星降る夜 Notte Stellata(The Swan)

canada-ex-hydro
「美しい」それ以外の言葉が見つからない。

私が一番観たかった彼の姿・演技だったのだと思う。
カナダ大会のエキシビションで、それを観ることが叶った。

Notte Stellata(The Swan) 星降る夜 by IL VOLO
canada-ex-swan
ホワイトレジェンドのような色のある白鳥ではなく、純白の衣装をまとって「swan」として滑る彼。

canada-ex-starry-night

曲がサンサーンスの「白鳥」であったことも、実現することはないと諦めて、望むことすらしようとしなかった私の心の奥を神様が見透かして、かなえてくれたのかもしれない・・・等と少し思っている。

canada-ex-jj2

原曲でなくボーカルが加わって、ラブソングとなっているところ。

canada-ex-sponavi
バレエの演目では「瀕死の白鳥」だけれど、白鳥が息絶えて終わるのではなく、全てを包み込む優しい白鳥の物語として生まれ変わっているところが良いと思った。

タラソワさんから、ぜひ滑ってほしいと贈られた曲であることも興味深い。

私が今更書くまでもないけれど、ソチオリンピックの結弦クンに対して、「あんなにポンポン転ぶオリンピックチャンピオンは見たことがない」と手厳しいことを言った印象が強すぎる。

canada-ex-sponavi-2ミスがあろうがその時に最高得点を出した人が金メダリストだ。

真央ちゃんのプログラムの振り付けは好きだったけれど、タラソワさんの印象はずっと良くなかった。

canada-exisufigureskating-instaglam(こちらのお写真はisu figureskatingさんのインスタからお借りしました。ハイドロの指の後の美しさを指摘されていた方がいらして、ホントにその通りと思いました・・・)

昨年のSEIMEIで、彼女が結弦クンを絶賛する解説が話題になって、「ちゃんと見るべきところは見る人だったんだ」
と嬉しくなったのも記憶に新しい。(今思うと公平に見るべきなのは当たり前なのですが)

結弦クンのスケートがかつて彼を批判した、世界で名だたるコーチにきちんとした形で認められて本当に嬉しかった。
canada-ex-ina

彼にとっても、憧れのスケーターの指導者であった彼女から曲を選んでもらったことはとても大きな意味があり、素直に嬉しかったことと思う。

今季のEXはウィルソン振り付け。
その情報だけで楽しみにしていたけれど、タラソワさんから素敵な曲が贈られて、こんなにも慈愛すら感じられる美しいプログラムが待っているとは思わなかった。

canada-ex-beautiful-silet
EXだからこそ、存分に美しいスピンやスケーティングに見入ることが出来、ジャンプの成否に気を取られることもない。

canada-ex-swan-last-smile
白鳥そのものの美しい彼。私が一番観たかった姿なんだと思う。

canada-ex-off-the-ice(演技後、ご挨拶してリンクを去る時の彼の腕の動きの美しさに目を見張りました)

彼の中では、震災後初めて滑ったホワイトレジェンドの続きとなっているようですね。

「ホワイトレジェンドは飛び立つところまで。」

今回は演技後のインタビューより。
「しっかり一歩前に踏み出しているような自分の思いが詰まったプログラムになった。」
canada-ex-good-moni
「今回のスワンで、全部を包み込むような優しさを感じて頂けたら」

少しづつでも前に進んでいること、これからもいろんな状況に置かれた方と共にあることを表現されたのかな、と思いました。

今回は競技用としてのプログラムを観る気持ちを取り除いて、スケートとバレエを愛するファンとしての気持ちを綴りました。

canada-ex-fiare2このお衣装、背中がかなり開いていて男性スケーターには珍しいと思います。が、やはり「美しい」ですね。
肌襦袢で隠さなくてもいいくらい☆と思ったほどです。

お写真は主に、JIJIさん、スポナビさん、newscomさんよりお借りいたしました。

pinoさんの動画より
エキシビ今季初披露
演技動画
Yuzuru Hanyu EX 2016 Skate Canada

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

星降る夜 Notte Stellata(The Swan)」への10件のフィードバック

  1. ガムザッティさん、こんにちは^^

    本当に全てを包み込むような優しくてエレガントで、美しかったですね~☆

    フィギュアスケートの歴史…
    過去から今まで変化してきていますね。
    そして今まさに激変の時代です。

    結弦君はハイレベルなジャンプを決めた先導主☆

    そして今回は芸術面においても、お手本のような美しい舞を~♪

    常にトップレベルの「技と美」両方を兼ね備えている結弦君☆
    間違いなくフィギュア界の歴史に残る大物人物☆

    フィギュアスケートはまさに「技と美」の両方ではありますが
    「美」が優先されたプログラムが好きな私です♡えへへ♪

    それにしてもあのタラソワさんも絶賛していたことが嬉しかったり~♪

    1. 由莉さん、こんにちは^^
      「美しい」以外の言葉が浮かびませんでしたが、「エレガント」でもありましたね☆
      本来は女性に使うべき言葉と思いますが違和感ない(^^)
      結弦クンの真っ白な衣装を着けての白鳥、見た時に「これが一番私の観たかった彼の姿だ」って気づいたんです。
      願いとして、心の奥底にあったのに。白鳥の湖の王子ではなく、白鳥の彼を見たかった。
      今回はEXだからこそ、美を優先したあのプログラムが実現できたんですね。
      ジャンプが得意で際立っていた彼が、芸術面でもしっかり評価して頂ける選手に成長する過程を観られて幸せだと思っています。
      あのタラソワさんに絶賛されるのは嬉しいですよね☆。
      彼女を好きか嫌いかは置いといて(笑)

  2. こんばんは。
    ガムザッティさん、良かったですね ♡
    私もこの演技が観れてとっても嬉しいです。
    結弦くんが望む “全部包み込むような優しい感じ”
    ちゃんと伝わってきました。

    タラソワさんが結弦くんにこの曲を切望された背景のいろいろ。
    詳しくはわからないですが、ガムザッティさんの言葉だけで感動してしまいました。

    衣装も素敵ですね。 私は今までで一番好きな衣装かもです^^

    1. サザンさん、こんばんは。
      ご覧になってくださってありがとうございます。
      エキシビションはBSのみの放送だったのです。
      繰り返しになりますが、正に私が観たかったの姿だったんです。
      優しく包み込む白鳥、伝わってきますよね・・・
      本当に、彼の持つスケーティングの美しさを存分に味わえました。
      タラソワさんの言葉は当時は結構キツク感じ、ファンの私も傷つきました。
      ズルして勝った訳ではないのになんでそこまでいうの?って。
      でも昨年ちゃんと評価してくれて、今年は選曲までしてくれたので、帳消しにします(笑)
      私もこの衣装、かなり好きです。順位を付けるのは難しいですが、限りなく一番に近いかも・・・
      競技会のわくわくして観るプログラムとは切り離した気持ちで書いた記事です♪
      しっとりと堪能できるこのプログラム大好きでリピしちゃってます。

  3. ガムザッティさん、こんばんは。
    正に見惚れる演技でしたね。羽生結弦史上最高のEXになるかもしれない。ただ滑っているだけで良い。ISU公式インスタのコメントでも「内に輝く者にスポットライトは必要ない」とありました。もう号泣する準備はできていたですよ。魂が洗われる滑りで、心の内面まで照射されるようでした。
    タラソア様から曲を頂いて、それを最近振付け依頼のないデヴィッド氏がここぞという感じで渾身の振付けをした様子ですね。だからジャンプ要素はアクセルしか無いんでしょう。観ていてアクセル抜けたと思った私が愚かで、あれはディレイドアクセルというもので、それ自体が難しい技なのだと教えてくれたブログがありました。白鳥さんが羽ばたこうとして羽を動かす感じにふわりと1回、そして難しいプレパレーションの3Aで跳ぶという具合だそうです。でもね、そんな事は解説者ですら言ってくれなかったから観て感じるままで良いと思うんです。全てのピースがカチリと嵌り、眼福でした。最高でした。

    1. サライさん、おはようございます。
      私も羽生結弦至上最高のEXになるかもと思います。。おっしゃる通り魂を浄化させてくれる素晴らしい演技です。
      私もアクセルが抜けたのかと思っていたのですが、ディレイドアクセル教えて下さりありがとうございました。
      映像つきの解説でしっかり理解できました。それを簡単にやってのける結弦クンはやっぱり凄いね☆
      それを理解できた上でまた、演技リピしないと♪
      白鳥を滑る彼、本当にできればサンサーンスの白鳥、これが見たいとう気持ちが心の奥底にあったんだということがはっきりわかりました。
      競技会の枠を超えて願いが叶いました。
      至福のEXでしたね。

  4. こんばんは~(^O^)/。
    本当ですねー!
    指で氷面に、このように跡をつけるんですねΣ(゚Д゚)!
    今まで、知りませんでした…(^o^;)。
    よく見ればテレビなどでも見ることができるものなのでしょうか…?
    アップされた写真、光の加減もあって、本当にキレイですね(^_-)-☆

    1. おはようございます~(^^)/。
      ホントに綺麗ですよねーっ。
      テレビではきっと、ライトがきついし放送の進行優先でこんな細やかな美しさまで捉えるのは難しいのでは?
      なんて思ってしまいますが、どうなんでしょうね(^^;)
      お答えになってなくってすみません。
      ライトと彼の影、そして指の跡が幻想的な美しさを醸し出していますね。
      とっても好きな写真なので、お言葉が嬉しいです♪

  5. こんばんは、突然でつかぬことをお聞きしますが(笑)
    羽生さんEXのサンサーンスの白鳥はバレエ白鳥の湖の
    ひん死の白鳥と同じ曲?バレエは音楽も含め素人なので(苦笑)
    なんか感慨深いですね・・・・・・・。
    羽生のあこがれのロシア系スケーターの系譜をウィルソンが理解して
    振りつけて・・・・・素敵なエピソードですよね。
    アスリートからアーティストになったきた羽生さん。

    1. ちゃあさん、こんばんは。
      知ったかぶり解説、お許しを。
      え~とですね。「白鳥の湖」は有名すぎるチャイコフスキー作曲で、羽生さんのEXとは別物です。(^^;)
      ブラックスワンの題材でもあり、白と黒の区別もつかないアホな王子が悪魔に騙されて、白鳥(オデット)を裏切って黒鳥(オディール)に愛を誓ってしまう方です。羽生さんのEXは、サンサーンスの組曲、「動物の謝肉祭」の13曲目の楽曲「白鳥」です。
      バレエの「瀕死の白鳥」として振付され、アンナパブロワさん、プリセツカヤさんで有名ですよね☆
      「白鳥」がバレエの振り付けをされたきっかけなどの知識はないので、わかりません。スミマセン。

      ホントに素敵なエピソードですね。タラソワさんもロシアの方ですし。
      アーティストとしては認めてくださったのでしょうか。
      最高のEXと思います。

コメントは停止中です。