もうすぐ四大陸選手権(ネイサン事件あり)


ネイサン事件は既出で、多くの方のお心は欧州選手権でハビエルが5連覇達成するかに向いているかと思われます。

2月14日~公式練習開始の四大陸選手権まで、私が書けることなんてあるかしらね・・・と暢気にしていました。

が、フィギュアスケート全米選手権にて、2016年ファイナル2位だったネイサン・チェン選手がフリーで4回転4種類5本を成功させて優勝!と言うニュースが駆け抜け、これには私も反応せずにはいられませんでした!

フリーで4回転5本の成功は結弦クンもまだ達していない領域。

私も今迄スルーだった、全米選手権の動画をチェックしてネイサン君の演技を観戦。

(ちゃんとしたスケートブログを書いている方は日本以外の国内試合まで追ったりなさるのですが、私はそこまでしないんです。(汗))

(newscomさんに久しぶりに行って見たら、ファイナルのお写真が増えていました。もうとっくに記事書き終えているのに~(泣))

ヤフーニュースの記事の一部とURL貼っておきます。

ネーサン、事件です!羽生のライバルが史上初フリーで5本の4回転成功

「フィギュアスケート・全米選手権」(22日、カンザスシティー)

男子フリーが行われ、昨年のGPファイナルで羽生結弦に次ぐ2位に入ったネーサン・チェン(17)=米国=が、フリーで4回転ジャンプを4種類5本成功させる演技で212・08点をマーク。非公認記録ながら、SPとの合計318・47点で初優勝した。

冒頭に4回転ルッツ-3回転トーループを成功させると、続く4回転フリップ、4回転トーループ-2回転トーループ-2回転ループ、4回転トーループと立て続けに成功。後半に組み込まれた4回転サルコーも決めた。すべての4回転に1点以上の加点がついた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00000050-dal-spo


動画を観たら、ファイナルよりすべての四回転の着氷綺麗☆
粗いと文句をつけたがる私もその安定感に無言。一番きれいな結弦クンのジャンプとは比較しないでおきます。

とにかく4回転を降りてしまえ、演技構成点は後からどうにでもなるぞ!的攻めプログラム。(表現も頑張ったのも認めますが。)こういう勢いが怖かったりします。(^^;)


(国内の試合だと、点数が多少盛られる傾向なのはどの国も同じようですが。やはり4Lz-3Tの点が効いてるし、恐ろしい数字だと思います)

結弦クンがまだ、4本の4回転に成功していないところにこのニュースなので、「ネイサン事件です」と言う程ネットを駆け抜けたのでしょう。

古いネタだと思うんですが・・・若い方はわかるんでしょうか。(^^;)


私も少し焦りましたが落ち着いて考ると、5本4回転を決めても、昨シーズンの結弦クンの持つ世界最高総合得点には11.96も足りない。

昨シーズンのSEIMEIの4回転は3本で、FS219.48。総合で330.43。この数字はやはり驚異的。
どれほどまでに完成度が高い異次元プログラムだったのかと改めて思う。


やはり羽生結弦が追うべきものは、ネイサン・チェンではなく、過去の自分でした。

羽生選手の情報はちょっぴり、web sprotivaさんより

四大陸の中心はやっぱり羽生結弦
深みと切れが増す「見せる」の変化
http://number.bunshun.jp/articles/-/827322

まず注目されるのは、羽生だ。昨年12月上旬、グランプリファイナルで4連覇を達成。年末の全日本選手権はインフルエンザによる影響で欠場した。その後静養し、1月7日にカナダ・トロントへ向け出発。当地で練習に励み、年明けの初戦を迎える。

練習では、細かいところのチェックにも取り組んでいるという。今シーズン、試合を重ねるにつれて、ショートプログラムの「レッツ・ゴー・クレイジー」は見せ方、引き込み方に切れと深みが加わっている。フリーの「ホープ&レガシー」もしかり。ジャンプの成否のみならず、どちらも「見せる」という部分で進化してきただけに、全日本欠場後の練習による変化がどう見られるのか、楽しみなところだ。

クリケットで良い練習が出来ていると思って良さそう。
後半の4S-3Tを含めて4本の4回転をクリーンに降りてくれさえすれば、「OK!」なはず。
(そう。このOKポーズのようにすべてうまくいくはずっ!)

Hope & Legacy(ホプレガと略すらしい)がSEIMEI並みの完成度になればネイサン事件はすぐに解決しちゃうんです。それが難しいのではありますが。

ホプレガの完成形が見られた時こそ、世界最高得点更新の記録はついてきてくれるでしょう♪

ネイサン君の100点越え全米選手権SPの動画を、sabinfireさん
2017 US Nationals-Nathan Chen SP universal HD

4回転5本決めたFSの動画をNastiFan101take12さんより
Nathan Chen Free Skate 2017 US Championships
お借りしました。ほとんど自分の為です。スミマセン。

昨日は・・・
六本木のアトリウムに展示されている、ビッグスポーツ大賞を受賞したアスリートの手形。

皆様がご自由に触れたのですが、羽生選手の手形が一番人気で多くの方が触ったために形が崩れた・・・と言うニュースを聞いていたので、どんな状態なのか気になって観に行ってきました。(苦笑)

柵が張られてしまって、触れないようになっていました。
(体操の内村・白井選手、日ハムの大谷選手・レスリングの吉田・伊調選手、トップアスリートの手形がゾロリ)

(本当に親指の付け根が、崩れてしまっているのがわかります。彼の手形だけっ(涙)。変わらず可愛い文字で、彼らしいお言葉が。)

マダムタッソーで彼の手形に触る機会がありましたので、仕方ないなぁと諦めました。でも、やっぱり展示と同時に行かれて、触れた方が羨ましい(どっちなんだっ)

彼がクリケットでの曲かけ通し練習で、5クワドノーミスで滑ったというお話もちらと訊きましたが。あくまで練習で、今季はまず、4本の4回転のプログラムの完成を目指すようですね。

(ファイナルの表彰式にて。ネイサン君の成長がここまで早いなんて、全米選手権のニュースを聞くまでワタクシが暢気すぎました。)

出場メンバーが、平昌を見据えたメンバーになりつつあるのも感じてワクワクします。結弦クン・昌磨君・ネイサン・ジェイソン・パトリック・ボーヤン君!!

今は結弦クンがSP、FS共に完成形のプログラムを見せてくれるのを楽しみに待っています♪

今回のお写真は、web sportiva・newscom・共同通信さん・その他の方からお借りしました。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

もうすぐ四大陸選手権(ネイサン事件あり)」への8件のフィードバック

  1. ガムザッティさん、こんばんは。
    その事でしたか、ネイサン事件ですの件は。私この全米選手権観てましたよ。でもそんなに堪えなかったからスルーしたのかも。寧ろ女子の方が素敵だったの。前から気になっていた選手が花開いてね。
    確かにネイサン君のジャンプ力は凄いです、どんな時も回転不足じゃないし。でも「ときめくジャンプ」じゃなんだよね。ネイサン君が登場したせいかクワドの種類と跳ぶ回数の制限とかいう話も無くなって、クリケットのユヅ&ハビにとっては良いモチベーションになるなって思っています。今日も欧州選手権の男子シングルSP観ていましたが、ハビが何をどうしても圧勝のような感じでした。3つのジャンプ要素のうち2つでチェックが甘くても欧州では大判振る舞いなんですね。凄かったです、スコアが。コフトゥン選手はクワド2つ成功で暫定2位。
    自戒を込めて言っているんですけれど、フィギュアスケートの演技って一概に難度の高いジャンプを如何に複数回跳ぶかで決まるものでも無いのかと。やっぱり一同に介して演技して優劣を決めるしか分からないと思うんですよ。ジャッジも人間だから相対的に観て決めるだろうなと。当然だけれど。
    それより羽生選手のピーキングの持っていき方として、全日本はインフルエンザで欠場して、その前のGPFはフリーは自分より歳下の選手に遅れを取ってもSPの出来で優勝という訳で、世界選手権と平昌五輪に向けて最高の調整になったと安堵しています。変わった考え方かしら。

    1. サライさん、おはようございます^^
      更新もずっとしていないところに、ネイサン君のこともあって記事にしてみました。
      私もサライさんと同じ考えです。ネイサン君のジャンプにはときめかない。
      跳ぶ前と、ジャンプ後も流れのある演技が続く羽生選手とは質が違い過ぎるし。
      ハビエルの重厚なジャンプと比べても然り。
      なので、一応、結弦クンのジャンプと比較しないでおきますなんて嫌味も書いてる☆
      嫌なのは、とにかく降りてしまえ!の攻めの姿勢。降りちゃえば演技構成点も上がってしまうところもありから。
      欧州選手権はハビとコフトゥンの動画を見てみます^^
      ドンだけ点数盛られてるかも見ておきます。
      コフトゥン君は大舞台ではダメなのに、ロシアだの欧州選手権には強いのね(笑)
      今はまだ、体力のこともあって女子をちゃんと見られてない。花開いた選手って、女子の「チェン選手」のことですか?(笑)
      起きていられる時間がまだまだ短いので、男子を追うのに精いっぱい。
      戻りがすこーしづつなので。そのうち女子やカップル競技もまたしっかりと観たいです。

      頭ではちゃんと理解できてるつもりなんです。難易度の高いクワド5本で演技は決まるものではないって。
      かつての結弦クンが、クワド1本・2本でも190点台をたたき出していたのに、今季は難易度を上げても点数が伸びないでしょ・・・
      絶対に4CCとワールドではプログラムを完成させてくれないと、勢いのネイサン君と昌磨君がノーミスしたらやっぱり嫌だなぁとか考えてしまう自分がいるんです。
      今期中に四回転4本降りてくれるとは思うんですが。練習ではできてる情報も聞きますしね^^
      サライさん、考え方変わりましたね。どっしりして安定して揺らがない。(^^)
      私も見習わないと。それでも4CCは緊張でバクバクだと思います。

  2. ガムザッティさん、こんにちは

    わぁ~アスリートの手形の展示があったりするのですね!
    そちらだとイベントなども多く、そして行きやすいのでしょうね。

    多くの人が触ったせいで手形が崩れたとは残念です。
    一番人気なのですね、さすがです。

    時々お出かけされてるのかな?
    体調良く過ごされているようで良かったです(^^)

    1. Simcoさん、こんにちは。いらして下さってありがとうございます。^^

      お家が下町の割に、都会に出やすいのでお気楽に行ってきました。
      手形は、本当にさすがの一番人気!でした。一人だけ、触られ過ぎで崩れてるんですもの(^^;)
      もっと頑丈に作って!と、お願いしたいです。

      年始の入院でせっかく戻ってきた体力がまた落ちてしまいましたので、少しづつ外出の機会を増やしています。
      外出が、一番手っ取り早く体力作りになる感じがします。
      後はもう少し起きていられる時間がのばせたらなぁと思います。
      少しづつですね。

  3. ネイサン事件、全く気に留めていなかったです(笑)
    全米も欧州も試合観ていないし~(あはは)
    女子もあまり観ないです^^;

    昌磨君、クワドを1月のアイスショーの時に1プロで6回入れてみて4回成功!
    と言うのを先だって知り、何だかもう大変な時代で怖ろしいほどです^^;

    男子選手の今季…誰がどの試合でどう決めれるか!
    蓋を開けてみないと全くわからないと思っています。

    四大陸、ワールド…そして平昌と~
    兎に角、怪我だけはしないでと祈ります☆

    1. こちらはちゃんとしてなくても(一応)スケートブログなんで、さすがにネイサン事件位は、抑えておかないといかんでしょ~。
      みたいな(笑)
      雫雪さんは、昌磨君・晴れ時々結弦クンでばっちりと思います。(笑)
      昌磨君、ショー・プロでクワド6回も跳ばなくて良いよ~。怪我しちゃったら大変!
      って、真っ先に思いました。枠取ワールドの前に連戦で大変で、この時期なのに、ショーも多いし。
      言わずもがな、4回転新・戦国時代。
      その試合にピークを持ってこられた人。自分の実力を出せた人が勝つのではないでしょうか。
      ジャンプの調子、氷との相性、体調等いろんな条件がハマった人が優勝するのが一発勝負の採点競技だと思います。
      羽生選手が一番!と思ってもその時の試合で実力通りに滑れないと点数は出ませんものね・・・
      それでも彼が、次の試合では皆が良い滑りをしてその中での優勝であってほしいです。
      もちろん他の選手を応援する皆様も気持は一緒、と思っています。

  4. こんにちは~(^O^)/。
    そうそう、ヤフーニュースのタイトル、「ネーサン事件」!
    何ごと?と思いましたよ(^o^;)。
    そのタイトルに釣られてクリックしてしまったら、ネイサン選手の記事。
    ネイサン選手が4回転5本飛んだニュースは、その前に新聞の記事で読んでいたので、な~んだ、そのことかーと思いましたが…(^_^;)。
    それでも、絶対王者・羽生選手に強敵現る!ですね。
    ファンとしては他に敵なし!の方がドキドキせずに安心して見られるかも知れませんけどね(^_^;)。
    失礼ながら、一観戦者としてはライバルがいて、競り合いの中で羽生選手が勝つ、そのような試合が楽しみだったりします。
    いずれにせよ、頑張れニッポン!負けるな羽生結弦!ですけどねー(^_^)v。

    1. こんにちは~(^^)/
      ヒッキ―さんがヤフーニュースも注目してくださるなんて嬉しいです。
      まだまだネイサン君は、羽生選手のレベルには達していないと思うんですけど、4回転ジャンプを降りてしまえ!の攻めの姿勢と勢いが嫌な相手です。
      羽生選手の実力は、世界ナンバーワンであることは疑っていません。(^^)
      けれど、一発勝負でその時にミスしない人が勝つのが採点競技なので、安心して観ていられる試合って実はなかなかないんです。
      違う競技ですが、高梨沙羅選手や錦織選手が勝てないと、やはり勝負は水物って思います。
      頑張れニッポン!負けるな羽生結弦!まさにいつもその気持ちで応援しています^^

コメントは停止中です。