ワールド・レコード更新おめでとう!


圧巻!完璧!お見事!でした。(日本からの応援がやはり凄い!)

羽生、圧巻のSP最高得点…「納得できる演技」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00050042-yom-spo
【モントリオール(カナダ)=永井順子】フィギュアスケートのオータムクラシックは22日、カナダのモントリオールで男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季初戦となる羽生結弦(ANA)が自身の持つSPの世界歴代最高得点を更新する112・72点をマークして首位に立った。
村上大介(陽進堂)は70・09点の7位と出遅れた。
来年2月の平昌五輪でソチ大会に続く連覇を目指す羽生は、4回転サルコー、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、4回転トウループ―3回転トウループの連続ジャンプと、すべてのジャンプを成功。このうち二つのジャンプの出来栄え点で3点満点を獲得した。スピンやステップもすべて最高難度のレベル4となる圧巻の演技だった。演技後は、「いい演技が出来た。納得できる演技で(世界歴代最高得点を)超えられた」と語った。


ライストをスマホとパソコンの両方準備。画質の方が断然良いスマホから観ることにし、フリーズに備えてパソコンもそのままでスタンバイしてました。

全てのジャンプを綺麗に降りて、スピンもステップも美しい最高のバラⅠありがとう!


右ひざに負担をかけないように4Loを4Sに変えてのサンドイーグルも美!

SPの3Aは心配ゼロだし、4T-3T(タノ)がとても綺麗でしたね。


完璧バラⅠで、2015-16シーズンより進化してるから点数を待つ間もドキドキ。
112.72!ワールドレコードを自ら更新おめでとうございます。やはりプーさんは戦友


世界最高得点が発表になった時のお顔です。表情豊かで可愛いですね。

本来予定の構成より難易度を落としても、世界最高得点を更新!!
ループを入れての完璧を見せてくれたらどこまで行くか、ワクワクしますね。
納得のいく演技が出来たことが一番嬉しい。

衣装はマイナーチェンジがあると思っていましたが、そのままでしたね。

ライストで観ていた時は、色がファーストシーズンの時の濃いブルーに見えたのすが、ネットに上がってきた写真を見たら同じでした(^^;

五輪シーズンだからこれから新調する気もしますが、そのままでももうOK!な感じ。

FaOIの時より、更に進化してることだけ!は感じました!やっぱり「バラⅠ派」と言い続けてきて良かった。(^^)

解説のお二人の“What can we say. A masterpiece!” “One word!”
が全てだと思いました。フィギュアの解説って、英語に堪能でなくても伝わってきますね。


順位・点数はは上のフィニッシュのポーズの横に出てます。元・トップ3がクリケット3兄弟というのが感慨深い。

演技とインタビュー、のキャプチャーは、pinoさんの動画からさせて頂きました。
http://www.dailymotion.com/video/k55hErFVay4uiPoJYJd
http://www.dailymotion.com/video/k1p2Z0iaMXRcWRoJV7U
お写真と動画をお借りした方々、ありがとうございました。

羽生選手を超えられるのはやはり彼自身。

オリンピックも無事に開催できるのか心配なところですが、今日は素直に彼の点数を喜ぶことにします。

もしかしたら、ファンの中でも「バラードⅠ番」というプログラムへの信頼感もあったのかもしれない。
彼が自分でいられる、滑っていて心地よいと語ったことで更にそれが増した印象。
あっそれはSEIMEIの方だっけ。でも二つのプロともそうだと解釈して良いということで!

(公式練習ではジャンプん苦しむような映像もチラリ。公式練習で調子がいい!のニュースの時の方が本番は良くない気がします。)

自分用ジャッジスコア

まずは膝が大丈夫!で、明日のフリーと今シーズンこのまま、行けますように。

SPが会心の出来だったことをまず、アップしてしまおう。(SP急いだからフリーはゆっくりでいいかな。)

最後まお付き合い頂いてありがとうございました。

ワールド・レコード更新おめでとう!」への6件のフィードバック

  1. ガムザッティさん、こんばんは。
    膝の故障が心配されていましたが、シーズンの初戦を素晴らしい演技で終えられて安心しました。
    ジャンプもスピンもステップも、うっとりするほど綺麗でしたね。
    明日もどうかこのままでっ☆

    1. サザンさん、おはようございます。
      初戦から完璧演技で、安心しました。すべての要素が非の打ちどころなく素晴らしかったですね。
      お膝が、今日も含めて今季もずーっと大丈夫であること。
      それが一番の願いです。いつもありがとうございます。(^^)/

  2. ガムザッティさん、こんばんは。
    う〜ん、そんなに早くコメント欄閉じないでよ等と子供のように駄々をこねる私。前の記事ですけれど。そりゃガムザッティさんも後からボロボロ書かれてもっていう負担はお有りでしょうが、別に返信は要らないでっていうのも無しですか。なんと、羽生結弦選手から贈り物があったとさ!。凄く羨ましくて、自分が悔しいです。私もファンレター書こうかしら等と何回思った事か、その都度何を書いても陳腐になるし、心情を書くと暑苦しいだけだし等と迷い止めてしまった。そうそう、アイスショーのプレゼント箱なら気楽に贈り物に添えて一言みたいに書けますね〜。しかし羽生選手って義理堅くてファンへの愛溢れる態度にもなぎ倒されてしまうんですよ、きっと。
    でもって今日のオータムクラシックのSP、以前から4Loの冒頭要らなくない?って思っていたんです。。4Sの完成度で充分勝負出来るから。こんな時代だからフリーには4Lo跳んでも良いでしょうが、完成度で勝負してフリーで楽勝みたいなコースを想定しても良いのでは?。SPの失敗って後引きずるじゃないですか。ヘルシンキワールドの時みたいに、私達は信じていてもご本人は落胆して食事も喉を通らない状態ということもあるし。今日のStSqのレベルが凄味がありましたね。それから後半4T-3Tでの3Tでのタノの連結が美麗で、どうしてこのコンボに2点付けるジャッジがいるんだと思ってしまった。その上例の凄味あるStSqレベル4のGOEがハビよりも下ってどういうことかしら(ハビ御免ね〜)。邪なジャッジとの戦いもあるのですね。確かロシアのフィギュアファンの子がまとめた昨季のジャッジ傾向というのが面白かったです。羽生選手に激辛なカナダのジャッジ、総じて宇野君には甘めなので時々ボーヤンとかが可哀想になるとの事。ISUの息子っていうフレーズもあったな。私もそれ少し感じたことがあるので、色々あるので仕方ないかと。こういう長々しいコメントが嫌なんだと思いますが2個分ですからー。
    追伸、キスクラにはトレシーコーチも是非に。結弦くんの髪型が素敵だったわ。

    1. サライさん、おはようございます。
      まずは初戦のSPでのWR更新、良かったですね。今日はこれから、ライスト前に洗濯しないと。(駄)
      毎回、サライさんお待ちしてるんですよーっ。
      コメント欄閉じてしまうのは、「海外からの迷惑コメント」が2016・セセンSPでデ○ス選手といざこざの記事宛にいまだに来るからです。
      その記事だけ閉じてもダメで、最新の記事以外閉鎖することにしました。
      前記事で久々に開いたのに、昨日しっかり捕獲していたのでWR記事以外を残して閉じてしまってごめんなさい。
      ロステレで、デ○スとまた当たるから、ちょっと怖い。
      書けたらですが。グランプリの初戦だから書きたい(笑)
      サライさんがまだの時に大量に送りつけられたら、緊急で閉じることがあってもまた開けます!

      ファンレターは、私も暑苦しい内容を送ってましたよ(大汗)
      試合やショーに足を運べない時は、スケ連やANAに送っても届けてくださると思います。
      住所・名前は、身元をお知らせするという意味で記載していたらお返事が来て、ぶっ飛びました。
      ツイッターブログでも話題になっているので、今後もファンレター増えそうですね。(^^

      「挑戦することに生きている」結弦君ですから、膝が治ったら4Lo入れてのパーフェクトを目指すと思います。
      今季SPがバラⅠだと、レツクレほどジャンプミスしないという気がします。
      レツクレはジャンプのタイミングが合わないというご意見を、会場でお聞きして納得できました。
      もう、四大陸・ワールド・国別のようにSP鬼門説は払しょくと思ってます。

      今季終盤に4Lzを入れる計画もあるとのことで、ネイサン・ボーヤン対策、連覇への想いはかなり強いかと・・・
      ジャッジは、謎です。4T-3T(美タノ)が満点じゃない事もネットでは疑問の声多数。
      StSqのGOE等、若干意図的に他の選手を上にしている感も。嫉妬スピンは、史上初の満点だったとか(今迄だって満点でしょ!)
      宇野選手への得点は、日本でも疑問の声が膨らんでる感じ。
      ロンバルのおかしなジャンプのスカプロと、ブラボー「バラⅠ」の差が「8点しかない」ことがすでに裏アリの疑惑に拍車。
      中国でも、アジア大会でミスなしボーヤンをミスしても上回ったりしているので宇野選手に対してはかなり厳しい反応。
      ISUの息子説も出ると思いますよー。ネイサン・ボーヤンより甘いと思ってたし、ヘルシンキワールドでおかしいと再認識。
      私が彼を最近特にスルーなのは、明らかに実力以上の点数が出る不可解さから、書きようがないからです。
      私のお返事こそいつも、暑苦しいですよね。
      懲りずにお越しいただけると嬉しいです。
      今日は、ライスト合間に家事、地上波、既に録画溜まってるから、フリーは少し間があくと思います。
      時間少したってからの方が写真もいいのが出てきますので。
      大したこと書けないのに、いつもありがとうございます。

  3. さすがガムザッティさん!
    リアルタイムで試合を観ていたんですね!
    世界最高得点を叩き出した瞬間の興奮はなおさらだったことだと思います。
    おめでとうございます(^_^)/。
    書かれている通り、膝をかばって難易度を落としての世界最高得点を更新、そうじゃなかったら何点出していたことか…(^o^;)。
    で…この続きは、メンテナンスブログの方にコメントさせていただきますm(_ _)m。

    1. ヒッキーさん、いつもありがとうございます。
      その瞬間は、立ち上がって「わー!キャー!」のイタイおばさんそのものでした。
      恐らく、時間も土曜の午前中ということで多くのファンがリアルタイムでご覧になられていたかと思います。
      膝をかばって難易度落としての世界新!
      翌日のフリーは(;;)です。これからぼちぼち作業に掛ろうかな。
      シーズンは長いので、膝が大丈夫なら心配してません。
      続きをあちらで拝見するのを楽しみにしています。(^_^)/

コメントは停止中です。