月別アーカイブ: 2017年1月

もうすぐ四大陸選手権(ネイサン事件あり)


ネイサン事件は既出で、多くの方のお心は欧州選手権でハビエルが5連覇達成するかに向いているかと思われます。

2月14日~公式練習開始の四大陸選手権まで、私が書けることなんてあるかしらね・・・と暢気にしていました。

が、フィギュアスケート全米選手権にて、2016年ファイナル2位だったネイサン・チェン選手がフリーで4回転4種類5本を成功させて優勝!と言うニュースが駆け抜け、これには私も反応せずにはいられませんでした!

フリーで4回転5本の成功は結弦クンもまだ達していない領域。

私も今迄スルーだった、全米選手権の動画をチェックしてネイサン君の演技を観戦。

(ちゃんとしたスケートブログを書いている方は日本以外の国内試合まで追ったりなさるのですが、私はそこまでしないんです。(汗))

(newscomさんに久しぶりに行って見たら、ファイナルのお写真が増えていました。もうとっくに記事書き終えているのに~(泣))

ヤフーニュースの記事の一部とURL貼っておきます。

ネーサン、事件です!羽生のライバルが史上初フリーで5本の4回転成功

「フィギュアスケート・全米選手権」(22日、カンザスシティー)

男子フリーが行われ、昨年のGPファイナルで羽生結弦に次ぐ2位に入ったネーサン・チェン(17)=米国=が、フリーで4回転ジャンプを4種類5本成功させる演技で212・08点をマーク。非公認記録ながら、SPとの合計318・47点で初優勝した。

冒頭に4回転ルッツ-3回転トーループを成功させると、続く4回転フリップ、4回転トーループ-2回転トーループ-2回転ループ、4回転トーループと立て続けに成功。後半に組み込まれた4回転サルコーも決めた。すべての4回転に1点以上の加点がついた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00000050-dal-spo


動画を観たら、ファイナルよりすべての四回転の着氷綺麗☆
粗いと文句をつけたがる私もその安定感に無言。一番きれいな結弦クンのジャンプとは比較しないでおきます。

とにかく4回転を降りてしまえ、演技構成点は後からどうにでもなるぞ!的攻めプログラム。(表現も頑張ったのも認めますが。)こういう勢いが怖かったりします。(^^;)


(国内の試合だと、点数が多少盛られる傾向なのはどの国も同じようですが。やはり4Lz-3Tの点が効いてるし、恐ろしい数字だと思います)

結弦クンがまだ、4本の4回転に成功していないところにこのニュースなので、「ネイサン事件です」と言う程ネットを駆け抜けたのでしょう。

古いネタだと思うんですが・・・若い方はわかるんでしょうか。(^^;)


私も少し焦りましたが落ち着いて考ると、5本4回転を決めても、昨シーズンの結弦クンの持つ世界最高総合得点には11.96も足りない。

昨シーズンのSEIMEIの4回転は3本で、FS219.48。総合で330.43。この数字はやはり驚異的。
どれほどまでに完成度が高い異次元プログラムだったのかと改めて思う。


やはり羽生結弦が追うべきものは、ネイサン・チェンではなく、過去の自分でした。

羽生選手の情報はちょっぴり、web sprotivaさんより

四大陸の中心はやっぱり羽生結弦
深みと切れが増す「見せる」の変化
http://number.bunshun.jp/articles/-/827322

まず注目されるのは、羽生だ。昨年12月上旬、グランプリファイナルで4連覇を達成。年末の全日本選手権はインフルエンザによる影響で欠場した。その後静養し、1月7日にカナダ・トロントへ向け出発。当地で練習に励み、年明けの初戦を迎える。

練習では、細かいところのチェックにも取り組んでいるという。今シーズン、試合を重ねるにつれて、ショートプログラムの「レッツ・ゴー・クレイジー」は見せ方、引き込み方に切れと深みが加わっている。フリーの「ホープ&レガシー」もしかり。ジャンプの成否のみならず、どちらも「見せる」という部分で進化してきただけに、全日本欠場後の練習による変化がどう見られるのか、楽しみなところだ。

クリケットで良い練習が出来ていると思って良さそう。
後半の4S-3Tを含めて4本の4回転をクリーンに降りてくれさえすれば、「OK!」なはず。
(そう。このOKポーズのようにすべてうまくいくはずっ!)

Hope & Legacy(ホプレガと略すらしい)がSEIMEI並みの完成度になればネイサン事件はすぐに解決しちゃうんです。それが難しいのではありますが。

ホプレガの完成形が見られた時こそ、世界最高得点更新の記録はついてきてくれるでしょう♪

ネイサン君の100点越え全米選手権SPの動画を、sabinfireさん
2017 US Nationals-Nathan Chen SP universal HD

4回転5本決めたFSの動画をNastiFan101take12さんより
Nathan Chen Free Skate 2017 US Championships
お借りしました。ほとんど自分の為です。スミマセン。

昨日は・・・
六本木のアトリウムに展示されている、ビッグスポーツ大賞を受賞したアスリートの手形。

皆様がご自由に触れたのですが、羽生選手の手形が一番人気で多くの方が触ったために形が崩れた・・・と言うニュースを聞いていたので、どんな状態なのか気になって観に行ってきました。(苦笑)

柵が張られてしまって、触れないようになっていました。
(体操の内村・白井選手、日ハムの大谷選手・レスリングの吉田・伊調選手、トップアスリートの手形がゾロリ)

(本当に親指の付け根が、崩れてしまっているのがわかります。彼の手形だけっ(涙)。変わらず可愛い文字で、彼らしいお言葉が。)

マダムタッソーで彼の手形に触る機会がありましたので、仕方ないなぁと諦めました。でも、やっぱり展示と同時に行かれて、触れた方が羨ましい(どっちなんだっ)

彼がクリケットでの曲かけ通し練習で、5クワドノーミスで滑ったというお話もちらと訊きましたが。あくまで練習で、今季はまず、4本の4回転のプログラムの完成を目指すようですね。

(ファイナルの表彰式にて。ネイサン君の成長がここまで早いなんて、全米選手権のニュースを聞くまでワタクシが暢気すぎました。)

出場メンバーが、平昌を見据えたメンバーになりつつあるのも感じてワクワクします。結弦クン・昌磨君・ネイサン・ジェイソン・パトリック・ボーヤン君!!

今は結弦クンがSP、FS共に完成形のプログラムを見せてくれるのを楽しみに待っています♪

今回のお写真は、web sportiva・newscom・共同通信さん・その他の方からお借りしました。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

クリアファイル・ガーナ2017年1月


結弦クン、今年もビッグスポーツ賞受賞おめでとうございます。
カナダで調整なので、表彰式にはビデオでコメント。
ファンにとっては、カナダで調整してくれていることが一番安心です。(^^)

ビッグスポーツ賞関連の記事は下記からご覧に慣れます。
http://news.walkerplus.com/article/97951/

やはりありましたね。年明け早々にロッテさんのクリアファイルキャンペーンっ。

しばらくキシリのクリアファイルが多く、ガーナの真っ赤なクリアファイルは久しぶりだった感じ。

よりによって入院中(^^;)
今回ばかりはヤ●オクの文字がアタマをよぎったんですよ~(苦笑)
それでも、自分でお迎えに行くことに意味がある!

(全日本で観られなかったこともあり、ゆづロスの中久々のクリアファイルキャンペーン。心臓に悪いけどゲットできた時の喜びは大きい(苦笑いしか出ませんっ))

思い切って医師に、「外出できますか?」と聞いてみました。一応、血液検査などの値をチェックされはしましたが、あっさり許可が出ました。(^^)v

今回はイオン・ダイエーが主流らしくコンビニの情報はなく・・・
そのうち参加店舗が増えてまた、数が多く出回る。慌てなくてもいいんじゃないか、とも思ったんですが。

許可が下りたのだから行っちゃおっと。

キャンペーン開始の前日に家に帰って、翌朝早くにイオンにお迎えに行って、一度家に帰ってHEROSのインフルエンザ後初のインタビューの録画を見て病院にもどりました。(笑)

今回は用意されていたファイルの枚数が少なく、開店と同時に行ったのに、私が頂いたら残り1セットになってしまっていました。
(今回の一番人気はこれかしら?ありそうでなかったビールマン♪)

病院から外出許可まで取った自分も苦労しましたが、お近くにイオンがないお勤めの方などは未だ御入手できていない方もいらっしゃるかもしれません。
(彼は振付に殆どバレエジャンプを入れませんが綺麗ですね。(花になれくらい?)もちょっと後ろ足が上がればいうことなしです。)

けれど毎回、キャンペーン開始当初はレア感が漂いますが、だんだんとセブン・ヨーカドーなどで大量に見かけるパターンなので、今回もそうなってくれますように。
(オーソドックスなポーズも外せない。(笑))

家に戻って観たHEROSより。

(結弦クンご自身も四大陸で優勝していないことが心に残っていたんですね。(私が言うまでもないですが・・・))


(氷温と会場の温度や、ピアノの音1個1個が聞こえるか等、気になる点を充分チェックしてきてくださいね(^^))

pino2016さんから20170108 羽生×加藤インタ 気になる今 抜け部分追加再UP の動画をお借りしました。

キャプもさせて頂きました。いつもありがとうございます。

来月の4大陸は当然お茶の間から声援送ります。

四大陸の初優勝、信じて応援します。平昌と同じリンクで、しっかりと氷の感触と会場の雰囲気を感じてこられますように☆

今回は、いつまでも、「あけましておめでとうございます」の記事を最初に置いておくのも憚られる時期になりましたし、クリアファイルのこともありましたので、退院後ですが少々更新を急ぎました。(笑)

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

皆様にとって良い1年になりますように


明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。

お正月らしい結弦クンのお姿といえば、昨年の主婦の友さんの羽織はかま姿しか思いつきませんので、最初のお写真は付録のポスターからお借りしました。

今回は特別な話題もなく「私のつぶやき」ですので、お時間のある方のみお付き合いください。(^^)

(2014年ソチオリンピックの代表メンバー。今年の年末にこの光景が再び、ですね。)

来年の今頃は、もうオリンピックの代表選手が明らかになっているのだなぁと早くも考えてしまいます。

その中に結弦クンがいることを信じて疑っていません。
怪我や突発的な病気などに見舞われることなく、無事にオリンピックまで駆け抜けて行けるようにと、それだけを願っています。

来月からは四年ぶりに出場の四大陸選手権や、平昌の枠取りが掛るワールド等の試合が目白押し。
楽しみと緊張が続きます。

(今でも観るのはつらい2013年の世界選手権SP。こんなに痛々しい転倒をした彼を観たのはこれが最初で最後のような。(2014中国大会は例外として))

昌磨クンと後ろに刑事クンが控えてくれているから3枠は大丈夫☆と思いたいところですが、2013年のハラハラさせられたワールドのこともあるので(^^;)、何が起こるかわかりません。

(3枠に黄信号の状態だったにも関わらずSP後の彼のこの泣き顔が可愛すぎると話題になった気が。大ちゃん、無良君しっかりしてよ!と憤った覚えもありまする(^^;))

こちらの可愛らしい泣き顔のキャプは、HelTra91さんの動画よりさせて頂きました。
Yuzuru Hanyu;Here’s to Your Amazing Season

昌磨クンは年始にアイスショーが入っているうえに、四大陸から3連戦なので、怪我なく世界選手権に臨んでくれるようにと思っています。

1月4日から、昨年の大病と別の理由で入院を控えていて、昨年末発売のこちらのNumberはその間に読もう!と楽しみに取ってあります。(^^)

Number(ナンバー)1/14特別増刊号 平昌へ。
FIGURE SKATING EXCITER 2017-2018 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))590円(チョイ悪プリンス、可愛い泣き顔の彼が4年経つと別人(笑))

昨年の1月に治験を受けるのに必要な生検のために入院して以来、4度目の入院。
これで最後にしたいものです。

毎回病院にいる間に、何かしら彼のニュースが出てくるので今回もそんな予感もしています。
2015年にいつ手術になってもいいようにと購入した、全録画のブルーレイが大活躍してくれています。

が、BSとCSはブルーレイに連動していないので、
テレ朝チャンネル2の
フィギュペディア<羽生結弦 記憶に残る名プログラム>
■1月6日(金) 午後3:30~4:30

スケーターたちの記憶<羽生結弦編>
■1月8日(日) 午後4:15~よる7:15
の予約録画は忘れないでおこう。

2016年は366日すべてがわたしにとって大切な愛おしい日々でした。
大晦日にようやくそう思うことが出来たように思います。

今年は当たり前に、先の試合やショーのことを考えられることに感謝したいと思います。(チケットが当たるかは別として(笑))

結弦クンが怪我やトラブルなく、オリンピックシーズンを過ごして最大の目標である五輪2連覇を成し遂げられますように。

2017年が、羽生選手にとってのみならず皆様にとって良い一年でありますように。

今回のお写真もnewscom・getty・文芸春秋社・主婦の友さんからお借りしました。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました