1番楽しい銀メダル・2017四大陸選手権 結果


2位でごめんね。と表彰式で手を合わせる結弦クン。
スポーツ紙で見た彼のこの表情に心を奪われて、ネットで見つけられてホッとしました。夕刊フジさん、ありがとうございます。

男子フィギュア・真四回転時代の幕開けとも言え、超ハイレベルだった2017・四大陸フィギュアスケート選手権。

制したのは、17歳の超新星・ネイサン・チェン選手でした。
初出場・初優勝おめでとうございます。

SP2位。昌磨君。
初の4Lo成功おめでとう。クワドの調子は良かったのに、3Aでの連続ミス。

SPは完璧だったのに。SPとFSを2つ揃えることの難しさを感じました。


逆転をかけたSP3位の羽生選手。「Hope & Legacy」

最初のジャンプの緊張感は、真央ちゃんを一番に応援していた頃からずっと変わらない。
4Loも、4Sも綺麗に着氷。

流れるようなスピンとスケーティングで魅せてくれます。

この試合またしても4Sのコンビネーションが入らず。(;;)ご本人も自信を無くしたらしいです。

最後のクワド(予定)、4Tは綺麗☆

その後は驚異のリカバリーを観ることになる。

4T-2Tをとっさに着ける判断力と、身体能力。

最後のジャンプはいつもの3Lzではなくって3A。

試合中にスケーティングの流れを壊すことなく、ジャンプ構成をその時に点数の取れるものに変更した彼・・・凄すぎます。


ライストで、回線が込み合っていたのか、途中でパソコンの状態が乱れ羽生選手の演技を同じシーンを数回逆再生したり、訳の分からない画面に変わったりしてしまいました。

ようやくパソコンの状態が戻った演技が2S-1Loの所だったので、1Loだけを見て、3Aからの3連続を失敗したのかと勘違いしてしまった為、後のジャンプの展開についていけなくなってしまいました。

FSは206.67。今季初の200点越えで1位でしたが、総合でネイサン君に及ばず2位と言うことだけわかりました。

地デジで本田さんの解説を聞いて、ようやく怒涛のリカバリーを理解出来た次第で、お恥ずかしいレベルです。(^^;)

最終滑走のネイサン君。

SP1位での折り返し・最終滑走のプレッシャー。
歓声最大の羽生選手の後という悪条件もはねのけて、すべてのジャンプを着氷。

ジャンプが安定してきたせいか、バレエを習っているというのがうなずけるような美しいポージングもありました。

フリーでは204.34。羽生選手にわずかに及ばず。総合では猛追を交わしての1位。
未だ粗い表現を磨いて、ジャンプを後半に持ってくるだけでまた点数が伸びると思うと怖い存在。

羽生結弦の凄さ。
・諦めない精神力。失敗を引きずらず、とっさにプログラムを流れを壊すことなく変更する技術と機転。


・ジャンプの難易度はネイサン君に及ばないので、FS技術点はリードされるがそれもほんのわずか。フリーでは5本の4回転を決めたネイサン選手を上回り1位。

(トップ3の皆様おめでとうございます。昌磨君、四大陸は初の表彰台良かったですね。)
SPのサルコウパンクがなければ真ん中だったと思うと悔やしいです(;;)

たらればはなしだけど。って、昨季のスケ・カナのSPジャンプ2本0点の時も言ってたな~。


表彰式で見せた、「も・ちょっと」ポーズ。今回こそ、まさに「も・ちょっと」
フリーで200点越えても、300点超えても2位。
ハイレベルすぎます。今の男子。

SP3位発進を引きずって沈んでいた私ですが、やはり今の男子フィギュアのハイレベルな闘いを見られる幸せを感じています。

もちろんジャンプだけでなく、スピン・ステップ、スケーティングの美しさを兼ね備えた人に魅力を感じます。

だから彼に最も魅かれる☆


楽しい銀メダル、と言い切った彼。
本当に今のライバルたちの存在を歓迎してこの状況を楽しんでいるんだと思う。

(爽やかに銀メダルを掲げる彼。四大陸は全て銀(^^;))

昨年のように、シーズン終了後にどこか痛めていました・・・とならないことを願います。世界選手権に向けて良い練習が出来ますように。

今年こそ世界王座を奪還してね。(と言うのも3回目です(^^))

現在世界選手権2連覇中のハビエル・フェルナンデス選手が加わっての世界選手権。
これはもう楽しみです。

そろそろLGCの、ノーミスも観たいです。(^^)

ネイサン君、まだ17歳の時点で、SP・FS7本のクワドって身体にはどうなんだろう・・・
昌磨クンは、冬季アジア大会にも出場。(どう考えても強行過ぎる(^^;))
結弦クンも、今までの疲労や衝撃の蓄積が心配。

草太クン・宮原選手の疲労骨折などもありましたし。

選手の皆さんが怪我なく、平昌まで進めますように。一番の願いはそこですね。

順位表です。

自分用ジャッジスコア

表彰式での、「も・ちょっと」の動画のキャプは、pino16・17さんの2017 4CC FS+表彰式からさせて頂きました。

羽生選手のインタビューのキャプチャーも、pinoさんの20170219 四大陸結果ニュース⑤からさせて頂きました。
いつもお世話になり、ありがとうございます。

僅差の2位と残念ではありますが、来年の平昌オリンピックに向けての良いシュミレーションになったようで、良かった!と思っています。

今回のお写真は、主にcanonさん、newscomさん、ゲッティさんからお借りしました。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

1番楽しい銀メダル・2017四大陸選手権 結果」への12件のフィードバック

  1. ガムザッティさん、こんばんは。

    四大陸選手権、息を呑む、ものすごく緊張した戦いでした。

    大きな賭けに出た結果の 「一番楽しかった銀メダルだと思っている」
    結弦くんがそう思えるのなら、今回はこれで良かったのかもしれませんね。

    そう言いながら世界王座奪還するのでしょうけれど☆

    表彰台に日本人が二人いても、もう驚かない時代。
    なんだか浦島太郎な私です(灬ºωº灬)

    1. サザンさん、おはようございます。
      コメントありがとうございます。やはり嬉しいです☆

      「一番楽しかった銀メダル」プレカンでは気持ちも落ち着いてそう振り返ることが出来たのかもしれません。
      四大陸のタイトル、あげたかったのは本音です。
      なぜか、五輪・世界選手権・ファイナルすべて持っているのに四大陸は全て銀☆

      サライさんが触れていらっしゃる通り、ネイサン君の得点を待っている間「金くれ!」2位確定で「何で勝てないっ!」
      と叫んでいる素の顔が流れてました。あれが本音だと思います。

      今年こそ、世界王座奪奪還してくれ~と私もなりふり構いません。
      表彰台に日本人二人・・・
      2012年のワールドで、大ちゃん・銀と結弦クン・銅のダブル表彰台以降、めずらしくなくなってきたかも。
      ちなみにその時の一位はパトリック。当時は彼が絶対王者だったんですね。時代は変わっていきます。

  2. ガムザッティさん、こんばんは。
    本当に羽生選手に勝ってほしかったですね。不遜な事を言えば勝たせてあげたかった。フリーを観ていてどんどん彼が貪欲に勝ちにきているのを感じて、尚且つ音にも調和して1秒の間もなく考えてザヤラナイように跳んでいたジャンプ、やっぱり安心の4Tなのかな〜。3Aからのコンボが後半の得点源でしたが4Loが跳べることでフリーのジャンプ構成はクワドと3Aで構成出来てしまうんじゃないかと考えてしまった。フリーはBVがネイサン君の方が高いけれどTESは結弦くんが20点高いです。ジャンプに気をとらわれているだけじゃなくて、他も要素も凄いだって自信がついたんじゃないかな。バックヤードで「金欲しい」と叫ぶ無邪気な結弦くん。ネイサン君のコーチのラファ氏に結弦くんがサインをねだられてビックリの動画も出ていますね。
    前の記事でガムザッティさん自身が触れていたから私も言ってしまおう。ネイサン君って少しフィギュアに対する考え方が違うような気がするの。まるでスケートボードを持ってそうな雰囲気、いつも膝上パンツで結弦くんと宇野君に挟まれると目立つ。バレーを習っていたから滑る姿勢はそこそこきれいだけれど、なんか違う。今季のプロもバレー曲で無難だが個性がない、観客は高難度クワドに驚くけれど感動はしないような。寧ろ結弦くんのこういう全構成取っ替えが瞬時に出来てしまう現五輪チャンプの意地を見た感動!。
    何だかもうね、男子シングルは欧州勢の出る幕無しみたいな気もするの、圧巻過ぎて。ちゃんと世界選手権では優勝ですよー。

    1. サライさん、おはようございます。
      私も羽生選手に勝ってほしかったです。勝たせてあげたかったお気持ちもわかりすぎます。
      私も4Sの方が安定していた時期もあったし足の甲の問題もあるけれど、やはり4Tの方が鉄板かなと思いましたよ。
      ジャッジスコアできちんと確認しました~。結弦クンはきちんとほぼ20点BVに上乗せしていました。
      Lzが跳べない以外は、差はない。後半の4回転も決められるのは凄いけれど、挑戦者の有利さもあると思うんですよね~(何様?)
      ネイサン君はこれからの人、とは思うけど、7本4回転をSPとFSで決めてもまだ、世界最高得点にはまだ足りないでしょ。
      それだけSEIMEIプロが、ジャンプと芸術の融合が高かったということ。
      ミスと怪我が無ければ、結弦クンにかなう人は未だいないと思う私はおめでたいのかしら。
      でも、ネイサン君も昌磨君も足りないものを補おうとはしてくると思うので、これこそ、彼の望んだ切磋琢磨してハイレベルでの闘いにますますなりますね。
      「金くれ!金」2位確定で「何で勝てない!」のシーンは、笑いもしたし、切なくもあり。
      実はねー。SPの記事でアップした、ツイッターからお借りした3人のお写真。ネイサン君のショートパンツに違和感を私も感じました。
      なんか違いますよね。
      そそ。クワドに驚かされておしまい。みたいな。
      たとえクワド一本でも、ニースのロミジュリ。今回の曲の流れを壊さず構成変更。そういう感動を彼がくれるかは今後無いと断言するのは早いけれど期待はしていない。
      でも、コーチがちゃんとしている(サインねだってもw)から、今後は演技構成点にも力を入れてくるでしょうね。やはり嫌な相手です。
      欧州勢・・・ハビはやはりクリケットで結弦クンをよく見ていますから。
      2種類のクワドを完璧に滑って、高難度の4回転ジャンパーがミスで自滅して優勝も、無いとは言えないかも。
      今年こそ王者奪還!って、3回目。3度目の正直で勝ってほしい。
      やっぱり3年ぶりのワールド優勝!ハビの3連覇は阻止しましょう。ごめんよハビ。

  3. こんにちは~(^O^)/。
    四大陸選手権のレポ、お疲れ様でした!

    色々なニュースでも言われていましたが、複数種類の4回転ジャンプ時代が到来した本当に高レベルな試合となりましたね。
    そんな中で17才で初出場・初優勝したネエサン選手はスゴイ(^O^)/!
    でも、フリーは羽生選手が高レベルな中で1位なんですよね!
    楽しい銀メダル、う~ん、一般人には思いつかないセリフ、カッコイイです(^_^)v。
    どの試合も大切なんでしょうけど、やっぱり五輪は特別。
    宮原選手の疲労骨折には、そこまで負荷がかかっているんだとビックリしました。
    怪我せずに、五輪には万全の体制で金メダルを取って欲しいと思います。

    …と、いつも、素人まる出しのコメントでスミマセン。

    1. こんにちは~(^^)/
      複数種類の4回転、質・回数も問われる「真・四回転時代」(羽生選手命名)を象徴する四大陸選手権でした。
      ネイサン選手はまだ若いので、挑戦者の勢いと身体能力が凄いです。
      他の選手も負けじとレベルを上げてくる!!
      羽生選手の今回の凄さは、試合途中のミスリカバリーのプログラム変更ですが、面倒なルールに違反することなくとっさの判断が素晴らしかったのです。
      コンビネーションは3回まで。同じ種類の4回転は、単独で1本跳んだら2本目はコンビネーションにしないといけないとか。
      3Aも2回までだったかなぁ。私は覚えきれませんが選手は覚えないといけません(^^;)
      それを試合中に美しく滑りながら頭で考え跳び、成功させたことに脱帽です。
      楽しい銀メダル・・・複雑な思いはあるでしょうが、ハイレベルな闘いを望む彼ならではの言葉だと思います。(^^;)
      これは、実際になったらいやだから書くの迷いましたが。
      怪我が多い羽生選手でも、骨折はないんです。だからこそ五輪の頃に疲労骨折とかとても心配しています。
      本当に平昌が近づいているんだなぁと思います。このブログの最終回も(笑)
      ヒッキーさんのコメントは素人さんではないですよ。
      そもそも、私がブログを書いている人の中ではドシロートですし。
      思いっきり羽生選手中心ですが、応援する気持ちをわかってくださる温かいコメントをいつもありがとうございます。

  4. ガムザッティさん、こんにちは^^

    四大陸結弦君惜しくも銀メダルでしたが
    流石の頭脳明晰、心技一体、美…と素晴らしかったと思います☆
    内容的には金メダルかと☆
    昌磨君など後輩にも勉強になりますね。
    その昌磨君も四大陸の初表彰台、嬉しかったです☆

    昌磨君、冬季大会は流石に疲れも出ているのではと…
    怪我だけはしないでほしいと願うばかりです。
    ワールドは絶好調で迎えてほしいです*^^*
    もちろん結弦君も*^^*
    二人ともワールドでも表彰台にと強く思います☆
    最高のイチャイチャを見たいです☆*^^*☆

    五輪表彰台は、もちろん日本のワン、ツーのトップの結弦君、昌磨君二人にと思います。
    が、それまでに海外選手もどう変化してくるかわからないので
    二人を応援しつつ見守ってゆきます☆

    1. 雫雪さん、こんばんは^^

      雫雪さんに内容は金メダルとおっしゃって頂き嬉しいです。ありがとうございます。
      ミスをしない・取りこぼしのないことが大事になので、今回はSPとFSを揃えたネイサン君の勝ちですね。
      昌磨君は過去2年、四大陸はほろ苦だった記憶があります。初の表彰台おめでとうございます。
      冬季アジア大会・・・発表の時からプレ五輪の時にタイミングが悪いと思っていました。
      結果も期待されで大変と思いますが、まずは怪我なくを願います。
      世界選手権、ドキドキです。王座奪還を言い続けて3度目。今年こそはと願います。
      五輪表彰台、雫雪さん気が早っ(笑)
      本命の二人がまずオリンピックの切符を手にすると思ってはいますが、不測の事態などが無い事を願ってしまうワタシです。
      怪我や病気なく、まず切符を手にして私は日本人初の五輪二連覇を願い、初のワンツーフィニッシュであるといいな、と思います。
      海外の選手がいきなり台頭してくるかもしれないし、何が起こってもおかしくない男子フィギュアです。
      自分の最大限の力を最高の舞台で発揮できますように。と、来年の今ごろに思いを馳せます。
      まずは来月のワールドの応援ですね。
      その後の国別、誰が出るんだろう(^^;)

  5. こんばんわ、今日はアジア大会をライブで見てました。
    ついでに適当に見ていた4CCの男子のダイジェストも
    やっていたので、羽生さんゆっくり大画面でみました。
    4CCの羽生さんのフリーの感想を少し、
    なんかひぃえーーー、体力ついてるううというかスケート切れきれですね
    頭もさえているというか。。。。後半の変態リカバリーすごい!!
    宇野君も変態リカバリー3S-1Lo-3Fなんでありでああ、もうアジア大会だか
    4CCだかわからねーーーー。
    2Sになる前に、軌道が変だった?リンクはじで、ヲォレーやったかなぁ?
    とごまかしたかしら、そのあと何だかバンクしちゃったよね。
    その後の4Tのコンボ入れて、何かと問題な3LZをおいて3A入れた
    構成はもはや変態です。
    どうせなら3A-4Tという変態コンボをトライしてほしかった気もします。
    羽生さんの持ち味。。。。。思い出しました。
    そうそう、ソチでは後半の変態入りからの3Aと3Tのコンボが肝だったので
    鉄板4Tをセカンドに飛べたらすごいなーーーと。
    今回は4Loがなんだか4Sのようにすーっと飛べてすごい。
    ループ前のための揺さぶりが良くなってかなり質があがっていました。
    そうなると羽生さんのジャンプ見分けるのが大変です!!
    シルバーコレクターと落ち込むなかれ・・・(アンチ羽生らしからぬ)
    ワールド金奪還が優先です、ひらまさの枠がかかっているので
    頑張ってほしいわああ。
    スケート、勝負なしで競技みるのは楽しいです。
    ガムザッティさんお仕事してるとのこと・・・まさかヘルシンキまで
    いくつもりの資金と体力づくりではないですか????
    でわ・・・・この辺でドロンします。

    1. ちゃあ@さん、こんばんは。
      アジア大会ライブで観て4CCダイジェスト。このブログの主旨だと逆なような気も??
      4CC。体力余ってたから4Tも一回跳ぼう。いつ跳ぼう。最初は2S-1Loのあと、やっぱりやめた。
      等々、考えていたようですよ。
      変態リカバリー。座布団10枚差し上げます。要りませんか。
      すみません。ヲォーレがわかりません(^^;)
      3Lz→3Aは大正解ですね。
      昌磨君の3連続って、最後のジャンプは昨シーズンもフリップじゃなかったでしたっけ。
      確かに3A-4T・・・鉄板同士の変態コンボも面白いかもしれません。
      昔はEX後にドヤ顔で4T-3A-3Aのキックアウトジャンプを跳んでいましたね。
      だったら、その変態コンボもぜひと思います^^
      4Loの入りのゆさぶりが無くなったまで見破れるなんて、ブログ再開してくださ~い。
      ひらまさの枠のために、ゆづ・しょうまに頑張って頂かないとです!!
      やはり四大陸のタイトルは獲っといて欲しかったのですが、ワールド優先には激しく同意。
      アンチ羽生、ドMな私のために演じてくださってることなんてないですよね。
      ヘルシンキ・・・寒いフィンランドまではさすがに、まだ無理です。
      チケットは転売サイトで売ってましたがw
      もちろんひらまさと、夏のショー(今年は出るのか??)と試合・・・あわよくば日本開催のGPFに当たった場合の資金の為です。
      賄えるわけはなく少しでも足しになればです。
      老後の蓄え等出来るはずはなく。(^^;)
      理想は、ひらまさ現地観戦記で最終回ですが、そうは問屋が卸さない。←死語
      チケット争奪戦に敗れてお茶の間観戦記、でしょう。
      1人でわめいている間に、ドロンされてしまった・・・

  6. ガムザッティさん、こんばんは。
    とっても気になったので再び参上致します。体調いかがですか?。と言いつつ、私自身ずっと扁桃腺炎で寝込んでいても、今では情報の渦に飲み込まれる時代ですので羽生結弦選手の情報があれよあれよと出て来ていますね。
    まずはフィギュアTVで4大陸選手権の後の単独インタビュー。結弦くんの受け答えがあまりにもしっかりしていて、それでいて麗しの顔です。自分は3Aの方が綺麗に跳べて点数源になるので、今回した4Tの後半入れは苦肉の策であったとよいう、練習も短時間で効率的して怪我を防止していく方針だという事など。
    Jスポーツ4で完全版を観た感想で、さすが国際審判をなさっていた杉田さんの、もっと羽生選手はフリーの点数が高くて良い、PCSがあれでは低いという発言にウンウンと頷いてしまった一件。短いプレカンでしたが、やっぱり結弦くん自身が宇野君にネイサン君の短パン姿をねえあれは〜と小声で言っていたのがおかしかったな。宇野君の手をつないでEXをはけて行ったのに、その後フラワーガール達がその手を強引に切って自分達とつなぐ風景が可愛いのなんのって。
    それからNHKの「アスリートの魂」第2弾羽生結弦編です。まあ情報として知ってはいましたが、クリケットでUA練習着姿で跳ぶ羽生選手は何時も眩しい。
    そして3月下旬に発売のananがフィギュア男子特集で羽生選手のUA練習着が表紙、Yuri on iceの漫画特集もあるんです。予約しちゃった。皆さん話題にしないですがYuri on iceは実際とかけ離れているけれど可笑しくって結構好きですよ。国際配信を現地語でしているので、タイでは凄い人気でリンクも出来たそうです。南米にも何故か羽生結弦ファンクラブができてー。YuriとYuzuruは違うのにね。でも南米サイトはちゃんと羽生結弦選手を応援していましたよ。区別しているわ〜。以上ウザい話ですがガムザッティさんと語りたかったし、ここのブログに集う皆さんのコメントも見たかったから。

    1. サライさん、おはようございます。
      ご自身も寝込んでおられる中、お越しいただき体調にお気遣い頂いてありがとうございます。
      扁桃腺炎もおつらいと思うのでお大事になさってくださいね。
      朝は起きられますが、お出かけの無い日は朝食後にバタン!と眠りこける日が多いです。日ごとにマシになってるか?
      今週金曜日から4月初めまでの通しの仕事、大丈夫なんだろうか。
      だから木曜日までにアス魂・FTV、anan、各抽選エントリーに翻弄される自分を書けないかなと、作業に掛ったんだけど挫折の可能性もあるのでお越しいただいて良かったです。
      なぜか治療中の方がアップ出来てましたね。治療中は外にあまり行けずブログが仕事みたいなところもあったからかな。
      アス魂だけを1本の記事として、彼の言葉を書き起こしたりも今の自分には難しいかったです。
      やはり、前作の方が好きかなぁ。今回はNHK杯の映像中心で四回転時代のネイサンとの闘いに注目しがち。
      だけどブライアンの、前進するのみ。四回転で追ってくる若手を気にしても仕方ない、にうんうん。
      四大陸はネイサンに負けたけど、トータルパッケージの強さにさらにジャンプを磨いて最終ラウンド世界選手権へと。
      アス魂は現役選手を扱うので、未来に向けた終わり方なのも納得。
      フィギュアTVでは、単独のインタビュー。3Aの方が4Tより質が良いと自分で思っていたんですね。
      短時間で集中練習、になってくれて良かったなと。昔の彼なら練習をたくさんしないといけないという感じだったから。
      けが防止のためにも効率重視に賛成☆。
      Jスポ完全版。杉田さんのフリーはもっと評価されて良いにワタシもうんうん。
      フリーで逆転したかと思ったに、泣きそうになってしまったし。
      アエラに、羽生はワールドでネイサンにまだ自分には及ばないと五輪前にジャッジに印象付けられるかのような文があり、私がプレッシャーに感じてしまった。(笑)
      ネイサンに限らず、昌磨君に対してもそう思うから。
      プレカンでネイサンの短パンに反応してたんですか。教えて頂きありがとうございます。録画見直しますね。
      anan、初登場の時のようなオシャレな結弦クンではなく、今回は表紙UA。真面目なフィギュア特集みたいですよね。
      もちろんん予約しましたよ~。
      Yuri on iceも観たいのに、身体がついて行かないのが悲しい。
      でも、現実の方が凄い勢いで漫画に追い付いているというニュースもきいた気がします。
      yuriまで追えているのは、こちらにいらして下さる中では、サライさんだけかも。私が追いたくても追えないので。
      そんな点で、病気になったことは大きなマイナスだったと悲しい(;;)←そっちかっ
      セ・セン前のCSたくさん観て、ワールドに備えてレコーダーの容量に余裕を持たせたいから、すぐディスクに落として。
      仙台のトークショーと国別開催時期が近いし、体調が良ければ出てくれないかしらとか、FaOIの幕張の先行が落選の屍になりそう・・・とか。
      ごくフツーの結弦クンファンとして、フツーに過ごしていました。活動できる時間が短いのが悲しいんですが。
      今年は銀座付近でセ・センの写真の展示はなく、神奈川の写真展だけなのかな~とかね。
      今日明日で、ワールドを待つ間のことを書けないかと思ってたけど、アップが無ければ挫折したと思ってください。
      書けたとしても駄記事になりそうだし。多分、新しい記事が無くてコメントしてくださるのはサライさんだけと思いますので、本当にありがとうございます。
      発売前のananまで知ってるのは私達くらいなので(笑)
      どなたが一番好きでもアンチ羽生宣言されてる方でも(笑)歓迎なんですが、そこはご本人のお気持ちということで。
      いらして頂けて嬉しかったです。ありがとうございました。
      短い記事でもアップできるかちょっとチャレンジしてみますね☆

コメントは停止中です。