カテゴリー別アーカイブ: テレビ番組

「情熱大陸 」フィギュアスケーター 羽生結弦

continetnal of passion

最初のお写真は情熱大陸さんより、一部お借りしました。
「天才なんかじゃない」の一行が心に響きます。

本日のお写真は毎日新聞さんの「情熱大陸 ケガを隠してシーズン最後の大舞台に挑んだ羽生結弦が今、思うこと」からお借りしました。

結弦クンの映像だけ流す番組が多い中、久しぶりにきちんと彼を取材した番組が観られとてもよかったと思います。
Passion Continental mainichi
ディレクターさんが元フィギュアスケーターでスケ連とも交渉して企画し丁寧に作られた番組だったとのことで、30分枠の放映だったのが残念でした。

先日の世界選手権で優勝を逃し、試合後バスに乗り込むシーンから番組は始まる。

passion continental 9
(NYOIに出演するために大阪入り)

その後クリケットで自分を追い込むシーンや、何か所か場所を変えてのインタビュー、NYOIでのバックステージで見せる素の彼等も見られ、中身が濃かったと思います。

passion continental maichi 10
タクシーの中でのインタビューも面白かったですね(笑)
この写真の彼、やけに顔が幼く見えます。

今回番組中で一番印象深い場面は、予告でも流れた
このシーン、という方も多いのでは?

continental I'm lonely
孤独ですよ。ホントに。言ってみれば周りの環境っていうのがある程度、自分の精神時状態や肉体にすごく左右してくるんですけど、それを遮断しないと自分が思っているパフォーマンスできないんですよ。

I want to be a lonely
だからある意味で、孤独にさせてもらいたい。むしろ。」

より良いパフォーマンスをするために、イヤフォンつけて自分の世界に入り、誰も近づくなオーラ発して周囲の雑音をシャットアウトして集中するのでしょう。

とはいえ、

continental YUzu cares shyoma
オープニングに出番がないから、この後、寒そうな昌磨クンに自分の上着を貸してあげたり周囲のこともちゃんと見ている。

passion continental 6
孤高の人になるときと、周囲に気遣ったりじゃれ合ったりするときの切り替えがしっかりできるんだろうなぁと。

continental up before the show
本番前のアップの真剣な表情。
この番組は様々な結弦クンの素顔を捉えていた。

passion continental 11
(迎えた本番も素晴らしい演技でした)

continental long sreeves
タイムトラベラーの長めの袖も。(私には萌えどころでしたので。スミマセン)

3月のカナダでの追込み練習に場所が移る。
「左足の不調如きで王座奪還をあきらめるわけにはいかない。」(ナレーションより)

足の方が大事と言いたいですが、シーズン最後だし行けると判断したのでしょうから何も言えません。
が、中国杯を経ても怪我への心配に慣れることが出来ません。

continetal sp practice
(得意の3Aもこの追い込み練習の時は決められず、疲弊して調子が悪そうでした)

番組スタッフの方々は彼の左足のことを世界選手権前に知ってたんですね。
まさにトップシークレット。

continental he cares his toe
ご本人は心配するスタッフに、

I can walk normally
「今ちゃんと歩けてるし、ここまでしっかりやってきたんで、ありがたいです」
と飄々としていた。本当はGPS始まる前から違和感感じて、どんどん痛くなっていたはずなのに。

記録を更新するたびに痛みも増していたのかと思うと涙がでそうになってしまう。

今回も最後まで滑り切ることが出来たのは、強運の持ち主としか言いようがない。
彼は怪我が多いけれど、「骨折」がないから試合に出続けられているのだと思う。

シーズンオフに無理しないで済めば順調に回復するとは思うので、彼のこのオフのスケジュールがどうなるのか、非常に気になるところではあります☆

continentalu are you strron
「自分は強い人間ですか?」の問いに

conitnental no
(即答)「弱いです。めちゃくちゃ弱いです。(中略)強ければ周りが何言おうと、周りがどんな環境であろうと関係なく自分を作り出せると思うんですよ。自分が作り出せない理由は多分弱いからだと思います。」

自分の弱い所を理解して、認められるって強い人だと個人的には思うけど。

continental what are you doing when tough sitiuation
「つらい時はどうやって乗り越える?」

continental i don't do nothing
「なんも乗り越えようとしないです。つらいものはツライ。もう認めちゃう。」
(大変参考になるご意見です(笑))

SP首位発進から、FSで失速し2位となった世界選手権後のインタビュー

continental after world competition
「はっきり言って、僕はもうこのまでは絶対終わらないし、もう次の目標に向けて結果どうのこうのじゃなくて、自分の理想・自分がしたい事、自分のスケートをもっと高めたいと思います。」

彼はもう次を見ていた。王者奪還はならなかったけれど

continental He sees future
「スケートと自分の生活は割り切らなければならないところもあると思うけれど、ホントにそのメリハリをしっかりつけて自分の中でもスケートを心から楽しみたいです。」

技術的な進化も楽しみだけれど結弦クンは人間的な成長もスケートにきっと顕著に反映されるであろうから、それも楽しみだ。

具体的には4Loの試合での成功や、更なる高得点・自分越えが期待され緊張にさらされるシーズンにはなるだろう。
エンディングでの彼の笑顔を見ていたら、来季も大丈夫と思えた。

Passion continental 7
(この直筆のフリップ持った映像も流れませんでしたね。番宣用?)

来季こそ、大きな怪我がないことを心から願っています。
今回は発表されなかっただけで足の状態は昨年よりも良くなかった雰囲気がとても漂う。

ほんとは怪我を隠して試合に出て良いんだっけ??とまたうろ覚えの知識がアタマをよぎったけど、もう終わったことだし。

シーズン最後の試合の世界選手権、結弦クンのことばかり心配してしまうけれど多くの選手も連戦で、万全な状態で出られる人って少ないんだろうと思う。

とにかく今は、一日も早く怪我が回復しますよーに。

continental 900
未使用の映像も沢山ありそうで、続編も作ってほしいと思った情熱大陸900回記念放送でした。
(オープニングに使用されたのに、ラストに持ってきてしまいました(汗))

yuzupinoさんより、動画をお借りいたしました。アップありがとうございます。
2016 0410 誰も知らない絶対王者の素顔

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

「王者のメソッド」と「情熱大陸」

photo of method of champion book
最初のお写真は文春さんの特設サイトからお借りしました。

photo of method of champion book 2
3月25日発売の、「王者のメソッド」は1月15日にamazonにて注文してましたが、2月末発売だったのが延期になってかなりがっくりきた記憶が甦ってきましたが、もうすぐ読めます☆
野口美恵さんがお書きになったということでとても楽しみにしている方は多いはず!

最初の写真の結弦クン、とても男性らしく見えますが、1昨年前の5月発売のNumberで使われた写真なんですよね☆
photo of method 2
当時はオリンピックと世界選手権を獲って2か月後くらいかな。

引っ張り出して読み返してみると、この頃は「理論」に凝ってたんだよな~。
と懐かしい気持ちに。

photo of champion method (532x370) (2)
Sports Graphic Number 平成26年5/15 852号より)

当然中国のアクシデントなんて予想もせずにいました。
敢えて、2年近く前の写真を表紙に持ってくることが野口さんにとって意味があることなのだと勝手に解釈しています。

Nmuber未公開の写真もあるということで、とても楽しみです。
野口さんが書かれた文章ならスムーズに読めてしまいそう。

photo of cover of chamion method
羽生結弦 王者のメソッド 2008-2016
2016年3月25日発売
1550円+税
特設サイトにはこちらから。

そして更に楽しみなのが、情熱大陸900回記念に遂に羽生選手が登場!!
放送日は4月10日(日)午後11:00~です。
Passion continental
「情熱とは可能性。」・・・彼らしい言葉ですね)

カナダでの映像が多いと思われる番組って、アス魂以来?
トロントでの公開練習は流れるけど、もっと見せて~といつも思ってましたから嬉しいです♪

photo of shoes
(いつもカナダでの練習風景って
photo of Yuzuru
靴ひも結ぶシーンから始まるイメージがあります(^^))

photo of practice at Canada
(で、大きな鏡のあるクリケットの練習場で滑る結弦クンが写る)

photo of walk around canada
(ちょっと自然の中を散策する辺り、貴重なプライベート感が見られますね♪)

と言いつつ、世界選手権も密着なんですよね。
集中の妨げにならないと良いのですが。
手放しでは喜べなかったりもします(^^;)
フジやテレ朝じゃなくって、一度フィギュアから手を引いたTBSというところがさらに不安。

あの阿修羅のごとく集中している試合前に空気読まないで話しかける人も、なかなかいないとは思います。
Passion continental 3

何で今まで出なかったんだろうとは思ってました。
ワールドレコード更新が期待される中、しかも900回記念。

結弦クンには900回記念関係ないのに、アニバーサリーな時季に持ってくるあたりが、テレビ局はやはりタイミング測るのがうまいですね。
passion continental 2

yuzupinoさんから情熱大陸出演のニュース動画お借りしました。
アップありがとうございます。

2016 0317 4/10情熱大陸900回記念 出演 ②

oriconstyleさんの記事が読めます。
羽生結弦の”孤独”な戦いに密着 情熱大陸900回記念放送

昨年は、ソニービルでしたがワールドの宣伝、今年は有楽町マリオンにて飾られています。
まだ手足症候群がチョット残っていましたが、天気も良かったしリハビリも兼ねてお写真撮って参りました☆

Photo of Yuzu (480x640) (480x640) (480x640)
結弦クン

Photo of Mao at Marion
真央ちゃん

Photo of Marion
結弦クンの後ろは宮原選手。撮影しましたが割愛(さっとんファンの方すみません)

そして渋谷へ。

Photo of Miracle (640x480)
お昼のハチ公改札口は人が途切れることがなく、あ~。撮影は難しいかなっと諦めかけましたが、少し粘ったら奇跡が。

photo of Yuzu up (275x565)
結弦クンのみのアップも絶対撮ります♪

久しぶりに脱引きこもり出来ました。
次の日やはり足の裏に痛みが出ましたが。(泣)

ついでに、マリオンに一番近いマツキヨ2店舗で「きき湯」をのぞいてみたらまだ新マグネット付ではなかったです。

FINE HEATのマグネット付なら残ってました(笑)。
これから変わっていくんじゃないでしょうか。

ちなみにオークションのスケート靴は残り時間2時間の段階で、3,361,000円ですっ!
自動延長もありですし、どこまで上がるのでしょうか。
チャリティですから、上がれば上がる程東北のためになるということで。

なんだか話がそれてしまいましたが。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

「一番苦しい記憶」

3.11 oction
最初のお写真は、ヤフーさん主催の東日本大震災応援プロジェクトに出品するサイン入りスケート靴を手にする結弦クンです。

とんでもない値段が付くことが予想されますが、復興支援の為に出来るだけお値段が上がりますよーに。

結弦クンの靴の入札は3月11日開始とのこと。詳細は下記からごらんになれます。
リユース!ジャパン プロジェクト オークションは応援になる(ウェブベルマーク協会)

彼が、ここ数日内容はほとんど被りますが、2つの番組にVTR出演しました。
「教科書で学べない災害」「everyの特集」

当時避難していた学校に足を踏み入れたら
3.11 Buwa
(その頃の記憶がよみがえったのでしょうか)

その中で特に印象に残った言葉が、everyで放送された
3.11 That's tough experience
「僕が生まれてきて、僕の記憶の中では、僕の経験の中ではこれが一番苦しいものだった」

避難所での生活のことだけでなく、激しい揺れの中スケート靴のまま逃げた時の恐怖。

3.11 He is sorry for others
将来を期待されていたため、他の方より早く避難所を出てスケートの練習を再開できたけれど、そのために生まれた「まだ被災地に居る方に申し訳ない気持ち」

すべて含めて、「一番苦しい記憶」なのかな・・・

避難所での生活も、相当厳しかったと思います。

3.14 restroom
衛生的とは言えない環境でも、私のように腎臓が悪いとガマンは禁物。
多くの方がトイレの回数を減らそうとして体調を崩されたのではないでしょうか。

ワカメごはんのお話も印象深すぎです。
3.14 Yuzu have rice ball
「懐かしい味。」今食べても美味しいと感じたそうです。)

3.14 Yuzu have rice ball at that time
「ほんとちょっとずつ。あまりにもおいしくて」

3.11 wakamegohan
(配られるおにぎりが2人に1個になっても、ご両親、お姉さんは結弦クンにおにぎりを1つくれたそうです。

色んな辛さ、5年経ってようやく話せるようになった部分もあるのかもしれません。

3.11 Sochi precan
ソチでの会見の時に、金メダルを獲ったにも拘らず出た言葉が「無力感」

そんなことないっ!って皆が思ったはず。

彼の金メダルは確かに被災地の希望になった。
ひとの心に希望や光を与えることはとても大きな意味がある。

結弦クンが、1月に自分が避難していた学校を訪れる番組、津波の映像がないものをyuzupinoさんよりお借りいたしました。アップ、ありがとうございます。

2016 0307 “被災地訪問”続けるワケ21歳の”覚悟”

被災した方への思いを語る結弦クンは本当に穏やかで優しくて。
3.11 You give us powers
「直接被災地に足を運んだりとか、被災した方々の声を聞けたりだとかそこで絶対言われることはどんな方であっても「力になったよ」という言葉と「前を向けるよ」という言葉と

3.11 I'll work hard
自分のためにスケートして、それを見て皆さんが何かを思ってくれるとか元気になってくれるとかこれほど幸せなものってないなと思います。

毎日の練習を大切にして、その練習のために毎日の生活を大事にして一つ一つやっていったら、僕はそれが結果として被災地のまたは被災した方々のためになれると思っているので、また心を入れ替えて一生懸命頑張らなきゃなと思ってます。

競技前の近寄るなオーラ全開の時や、良い演技が出来なくて悔しくてメラメラしている時とは別人だった。

3.11 I would live proudly for everyone
「僕たちは生きている人間だからこそ、命を全うして亡くなった方々、またはもっとつらい思いをしている方々に対して胸を張って生きられるような生き方をしなきゃいけないと強く思っています」

この言葉もとても心に響きましたが、自分は未だその境地に至っておりません。

それでも、津波で突然命を奪われた方々に対して恥ずかしくないように与えられた命を全うしなければと考えるようになってきました。

3.11 stars were beautiful
(3月11日は星が綺麗だったそうですね。またみんな一緒に住めるのかな?等と考えながら見ていたのでしょうか)

今年は東日本大震災から5年という節目を迎えるということで、NHKニュースなどでも連日被災地の状況を知らせる枠が設けられたりして、「風化させない」
「現状をしってもらう」動きが強いように感じます。

大勢の方々が東北の復興に力を尽くされていると思いますが、彼がずっとずっと震災を忘れないでと訴え続けてきたことも大きいと私は思っています。

Stop the time 2
(風化させないために、津波で壊れた家をそのままにしている男性とお話しする結弦クン)

風化させてはいけないし、支援し続けなければいけない。

ボランティアに行ける身体ではないし。
復興デパートで買い物するとか微々たる金額でも寄付する等、できることを細く長く続ければいいかな、と。

3.11 Stop the time
「でも止めてるんですもんね。あれは風化させないために・・・」

結弦クンのファンでなければここまで真剣に考えなかったと思うので、彼の発信力は大きい。

彼自身もきっと「無力」とはもう思ってないんじゃないかな。
自分に出来ることが多いことにきっと気づいているはず。

地震発生の3月11日14時46分。結弦クンは日本時間に合わせてカナダから黙とうするのでしょう。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

しーちゃんと対談・Friends+α

Friends op
皆様、お久しぶりです。どうにか毎日過ごせてます(笑)

今回のテーマは、結弦クンが荒川さん司会の対談番組Friends +αに出演!なのですが、やっぱりスケートをしている姿が見たい~ということで、最初のお写真は敢えて練習着姿の彼を選びました。

newscomさんからお借りしました。

小さなころから同郷のしーちゃんの背中を追いかけていたゆづ少年。その成長を見守り続けた二人の対談、かなりスケートに関する真剣な話題が多く中身も濃かったです。

お伝えできるのはほんの一部だけですが。

Friends OP
NYOI公演終了後すぐの収録だったようで、フィナーレで4Loを見事に決めた結弦クンに対して荒川さんが

「(ショー直後で)アシ限界ですって言ってアレ(4Lo)が出来る人っていない。限界の先にまだあるんですね」

というのが皮切りで、面白くも真面目なお話が続くのですが、

前半で印象深いのが、

「陰陽師のサウンドトラック聴いた時、最初笛の音に魅かれてこれでやってみようかな。
どうせ公家顔だし。キャラ的にも悪くないな」

「スピンの練習、1週間に5分くらい」
でしょうか。

Friends kuge face
(自分で公家顔と言っている時の表情)

「公家顔」
自分をよく知っているからこその選曲で、振り付けもハマって世界最高のプログラムが生まれるべくして生まれたのでしょう。以前、女形ならできるって言ってたし。

スピンの練習が後回しになってしまうということもこの番組で知りました☆
結弦クンのスピン、嫉妬もアップライトも年々ポジションが美しくなってると思ったのですが、練習時間1週間で5分であれだけの美しいスピンができるとは~
Friends spin 5minutes
(スピンの練習1週間に5分と言ってる時の表情)

後半で印象深いのは、きっと皆様おなじ。
「一番元気が出る食べ物は?」の質問に

「鍋物。一番身体に入って沁み渡って行く感が・・・酢醤油とかが好きなんですよね」
(もしかして、ポン酢のこと?)

更に荒川さんが的を射た発言。
「ツルっとしてイメージぴったり。血液サラサラそうだし柔らかいし。」
湯豆腐に凝っているらしくて豆腐も大好きだそうです♪

ワタシも鍋物もお豆腐も大好きなんです!

自分ひとりなら湯豆腐でオッケーなんですが、さすがに夫がそれでは物足りないので他の具材も入れないといけないんですが。(笑)

Friends with Shizuka
「昔は豆腐じゃなくてコンニャクって言われてました。アタマ振ってふらふらしてて~。スケートをやって最初についたあだ名。」

「今は芯のあるコンニャク」(荒川さん談)

豆腐とコンニャクの話は置いといて。

Friends Shizuka talks him

荒川さんから観た今の彼の印象。

「もろさがなくなった。ソチの前までは10代の成長の変化も大きかったこともあって、筋力・体力等色々なバランスを取るのは難しいかなと思っていた。(中略)

目標としている試合を全部制してきているので、今はもう目標としては自分を極めることに入っている。
守る気持ちが出てもおかしくないけど、彼自身はいつも失敗を恐れず挑み続け成長を止めないでいる。ずっと見続けたい。」

そう、私もずっと見続けたいです!!
ってか見続けます!!

質問も終盤に差し掛かり、「やってみたいジャンルは?」
の問いかけに
「ジャズとかやってみたいですね。競技用ではないですけど。ノービスの頃SPで「sing sing singをボーカル入りでEXで使ってて(後略)」

そう、個人的な話で申し訳ないのですが、この時に私は初めて「羽生結弦選手」の名前を知ったのです。

Friends sing sing
この時は地デジではなかったし、今の結弦クンのように顔を狙って映してもらうこともなかったのでお顔がはっきりしませんが。

懐かしのSing Sing Sing リンク貼らせて頂きます。動画お借りいたします。
2007 MOI Yuzuru Hanyu EX ~Sing Sing Sing~

女の子みたいにきれいな男の子。しかも綺麗なビールマン。
確かにこのころはスピン路線だったかも。

すぐに名前と顔は覚えましたが即大ファンになった訳ではなく、ちゃんと注目するようになったのはバンクーバー後です。(^^;)

「ご本人の感覚としてはあとどれくらい進化するんですか?」

「(4回転)アクセルまでは跳びたいです。
試合でいれる入れないは別として単発では跳べると思う。

リスクが3Aを習得する時にも怪我やダメージがあったので現役中に練習できるのかな?ジャンプとして技術的なものを極めるにはアクセルくらいまで行きたい。」

そっか、4回転アクセル試合に入れられなくても、引退後であっても練習したいんだ。
本当に、引退した後でも「進化したい」とか、言ってそうだな・・・・

「世界選手権に向けて」
Friends 18years old
(2013年に同番組に出演した時のお写真。幼くてかわいいな~。その後ホントに金メダル獲っちゃいましたものね。)

「せっかく300点越えっていう名誉のある評価を頂けているので、まずそれを狙って超えてというのは目指していますけど、それ以上に300点越えする為にはあれ以上のクオリティのものをしないと点数上がんないんです。(以下略)」

で、その後4Loをプログラムに組み込んだとしても、クオリティが高くないと・・・みたいなことをおっしゃってました。
Friends YandS

その意味は私の解釈違いでなければ、加点がもらえるくらいの4Loを完成させないと、4Sと4Loの点差は2点くらいだから、4Sや4Tで加点2点もらえてしまえば、ギリギリでいれてもあまり意味がないということでしょうか。

ワールドに4Loを間に合わせるつもりで練習することと推測しますが、実際に入れてくるかは想像つきません☆
無理しなくても、という気も致しますが彼の選択に注目したいと思います。

結弦クンの最後のご挨拶です(^^)
Friends last

「こんにちは。羽生結弦です。いらないかっ(笑)今シーズンはこうやってここまでいい演技を2回程続けることが出来、本当に嬉しく思っています。
ただ、まだまだ自分の限界ではないと思ってますし、これからも常に進化し続けたいなと思っているのでどうか応援よろしくおねがいします。」

他にも興味深いお話たくさんありました。

楽しみにしてご覧になった方、たくさんいらっしゃると思います。(^^)

私自身、NYOIを観たくてTBSチャンネル2の追加を某区ケーブルテレビに申込みした際、契約の変更が必要と言われ、新たに観られるチャンネルに日テレ+が加わってとてもラッキーでした。

再放送も、4月11日(月)22:00~あります☆

今回は今までで一番長い間お休みしてしまいました。

服薬スケジュールだと、ワールドの始まる週が一番副作用に悩まされそうなので私自身、超嫌です(;;)

それまでに薬に体が慣れて、副作用も少しづつ軽くなるといいなぁ。

その前の休薬期間中に昨年のようにソニービルの写真を取りに行ったり、列車ジャックがあれば行けたらいいなぁとひそかに願っています。(今年は何線?)
すべては体調次第ですが。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

とことん羽生結弦番組!

TOKOTON YUZU OP
最初のお写真はNYOIでの美しい結弦クンです。
Newscomさんからお借りしました。

自分で知ったことでなくて恐縮ですが、結弦クンは2月7日時点でまだカナダに戻れていないようですね。

クリケットで練習できることが彼にとって一番良い事に思えますので、早く戻れますように、と陰ながらお祈りさせて頂きます。

そんな中、2月7日はなぜか結弦クン関連の番組が被ってましたね☆
最近CS・BSの録画の失敗が多いので、「スポーツ酒場語り亭」はリアルタイムでしっかり観ました。

ミッツ・マングローブさんの鋭さに感心・感動し、他の方のお話も興味深く大変面白い番組でした。

yuzupinoさんより、動画をお借りいたしました。
アップありがとうございます。

2016 0207 酒場亭

Sakaba message from yuzu
ミッツさん、結弦クンから色紙とメッセージまで贈られて羨ましすぎです♪
番組名まちがってましたが(笑)
出演されてなくてもご自分の番組、観てるものなんだなぁと思いました☆

素晴らしいトークをしてくださった皆様。
Sakaba Cast
(向かって左から宮本賢二さん・本田武史さん・佐野稔さん・能登直さん)

各々の方々が「羽生結弦選手」の凄さについて熱~く・わかりやすく語ってくださったためご本人が出演されていないのに充分楽しめました。

Sakaba photo 1
(能登さんが撮った結弦クンのお写真の内の1枚です)

能登直さんが珍しく、こういった番組に出演され温かいお人柄が感じられる優しい語り口で結弦クンについて話してくださったのも見どころだったと思いました。

Sakaba photo 2
(しっかりと1位の表彰台から2位の昌磨クンに身体を向けて拍手を送る姿に人柄を感じたとのこと。本当にその通りだと思います☆)

Sakaba photo 3
(ミッツさん曰く、「静脈見てる」そう見えなくもないですが、とにかく美しいの一言に尽きると思います)

能登さんが撮られたお写真も拝見できましたが、どれも素晴らしくて結弦クンに対する愛情を感じます☆
ハイドロもいつもかっこよく撮ろうと、ご苦労なされているのですね。

Sakaba
NHK杯のボーヤン君の演技後の不敵に笑うこのお姿も良い写真と思いました。

能登さん自身、やってくれそうな気がしたというのも納得。

ミッツさんが、バラⅠに精通しすぎていらっしゃることにはびっくりでした。
昨シーズンとの違いもよく理解っていらして、話が間の取り方までに至った時は驚くばかり。

ご自身も踊りの経験、おありなのでしょうか☆
少し経験あっても、微妙な振り付けの違いくらいしか気付けなかった人もいるし(笑)

Sakaba costume SP
衣装を昨年のものと並べて、比較しやすくしてくださったのは良かったです。
やはり昨年の衣装の色の方が良いと認めます(笑)

ウエスト部分の色は黒でもゴールドでも良い気がしますが。それにしても、ウェスト細すぎっ!

試合ごとに濃くなっていくブルー。私は全日本の頃くらいの濃さが好きですが。

佐野さんもこの番組ではまともなことおっしゃっていましたね。
本田さんも解説の時は、ジャンプの名前をびしっというだけですが、お話もわかりやすかったし話も面白かったです。

賢二先生は、普段より控えめだったなぁと感じました。他の方に譲ってご自身が出張らない謙虚なお人柄を感じました。
Sakaba Kenji's advice
(とはいえ、結弦クンの性格をご理解されているため)

Sakaba Kenji's advice 2
(シェイリーンを立てながら、確り結弦クンに緩急のアドバイスをされるところが、やはり賢二先生!)

Sakaba give me add points
このお写真のエピソードは能登さんが、珍しくジャッジ側で撮ったお写真でいつもと違った角度から撮ったら、「こんな表情してたんだ」と感じたお話、以前どこかで聞いたのですが、

この目力はまさに、「加点しろ!」といっているようにきこえなくもない??

フリーの静については、本田さん解説で大好きな「陰陽師の歩み」を表現していると思われる、クロスロール。

Sakaba onnmyouji walk
本田さんの「インパクトでかい」に納得。

ACの時はバッククロスもあってその動きが大好き☆だったのですが、カットされてしまいそれが未だに残念ですよねっ。

その他にも
・ボーヤン君との4回転の比較
・SPでクワド2本にするためにどれだけ練習したであろうか、
・萬斎さんとの対談で得た表現力の深み
・カナダ人のシェイリーンが振付けたからこそ、和が海外で評価された
・キャデロロさんやプルシェンコさんの結弦クンへのお言葉など他にも興味深いお話満載でした。

ゲストの方々もこれからの羽生選手への期待を語ってくださいました。

Sakaba niece Romeo
伝説のニースのロミジュリについても語られ、懐かしかったですね。

Sakaba regend of niece
今の方がずっと難しい演技構成なのに今も私たちの心をとらえて離さない伝説のニースの世界選手権での演技。ステップ前の雄叫びは未だに皆の心に残っている。

Sakaba niece world fall
(あの転倒シーン。転ぶ姿ですら美しいこんなお写真がありましたとは)

「ニースのシーンが10年後20年後、羽生結弦を語りつくすときに絶対に必要なエレメント。途中の転倒もミソ。ファンがキャーッとなったのも込みで羽生結弦のストーリー、シナリオは脈々とここから行くんだなと」

皆さんから興味深いお話が引き出せたのはミッツさんがママだったことはかなり大きい気が致しました。

知的だし言葉づかいも綺麗なので私もミッツさんが好きです♪

Sakaba with pooh
「30代になってもプーさんを持っている羽生結弦は痛々しくならないように自分をコントロールしていくのでは?」
の、まとめもお見事でした。私もそう思います。

時折、本田さんは衣装のパンツのベルトにお腹のお肉が乗ってしまうこともありますが、結弦クンは齢を重ねても絶対そうならないだろうなぁと確信してます。

Sakaba after ten years Yuzu
また、数か月後に結弦クンを肴にこの酒場で皆様が集う日を楽しみに待ちたいと思います。

被ったほうの番組「キリトルTV」は、今迄、ちょっとズルイ番組だな~という気もしていました。
今回はエピソードだけ知っていた、全日本の開会式前のネクタイ騒動(?)の映像が観られたので良かったです(笑)

Kiri tie pinchi 1
(小塚選手にネクタイの長さにダメを出され締め直すことに)

Kiri tie pinch 2
(うまく結べず、迫る開会式で焦ってるようです☆)

kiri tie pinch 3
(ネクタイを、首から下げればいいだけにして手渡す小塚君。優しいですね☆)

yuzupinoさんより動画をお借りします。アップありがとうございます。
2016 0207 フィギュアを切ると

GPFの表彰式で、慣れないで戸惑う昌磨クンをからかいながらもシッカリと助け舟を出す微笑ましいシーンもあったんですね。

kiri GPF ceremoney 1
(ワタシもフィギュアの選手が表彰式で男女問わず腰に手を回す理由がきちんとわかって良かったです☆)

kiri GPF medal ceremoney
(腕を組もうとする昌磨クンに、腰に手を回すように指示する結弦クン。お兄ちゃんぶりと、注意されてるんだけどマイペースな反応な昌磨クンも面白い)

それこそ、ニースの世界選手権。
この時の昌磨クンのように、慣れない海外メディアのインタビューで、「大ちゃん」に助けを求めるような心細げな姿の結弦クンの動画を以前見たことがあるので、その時に比べたら本当に大人になりましたね☆と思わずにいられませんでした。

ゆづ不足になりそうなこの期間に充実した番組が被った2月7日でした。

テレビ局もそれをわかっていて、色々企画してくるのでしょうか?
乗せられて文章にしてしまう自分のことも笑ってしまいますが。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

本気!で楽しんでた紅白審査員

1231 Yuzu waits Bump
皆様明けましておめでとうございます。
ゆっくりペースになることと思いますが、本年もよろしくお願い申し上げます。

最初のお写真は、2015紅白にて「BUMP OF CHICKENさんと中継がつながってます」と言われ、この上なく嬉しそうなお顔の結弦クン。

今回の紅白は、動画はラスボスやダースベイダーシーンが一部上がっている程度ですので、自分でTV画面をスマホで撮る原始的な方法に打って出るしかありませんでした。

美しいお写真でないことを最初にお詫び申し上げます。

大晦日は格闘技にチャンネルを譲ってしまったので、観られたのは元旦のお昼過ぎ。敢えてネットで彼の審査員ぶりの情報を得ないようにし、鑑賞に臨みました☆

毎年紅白は録画して早送りしながらざっと見るのですが、今年はいつ結弦クンが映るかわからないので早送りの際もスローペースで、とても丁寧に観てしまいました。

1231 ika
(こちらのお写真は伍代さん歌のところ。イカで笑ってますね)

審査員紹介前に、Sexy Zoneのところで発見!!
えっ?スーツじゃないの?和服??
とか動揺しているところに伍代夏子さんのところで再登場。

1231 intro
そして、ゲスト審査員紹介。

そこでようやく落ち着いて見て、「そっか、これは家庭画報でお披露目した羽生家の家紋入りの紋付き袴だ」と理解した次第です。

大晦日の象徴の紅白に敬意を表して、和服という正装で来たのかな~。
彼らしくて良いかも、なんて思いました♪

happy birthday!
髪もこの婦人画報のお写真のように今風のセットではなかったので、「なんだか可愛いい落語家さんみたい☆」なんて思いながら観てました。

1231 norinori
後はもう全力で楽しんでましたよね。

初めて紅白のゲスト審査員に選ばれたニュースを聞いた時は、28日の夜まで札幌でEXで31日はNHKホールで年越し。疲れるだろうなぁ。
と思ってたけれど、彼自身が全力で楽しんでいる姿にこちらも幸せになりました♪

1231 star wars
ダースベイダーに堺さんと共に立ち向かってみたり、印を結んで対抗してみたり、楽しませて頂きました。とても機転が利きますね。
1231 SEIMEI
(結局撃退できませんでしたよね?)

1231 flowers will bloom
「花は咲く」で、一生懸命歌う姿も印象深く。
被災地や故郷からの応援を必死に受け止めて滑ってくれているんだなぁとまた改めて感じました。

BUMP OF CHICKENさんの曲紹介をする、ということも聞いていましたが結局イノッチさんがやってましたね☆

バンドの皆さんが直接NHKホールにいらしてたら、結弦クンが曲紹介したかも?

1231 Bump how cute
それでも、BUMPさんがコールされた時のワクワクした表情がかわいかったです。

全日本のSPでリラックスしすぎてしまったと言って、FSの会場入り直後の映像から、誰も俺に話しかけるなオーラ全開の彼と同一人物と思えないのが何とも言えませんでした~(笑)

ある意味、出場歌手より目立っていたような。
ホントにおでこがかわいいっ。
結局、「花は咲く」を出演歌手全員で歌ったコーナーを含めても彼の出演シーンのみを編集したら、4時間30分の放送時間の中で、15分程度でした。(短っ。)

1231 arigato
録画を観終わった後、ネットでの反響をのぞいてみたら、「お城の暮らしに飽きて町の祭りを観る若様」とか、堺さんを、「お金目当てで御曹司の護衛についた古美門研介にしか見えない」とか多くの方々が面白い事を書いていらしていて笑ってしまいました。

可愛い落語家さんに見えてしまったのは私位なようで(笑)

1231 cupple
そして、堺さんとのツーショット、「何なの!このカップル感は!?」と思ってしまいました。

このお写真の結弦クンは確かに「お姫様」入ってますし、堺さんは美しい姫を守る武士のイメージあるし。
(菅野美穂さんすみません。もちろん遊び心です!)

歌の審査がメインなので、堺さんとお話する機会がどれほどあったのかはわかりませんが、随分と打ち解けているように見えました

時間があったら、結弦クンは質問攻めにしたかもしれませんね。役作りのこと等。
萬斎さん対談の時も多くのことを尋ねていましたし、ジャンプの葛西さんも「園遊会でマシンガンみたいに質問された」とおっしゃってましたので(笑)

1231 las boss
(ラスボスの小林幸子さんの歌、シッカリ歌ってましたね。ゲームと関係あるのかな?)

あさイチがカナダでも見られるなら大河も見られそうな気がします。真田丸も見るようになってしまうかも、なんてねっ。

結弦クンはスケート以外で表舞台に立とうとはしない人ですが、今回の紅白のように特例でアスリートとして以外での華やかな舞台で観るのも良いなと思いました。

後は、来週のNHK杯スペシャルエキシビションと、翌週の大阪でのアイスショーですね。
その後は、世界選手権に向けて練習に専念できるように配慮して下さることと信じます。

4Loを試合に組み込むまでに1か月半弱しか練習できないのですから。
彼なら、そこまで持ってこられそうな気がします。

1231 Xjapan
(このXで乗りまくってるシーンが、紅白でのラストシーンだったような(笑))

ようやくとっても楽しそうだった紅白の審査員の事を書けました。

全日本のことをまったく書けていないことが非常に心残りなので、折を見つけて少しでも書ければという希望は未だにあります(笑)

今日(1月4日)はeveryで、彼がプログラムの編曲に携わったことへの特集が組まれるようなので、今更全日本もないのかもしれませんが、自分の記録として、欠けているのがやりきれないとでも言いましょうか。そういった意味では時期がずれても書きたい希望はあります。

今日を持って本格的に再開しますとは言えませんが、大切なこのサイトを放置したくないので、ゆっくり書いて行けたらいいなぁと思っています。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。