カテゴリー別アーカイブ: その他

「神様に選ばれた試合」と「愛ある贈り物」


結弦クンのモントリオール入りのお写真、映像が来るとドキドキしてきました!

右膝痛で、オータムクラシックの構成はシンプルにしたとの心配なニュースも耳にしました。

「大きな問題ではない」のブライアン談を信じて、無事に初戦を終えられますように!


平昌五輪のメダルも発表になりました。(彫が深いみたいなイメージ?)

公式練習のお写真をアップできないで試合になってしまうと思います(;;)

(縁起を担いで2015・GPFのSEIMEIです!)

五輪シーズンの「バラⅠ」と「SEIMEI」の全世界初お披露目が、楽しみすぎてどうしよう。

衣装がどうなるのか、バラⅠ。基本の形は変えてほしくない。色がマイナーチェンジだと良いな。


まずライストで観られますように。

Senior MenのSPライストは日本時間23日、8:40開始予定。(記載ミスがあって訂正しました。ここで検索する人はいないと思いますが念のため)
Skate Canada Patinage Canadaをフォローすれば見られると思いますーでごめんなさい。
http://www.dailymotion.com/video/x60qkns
美・スパイラルもやっぱり振付に入りそうで、みんな嬉しい♪

9月24日(日)PM1時55分~のテレビ朝日さん、「神様に選ばれた試合」で2015年GPFの真相を結弦クンが語ってくれる楽しみな番組。

(2015年・今なお世界最高得点であるグランプリファイナルを「神が舞い降りたかのような伝説の演技」と番宣のyou tubeより!)


オータムクラシックの放送もしてくださるようです。

(この場面でイライラしていたということ?)

(バルセロナはハビエルのホームでもあったし、彼は良い演技をし、結弦クンにはプレッシャーがかなりあったとは思う。)

(彼は何に対して怖さを感じたのか?(煽るのがうまいですね!)

(昨年長期療養を余儀なくされたリスフラン靱帯損傷は、この時既に起こっていたという事でせうか)

(もう!何を計算済みだったのか気になる度MAX!)

彼があの伝説の演技を自分で語ってくれるのだから、見るしかない!乞うご期待ですね。

***************************************************************************************

昨日から、羽生選手からファンレターやプレゼントのお礼が届きました!の喜びの声が届いてきました。

現地観戦をするようになって、私もお手紙をプレゼントBOXに入れさせて頂いてます。

ですが彼のBOXはいつもたくさんの贈り物やお手紙で溢れているので、「読み切れないだろう」と今年のFantasyではご遠慮しました。
だから私は頂けないと思っていたのですが、思いがけなく今日9 月21日に届きました。

Yuzuキャプテンから、Pyeong Chang 2018 へのファーストクラスのチケットと、ホプレガのチケットフォルダーです。

日付は2018年2月16日。10時。
平昌オリンピック男子SPの開始時間。(ホントにこれで平昌迄行っちゃいますよ。)

神様に選ばれた試合予告の羽生選手の映像のキャプチャーは、https://www.youtube.com/watch?v=Su-qVV6D4Is演技はpinoさんの動画170910 新SEIMEI ジャンプ構成 トロント公開練習よりさせて頂きました。

写真と動画をお借りした方々ありがとうございました。

このお心遣いは羽生選手のお母様。今回のお手紙、プレゼントのお礼は4年前にお手紙を出した方にも送ってくださっているようです。愛ある贈り物をありがとうございました。

(まさかこれをアップする日が来るとは思いませんでした。こちらはオリンピックシーズンの応援のお礼という事でくださったのかな。届いたのは2014年末か2015年初めか迄覚えていないのですが、腰が抜けそうになりました(^^;)

大勢のファンへありがとうございました。2014年のNHK杯後に頂いた、スケート靴のチャームと共にずっと大事にします。
これからもずっと結弦クンを応援させて頂きます。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

凱旋/国別会見・勝負ご飯


今回は自分の記録用の記事でありますことをご了承お願いいたします。

書けない状態でいる時に新しいニュースが次々に入り、既出の話題ですが私にとっては残しておきたいものだからです。(^^)

空港でのたくさんのお出迎えの方々。私も行けたらと羨ましかったですが、ありがとうございました、と心より申し上げます。

結弦クンもオリンピックから戻ってきた時のように温かいお出迎えに嬉しそうでしたので、こちらまで幸せに感じました。

最初のお写真の、凱旋帰国会見のインタビューも彼らしい言葉がたくさん聞けました。


オリンピックで2連覇しても、そう周囲は変わらないだろう。ソチで金を獲った時点で既に、自分の周囲は変わっているということを冷静に分析されていることがもう凄い。


(世界選手権のメダルって小さいですよね。NHK杯のメダルの方が豪華に見える位。それでも価値のあるメダルであることをひしひしと感じます。)

「ある意味観ている方は(2連覇を)すごく期待しているだろうし、期待に応えるための金メダルになるんだろうなっていう若干そういうプレッシャーは感じなくはないです。ま、楽しいですけど」

平昌オリンピックがどんな闘いになるかも、「今回の世界選手権の延長線上になるだろう」と冷静に分析。

凱旋会見の全録画がご覧になれるTBS NEWSさんのリンク、貼っておきます。(^^)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3020962.html

みんなのニュースに昌磨君と生出演もし、その翌日に国別会見。(お疲れ様です)

日の丸を背負って闘うことをしっかり心に留めながらも個人の力を存分に出し切ることが、結果団体戦の成績につながる。
彼はそんな風に考えているようですね。

「日の本一」「の」を入れた意味。

「真田幸村的な意味」(笑)つい考えてしまうのが昨年の紅白歌合戦で堺雅人さんのお隣に座ってお話されたのがきっかけで、ずっと「真田丸」を観てたんでしょうか??
カナダで「あさイチ」が観られるのなら、大河を観られていてもおかしくない(^^)

昌磨君の成長に、「汗が出るくらい重圧がある」と正直な言葉を漏らす場面も。^^

昌磨君を強くしたのは(自分の存在と言うより)

「彼自身の向上心と言うものがしっかりある。(中略)彼の強さがもともとあった。日本代表の誇りです」
と、年下に関係なくその選手の良いところを見つけ、リスペクトする姿にもジンときます。

「日本の国旗を背負って闘う自覚が一番強い試合」とも。日本男子の心意気があるところも素敵です♪

世界選手権の覇者と2位の選手・女子シングルの成長株二人とカップル競技を国内で観られるこの大会、とても贅沢ですね。

ネイサン君・ボーヤン君・パトリック・メドベちゃんも観られる(嬉)

今度こそ「レツクレ」「ホプレガ」の完成形を同時に観られますように♪

世界フィギュアスケート国別対抗戦 日本代表発表会見は、テレビ朝日さんのサイトからご覧になれます。
http://www.tv-asahi.co.jp/figure/wtt2017/movie/

美味しそうにご飯をほおばる結弦クンの貴重なお写真と共に、世界選手権フリー前日のお食事のお写真。
こちらも思いっきり既出ですので、自分用に。(^^)/

里芋の煮物。野菜たっぷりのお味噌汁は、私が作った豚汁かと思いました(笑)

味の素さんが彼の食事の重要なサポーターなのも、私が書くのも今更です。こんなにもおいしそうなごく一般的な温かい家庭料理が勝負ご飯って良いですね(^^)

彼の繊細な筋肉の維持・四回転ショートフリーで6本の過酷な演技構成を滑り切るだけの体力維持なども考えてくださってのメニューだと思います。

下半身の筋力アップは勿論、お写真によっては上半身もがっちりしたと感じられることもあります。(こちらは4CCのフリーの時のものですが。)

こちらのようにとても華奢に見えるお写真もあるし、不思議な結弦クンです。

仙台のイベントの前にもテレビ出演もあるようで、国別の練習が出来るのか心配でもあります。(^^;)

ワールドEXでの可愛らしいご様子。今回も「notte stellate (The Swan)」については書きそびれたままです。国別で滑ってくれたらその時には遅れてもアップします。

追記:4月10日この記事をアップし終わって、遅れに遅れていたワールド録画の編集再開し、今頃4月4日のとくダネ!を観ました。このお写真、4T-1Lo-4Tで転んだお写真であること、自分で確認しました。「国別で跳ぶぞ!」も。ますます楽しみ~)


羽生選手の姿をひたすら「可愛いっ」「可愛いッ」と心底思ったのは久しぶりでした。
「てへっ。空から落ちちゃった。羽生結弦の姿がまるで天使」の表現そのもの☆

今回のお写真はnewscomさん、スポーツ報知さん、NEWS TBSさんの動画よりお借りしました。
萌えポイント高い白鳥さんのお写真は、grapee.jp「心に響く動画サイトさん」からお借りしました。

昨日のNHKニュースで観た、体操内村航平選手の全日本10連覇。
若手の突き上げ、連覇へのプレッシャー。3位という追いかける立場からでも逆転し優勝。

孤独な絶対王者。その領域に達した人にしかわからない重圧。
そしてそれをはねのけた強さが結弦クンと重なりました。

内村航平選手、全日本選手権10連覇!(凄すぎ)おめでとうございます。

フィギュアスケートは、今季最後試合である国別対抗戦で選手の皆様の全力の演技が観られるのを楽しみにしています。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

ananを見て、気持ちを高めるワールド直前


最初のお写真は、仙台放送のツイッターさんよりお借りしました。

結弦クンの地元仙台には、こちらのお写真のポスターが駅やバス停にたくさん貼られているご様子。羨ましい限りです。

22日発売のananは、amazonからの到着を待てずにコンビニにお迎えに行ってしまいましたが、正解でした!
手に汗をかくので黒い表紙に大量の指の跡がついてしまいました。保存用にもう一冊!。(^^)/

愛される女性誌「anan」で表紙のUA姿に既に「買い」ですね。

記事のタイトルに「更なる頂点を目指す男」の「男」の表記に違和感を覚えてしまいました。(^^;)

結弦クンは「天使」なので「中性」もしくは「妖精」だから「男」と書いてあるのをたまにどこかの雑誌で見かけると「しっくりこない・・・」

ただそれだけです。オチがなくってすみません。(苦笑)

今回のananでは、この白鳥のお写真が一番素敵。

やはり専門誌にはかなわないと思った私はやはり、面白みに欠けるのかもしれませぬ。

100頁近く結弦クンが占める「フィギュアスケートファン通信」に慣れてしまうと、ananで6頁も割いてもらっても、少なっ!と感じてしまいました。(>_<)

ポスターが結弦クンじゃなくて、アニメだったのが私個人は残念!!
一昨年のポスターと取り換えられると思ったのですが叶わず。

2~4枚目までのお写真はananからお借りしました。

(昨年ずっと私を見守ってくれた2015年発売のanan中綴じの結弦クンのポスター。壁際のソファにちょこんとのせて飾っています。)

私はまだ「ユーリ!!!on ICE」を観られていないので、アニメに対する愛情が芽生えてなくてごめんなさい。

それと・・・sportivaさんの表紙を見て、赤面しました。どこかで見たタイトルです。(^^;)
ありがちなので見かけてもおかしくない。それだけになおさら「やってしまった感」があります。

Sportiva羽生結弦 平昌への道~Road to Pyeong Chang ~(集英社ムック)
4月13日発売 1590円

本当にFC2のテンプレートに収まるようにつけたタイトルなので、もっとオリンピック前のことを考えてつけるべきでしたと、今悔やんでも遅いですね。(もう苦笑いしか出ません)

昨年はマリオン、一昨年はSONYビルにワールド関連の巨大ポスターが貼られたのに今年は銀座付近に出没ないですよね。(;;)

(こちらは2015年のSONYビルに現れた巨大ゆづ。撮りに行ったときはブログを書いていなかったので初お披露目です。スマホ含め携帯を初めて持った頃なので、今ならもう少し良いお写真が撮れるのではと思います。言い訳です)

もう、来週には世界選手権開幕!

良い練習が出来て、良い状態で臨めますようにと、心から応援しています。
衝撃の左リスフラン靭帯損傷の発表から、もうすぐ1年。

怪我明けの難しいシーズンを自ら「真・四回転時代」と名付けて、10代の選手の挑戦を受けて立つ側になりました。

ファンである自分が、ネイサン君に負けないで!昌磨君にまだ負けないで!
と、特定の選手を意識することなく

ひたすら彼が自分の演技をできるように応援しよう!と今は素直に思います。

2年連続で2位の世界選手権。

2017年の今年こそ。
世界選手権を獲ってくれますように。(ストレート過ぎでしょうか?)

(縁起を担いで、4連覇したファイナルの記事で使えなかった方のズサーッのお写真を貼っておきます。もちろんお借りしたものです。^^)

結弦クンが自分の納得する演技をして、優勝してくれることを心から信じて全力で応援します。

一番大事なこと。
私が書いているのは羽生結弦選手の応援ブログでした。

世界選手権前にどうしてもエールを送りたくて、アップします。(笑)

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

アス魂を観てanan発売を待つ、ワールド前


お久しぶりの更新です。
身体へのご心配をしてくださった方々、本当にありがとうございます。最初のお写真はアス魂でのシャープな眼差し。

3月11日は何もできないまま過ごしてしまいました。(yahooで3.11の検索、くらいですね・・・)

眠気を伴う疲れやすさがある以外は、ごくフツー(?)に結弦クンのファンとしてテレビ、雑誌をチェックし、各抽選エントリーして世界選手権を楽しみにしています。

4CCをCSでプレカンまで放送してくれた拡大版や、国別特集を観たり。
もちろんアスリートの魂2作目も!

恋ダンスで始まって、ちょっとワクワクしましたが展開は予想通りだったかなぁという感じ。

絶対王者としてシーズンを闘う今は、どうしても四回転バトルが話の中心になるのは自然な流れ。


(シャープな眼差しとのギャップが凄い可愛いしぐさ。女子力高いが褒め言葉になる22歳の成人男子は多分彼だけ・・・)

けれど、「四回転で追ってくる若手を気にしても仕方がない」のブライアンの言葉に大きく納得。

その一日後に放送されたフィギュアスケートTVの、4Tより3Aの質の方が良いと自分で思っていたんだ!とはっきりとご自分で語られた興味深いインタビュー。


「自分の演技=ノーミスなんで。僕の中では。ただノーミスじゃなくて完成された質のノーミスが自分の演技だと思っているので。言ってみればそれをやれば誰も敵わないと自負してますし。その自信が過信にならないようにさらに突き詰めて練習して行かないとっなって思いました。」(お顔も、ジャージからのぞく衣装すら麗しい・・・)

シーズン通して、結弦クンを特集する雑誌はフィギュア専門誌にとどまらなくなっているので、収拾がつきません。

自分の中では、女性ファッション誌の中で数頁組まれているものは原則買わない。
文芸春秋も断念。(場所にも限りがあるので、何か歯止めをかけないと(;_;))

ただし、女性誌でも例外が。
この特別感は何なのでしょうね。UAのロゴにテープが貼られていないお写真なのも嬉しいです。ボディラインが綺麗すぎる~(^^)
anan (アンアン) 2017/03/29[呼吸と体幹] 雑誌 – 2017/3/22発売580円

以前のモデルのような結弦クンではなく、アスリートとしてフィギュアスケート特集を組んでいるようなのが嬉しい。
アマゾン予約済み。待ちきれないでコンビニで買わないように要注意。


(この予告映像を拝見するまで、アス魂と聞いても新作と思わずにまた2012年の再放送だと思っていたのんき者です。(^^;)新作と知った時は嬉しかったなぁ)

結弦クンがcoverのananの3月22日発売もそうですが、FaOIの先行の最速が新潟公演のローカル北陸チケットだったこと、幕張の最速もローチケのエルアンコール会員枠だったことなども他の方のブログで知ることが出来ました。

そのおかげで、エントリーしたり予約出来たりしていることに感謝しています。

仙台市の、フィギュアスケートモニュメント設置イベントでの荒川さんとのトークショーも応募済ですが、外れてもyou tubeでライストが見られるようですね。(^^)

既出ですが、仙台市のイベントは下記からご覧になれます。
https://www.city.sendai.jp/sports-jigyo/event/figyuasuke-to-monyumento.html

このイベント直後に国別があるので、今年は体調良くて出てくれないかしら。と願ってもいます。

(この白鳥さん、もう一度観られたら幸せですね。体調が良いことと怪我が無い事を前提に出場祈願します。バレエの5番ポジション立ちにも見え、綺麗だと思います。)

もともと結弦クンが出なくても遠征ナシで試合が見られるのはありがたいからと買ったチケとですが、直前に日本にいると思うとつい期待したくなってしまうファン心理です。


(NHK杯でプーさんをポンッとしてFSに向かっていたとは。今季は特に演技の見返しもできずに寝てばかりいる気がします。(^^;))

イオンで消耗品だからと、ボールドやJOYの詰め替えなどもつい買ってしまったりします。
それまでは花王を愛用していたんですけど・・・恐るべし。非公開リハーサルご招待の魅力。

さすがに、本気で当選するとは思えず幕張は近いから行きたいので、懸賞頼みだけという訳にはいかないのがキビシイ現実。

(gettyさんにも時間を置いて行って見たら、4CCのお写真また増えてました。)

現在の自分は典型的な羽生ファン・あるあるな生活をしていると思います。

アス魂と、フィギュアスケートTVのキャプチャーはいつもお世話になっているpinoさんの動画からお借りしました。
今回は、そっとアップされているようですので、アス魂の動画はこちらから、フィギュアスケートTVの動画はこちらからご覧になれます。

予告動画のキャプチャーは、羽生結弦22歳 アス魂予告 11日午前0時 よりさせて頂きました。
その他のお写真はnewscomさんとgettyさんよりお借りしました。


ananの発売を待ちながらも、世界王座奪還を信じてこちらまでも緊張を感じる世界選手権前。
「打倒羽生」に向けて若手・ベテランが向かってくる状況でも、「限界はない。やればできる」と言い切る彼。
今度こそ、SP・FS2つ揃っての完成形が観たい。結果はおのずとついてくる。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

「気持ちは四大陸選手権」&「早くもFaOI?」


2月に入ってフジテレビさんの四大陸選手権の番宣始まりました☆
フジさんのCMは煽りが上手いので楽しみな気持ちが高まります。

最初のお写真は、NHK杯の時のものですが素敵だなと思ったのでお借りしました。(それだけ最近のお写真が無いということ(^^;))


男女ともSPはLIVEだそうですが、FSはライストがありそうですね(で、すみません)。
スケカナが見られた中国魚章やdailymotion(今回は関係あるとは思えませんが)でやってくれないと、私個人はお手上げ☆なのでおとなしく地上波の放送を待ちます。


もうあと10日前後で、公式練習の映像なども上がってくることでしょう。
元気に滑る姿を観られることを楽しみに待っています。(ワクワク)


今回の試合は、真の4回転時代。絶対王者・羽生結弦選手に挑む4種類の四回転を操るネイサン君・結弦クンと同じ3種類を跳ぶ伸び盛りの昌磨君の対決につい、注目したくなります。

けれど、パトリック、ボーヤン君だってとても能力の高い選手たち。
平昌に出るであろう選手がそろうと思われるこの大会、とても楽しみです。

といいつつも、自分用に先日放送されたデータ・コロシアムと言う番組に出ていた、結弦クンとネイサン君のジャンプの基礎点をおさらい。

(羽生選手・FSジャンプの基礎点 87.53)


(チェン選手・FSジャンプの基礎点91.96。)

やはり最初の4Lz-3Tが大きいし、全米選手権ですべて成功させてますもんね(^^;))

ジャンプの基礎点はネイサン君が上でも、質の高さは断然結弦クンが上なのはファンの方が周知!
完成したプログラムをお披露目してくれるのが待たれます^^

気持は四大陸。けれどまだ先のことなのに、既にFaOIのチケットプレゼントの応募はがきが店頭に置かれてますね。もう皆様にお持ち帰りされて追加されることはないのかな?(応募用紙すらオークションに出てくるのが何とも(^^;))
Fantasy on Ice 2017


ここ数年は、悲愴の衣装の結弦クンが応募用紙の写真を飾ってますね。そして今年も。
イオンでもらい損ね、ウェルシアでもらってきました(^^)
今年は、観覧チケットのほかに当選者から60名様限定で非公開リハーサルにご招待!

あぁ。リハーサルにご招待されたい。

(2015 FaOIより。可愛い昌磨君♪)

店舗が少ないウェルシアには何度も行けるものではないので、その場でパンテーンのシャンプー・コンディショナー詰め替えお買い上げ。
当分シャンプーには困りません。

イオンで購入するのはボールドとJOYかなぁ。ロッテとP&Gにはめられっぱなしの自分。
イオンの応募用紙はこちらからダウンロードできます。

欲しいのはA賞。

出来れば神戸公演希望。幕張より地方のプログラムの方が良いように感じてしまう。
「believe」も、記憶にはあるんですが「好きなプログラム」としての印象は薄いです(苦笑)

B賞のメッセージ入りフォトは見なかったことにしよう。

今年のFantasy on Iceの開催地は昨年より1か所少ない。
プレオリンピックシーズンだから選手の負担を減らしてくれたのかまでは不明ですが、チケット取りは激戦となること必須。

恐らく結弦クンは怪我さえなければINする。と、私も含めて多くの方が予想されているはず。(チラシに出てるんだも~ん。)

もちろんこの応募用紙での抽選以外に、各プレイガイドでの抽選もトーゼン行われる。

行けるんだろうか??たとえ1公演でも。(既に全公演外れた夢を見ました)

今年、2017-2018シーズンのアサイン、試合会場が発表になったら素早く動けるでしょうか。自分。(^^;)

チームブライアン・300点伝説もまだ購入していません。

前作の「チーム・ブライアン」はとても面白かったのですが1度読んでそれきりなので、ちょっと迷っていました。
アマゾンのカスタマーレビューでの評判がいいので、読む方に気持ちが行っています(笑)

平昌オリンピックのチケットの情報もちらほら聞きますね。

行きたい気持ちは強いですがチケットを入手するのは難しそう。

今の自分にとって「先の未来」を見ることは大切なことなので、難しいとしてもチャレンジだけはしてみたい。

その平昌と同じ舞台で行われる四大陸選手権。


しっかりと平昌の前哨戦として四大陸を意識していることがわかるインタビューですねっ。

そうして、納得のいく演技をして優勝してくれること願って、楽しみにしています。

今回のお写真は、web sportiva・newsomさんからお借りしました。(困った時のnewscomさん(笑))

フジテレビさんの番宣と、データコロシアム・羽生選手のインタビューの動画はpino16-17さんよりお借りしました。
2017 4CC 番宣 真実の方の真4回転時代
20174CC 番宣 四大陸選手権16日開幕
170128 男子フィギュア 勝負を分ける4回転
20170109 2017年の目標を語る
キャプチャーもさせて頂きました。いつもありがとうございます。

昨年病気をしたことで、モノを探したり片付たりする力が落ちてしまいました。素早く動くことが出来なくなったことも実感します。

体力も、札幌NHK杯を観に行けたことでどんどん戻ってくれるかと思ったら、年始の入院で後退しその後の戻りも少しづつです。
(お顔にロゴが入ってしまっているのが少し残念ですが、とても綺麗なこのお写真。NHK杯時のものです☆)

クリアファイルのお迎えやウェルシアに用紙をもらいに行ったり、アトリウムに手形を観にいく。そんな外出がリハビリみたいなところはあります。

今季は残り2試合。2連勝する結弦クンを観て自分も早く日常を取り戻そうと思います。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

もうすぐ四大陸選手権(ネイサン事件あり)


ネイサン事件は既出で、多くの方のお心は欧州選手権でハビエルが5連覇達成するかに向いているかと思われます。

2月14日~公式練習開始の四大陸選手権まで、私が書けることなんてあるかしらね・・・と暢気にしていました。

が、フィギュアスケート全米選手権にて、2016年ファイナル2位だったネイサン・チェン選手がフリーで4回転4種類5本を成功させて優勝!と言うニュースが駆け抜け、これには私も反応せずにはいられませんでした!

フリーで4回転5本の成功は結弦クンもまだ達していない領域。

私も今迄スルーだった、全米選手権の動画をチェックしてネイサン君の演技を観戦。

(ちゃんとしたスケートブログを書いている方は日本以外の国内試合まで追ったりなさるのですが、私はそこまでしないんです。(汗))

(newscomさんに久しぶりに行って見たら、ファイナルのお写真が増えていました。もうとっくに記事書き終えているのに~(泣))

ヤフーニュースの記事の一部とURL貼っておきます。

ネーサン、事件です!羽生のライバルが史上初フリーで5本の4回転成功

「フィギュアスケート・全米選手権」(22日、カンザスシティー)

男子フリーが行われ、昨年のGPファイナルで羽生結弦に次ぐ2位に入ったネーサン・チェン(17)=米国=が、フリーで4回転ジャンプを4種類5本成功させる演技で212・08点をマーク。非公認記録ながら、SPとの合計318・47点で初優勝した。

冒頭に4回転ルッツ-3回転トーループを成功させると、続く4回転フリップ、4回転トーループ-2回転トーループ-2回転ループ、4回転トーループと立て続けに成功。後半に組み込まれた4回転サルコーも決めた。すべての4回転に1点以上の加点がついた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00000050-dal-spo


動画を観たら、ファイナルよりすべての四回転の着氷綺麗☆
粗いと文句をつけたがる私もその安定感に無言。一番きれいな結弦クンのジャンプとは比較しないでおきます。

とにかく4回転を降りてしまえ、演技構成点は後からどうにでもなるぞ!的攻めプログラム。(表現も頑張ったのも認めますが。)こういう勢いが怖かったりします。(^^;)


(国内の試合だと、点数が多少盛られる傾向なのはどの国も同じようですが。やはり4Lz-3Tの点が効いてるし、恐ろしい数字だと思います)

結弦クンがまだ、4本の4回転に成功していないところにこのニュースなので、「ネイサン事件です」と言う程ネットを駆け抜けたのでしょう。

古いネタだと思うんですが・・・若い方はわかるんでしょうか。(^^;)


私も少し焦りましたが落ち着いて考ると、5本4回転を決めても、昨シーズンの結弦クンの持つ世界最高総合得点には11.96も足りない。

昨シーズンのSEIMEIの4回転は3本で、FS219.48。総合で330.43。この数字はやはり驚異的。
どれほどまでに完成度が高い異次元プログラムだったのかと改めて思う。


やはり羽生結弦が追うべきものは、ネイサン・チェンではなく、過去の自分でした。

羽生選手の情報はちょっぴり、web sprotivaさんより

四大陸の中心はやっぱり羽生結弦
深みと切れが増す「見せる」の変化
http://number.bunshun.jp/articles/-/827322

まず注目されるのは、羽生だ。昨年12月上旬、グランプリファイナルで4連覇を達成。年末の全日本選手権はインフルエンザによる影響で欠場した。その後静養し、1月7日にカナダ・トロントへ向け出発。当地で練習に励み、年明けの初戦を迎える。

練習では、細かいところのチェックにも取り組んでいるという。今シーズン、試合を重ねるにつれて、ショートプログラムの「レッツ・ゴー・クレイジー」は見せ方、引き込み方に切れと深みが加わっている。フリーの「ホープ&レガシー」もしかり。ジャンプの成否のみならず、どちらも「見せる」という部分で進化してきただけに、全日本欠場後の練習による変化がどう見られるのか、楽しみなところだ。

クリケットで良い練習が出来ていると思って良さそう。
後半の4S-3Tを含めて4本の4回転をクリーンに降りてくれさえすれば、「OK!」なはず。
(そう。このOKポーズのようにすべてうまくいくはずっ!)

Hope & Legacy(ホプレガと略すらしい)がSEIMEI並みの完成度になればネイサン事件はすぐに解決しちゃうんです。それが難しいのではありますが。

ホプレガの完成形が見られた時こそ、世界最高得点更新の記録はついてきてくれるでしょう♪

ネイサン君の100点越え全米選手権SPの動画を、sabinfireさん
2017 US Nationals-Nathan Chen SP universal HD

4回転5本決めたFSの動画をNastiFan101take12さんより
Nathan Chen Free Skate 2017 US Championships
お借りしました。ほとんど自分の為です。スミマセン。

昨日は・・・
六本木のアトリウムに展示されている、ビッグスポーツ大賞を受賞したアスリートの手形。

皆様がご自由に触れたのですが、羽生選手の手形が一番人気で多くの方が触ったために形が崩れた・・・と言うニュースを聞いていたので、どんな状態なのか気になって観に行ってきました。(苦笑)

柵が張られてしまって、触れないようになっていました。
(体操の内村・白井選手、日ハムの大谷選手・レスリングの吉田・伊調選手、トップアスリートの手形がゾロリ)

(本当に親指の付け根が、崩れてしまっているのがわかります。彼の手形だけっ(涙)。変わらず可愛い文字で、彼らしいお言葉が。)

マダムタッソーで彼の手形に触る機会がありましたので、仕方ないなぁと諦めました。でも、やっぱり展示と同時に行かれて、触れた方が羨ましい(どっちなんだっ)

彼がクリケットでの曲かけ通し練習で、5クワドノーミスで滑ったというお話もちらと訊きましたが。あくまで練習で、今季はまず、4本の4回転のプログラムの完成を目指すようですね。

(ファイナルの表彰式にて。ネイサン君の成長がここまで早いなんて、全米選手権のニュースを聞くまでワタクシが暢気すぎました。)

出場メンバーが、平昌を見据えたメンバーになりつつあるのも感じてワクワクします。結弦クン・昌磨君・ネイサン・ジェイソン・パトリック・ボーヤン君!!

今は結弦クンがSP、FS共に完成形のプログラムを見せてくれるのを楽しみに待っています♪

今回のお写真は、web sportiva・newscom・共同通信さん・その他の方からお借りしました。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。