ガムザッティ のすべての投稿

66年ぶりの快挙、五輪連覇おめでとう!


羽生結弦選手、フィギュアスケート男子シングル66年ぶりのオリンピック連覇おめでとうございます。

ショートプログラムでの首位発進の記事をはしゃいでアップしてしまうとフリーで逆転される、実はそんなジンクスがあり、用意しかけていましたが自粛しました。

ちなみに逆転された相手はいずれも、今回銅メダルの「ハビエルフェルナンデス選手です。

日本選手最初の金は、結弦クンが獲ってくれるのでは?と期待に正に応えてくれました。

今迄の試合で一番緊張しました。

気持ち悪くなるくらい緊張しすぎて、結果がわかってから観ようかと思いましたがここで逃げてはいけないと自分に言い聞かせて観ました。

もう、試合の経過やジャンプのこと等書かなくても、一番大切なシーズンに大けがをしたことを乗り越えて大偉業を成し遂げた、そのことでもう充分。

2回目の金メダルおめでとうございます。

「お疲れ様とありがとう」

今はパソコンに向かってしまっているので、アイスアリーナでのビクトリーセレモニーの後の彼の声を聴けていません。

ソチのリベンジを果たせたと思っているのか等のインタビューもこれから出てくるのかもしれないですね。

私は空港にお出迎えや、パレードには行けません。(^^;
(場所取りをしなければならないようなシチュエーションが苦手なので)

明日からは又録画の編集に戻ります。

羽生選手が平昌オリンピックで金メダルを獲るまでを応援するブログが、最高の形で一区切りを迎えることが出来ます。

これからもずっと羽生選手を応援していきます。

写真を選んだりブログサイズに大きさ変えたりするのは楽しくもあり、大変でもありました。(^_^)/

もっと「大好き」な気持ちを前面に押し出して書ければよかったかもしれませんが、恥ずかしくて淡々と記録してしまいました。

面倒くさがりなので、テンプレートを変えたりGIFなども取り入れたりせずひたすら写真を貼って自分の気持ちを書くだけの、あまり面白いブログではなかったと思います。

読みに来てくださった方、検索でお越しくださった方々、ありがとうございます。

いつも温かいコメントをくださったお友達としてお付き合い頂いた方々、本当にありがとうございます。

メダルセレモニーの写真が来たら、最初の写真を金メダルの写真に差し替えようと思います。m(_ _)m

羽生選手の大きなニュース、引退や結婚、国民栄誉賞受賞 (← これが一番可能性あるかな?)があればこっそり更新させて頂くことがあるかもしれません。

沢山の方に感謝をこめて。


最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

公式練習・会見・SP滑走抽選/2018平昌五輪


氷に乗る姿を見たくて見たくて、待っていました。

(今回は、ケーキの形のティッシュケースの写真を貼るために、更新しているようなものです。)

久しぶりに観たサブリンクでの初めての公式練習での姿はとても感慨深かったです。
とても抑え目に、ゆっくり身体や足を慣らしている印象でした。


怪我をした箇所を気にする様子もなくとても安堵しました。(この傾斜、めちゃくちゃ凄い(^^;

翌日はメインリンクでSEIMEIの曲かけ後に、会見。

羽生選手の映像の数に録画の編集が全く追いつきませんので、五輪の写真を記念にアップしてまた作業に戻ります。
レコーダーの容量をちょっとでも空けたい(滝汗)


会見の前に、時間を自ら割いて「怪我の後にたくさんの方からメッセージを頂いたことへの感謝」を伝えるところも彼らしかった。

松岡さんの超ネガティブな質問にも、

「なんですかね・・・特に戻ってこられるか来られないかは考えてなかったです。(中略)治るんだろうかと考えていた時期も沢山あったんですけど、でも、実際に今こうして滑れていますし、うんそれが全てだなーと思います。(中略)とにかく今出来ることをこの平昌の、自分がホントに今夢に描いていた舞台で夢に描いた演技をしたいと思っています。」

と明るく答えてくれた。結弦クンが、「もうこれ以上やれることはないっていう位の事をやってきたので不安要素はないです!」(正確な書き起こしではなく、ニュアンスのみです。)
と答えてくれたことが全てです。


会見の後に、韓国語・英語・ドイツ語・フランス語・ロシア語でお礼言ってましたね。
そういう細やかな心遣いがとてもすてきです。

(このジャージの脱ぎ方すら釘づけ。牛若丸様ですか?)

バラⅠのジャンプを抜いたステップのみの練習や、断片的に流れてくるジャンプ映像でも足の不安は(私は)感じられなかったです。

日ごとに調子が上がっているようなので、ピークが明日のSPに来ますように。

11月の怪我から、とても心配もしたけどやはりきちんと合わせて戻ってきてくれる、って信じていてまさにその通りになった。

羽生選手のファンって皆様辛抱強いし信じて疑ってない。そしてその想いに応えてくれる結弦クン、ありがとう!

戻ってきてくれたことで充分だけど、まずは自分の為に滑ってほしいです。
皆の応援をプレッシャーではなく、力に変えてくれる。

いつも「勝ち」にこだわり続けている結弦クンが、「連覇だけが目的じゃない」って韓国入りの時に語った言葉が私には印象的でした。

空港で「羽生選手を応援に行きます!」とインタビューに答えるファンの姿を見るにつけ、「やはり行けばよかったなぁ」と少しだけ頭をよぎる。


が、五輪の開催に韓国の寒さに耐えらるまでに自分の身体が間に合わなかったと、自身で決めたことです。

私のキャンセルで繰り上げで行って下さる方が、存分に応援してきてくれるとと思って、お茶の間で応援します。(T_T)


SPの滑走順のドローイングも行われた。
http://www.isuresults.com/results/season1718/owg2018/ 参照


第5グループ一番滑走です。
ソチの時は最終グループのひとつ前の第一滑走だし、きっと良い流れが来ていると思います!!

SPの冒頭のジャンプは4Loの予定になってます。

https://www.pyeongchang2018.com/jp/game-time/results/OWG2018/en/figure-skating/results-men-single-skating-qual-000100-.htm 参照

2回目のオリンピックでのショートプログラム、「バラード第一番」を楽しみに待っています。

(無意識に口元に手が行ってしまうのでしょうけど、最強に可愛い。可愛いは正義(^^))

他の競技はあまり見られていないですが、高梨沙羅選手・平野歩選手を始めメダルを期待されている方々が、獲れて良かったおめでとうございますと心から思います。

メダルが全てではないと思うんですが、重圧は計り知れないと思いますので、本当に良かった(^_^)/

明日の今頃はもう競技が始まっていて、おおよその結果もわかっているんだなぁと思うと不思議な気がします。

とりあえず羽生選手とチームの皆様は、飲食物や手荷物に気を付けてくださるように、特に菊地さんにはお願い申し上げます。いつもありがとうございます。m(_ _)m

羽生選手のインタビューのキャプチャーは
https://sports.nhk.or.jp/video/element/video=35347.htmlからさせて頂きました。写真と動画をお借りした皆様、ありがとうございました。


大きな試練を乗り越えてまた、不死鳥の如く復活してくれました。

明日と明後日(2月16日と17日)、私達は「最高の羽生結弦」を見ることが出来る。こんな幸せはないと思います。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

決戦の地、韓国入り・2018平昌五輪


屈強そうな警護の方たちにガードされ、羽生結弦選手がVIP待遇で韓国入りしました。

どこかの国の王子様の入国のように見えますが、世界最高峰のアスリートです。

前髪の長さも完璧!元気そうでよかったです(^^)
長時間のフライト後の疲弊した様子もなく『爽やか』な会見でした。

昨日は3か月ぶりの姿を見て心がどよめきました!
彼の現地入りで、私のオリンピックもようやく始まります。(^_^)/

今の足の状況とどういう思いで練習してきたか

「出られない試合もたくさんありましたし、非常にもどかしい気持ちでもいましたが、できることとして陸上でのリハビリだとか治療だとか、そういうことを必死にやってきました。」「必死こいて」って言いかけたのをさらりと言い直しましたね(*^^)v、)


連覇への自信
「もちろんそういう気持ちは少なからずありますし、自分に嘘をつかないのであればやはり連覇したいと思っています。」

「ただ、それだけ(連覇だけ)が目的ではないので、しっかり試合というものを感じながら、また自分の演技というものを出しながら、このオリンピックというものをしっかり感じていきたいなと思っています」


「どの選手よりも一番勝ちたいという気持ちが強くあると思います」

ジャンプ構成への質問には、「現地で調整して決める」
とのこと。手の内や体の状態を全部明かすことはなく、だけど真摯に答えてくれた。

とても自信に溢れ落ち着いている印象。気負いも感じられず至って自然体。

どうか現地での調整が上手くいって、ノロやインフルにもかかりませんように。

先日は、2月10日発売のAERAが書店やコンビニで即完売という情報が駆け抜けました(笑)

Amazonは滑り込みでポチしましたが、即日品切れ。(復活したかな?)
が届くのが待ちきれず、発売日に近所の大きめの書店に行きましたが既にラスト一冊。

既出ですが、写真を自分の記念に上げます。

これは妖艶と言っていいのか、蜷川実花さんが撮るとこうなるのねとしか言えませぬ。オリンピック前に衝撃ではありましたね(^^;

ananの表紙も3回目。

過去2回、ananで表紙を飾った後に良い結果を残していることを踏まえて今回も五輪連覇の応援をしてくださるマガジンハウス社様にも感謝です。m(_ _)m

団体に出場された選手の皆様、お疲れ様でした。

フィギュア団体のSPには男女ともにどうしても疑問が残りました。

(宮原さんの回転不足を取るなら、いつも見逃されている男子の選手も減点してほしいと思います。(T_T)冒頭の4Fの両足着氷ですら減点されず特別枠があるかのようです)

ただ不満を述べるだけでなくできることはしたつもりですが、壁は厚いとつくづく感じます。

日本のマスコミはボーヤン・ジンとハビエルフェルナンデスの両選手を軽視しすぎなのではとも思います。
ネイサンチェン選手以外は空気扱い。コリヤダもパトリックもいます(^^;

(江陵アイスアリーナの紫のリンクはSEIMEI降臨にピッタリで楽しみです)

私はフィギュアは女子中心にテレビ観戦をしていた時期が長かったのです。
完璧にゆづオンリー化したのはソチのシーズンにパトリックに当たっては砕け、成長していく過程を見ていてです。

ソチ以降、年間を通じて追うようになり会場にも足を運ぶようになりました。

そしてずっと結弦クンの連覇を信じ応援し、今まさにそのシーズンとなりました。

このオリンピックシーズンは、羽生選手の怪我も含めて残念に思うことがたくさんありました。

クリーンなジャンプを跳び、中身の濃いプログラムを作ろうと努力している選手にメダルを獲ってほしいと、切実に願うのみです。


(NHKスペシャルも酷かった(涙)転倒シーン使いまくり、ネガティブで暗い内容で五輪連覇を応援しようという気持ちが感じられなかった。
他の選手がお肉を食べる映像なんて要らないです。良かったのはこのメッセージだけ・・・NHKにはご意見メールフォームから感想を伝えました。)

キャプチャーはぴのさんの動画https://www.youtube.com/watch?v=9UxLIZpMNOw&feature=youtu.beからさせて頂きました。
今回も写真や動画のキャプチャーをさせて頂いた方々、ありがとうございます。

決戦の男子フリーショートプログラムは4日後ですね。ドキドキします。

日々、この舞台の為に努力をしてきた選手たちが実力を発揮できますように。
もちろん羽生選手の金メダルが一番の願いですが、まず彼がこの舞台をアクシデントなく無事に滑り切って欲しいです。
公式練習は間に合えば、アップしたいなとは思います。

平昌を目指したこのブログの一区切りまで、あと少しです。(^_^)/

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

『最高の羽生結弦』を待つオリンピック前


インターネットにたくさんの写真がアップされても、自分で見たかったので羽田空港第二ターミナル、ANA出発ロビーに行ってきました。

今日(1月27日)は、「23歳の羽生さん」のお写真を見ることもできました。(^^)

熊本市へのお祝いメッセージの写真。
クリケットでの最新の姿が見られてとても嬉しいです。
https://kumamotofukkofes.com/?p=132

アクアドームくまもとに寄贈されたのは2015年の冬に丸の内の特設リンクに展示されていた結弦クンの銅像ですね。(観に行けば良かった。)

東日本大震災のみならず熊本の地震で被災された方々に心を寄せていることに、とても頭が下がる思いです。

(第二ターミナルのよーじやさん前にて)

早くもオリンピックの団体SP迄あと2週間を切りました。

代表発表の時は、団体に出るか出ないかは「羽生選手が決められる」となっていたと思います。


が伊東さんの最新のコメントだと、(羽生選手が団体に)「出る出ないは連絡を取り合って決めたい」
とのこと。どちらにしても羽生選手の意思を尊重して下さいねとお願いしたい(^^;


一緒に行ってくれた友人の方が写真が上手いので、そちらもアップさせて頂きます。

ANAのロゴが、怪我をした右足に寄り添ってくれている、感じ(T_T)


本当に良い企業さんと契約出来てよかったと思います。

文章で彼を表現するのって本当に難しいので、先日放送された日テレの密着ドキュメントのキャプチャーと共に、応援の気持ちを伝えさせて頂きます。

取材がNHK杯で怪我をする前なので、インタビューを見ていて切なくなることは当然ありました。


やはり、ご自身も2013年の膝の怪我がトラウマになっていたんですね。


「あの怪我を治すために約2か月半まともに滑ることが出来なかったので。
ホントにオリンピックに出るということがまず一番大事なのに、それも結構危うい状況になるのはもう絶対ダメだなって思ってたんで・・・やっぱりトラウマ的なものがあって、オリンピックが一番大事なの理解ってるし。ちょっと臆病になってた部分もあったんですね。」

実はあまり好きではない四回転装備一覧。

昨シーズンまではループよりフリップの難易度が高いアピールが凄かったですが、基礎点は0.3点しか違いません。

羽生選手がルッツを試合で成功させてから、この表はほぼ出てこなくなってマスコミって本当にわかりやすい。羽生より凄い煽り出来ないもーん(^^;


ルッツを入れても入れなくても、結弦クンの決断を支持して応援します。


決めるのは結弦クンで、助言できるのはクリケットコーチ陣だけだと思っています。
五輪の結弦クンの構成が手堅く来るのか、ルッツを入れてくるのかがわからないことはどの選手にとっても脅威でしょう(キッパリ)。(^_^)/

私達も気持ちを切らせることなく応援しています。

この記事に取り掛かった時は四大陸の真っただ中で、謎のTESと崩壊したPCSへの疑問など色々ありますがまずは。

ボーヤン・ジン選手の優勝の嬉しいニュースが聞けました。

チャンピオンシップ初タイトル、おめでとうございます。m(_ _)m

五輪は真面目に技術と向き合っている選手が報われるジャッジがなされますように。

本当はこのブログは、平昌現地観戦記を書いて最終回の予定でした。
が、それは計画通りに行かず私はお茶の間で、ゆっくり平昌五輪を観戦します。

羽生選手のキャプチャーはぴのさんの動画、
180115 絶対に勝ってやる!羽生結弦 自分への挑戦
からさせて頂きました。写真と動画をお借りした方々ありがとうございました。

ブログのタイトル「平昌」とついているので、オリンピックの記事は書けるように頑張ります。


オリンピックは2度目ですが、初めて挑む気持ちでいます。
2連覇へのプレッシャーもありますし、誰よりも自分自身が一番期待しています。


私が怪我をしている間にたくさんの方がメッセージをくれました。
そのたくさんの思いと、自分の中でずっと抱えてきた思いを重ねて、一生懸命、全力で、最高の『羽生結弦』になれるように努力していきます。

『最高の羽生結弦』を見守る準備を整えて、待ちます。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

羽生結弦選手・2017全日本選手権欠場


昨年と同じタイトルの記事を書く辛さはありますが、欠場発表にむしろ安心しました。


NHK@首都圏さんのツイッターより
https://twitter.com/nhk_shutoken/status/942656141464518657
(こちらが、「救済」「特例」の表記がないのでお借りしました。)

「骨や腱にも炎症」のコメントも出ていたし、怪我の回復が当初の見込みより遅れているのでファンのほとんどは欠場してオリンピックに備えてほしいと思っているのはツィやブログで明らかだった。
2年連続の欠場で一番悔しいのは彼自身のはず。

(こちらの写真は、バックのバナーの翼で、本当に羽ばたきそうと自分もかなり好きな1枚です。)

欠場発表の際の結弦クンのコメント。
「一日も早くベストな状態で練習に専念できるように頑張りたい」
まずはそこまで回復してくれるように、静かに応援したいと思っています。

怪我の心配は常にしていましたが、さすがに「五輪まで2か月切ってる時点で氷に乗れない状態」までは想定外でした。(><)

それでも、「不幸中の幸い」をところどころに垣間見ることが出来ます。

・NHK杯が例年より時期が早かったこと。

・グランプリファイナルを神回避できたこと。(多くは語りませんが地元選手押しの胡散臭い試合と感じていたので。)

・五輪用のプログラムが、再演の「バラードⅠ番」と「SEIMEI」であったこと。

「バラⅠ」は4S構成で世界最高得点既にオータムクラシックで出してるし、2015年の「SEIMEI」の構成に戻したとしても、結弦クン本人しかそれ以上の得点出せてないから大丈夫、と思えます。(^^)

あとは、五輪に間に合うように祈るだけ。

ソチで金メダルを獲ったあとも、常に結果を求められる責任と重圧を背負いながら休養期間を置かず試合に出続けた。
それは全て平昌の為だったと思うので、本当に間に合ってもらいたいです。

(このブログの中で、ソチのメダルをかけた写真を使用したことが無いのに気付き、縁起を担いで貼ります!懐かしーなー。この頃私はすでに堕ちていました(笑))

羽生選手は選考基準を充分に満たしていますので、特別扱いされているのではありません。

フィギュアスケート男子の平昌五輪代表選考基準
【1人目】全日本選手権優勝者
【2人目】全日本の2、3位▽GPファイナル進出者のうち上位2人(全日本優勝者を除く)–から選考
【3人目】2人目からの選考から漏れた選手▽全日本終了時点での世界ランキング、国際スケート連盟公認大会で出した今季最高得点などの上位選手—から選考

*全日本出場は不可欠だが、世界選手権3位以内の実績がある選手が、けが等でやむを得ず全日本を欠場した場合は、それまでの成績を評価し選考することがある。
https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20171111/k00/00m/050/079000c
より、抜粋させて頂きました。(これでも文句言う人いるんですっ。)

(ロシア大会の表彰式で。グランプリシリーズでの初戦2位は、栄光への必須要件!)

羽生選手に、五輪内定をすぐに出して怪我の回復とオリンピックの準備に専念させてほしいという声も聞かれましたが、スケ連には期待していませんでした。
「全日本優勝者が最優先」なのだと思います。

(全然更新していなかったから、バラⅠの新衣装の写真もなかったので貼まくりです。)

枠取に最も貢献し、実績も充分すぎるので本当は「救済措置」といわれるのも良い気持ちはしません。
「不可欠な全日本をスキップしても選考する」ことが「救済」っていう認識なのかもしれないですね。

2014年の中国大会の怪我からの復活劇以降、ファンも
「羽生選手なら他の人だったら諦めてしまう逆境も跳ね返してドラマを作ってくれるんじゃないか」
と信じてもいます。こんな期待も、彼に背負わせてはいけないのだとも思います。

自分の為に滑ることを存分に楽しめた時の彼は無敵で、その時に結果もついてくる、そんな気はとてもします。

今季唯一出られたロステレは本当に幸せな良い大会だったなぁ。

この男の子は私も、プル様の息子さんかと思いました。

ロステレは選手たちの雰囲気も良く、特にエキシビが最高でした。スワンは地上波初お披露目。

記念写真のポジション撮りに失敗しちゃったのに、ホタレクさんにリフトされた良いお写真。既出なので自分用記録と言い訳にさせてください。m(_ _)m

全日本は女子の2枠目が誰になるかが一番関心があります。(宮原選手は確実だと思うので。)
男子の3枠目が誰になるかも。

一番観たい人が出ない試合を観るのはやはりつらいので、録画にして代表発表はリアルタイムで見ると思います。

ファイナル → 全日本 → 五輪
と、良い状態を3試合続けるのは難しいとも思っていましたから、一点に絞れる方が集中力の高い彼ならその方が良いかもしれません。
結弦クンは石臼のような頑健な身体ではないと思いますので・・・

(この絡まったテープとたわむれる姿が可愛くて(^^))

ロシア大会後にすべての試合をスキップしたことが吉と出ますように。
結弦クンのオリンピック連覇が叶いますように。

何があっても、望んだことが叶わなかったとしても、結弦クンがまた滑ってくれることがファンにとっては何よりのことと思ってもいます。

(今回も沢山のお写真をお借りしました。ありがとうございます。)

まず、24日の代表発表で「羽生結弦」の名前がコールされること。
それを聞かないと全てが始まりません。

信じて待ちます。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

「悔しさが一番の原動力」


オータムクラシック銀メダル、おめでとう。(ハビの金メダルを羨ましそうにチラ見の姿が可愛い)

新・SEIMEIの初お披露目は不本意だったと思うけど、けがが悪化しないことが皆の願いです。

オータムクラシック2日目・男子フリーもライスト観戦。
結弦クン登場。ジャージ脱いだ時の衣装の印象は、基本のデザイン変わらずで手袋なし?

(この写真でやっと細部の違いをチェック出来たボケボケな私です。)

ライストだと画質が劣るので襟元ちょっと違う?と思ったくらいで、他の部分をチェックする間もなかった。

(襟元に黄色が加わって3重。狩衣により近くなった印象。色も模様も、こちらの方が良い感じと私は思います。サッシュベルトもこちらの衣装のが映えますね)

演技が始まったら、ジャンプがあまりにも決まらなかったので、「膝?膝?」とそればかりが気になって仕方なかったし。

ビールマン抜くとか3Aで転倒も、調子の目安って思ってしまう。(^^;


ハビエルの点数聴いてやっぱり逆転されちゃった!って感じです。フリーでの155点台は2014年・中国大会以来って言ってましたね。SPとFSの点差が42点て言うのも、なかなか見られないスコアかも・・・

ライストではジャンプの成功を祈ることしかできません。
良い演技はリピートしますが、良くなかった演技は殆ど見直せないです。

自分用ジャッジスコア

フリーは総合5位(;;)。8本中ジャンプの失敗は6本。

ジャンプが大崩れでも演技構成点が9点台が多いのは、凄いです。

演技中も演技後も良い表情をしているので怪我は大丈夫かな、という印象です。(私の予想当たらないけど今回は当たって欲しい。)

ジャンプに精彩を欠いた理由も、小塚君がわかりやすい解説。
「4回転の練習を積んでいるから身体が4回転のタイミングに慣れている」

あとはフリーの難易度を落としたことで却ってリズムが狂ったのか?や、雑念が多くなって失敗を重ねたとの分析をしているのが、9月25日放送のeveryです。

pinoさんから動画をお借りし、キャプチャーもさせて頂きました。
http://www.dailymotion.com/video/k7wlXzwgF1CL4voLEj1


悔しさっていうのは一番の僕の原動力になるし
また新たな悔しさを胸にこれからさらに力つけて行かないとと思いました。」

(everyは2015年のNHK杯で世界最高得点を更新した裏には、前のカナダ大会での悔しい思いをバネにしたこにもちゃんと触れてくれました!。)

世界最高得点更新の翌日に、フリーの失速で、予想通りの「まさかの2位」報道でした(苦笑)

結弦クンは同じシーズンで天国と地獄を見る人でもあるし、「悔しい思い」をした次の試合や、「悔しいSP」の次の日に良いフリーを見せてくれるのだけど。

報道する側もわかってて、「まさかの2位」とつけるのでしょうか。

(袖の内側のゴールドも効いていて、正面から見てもこの衣装素敵です。
フリーでは珍しく素手で良かったですね!)
グランプリの初戦は5年連続2位のスロースターターだから、この結果は全く心配なし。

むしろ、早くにピークが来ちゃうよりいつも通りのスタートにホッとしています。

ここぞという時に強いことも、土壇場での底力も皆わかって信じているから。

試合後にこんなリラックスした表情や

穏やかな佇まいを見せてくれているから、怪我は大丈夫って思いたいし、思ってます。


ハビエルに、スペインの国旗掲揚だよ、と教えてあげるこの写真はライストをスクリーンショットで来ました。

(3位は地元・カナダのケーガン・メッシング選手(存じ上げなくてすみません。読み方もあったるのか。(^^;))

SPはパーフェクトだったから認めてくれたけど、やはりこの試合のジャッジは、辛い感じーっ
イタリアが気前がいいのか、謎ですがあまり突っ込まないでおきましょう。

写真と動画をお借りした皆様、ありがとうございました。

初戦、お疲れ様でした。
完璧なSEIMEIはグランプリの楽しみに。

ロステレ杯までに順調に調整できますように。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。