至上最強のEX・Notte Stellta(The Swan)


国別対抗戦・最終日のエキシビション。
開演の一時間前に会場に着いたら、選手が曲かけ練習をしていた。

なかなかそんな光景に私は出会えない。

えっ。あれはもしかして?遠目でライトの当たらないところに立っていてもやはりわかる。

白鳥の衣装を着けた彼の姿は。

メドベちゃんと、ウィーバー&ポジェのカップルの曲かけリハーサル中も彼はリンクの端でずっと練習していた。

ということは。もしかして??

曲かけのリハーサルも観られました(*^^*)

アンコールのレツクレまで滑ってくれて、本当に良かった。開演に間に合えばいいやなんてのんびりしてなくて良かった~。
おどけて羽をバタバタさせてくれる可愛いところまで見られて、既に充分幸せ。

国別対抗戦のエキシビションは楽しかった。

グループナンバーは、2日目に会場で「恋ダンス」という噂も聞いてたけどネットでPPAPと知って脱力。

結弦クンのはじけっぷりに演技・構成点10点!

息の合った演技後に、ピコ太郎さんから贈られたスカーフでご挨拶~。

ハビがゲストで来ているのを当日知ってラッキー♪と思ったし、佳奈ちゃんの現役最後の滑りにも涙が出た。

ジェイソンが三原舞依ちゃんの演技前に「舞依ちゃん大好き~っ!!」
と大きな声援を送ったのも微笑ましかった。

第一部のトリの昌磨君もしっとりとした滑りで競技とは別の雰囲気を魅せてくれた。

がやはり、今日は白鳥さんに会いに来たと言ってもいい。NHK杯の時同様、競技用のプログラムと同じくらい、いやそれ以上に私は楽しみにしていた。


Notte Stellata(The Swan)

オデットと見まごう衣装をまとって、白鳥として舞う彼。

白鳥の湖の王子ではなく、彼自身が白鳥であること。

初めて観た時に、これが一番私が見たかった彼の姿だと思った。

私にはこの感動を言葉にする術がなく、全身で感じるのみだ。

それでもこの美しい白鳥に焦がれて会いに来た。

白鳥に誘われて束の間の夢を見る。

白鳥に叶わない恋をした愚かな人間。

白鳥は飛び立ち、彼も人の姿に戻る。

私達も、夢の世界から戻ってプリンスを待つ!!

「疲れたよね?」ってプーさんに話しかけてた。

自分がどれだけ可愛いってわかっててのしぐさ?
あざと可愛さ(死語?)にヤラれてキュン死直前。

(I can’t hear you!このジェスチャーに、どんだけ奇声を発したか自分)

プロとの相性良くなかったかもしれないけど!!

4Loにも4S-3Tにも泣かされたけど!!

プリンスのステップ最高!!

オリンピックのショートが新プロなら見納めプリンス!!

フィニッシュのポーズが指を立てないパリ散だった。

フィナーレの後はジャンプ大会だったけど彼は仕切るだけで(笑)跳ばなかった。

またどこか痛いのかな~なんて心配になったけれど昌磨君も跳ばなかったし、そういえばジャンプ大会は女子選手だけだった。

席が選手の出入り口近くだったので、二人のこの後ろ姿は覚えている。
女子に任せようぜ、なんて話してたのかもしれない。(この日もジャッジ側で前の方。至福の3日間でした。)

最後のご挨拶もちゃんと肉声が皆さんに届くように、
「3!2!1!」ってカウントダウンまでして。

「ありがとうございました~!!」(こちらこそありがとうございました)

今回のお写真は、スポナビ・日刊・newscom・gettyさんやその他の多くの場所からお借りしました。ありがとうございました。

羽生選手の演技のキャプチャーはpino16・17さんの動画2017 WTT Hanyu EX ・Finaleより、インタビューはTVasahiさんの羽生結弦 エキシ後インタビューよりさせて頂きました。

テレビ朝日さんで放送されなかった、女子選手のジャンプ大会、フィナーレ、羽生選手のご挨拶シーンの動画をフィナーレ(村上佳菜子引退表明) – 2017 世界国別対抗戦フィギュア
figure skating2014さんよりお借りしました。ありがとうございます。

羽生選手のエキシビションインタビューより


「最初はやはり苦しいことも沢山ありました。なかなかうまくいかず焦る時期も沢山ありました。でも結果的に最後は笑えて今は痛いところも何もなく健康でシーズン終えることが出来ているので、来シーズンに向けては去年よりも一歩先に進んでて、手ごたえのあるシーズン終わりでした。」

ジャンプ大会不参加で足の具合をまた心配しけれど、「痛いところがない」っていう言葉が聞けたのは嬉しい。ぢゃぁ、FaOIで会える?でも、無理はしないでねっ。矛盾してますが。

選手の皆様2016-2017シーズンお疲れ様でした。素晴らしい演技をありがとうございました。

結弦クンもけがで出遅れた今シーズン、本当にお疲れ様でした。そしてありがとう。

世界選手権王座奪還・ファイナル4連覇。フリーの世界最高得点更新と、結果は出しているのに。プログラムには相当苦しんだと思う。

(今季最後のお写真は大好きなアンダーアーマー半袖で!)

ソチのシーズンだって、4Sが試合で決められず、パトリックに連敗で苦労しての金メダルだったので平昌も絶対大丈夫。

次はいよいよ、オリンピックシーズンですね。ずーっと応援しています。

私もここで少し一息。
クリアファイルキャンペーンがあったらそっと参戦しようかなっ。(笑)

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

至上最強のEX・Notte Stellta(The Swan)」への6件のフィードバック

  1. ガムザッティさん、こんばんは。
    やっぱり羽生結弦選手の史上最強のEX『Notte Stellta』を観ずして今回の国別は終わりませんね。ハア〜とため息が出てしまう、その舞・世界観に圧倒されて、楽しければ良いのという他のEXの演技が霞んでしまう。
    そして結弦くんはこういう衣装も更に素敵に着こなして、もはやSWANその。生で観たかったですよ。このEXだけは。
    でも敢てのここでひんしゅくをかう覚悟で言わせてもらうと、この『Notte Stellta』の演技はNHK杯が絶品だったと思います。演技内容自体にデレイド・アクセルの次に美しい3Aを跳び、その他のエレメンツもビールマンスピン含めびしっと決まり最高でした。羽生選手のEXは毎回試合同様の緊迫感があり、それは自身にとっての癒しになるからだと考えています。今季のNHK杯はネイサン・チェン選手の台頭もあり、自分は怪我からのスタートでコーチに4Loをプログラムに入れる意味も示す必要もあり、かなり精神的にきつかった事でしょう。それでも総合300点というスコアはかなり手応えのあるものだったからか、正に魂を込めて白鳥に成りました。演技終了後の彼の目に潤むものが浮かんだ様子にTV画面で観ていても、それはそれは感動的でした。
    今回はまさかの国別に出場で、ヘルシンキワールドで全身全霊の演技を出し尽くしてフィギュア史上に残るフリーの演技と世界的にも報じられたのに何を目標に?という不思議さも私にはあったのですよ。
    でも久しぶりの日本でやってやるーという元気が残っていたのなら、それはそれで嬉しい。代々木体育館に早く行って正解でしたね。というか最高でしたね。白鳥の衣装の結弦くんが黙々と演技のチェックをしていたんだから。生観戦の醍醐味ですよ、ガムザッティさんサイコーです。ガムザッティさんは羽生選手に関して何か運を持っている方だと了解しておりまする。だってSEIMEIプロも目撃されたし、今季のNHK杯のチケットも取れたし、国別も良席だったし。羨ましい事この上なしです。
    前記事でピンクのリボンを付けた結弦くんや赤いハッピ姿の結弦くんの写真を、ここでありがとうございますと言っておきます。それから羽生選手の痛いところも何もなく健康というフレーズにとどめを指された感じです。

    1. サライさん、こんばんは。
      今回、いらして頂けたのが早くてびっくり☆です。
      やはり、ファイナル・四大陸・ワールドも息切れして書けなかった一番大好きな史上最強EXのSWANについては、観戦した以上書かねば!
      と思いました。本当にSWANそのものの彼。いえ、ひんしゅくではありません。私自身も全ての要素が完璧だったNHK杯の演技が一番好きです。
      腕の動きなどは、ファイナルの頃から、より白鳥の羽ばたきに見えるんですけれど。
      国別の出場は、なんか五輪前の最後の団体戦だしありかな?と私はちょっと思ってたんですね。ただ何となく、ですが。
      演技の美しさ、芸術作品として伝えたかったので3Aの着氷惜しい!とは敢えて書きませんでした。
      ショーよりやはり試合が好き。ですが、来季はどうでしょう・・・
      今度こそ、今回で運を使い果たしてしまったかという気もするんですね。
      来季こそ、激戦中の激戦。体力、財力共にN杯・ファイナル・全日本・平昌のどれかに行ければいい方じゃないか。
      何処にも行けないんじゃないかという気はしています。
      練習を見られたのも、今までで初めてでした。まさにもくもくと演技のチェックをしていた感じ。
      曲掛けの選手の妨げにならないように端の方でジャンプを跳んだり。
      きっと完璧なSWANを演じたかったのだと思います。至福・眼福でした。
      国別は、スケカナ番組内先行でネットにつながった時点で、アリーナ完売でじゃあ止めようかな・・・と思ったけど。
      代々木のアリーナはジャッジ側ではなかったんですね。南側の前列が取れたのは運が良かった。
      私も海外全試合行く方が体力・財力共に羨ましいと思います。上を見たらきりがありません。
      それでも、今季の国内の彼の試合、N杯、国別を見られたので本当にそれは幸運だったと感謝しています。
      ピンクのリボン・赤法被は可愛かったですね~。喜んで頂けて嬉しいです。
      「痛いところもなく健康」これには私も良かったと胸をなでおろしています。信じていいんだよねッとちょっと思っていますが(笑)
      通年ならDOIで新プロですが。今年は若手に任せる?でも、「日本代表エキシビション」ですから。ドタインとかあったりして。(^^;)

  2. ガムザッティさん、こんばんは。
    お待ちしておりました!
    「Notte Stellta」 からの~あのお衣裳での 「Let’s Go Crazy」!
    もうホント素敵すぎます(>_<)
    更に貴重な練習やリハーサル風景もご覧になられたなんて、ほんとに至福、眼福でしたね。
    「I can’t hear you!」のジェスチャーは、テレビでもみなさんの奇声が聴こえました。
    あの中にガムザッティさんのお声もあったんですね^^
    3日間の観戦はお疲れになられたと思いますが、良い思い出が増えて何よりです。 
    結弦くんもケガなく今季を終えられて良かったですね。
    ゆっくり休んで、オリンピックシーズンに備えてください(^_-)-☆

    1. サザンさん、おはようございます。
      サザンさんもお好きな白鳥さん、お待ちくださっていたとの嬉しいお言葉ありがとうございます。
      SWANからPrinceへ!その変化が待ちきれないのに、あのジェスチャー!!
      あの時なんて叫んでるんでしょうね。^^
      「キャーッ」なのか「ワーッ」なのか。自分でも覚えていない。
      ライブにも行かれるサザンさんなら、あの高揚感をわかって頂けると思います。
      練習・リハーサルを観客がもう入ってくる開場後に行っているのは私には初めてのことでした。
      ご覧になることが出来た方は多いと思いますが、もう30分遅かったら見られていなかったと思います。
      嬉しい貴重な経験、大切な良い思い出になりました。
      今季は怪我もなく良いシーズン終わりだった(ご本人談)とファンとしても思います。
      昨日は、彼がスケート連盟からシーズン最も活躍した選手として表彰された嬉しいニュースをテレビで知りました。
      それは心でお祝いして、ちょっと休憩します。
      何かあったらのこのこ出て来ちゃうかもしれませんが、楽しいけど大変な「試合」を書くこと当分はないのでちょっと楽かなって思います。

  3. 国別終わっても羽生さんの関連の話題は尽きませんね。
    あこちゃんエモーショナル発言でファンが炎上したり。
    オリンピックシーズンにはボーンでなく、ウィルソンで
    いくとか・・・・・。まあ、どーでもいいことですが、
    羽生さんをちょっとからめてネガティブな発言だと
    すぐファンの攻撃にあうのでうかつに羽生さんの話題は
    書けない、その風潮に苦言申したいです。
    浅田真央選手ファンににもそういうところがあって
    いやだったことありますが、、羽生さんのファンにはいい方向に
    行ってほしいと思います。
    羽生さんはいいけど、ファンがうんざりさせる気がします。
    と、ガムザッティさんに申しても、ネットの書き込みは
    誰がしているかわからないので、困ったものです。
    なりすましというのもいるので・・・・。
    あと、愚痴ついでに
    国別の演技前の手拍子、国別だけにしてほしい気がしました。
    真剣勝負の5輪とかでまさかやらないよね。。と心配に
    なりました。

    1. 国別終わっても、ニュースありますね。
      ソチの振り付けがウィルソンだったから縁起を担ぐのでしょうか。
      もっと前に「羽生さんの悪口を言えない風潮」と誰かが言ってちょっと話題になった気もします。
      その時はまぁ、「わざわざ悪口を言う必要あるのかな」くらいにしか考えていませんでした。
      意見と、いわれのない悪口をちゃんとファンが見分けて彼を褒め称えるだけではない見解も受け入れても良いとは思います。
      浅田選手の応援をしていた時は演技だけを見ていて、ネットの書き込みなど一切観なかったんですけど、そうだったんですね。

      演技前の手拍子は多分、お祭りムードの国別だけと思っています。
      五輪だと、日本以外の国もどう盛り上がるかわからないと思います。(^^;)
      ソチの時も鳴り物禁止なのにブブゼラとかすごかったし、羽生さんの演技前に「ロシアコール」が凄かったので。
      五輪は開催国のマナーなども関係してくると思うので、日本の演技前の手拍子意外にも私は気に掛ることが多々あります。
      チョット横になってすみません。

コメントは停止中です。