪

昨年同様、SPが実力通りに滑れればパトリックに勝てたのに。
でもきっと、序盤は2位でこれから調子が上がっていくのだろうと確信しています。

canada-fs-doya(演技後、色んな思いを含んでいるお顔?)

ジャンプは全部決まらなかったけれど私は彼の美しさと滑りに魅入っていました。

ブライアンには、「勝てなかったのは演技構成点のせい」と厳しい指摘を受けたようです。(苦笑)

ジャッジスコア見ると、確かに8点台と9点台前半しかない☆
今後の伸びしろに期待大です(^^)

グランプリの初戦では、ショート・フリー共に4回転ループの成功はなりませんでしたが、次のNHK杯ではきっと決めてくれることでしょう。
ジャッジスコア(自分用)

pino2016さんより、スケカナ演技の映像お借りしました。
16 1030 FS Hope&Legacy
16 1030 表彰式

神演技・超異次元は今後の試合で見せてくれることと思います。

canada-medal-silver(銀メダルおめでとうございます)

今シーズンは出遅れて、このままジャンプが跳べなかったらどうしよう、と言う不安とも闘っていたということも明かされ、胸が痛みましたけれど、間にあって良かったと思います。

canada-3-medalists(この大会は、宮原選手に対してもですが、日本勢に辛いジャッジだったようにも思ってしまいました☆)

「自分の技術力の無さとか精神面の弱さとかそういうものが浮き彫りになった試合だったと思うのでしっかり頑張っていきたい」

canada-with-hinomaru(日の丸を掲げての微笑が素敵)

彼らしい言葉だと思うけど、逆境に強い選手だということをファンは知っています。(^^)
初戦を優勝で飾った昌磨クンも怖いけど、一番のライバルは自分自身で、一番の敵は「怪我」かもしれないと思う今日この頃です。

今回のお写真は主にJIJIさん、スポナビさん、newscomさん、gettyさんからお借りしました。
キャプは全てpino2016さんの動画からさせて頂きました。いつもありがとうございます。

美しすぎるEXについてはまた後日。(笑)

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました