ラスト・ホプレガにありがとう。


国別対抗戦2日目の男子フリー・第1グループの6練のことはあまり覚えていない。

家で録画を見て、テレビに映らなかったけど練習前に選手が整列して客席に手を振る時。結弦クンが第6滑走なのに第1滑走者のところに並びかけたこと。


4T-1Loでジャンプを止め、この時に本番でもクワドからの3連続チャレンジするのか?と思ったこと。

ジャージを脱いで見られたホプレガの衣装がとても綺麗だった事も、後から甦った記憶だ。

現地観戦は魔力だ。

私が命を懸けてこの場所に戻ったのは彼を応援するためだ。


すべてここに戻るためにがんばって、そうして還って来られた。

彼の演技を観たい。ただそれだけ。

ケビンの写真を貼る理由。第一滑走の彼の最初のポーズを観て。
「ジャッジ側ってこんなに幸せだったのね☆」と思ったからです。(^^;)

毎回ショートサイドか、ロングサイドでもほぼ「ジャッジ側」になれないので、最初と最後のポーズや演技の魅せ場が後ろからの運命に慣れちゃってました~。


演技前にこんな微笑みを浮かべていたんですね。

ラストホプレガスタート。

4Lo決まって良かった~!

2本目の4Sが抜けたことで却って「のびのびと滑って」と考えた自分。

ビールマン今回は、抜いたんだね。とか案外冷静に覚えている場面も。

大好きなポーズ。

4S-3T(トーゼン祈るポーズだけどあっさりクリアー。ホントに鬼門だったの??)


安定感抜群の4T。3A-2T(大好きな両手上げ)

4T-1Lo-3S(4回転からの3連続試合成功おめでとう!)
写真が違うのは大目に見てください。

ハイドロとっても素敵だったんだけど今回はお写真がないからイナバウァー。
(絶叫してました。)

最後は3A決まれば最高だったけど。シングルに。それでもすごい!と思った。

客席の皆様も、私の気持ちも最高潮。

彼自身は演技後、「まとまりきれなかった」と悔いが残ったようですが。
今シーズンはこの抽象的で難解な曲を見事に滑りあげて、最終的には大好きなプログラムとして記憶に残してくれた。

衣装も含めて素晴らしいプログラムでした。(^^)
渾身のラスト・ホプレガをありがとう。

最初のお写真の似合いすぎるおリボンに戻る。(笑)
もしかして「猫耳~っ??」と思ったけどリボンでした☆


得点。200.49。第二グループにプレッシャーかけられたよねっ。

第二グループ。パトリックもジェイソンも美しかったです。
パトさん、フリーでは演技構成点1位だった(^^;)凄いですね。
ボーヤン君が珍しく4Lzがパンクしてしまった。

ネイサン君が怪我の影響で精彩がなかった。次のシーズンに響かないと良いな。
私は観られて嬉しかったけれど、休んだ方がよかった気がする。

全体的に皆さんが世界選手権のピークを越えてお疲れだった印象。

今季の男子シングル最終滑走昌磨君。抜群の安定感と素晴らしいシニア2年目の成績。
後半、珍しく転倒。それでも絶対ジャンプが抜けないのは強いし、転倒も引きずらなかったのも強いと思った。

結弦クンがハグでお出迎え。

リボンは遣いまわし??

得点198.49。なぜ200点にのらなかったのか会場ではわからなかった。
後半の4Fがリピートと回転不足になったからと知ったのは録画でです。(^^;)

ちゃんと4Fの見分けがつけばその場で理解できたはず。もっと勉強します。

そんな訳で結弦クン昌磨君のワンツーで男子フリーは終了。SP1位の昌磨君の貢献も大きくチームジャパンが優勝!でした。(いつものことですが、3日目の女子は割愛で!)


結弦クンの演技後のインタビュー

団体戦だからひたすら申し訳ながってました。
これから演技の昌磨君へも、ショート1位に感謝して全幅の信頼と共に温かいエール。

チームに対して
「女子もダンスもペアもホントに全力で最期の一滴まで出し切ろうと頑張ってくださっているので僕もそれにしっかりとパワーを送れるように応援したいと思います。」

最終戦で後半に4回転3本成功と、4Tからの3連続も決まっておめでとう。
このポーズもおなじみになったけど、見納めですね。

結弦クンの演技前と演技後インタビューのお写真のキャプチャーは、Dasani Tさんの2017 WTT – Yuzuru Hanyu FS [CBC]と、TVasahiさんの羽生結弦 男子フリー後インタビューからさせて頂きました。

お写真は、デジタル朝日・スポナビ・日刊・newscom・getty・読売さんからお借りしました。ありがとうございました。

(国別対抗戦男子フリー順位表です。)

自分用ジャッジスコア

他の競技割愛なので、チームジャパン優勝のお写真貼っておきます。


3年ぶりの優勝おめでとうございます。
日の本一の力を出し切ってくださった選手の皆様ありがとう。団体の順位も用意してなくてごめんなさい。こんなブログ無いですよね。


三原舞依さんを応援する羽生さん。やはり吹き出物があるな~(^^;)


ガラスの靴を用意する羽生さん。一人だけ赤法被。スポンサーのロゴ入りジャージ着用義務があるから一人だけなのかな。そんな風景も団体戦ならではの楽しさでした。

アプリで応援席の羽生さんをスクリーンショットしまくったのは私だけではないはず。
テレビ朝日さん、大盤振る舞いありがとうございます。(笑)

大好きな白鳥さんのEXまでは間が空くかもしれませんが書く予定です。(パソコンと私が故障しなければ)

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

ラスト・ホプレガにありがとう。」への10件のフィードバック

  1. ガムザッティさん、こんにちはー(^_^)/。

    今回のはじめの方の文章、ガムザッティさんの試合観戦に対する思い、迫力が感じられました。
    まだ体調が本調子じゃない中、命がけの思いで出かけられたのですね。
    本当にお疲れ様でした。
    そして、またまた羽生選手、やってくれましたね!フリーでの大逆転!!
    最近、成長著しい宇野選手や、今回は女子選手たちの活躍もあり、チーム日本の優勝もおめでとうございます。
    3日目の女子は割愛www
    さすがガムザッティさん!潔さがカッコイイです(^_^)v
    なんといっても羽生選手のブログですからね(^_-)-☆

    1. ヒッキ―に憧れる出無精さん、こんにちはー(^^)/
      いつも見守ってくださってありがとうございます。

      昨年の今頃はとてもつらくて、その時は1年で観戦に復帰できるなんて思っていなかったですし万感の思いがありました。
      家族はもちろん一番の支えですが、それ以外にも心の拠り所があって良かった。
      それが私にとっては羽生選手だったんですね。しみじみと。
      常に、病後すぐ、のような違和感があるのがあたりまえになっていました。
      いつでも調子が悪い・・・みたいな。
      札幌NHK杯よりずっと良い状態ではありましたが、昨年からの溢れる思いが言葉になってしまったのかなと思っています。
      毎回フリーでの大逆転!ショートもきっちりできれば一番いいんですがそれは来季に。
      チームジャパンは、昌磨君と女子の活躍も凄かったですね。
      本当は女子もカップル競技もちゃんと見て書ければいいんですけど(^^;)
      ですが、潔くカッコいいとお褒め頂きありがたく素直に受け止めます。
      羽生選手の応援ブログですから。(^^)v

  2. ガムザッティさん、こんにちは^^

    ガムザッティさんがどんなお気持ちで観戦し、これを書き上げたのかと思うと感動すらしています。
    病気のことを引きずりたくはなくても、やっぱりそれ以前とは違う身体。
    喜びとジレンマとの狭間で、ここまでの道のりへの万感の思いが伝わってきます。

    そんなことを思いつつ、順を追ったたくさんのお写真でフリーの日を思い出し、テレビではわからないことに気付けたりでワクワクしながらスクロールしてました。
    ラストホプレガの素敵な記録をありがとうございました。
    ほんとうにお疲れさまでした\(^o^)/

    1. サザンさん、こんばんは。^^
      勿体ないお言葉、ありがとうございます。
      本当に全く仰る通りです。身体が違うんですよね。そのことに付きます。(^^;)
      私の記録をワクワクするなんて、本当に嬉しく思います。
      いつも温かい目で見てくださって私こそ、ありがとうございます。
      サザンさんもお気に入りの白鳥さんまでたどり着けるように、もう少し頑張ります。(^^)/

  3. ガムザッティさん、おはようございます。
    今季、終了しましたね。

    結弦さんの不屈の頑張りが
    ガムザッティさんにどんなに大きな支えとなったのか、ガムザッティさんの言葉から伝わってきます。

    ホプレガは、結弦さんの挑戦だったと思います。
    キャラクターが定まっていない、抽象的で日本人的なホプレガは、はっきりとしていることを好む欧米人のジャッジには不利であるのは結弦さんはわかっていたんじゃないかな。
    敢えてそこに、自分の技術と表現力で挑戦したんだと思っています。
    だからこそ、私はホープ&レガシーをとても愛おしく大切に思えます。

    国別は、結弦さん個人の成績としてはワールドには及ばなかったけれど(ピーキングの合わせ方からしたら、むしろ正解ですよね)
    ホプレガも笑顔で終われて、エキシビションでも楽しそうな笑顔でしたね。
    今季も山あり谷ありでしたが、良いシーズンでしたね。

    1. 美結さん、おはようございます。
      PC開いた時に、絶妙のタイミングで美結さんからのコメントに会えました。
      いらして下さって、嬉しいです。ありがとうございます。
      本当に、「もう一度彼の演技が見たい」の一念で頑張れるものですね。
      大好きな彼の演技には不屈の頑張り・強い意志があるので、自分も頑張らないとって思えたのでしょうね。
      不思議ですね。直接会って言葉を交わせる人ではないのにこんなに支えになる何て。
      術後間も間もない時期にNHK杯にも送り出してくれた夫にも感謝しています。

      仰る通り、抽象的・日本人的なホプレガは確立されたキャラ・安倍の晴明よりも欧米のジャッジには理解されにくかったと思います。
      シーズン序盤に苦労して、最終的に高い評価を得てしまうのはやはり「不屈の精神の賜物」ですね。(^^)

      エキシビションも笑顔で良かったです。
      インタビューで「どこも痛くなくて幸せ」というようなことをおっしゃっていましたが、心配させまいとしてではなくその通り受け取っていいのかな。
      やはり美結さんの感性は鋭くて、表現も凄いって思います。伺うのはやはり白鳥さんを書いてからにします。(^^;)
      白鳥さん、観られて幸せでした。
      毎年、山あり谷ありですが、今年は元気で終えてくれて(まだちょっと心配ですが)良いシーズンだったと私も思います。

  4. 念願の羽生さんのラストホプレガが見れてよかったですね。
    治療が始まる前のスケート観戦
    体調や、悩み事などある中頑張って出かけましたね。
    羽生さんのコラボ商品があると、きついさなかも
    ゲットしにいそいそと出かけるガムザッティさんが
    可愛く、けなげに思えたっけ?
    容赦なくダメ出しして、病人になのに・・・・と。
    愚痴ももらったけっ??
    羽生さん、背負いすぎて、変なテンションの時は
    ダメな印象ですね。
    しかし仮性S真性Mの羽生さん変態リカバリー(笑)
    すごかったっす。
    ホプレガの表現する暇がなかったですけど・・・。
    女子は、お祭り加点でよかった。
    三原さんも宮原さんのようにミスなく滑るところはすごい。
    でも、4CC、worldも、今回も同じ演技でしたけどね。
    カップル競技はまだまだですが、村元選手には
    欧米手足長ダンスのオーソドックスとはちがった
    独自のダンスを見いだせればいいですね、メリルデーヴィスのように・・・・おっと
    違った方向にいっちゃったので、さよなら。

    1. ちゃあ@さん、泣かせないでください。
      いつもの辛口でダメだししてください。あ、ダメは出てますね。
      エキシビの下書きが出来て後は写真もだいたい決まってるんで、明日辺り仕上げて少し休もうかな・・・
      と思って覗いてみたんです。ちゃあサンは試合とか関係なかったんだ~と思い出しました。
      骨髄抑制も手足症候群も全部跳ね返してクリアファイル全部ゲット。
      それに力をもらっていたんです。
      今思うと治療中の時の方が、全てを受け入れて健気に頑張っていたと思います。
      経過観察になったら失った物を考えたり人と比べたり煩悩が出て来ます。
      そんな愚痴も言いましたよね。
      確かに気負い過ぎて変なテンションのときはダメ。
      ジャンプに気を取られていた感はありますが、振付が身体に入ると身体は無意識に動いてくれる。
      だから表現出来たんじゃないかと思います。一人から曲の解釈10点ついてましたよ~。
      変態リカバリー、やっぱりやりましたね。最後の3Aがもったいなかった。
      えっ。羽生さんは根っからのSだと思ってましたけれど。ホントはMなのかな。
      三原さんはミスが無い所が凄い。やはりどん底を見た人は強いんでしょうか。
      あか抜けないなんて思ってたけど、結果を出して人に見られるとと女子は可愛くなりますね。^^
      このブログ書いていなかったら、女子もカップル競技もちゃんと見られたのだろうなぁと思うこともあります。
      でも、そのおかげでたくさんの人から温かい応援を頂きました。
      私の一番の願いはヒラマサに無事に彼が怪我もアクシデントもなく行って連覇することです。
      還れたのは国別だけで、来季はN杯・ファイナル・全日本・ヒラマサのどれにも行けない可能性が高い。
      それでも、観戦に復帰できたことが私には奇跡です。
      ちゃあ@さんが実はずっと応援して心配してくださっていたことに感謝しています。
      鼻水垂らしてますが、ありがとうございます。
      とりあえず、EXまでたどり着いたら少し休みたいです。毎月試合でやっぱり疲れました(>_<)

  5. ガムザッティさん、こんばんは。
    国別のホプレガさんと結弦くんの応援する様子、ケヴィン君の正面画をありがとうございます。私はっきり言って今回の国別対抗戦の放送のあり方に怒っています。男女シングルの下位滑走グループをきちんと放送しなっかたから。だから現地観戦はどれだけ面白かっただろうと想像すると目眩が〜。
    2015年の国別は羽生選手が突然の参戦という事でダフ屋が代々木体育館の外でチケットを売ってほしいとたむろっていましたが、今回はそんな事も無くだったのでしょう。アイスダンスのセ・セン台乗りカップルとペアもそうだったように記憶しています。勿論羽生選手観たさに行ったのですが、他のスケーターの皆さんの演技も忘れられないものでした。
    多分もう現役最後のジェレミー・テン選手の「英国王冠をかけた恋」やアモディオ選手の「ライオンキング」とか(彼は欧州で最後を飾りましたが)。
    パパシゼのフリーの鳥肌もんの演技、ペアのスイ・ハン組の限りなく1位な演技も堪能できました。
    勿論羽生選手の演技観たさに行ったので、彼の4Tが3Tになったファントムの演技の後閉演となり、緞帳の中に消えていく結弦くんが甲高くありがとうございましたっていう声に私もありがとうございましたって大声で言っていましたっけ。
    どの選手も精巧に作られたお人形のようにツルッとして均整がとれて、リンクはまるでスノードームのようで非現実的でした。国別は異なったカテゴリーのフィギュアをチーム編成で試合形式で行うという緊張とお祭り気分が一緒に味わえるもので特別です。行くべき価値があると思います、万難を排して。
    ガムザッティさんが変化する体調の中で国内の現地観戦を敢行したという事実、国別で今季は終了したということが何よりも嬉しくて素晴らしく、そしてこうして素敵な記事にされる下さると、まるで自分が行ってもいないのに現地観戦したみたいな気分になることに深く感動して感謝します。ありがとうございます。

    1. サライさん、おはようございます。
      今朝は、ちょっと「朝鬱」が出てしまってお返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
      起きればちゃんと行動できるのに、それまでに時間が掛る。こんなことも未だ時折あります。
      男子シングルの第1グループは羽生選手しか放送しませんでしたね。
      人気のあるケビンすら放送してくれないなんて。確かに不満です!確か5月にテレ朝チャンネルで放送する時は全員放送してほしい。
      会場音だけで。
      今回は、チケットに記載されている代表者と一緒でなければ入場できないと謳っていたのでダフ屋はいませんでした。
      2015年の国別は私にも印象深いです。あの年は初出場の予感・・・が何となく来て。(霊感は一切ありません)
      今回男子は最強のメンバーでしたが、ペアとアイスダンスはもうちょっと上の選手が来てほしかったというご意見を耳にしました。
      4月の試合というのは選手には調整が難しいと思います。でも他にやるタイミングが無いのも現実。
      五輪の種目に団体戦が加わったので、自分の成績が国の成績に関わるプレッシャーを経験する意味でも緊張する。
      それとお祭り気分が一緒に味わえる試合なんですね。
      昨年のチャレンジカップと交代でやるんでしたっけ。五輪イヤーに開催しないのも決まりなのか、そのあたりも良くわかっていない(^^;)
      今季は終了。9月の新プロ発表、11月のN杯より明らかに身体は戻ってくれている。
      だけど以前で来ていたことが出来ないのも事実。
      家事(主に掃除)がまだちゃんとやれない中でも、気持ちよく試合に送り出してくれる夫。
      試合の記事の作業に入ると締め切り前の漫画家みたいに、家事が出来なくなる私にも何一つ不満を言わない。
      実はそういう家族の私の「羽生愛」の理解のおかげでも続けられています。
      ファイナルが名古屋開催でN杯も前倒しの来季。全部に行けるとは思っていないですが、その時に考えます。(笑)
      行った試合はもちろん記録に残したいですが、行って書くのが今の私には大変なのも現実です。
      ですが、書いてよかった。と心から思った最高の言葉をサライさんから頂きました。
      ありがとうございます。
      そうして改めて思ったのは・・・このブログの一番の読者って「読みにだけ来てくださる」サライさんなんですよね。
      更新を喜んでくださることや熱い語りは、とても励みになって頑張れました。
      重ねてありがとうございます。
      EXまで行ったら、チョット一息入れて、英気を養いたいと思います。(^^)/

コメントは停止中です。