月別アーカイブ: 2017年2月

1番楽しい銀メダル・2017四大陸選手権 結果


2位でごめんね。と表彰式で手を合わせる結弦クン。
スポーツ紙で見た彼のこの表情に心を奪われて、ネットで見つけられてホッとしました。夕刊フジさん、ありがとうございます。

男子フィギュア・真四回転時代の幕開けとも言え、超ハイレベルだった2017・四大陸フィギュアスケート選手権。

制したのは、17歳の超新星・ネイサン・チェン選手でした。
初出場・初優勝おめでとうございます。

SP2位。昌磨君。
初の4Lo成功おめでとう。クワドの調子は良かったのに、3Aでの連続ミス。

SPは完璧だったのに。SPとFSを2つ揃えることの難しさを感じました。


逆転をかけたSP3位の羽生選手。「Hope & Legacy」

最初のジャンプの緊張感は、真央ちゃんを一番に応援していた頃からずっと変わらない。
4Loも、4Sも綺麗に着氷。

流れるようなスピンとスケーティングで魅せてくれます。

この試合またしても4Sのコンビネーションが入らず。(;;)ご本人も自信を無くしたらしいです。

最後のクワド(予定)、4Tは綺麗☆

その後は驚異のリカバリーを観ることになる。

4T-2Tをとっさに着ける判断力と、身体能力。

最後のジャンプはいつもの3Lzではなくって3A。

試合中にスケーティングの流れを壊すことなく、ジャンプ構成をその時に点数の取れるものに変更した彼・・・凄すぎます。


ライストで、回線が込み合っていたのか、途中でパソコンの状態が乱れ羽生選手の演技を同じシーンを数回逆再生したり、訳の分からない画面に変わったりしてしまいました。

ようやくパソコンの状態が戻った演技が2S-1Loの所だったので、1Loだけを見て、3Aからの3連続を失敗したのかと勘違いしてしまった為、後のジャンプの展開についていけなくなってしまいました。

FSは206.67。今季初の200点越えで1位でしたが、総合でネイサン君に及ばず2位と言うことだけわかりました。

地デジで本田さんの解説を聞いて、ようやく怒涛のリカバリーを理解出来た次第で、お恥ずかしいレベルです。(^^;)

最終滑走のネイサン君。

SP1位での折り返し・最終滑走のプレッシャー。
歓声最大の羽生選手の後という悪条件もはねのけて、すべてのジャンプを着氷。

ジャンプが安定してきたせいか、バレエを習っているというのがうなずけるような美しいポージングもありました。

フリーでは204.34。羽生選手にわずかに及ばず。総合では猛追を交わしての1位。
未だ粗い表現を磨いて、ジャンプを後半に持ってくるだけでまた点数が伸びると思うと怖い存在。

羽生結弦の凄さ。
・諦めない精神力。失敗を引きずらず、とっさにプログラムを流れを壊すことなく変更する技術と機転。


・ジャンプの難易度はネイサン君に及ばないので、FS技術点はリードされるがそれもほんのわずか。フリーでは5本の4回転を決めたネイサン選手を上回り1位。

(トップ3の皆様おめでとうございます。昌磨君、四大陸は初の表彰台良かったですね。)
SPのサルコウパンクがなければ真ん中だったと思うと悔やしいです(;;)

たらればはなしだけど。って、昨季のスケ・カナのSPジャンプ2本0点の時も言ってたな~。


表彰式で見せた、「も・ちょっと」ポーズ。今回こそ、まさに「も・ちょっと」
フリーで200点越えても、300点超えても2位。
ハイレベルすぎます。今の男子。

SP3位発進を引きずって沈んでいた私ですが、やはり今の男子フィギュアのハイレベルな闘いを見られる幸せを感じています。

もちろんジャンプだけでなく、スピン・ステップ、スケーティングの美しさを兼ね備えた人に魅力を感じます。

だから彼に最も魅かれる☆


楽しい銀メダル、と言い切った彼。
本当に今のライバルたちの存在を歓迎してこの状況を楽しんでいるんだと思う。

(爽やかに銀メダルを掲げる彼。四大陸は全て銀(^^;))

昨年のように、シーズン終了後にどこか痛めていました・・・とならないことを願います。世界選手権に向けて良い練習が出来ますように。

今年こそ世界王座を奪還してね。(と言うのも3回目です(^^))

現在世界選手権2連覇中のハビエル・フェルナンデス選手が加わっての世界選手権。
これはもう楽しみです。

そろそろLGCの、ノーミスも観たいです。(^^)

ネイサン君、まだ17歳の時点で、SP・FS7本のクワドって身体にはどうなんだろう・・・
昌磨クンは、冬季アジア大会にも出場。(どう考えても強行過ぎる(^^;))
結弦クンも、今までの疲労や衝撃の蓄積が心配。

草太クン・宮原選手の疲労骨折などもありましたし。

選手の皆さんが怪我なく、平昌まで進めますように。一番の願いはそこですね。

順位表です。

自分用ジャッジスコア

表彰式での、「も・ちょっと」の動画のキャプは、pino16・17さんの2017 4CC FS+表彰式からさせて頂きました。

羽生選手のインタビューのキャプチャーも、pinoさんの20170219 四大陸結果ニュース⑤からさせて頂きました。
いつもお世話になり、ありがとうございます。

僅差の2位と残念ではありますが、来年の平昌オリンピックに向けての良いシュミレーションになったようで、良かった!と思っています。

今回のお写真は、主にcanonさん、newscomさん、ゲッティさんからお借りしました。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

2017 四大陸選手権男子SP・(やや想定内)


昨夜の私は巨人が負けて周囲に八つ当たりするおじさんになりかけていたかもしれない。
ただただ、残念で悔しかった。
私の気が荒い面を知る夫にも、「今日はもう寝たら?」と早々に勧められてしまった・・・


演技終了後、結弦クンが昌磨君を称える映像が流れて彼の大きさを感じ。
私は器が小さいので、テレビではまだ昌磨クンのインタビューが流れていたがとにかく寝て頭を冷やすことにした。

一夜明けて振り返る。四大陸選手権男子SP開幕。
有力選手で最初に滑ったネイサン君、全米選手権の勢いそのまま。
得点、今季SP世界最高103.12点。

最終グループ第二滑走結弦クン。
苦手な第二滑走の対策も心得ているはず。

彼の試合は現地だろうとお茶の間だろうと、平常心で観られることは決してない。


「Let’s Go Crazy」(「LGC」と最初に略した方、凄いです。)スタート。

冒頭4Lo、試合で初めてクリーンに着氷して、ホッ。

それでも、コンビネーションを決めるまでは安心できないっ

やっほーい。崖っぷち大好きとはいえ、2S-3Tになっちゃったい。

3Aはやっぱり鉄板。今季初めてGOE 3!

昨夜は動揺したせいか、その後の動きも重たく見えてしまったのですが。

「ズサー」も控えめに見え。

演技構成点は高評価だったので、私が平常心で観られなくなっていたんですね。(^^;)

一体何点くらい出るのか想像できませんでしたが、97.04で暫定2位。
思ったより出たようで、安堵しているのが伺えます。(^^)

「らしくないミス」と書いていたメディアもあったけど、SPがバラⅠになって以降、コンビネーションのミスは増えていると感じるので、今回の4Sのパンクもやや想定内ではあった。(^^;)

2位につけた昌磨君。100点越えおめでとうと結弦クンが気持ちを込めて言ってくれましたので(苦笑)
この衣装、後ろも凝ってるんだと別の事を書いておきます。

もちろん、頑張るフィギュアスケーター・アスリートを応援してはいますが、彼が一番でないと悔しくて仕方ない、自分の小ささを今回の試合で改めて実感することになりました。

ですが、こちらは「羽生選手応援ブログ」なので・・・と一応言い訳しておきます。

スモールメダル授与後の昌磨君との笑顔も見て。

買ってきたスポーツ紙で、「フリーでノーミスする準備はしてきた」という文章も読んで、ようやく安心してきた。


今回のこの立ち位置の自分を「ふがいない」と言った彼。
3年前にSPで転倒し3位発進だったソチ後の世界選手権を思い出した。

あの時はフリーで7点差をひっくり返して逆転優勝。
今回はネイサン君の勢いと、「ホプレガ」をまだノーミスできていないことで、3年前より条件が厳しい気もするけど、信じて応援しよう。

結弦クンが自分の納得のいく演技をしないことには結果はついてこない。

全ては来年のオリンピックの為。


SP順位表です。(5位までしか貼っていませんが、刑事君11位です。記事にも書かなくてすみません。)

figure skating 2014さんより演技の動画をお借りしました。
B.ESP. Yuzuru HANYU SP – 2017 4CC

羽生選手のプレカンと、宇野選手を祝福するキャプチャーは、pino16-17さんの17 02 17-18 4CC SP結果ニュースetc.動画よりさせて頂きました。いつもありがとうございます☆

自分用ジャッジスコア

本当は、四大陸はお休みの予定でしたが彼が本来の力を発揮できなかったことが残念で、気づけばパソコンに向かっていました。
フリーこそ、休んでしまう可能性大です。数日後にアップできればいい方だと思います。いつものことですね。

(とても悔しそうな彼。さすがに、「も・ちょっと」のジェスチャーは出ませんね(;;))

本当に「書いて更新しただけ」で申し訳ありません。
頑張った他の選手を祝福してあげることもできない。
これが素の私です。


上記のお写真はhttps://twitter.com/usfigureskating?lang=jaよりお借りしました。

そんな私ですが、フリーで他の選手にもミスしてほしいとは思わない。
皆がいい演技をした中での逆転を望んでいます。

オリンピックが行われるこの会場で逆転優勝をして良いイメージで来年戻ってこられますように。

今回のお写真は主に、YONHAPNEWSさん・デジタル朝日さん・newscomさんからお借りしました。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

「気持ちは四大陸選手権」&「早くもFaOI?」


2月に入ってフジテレビさんの四大陸選手権の番宣始まりました☆
フジさんのCMは煽りが上手いので楽しみな気持ちが高まります。

最初のお写真は、NHK杯の時のものですが素敵だなと思ったのでお借りしました。(それだけ最近のお写真が無いということ(^^;))


男女ともSPはLIVEだそうですが、FSはライストがありそうですね(で、すみません)。
スケカナが見られた中国魚章やdailymotion(今回は関係あるとは思えませんが)でやってくれないと、私個人はお手上げ☆なのでおとなしく地上波の放送を待ちます。


もうあと10日前後で、公式練習の映像なども上がってくることでしょう。
元気に滑る姿を観られることを楽しみに待っています。(ワクワク)


今回の試合は、真の4回転時代。絶対王者・羽生結弦選手に挑む4種類の四回転を操るネイサン君・結弦クンと同じ3種類を跳ぶ伸び盛りの昌磨君の対決につい、注目したくなります。

けれど、パトリック、ボーヤン君だってとても能力の高い選手たち。
平昌に出るであろう選手がそろうと思われるこの大会、とても楽しみです。

といいつつも、自分用に先日放送されたデータ・コロシアムと言う番組に出ていた、結弦クンとネイサン君のジャンプの基礎点をおさらい。

(羽生選手・FSジャンプの基礎点 87.53)


(チェン選手・FSジャンプの基礎点91.96。)

やはり最初の4Lz-3Tが大きいし、全米選手権ですべて成功させてますもんね(^^;))

ジャンプの基礎点はネイサン君が上でも、質の高さは断然結弦クンが上なのはファンの方が周知!
完成したプログラムをお披露目してくれるのが待たれます^^

気持は四大陸。けれどまだ先のことなのに、既にFaOIのチケットプレゼントの応募はがきが店頭に置かれてますね。もう皆様にお持ち帰りされて追加されることはないのかな?(応募用紙すらオークションに出てくるのが何とも(^^;))
Fantasy on Ice 2017


ここ数年は、悲愴の衣装の結弦クンが応募用紙の写真を飾ってますね。そして今年も。
イオンでもらい損ね、ウェルシアでもらってきました(^^)
今年は、観覧チケットのほかに当選者から60名様限定で非公開リハーサルにご招待!

あぁ。リハーサルにご招待されたい。

(2015 FaOIより。可愛い昌磨君♪)

店舗が少ないウェルシアには何度も行けるものではないので、その場でパンテーンのシャンプー・コンディショナー詰め替えお買い上げ。
当分シャンプーには困りません。

イオンで購入するのはボールドとJOYかなぁ。ロッテとP&Gにはめられっぱなしの自分。
イオンの応募用紙はこちらからダウンロードできます。

欲しいのはA賞。

出来れば神戸公演希望。幕張より地方のプログラムの方が良いように感じてしまう。
「believe」も、記憶にはあるんですが「好きなプログラム」としての印象は薄いです(苦笑)

B賞のメッセージ入りフォトは見なかったことにしよう。

今年のFantasy on Iceの開催地は昨年より1か所少ない。
プレオリンピックシーズンだから選手の負担を減らしてくれたのかまでは不明ですが、チケット取りは激戦となること必須。

恐らく結弦クンは怪我さえなければINする。と、私も含めて多くの方が予想されているはず。(チラシに出てるんだも~ん。)

もちろんこの応募用紙での抽選以外に、各プレイガイドでの抽選もトーゼン行われる。

行けるんだろうか??たとえ1公演でも。(既に全公演外れた夢を見ました)

今年、2017-2018シーズンのアサイン、試合会場が発表になったら素早く動けるでしょうか。自分。(^^;)

チームブライアン・300点伝説もまだ購入していません。

前作の「チーム・ブライアン」はとても面白かったのですが1度読んでそれきりなので、ちょっと迷っていました。
アマゾンのカスタマーレビューでの評判がいいので、読む方に気持ちが行っています(笑)

平昌オリンピックのチケットの情報もちらほら聞きますね。

行きたい気持ちは強いですがチケットを入手するのは難しそう。

今の自分にとって「先の未来」を見ることは大切なことなので、難しいとしてもチャレンジだけはしてみたい。

その平昌と同じ舞台で行われる四大陸選手権。


しっかりと平昌の前哨戦として四大陸を意識していることがわかるインタビューですねっ。

そうして、納得のいく演技をして優勝してくれること願って、楽しみにしています。

今回のお写真は、web sportiva・newsomさんからお借りしました。(困った時のnewscomさん(笑))

フジテレビさんの番宣と、データコロシアム・羽生選手のインタビューの動画はpino16-17さんよりお借りしました。
2017 4CC 番宣 真実の方の真4回転時代
20174CC 番宣 四大陸選手権16日開幕
170128 男子フィギュア 勝負を分ける4回転
20170109 2017年の目標を語る
キャプチャーもさせて頂きました。いつもありがとうございます。

昨年病気をしたことで、モノを探したり片付たりする力が落ちてしまいました。素早く動くことが出来なくなったことも実感します。

体力も、札幌NHK杯を観に行けたことでどんどん戻ってくれるかと思ったら、年始の入院で後退しその後の戻りも少しづつです。
(お顔にロゴが入ってしまっているのが少し残念ですが、とても綺麗なこのお写真。NHK杯時のものです☆)

クリアファイルのお迎えやウェルシアに用紙をもらいに行ったり、アトリウムに手形を観にいく。そんな外出がリハビリみたいなところはあります。

今季は残り2試合。2連勝する結弦クンを観て自分も早く日常を取り戻そうと思います。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。