カテゴリー別アーカイブ: テレビ番組

「KENJIの部屋・エピソード3」

余りにもお可愛らしいので
まず始めに、今回の未曽有の水害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。

水道・電気などのライフラインの一日も早い復旧や、避難所でお過ごしの方々が少しでも早くご帰宅できますように心よりお祈り申し上げます。

今の日本は、「いつ誰が被災者になってもおかしくない状況」なのだと感じるとともに、自然災害に備えての準備などについてもう少ししっかりと考えようと改めて思わされました。

少しでも元気が出ますように、とてもかわいらしい表情の結弦クンのお写真をお借りしました。
今回のお写真は、Jsports4さん、news.comさん、そして動画をアップしてくださった方からありがたくキャプさせて頂きました。

エピソード3お見逃しなく(既にご覧になった方ばかりだと思いますが、こんな予告ツイートもありました))

しばらくぶりの更新です。
ジュニアGP・ロシア女子などをきちんと追っている方もいらっしゃいますが、こちらはコテコテの羽生結弦選手応援ブログですので、KENJIの部屋のエピソード3が始まるまでお休みを頂きました。

「エピソード3」も内容が濃すぎて、どのお話の感想を書いたらいいのか困ってしまいます。

特に印象深かったのは
1. 震災の時の葛藤、様々な思い
2. 神戸でのチャリティ演技会
3. ハビ・ナム君との関係
でしょうか。

今回も濃密だったお二人の対談は、下記からお読みいただけます。

「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」羽生結弦選手エピソード3(前編)

「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」羽生結弦選手エピソード3(後編)

僭越ですが私の心に残ったシーンをあげさせて頂きます。

1. 震災の年の葛藤、様々な思い

「震災の年の2011-2012シーズンでは、常に「被災地代表」としての周囲の眼が嫌だと感じた時期もあった。」

16歳当時彼の正直な気持ちでしょう。
いちスケーターなのに、常に震災の話が付きまとい「なんでこんなに重い物を背負わなけれないけないのだろう?」と。

charity
(このお写真は神戸のチャリティをお借りしましたが、各地で他の選手とともに募金活動も何度もされたことと思います。)

けれど、彼は気づいたそうです。(彼の言葉の要約・抜粋です)

17歳で初出場の世界選手権で銅メダルを取った時に

「被災地のためにと思って滑っていたけど(自分は)元気を与えるような立場ではなくて、逆にもらっている立場だった。そしてそれを受け止めたことによって最後まで演技しきれた」と。その後はカナダに拠点を移して更なる飛躍を遂げます。

練習環境が変わっても、常にその時の気持ちをオリンピックまでずっと持っていたからこそ、金メダルを獲ってやる!という意識が誰よりも強かったのかもしれない。

「誰かのためにスケートをすることも大事。それが原動力になる。」
正確な書きお越しではありませんが、こちらも心に残った言葉です。
エピソード3の結弦クン

「支えてくれた、応援してくれた方に感謝したい」という言葉は良く聞きますが、
アスリートが「誰かの為に自分の競技をする」という直接的な表現をするのは聞いたことが無かったので、「羽生結弦」という選手らしい言葉として私の心の中では大きく位置を占めました。

2. 神戸のチャリティ演技会

震災から約1か月後に高橋大輔さんが発起人になって行われた神戸での、被災地支援のための演技会。

そのショーに招待されて、震災後初めて観客の前で滑り温かい歓声を受けスケートを続ける決心をした彼。
チャリティ演技会・挨拶
(演技会後に観客に挨拶をする結弦クン。伝えるべきことを書いた紙を見ながらのご挨拶。)

今回のエピソード3では、当時のことを語る結弦クンにもさることながら、涙ぐんでなかなか言葉が出なかった賢二先生の優しさにこちらまで涙が出そうになりました。

「花になれ」のお話ももう少し聞きたかったのですが、
「泣いちゃうから止めよう!」

エピソード3の賢二先生

と、少し中途半端になってしまって残念でしたが、やはり賢二先生のお人柄にこちらまでが魅かれてしまいました。

3. ハビ・ナムとの関係

ナム君はSNSをやらない結弦クンの写真をインスタなどで時折見せてくれるので感謝♪ですが、今回はカット。

ゆづとハビのやりとり大好きなんですけど、このブログでは書く機会が全くありませんでした。
カナダでの練習のことも少し話してくれましたね。

クリケットで、ハビとナムが遊んでいても「俺はあそばないぞっ!」と自分ひとりで練習に励むとか。

練習でハビがフリーノーミス。ゆづは逆にジャンプが全パンクしちゃって調子が悪いときはコーチではなくてハビが慰める。
ハビが調子が悪くて落ち込む時は、ゆづとナムが「前は跳べたじゃん」と慰める逆パターンもある。

何となく、そんな3人の図が想像できる気がします。

安藤さんフェイク?2
ファイナルや世界選手権でゆづ・ハビ二人で表彰台に上がることが最近続いて、その時の二人のハグの仕方が、この場で私がいう迄もなく明らかに熱すぎる!!

ハビが本当に結弦クンを女の子のように扱っているよな~と個人的に思います。(*^^*)
ゆづはびハぐ

今年の世界選手権では、ハビ1位・結弦クン2位が確定した時、どっぷり二人の世界に浸って3位のデニス君が目のやり場に困っていた映像がありますよね。
その面白い映像既出かと思いますが、一応下記からご覧になれます。
you tube

本当は好き同士なんじゃないか?と思うことも多々あります。

私個人はそれでもいいんですが。ハビと安藤さんのことも関心ないし(笑)
かなり、かなり、番組からヨコにそれ失礼しました。

記事にするには大変苦労するKENJIの部屋ですが、残すところあと、たった2回~?!
それもさみしいです。ファンとしては濃密なお話が聞けて大変貴重な番組です。
来月からはいよいよ本格的にシーズンイン!!

六本木のテレビ朝日にGPの大きなバナーが張られ、修造さん司会の熱いプレスカンファレンスが今年もあるのでしょうか。

今年は「極北」「ティム・シェル」と名言を出して下さる方がいないのがさみしいですが、昌磨君がシニアデビューでどこまでやってくれるのか、非常に楽しみですね。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

「KENJIの部屋・エピソード2」と「2015・NHK杯チケットに思うこと」

赤いダウンの結弦クン
「KENJIの部屋」エピソード2も、結弦クンの魅力満載でした。

最初のお写真は、前回と引き続き良くお似合いの赤のダウンの結弦クン。
ニュースウォーカーさんからお借りしました。

今回も充分楽しめました対談の全内容は、下記からお読みいただけます。

「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」羽生結弦選手エピソード2(前篇)

「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」羽生結弦選手エピソード2(後篇)

例によって印象に残った会話をほんの一部ですが、ご紹介させて頂きたいと思います。

賢二先生が、ゲストの方に必ずなさる質問、
「ダブルアクセルいくつで飛べた?」から始まりました。
エピソード2 対談っぽい
(お写真はKENJIの部屋、次週予告からお借りいたしました)

ご本人ははっきり覚えていないようですが、中3くらいではもう跳べたようですね。

その後は「変人」とご自身でおっしゃる位、縦に締めるアクセルがいかに好きか熱く語ってくださいました。

好きだからこそあんなに見事な3Aが跳べるのですね。

別の番組で織田クンがわかりやすい解説をして下さり、彼が3Aをどれだけ難しい入り方で跳んでいるかなどもお勉強してありましたので、

「アクセルに特別感がある」
というコメントも、納得!でした。

世界一美しい3A!と思っております。

話の順番は前後してしまいますが、あれだけ見事な4Tと3Aが跳べるからでしょうか。
却って3Tや2Aが跳びにくくなってしまうというのも実に興味深かったです。
episod2

無良選手もフィギュアスケートTVか何かで、2Aが跳びにくいとおっしゃってましたね。

彼の持ち味もダイナミックな3A。(軽々と跳ぶ結弦クンとは対照的に力で持ってくぅ!みたいな?)男らしいスケートですよね。

オリンピックの金メダルについては、
「獲れるか獲れないじゃなくて、獲ってやるという気持ちが誰よりも強かった」

本当にその言葉通りだったと思う!だからFSでブライアンの呪いでフリップミスっても金メダル獲れたんだ!
と、激しく納得してしまいました。

賢二先生の「平昌は狙うよね?」

の言葉に、力強く「狙いますね。狙わないと意味がないですもん。今スケートやっている一番大きな理由」と、キッパリ。

もう、カッコ良すぎでしょっ。美しいだけじゃなく、芯の強さも魅力です。
エピソード2 ツーショット

勿論平昌でオリンピック2度目の金、充分狙えると思って応援し続けますっ。

賢二先生、本当に優しく結弦クンの話を聞いてちょうどいい具合に言葉を挟んでくださる。
トーク番組に向いてらっしゃいますね。

KENJIの部屋についてもう少し書かせて頂きたいところですが、こちらに、

「NHK杯 フィギュア チケット」でお越しくださる方も多いのですが、6月の過去記事、
「史上最大のチケット争奪戦2015・NHK杯」が表示されてしまうようです。

9月8日はeプラスの最速先行の発表ということもあり、上記のワードでお越しいただく方が多かったです。

今年のチケット状況は特に、キビシイと思います。
私自身も苦戦しております。

赤いガーナの結弦君
(リンクで一番輝く結弦クン。試合の緊張感はショーとは比べ物にならないのでやはり、観たいと思います)

抽選応募は友人の協力などもあり単独ではないのですが、それでも今年は苦戦しております。

行きたい人が多すぎて、取れなかったのなら仕方がないと思えます。

けれど、行きたい人が当選できないで、転売サイトに物凄い値段で出品されている現状は「納得しかねる」としか言えません。

偉そうに言っている私ですが、過去に一度も利用したことがないとは言えません。(利用者がいるから、こういう事態になったと猛省してます)
なので、一応のぞいては見る習慣があります。
提供されたお写真2
(LOTTEさんの新CM、メイキングを見るとしっかりSEIMEIの振り付けで滑ってますよね。そういう姿を見るとますます見たくなるのがファン心理。)

本当に驚くほどのお値段が付いており、この現状が心配されます。

転売業者の買占めがさらに酷くなって、最終的にかなり多くの方が、正規の値段で観ることが不可能になってしまう時期が本当に来るのではないかと、大変懸念しております。

実際に現在がそんな状況かもしれません。

人には事情がありますので、どうしてもご自分で入手できなくて高額でも頼らざるを得ない方もいらっしゃるかもしれない。
そして、利用する方々を非難する資格が自分に無い事も充分承知しております。

汗だくでも綺麗

「NHK杯」「チケット」でサイトにいらしてくださる方も、一般の心から観戦したい方に正規の値段でチケットが手に入らない厳しい現状をご存知の方が多いのかなとは思います。

ご存じなかった方が知ってくださったら、そのことに価値がある。

私がこのブログに書いたくらいでは何も変わらないでしょう。
それでも書かないよりましかな、と思って書かせて頂きました。

eプラスの最速抽選の結果発表が済んで、各プレイガイドの抽選受付が9月9日から始まりました。

NHK杯

上記をクリックすると、NHK杯のHPに行きます。
次に、右下のチケットの欄をクリック「先行販売」欄をご覧頂けば、詳細がお分かりになると思います。

指先まで綺麗だな
(心から彼の滑りを観たい、と思われる方の手にチケットが行きますように)

本当に行きたいと望んでいらっしゃる方が当選されることを心から願っております。

「長野」「ホテル」「取れない」でいらっしゃる方も多くて、それだけ今厳しい状況なのですね。

チケット販売が一通り終われば、必ずキャンセルが出ることと思いますので、ご自分でマメにホテルに問い合わせるしかないと思います。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

「追われる立場」と怒涛の出版物

2014・中国大会SP
前回の「KENJIの部屋」エピソード1 では、映像無の番組をどのようにお伝えすればいいのか悩んでしまって、かなり印象に残った言葉についても書きそびれる程でした。

エピソード2の放映前にほんの少しだけですが触れさせて頂ければと思います。

最初のお写真は、敢えて2014年中国大会・ショートプログラムのお写真をお借りしました。

かなり印象に残った言葉。
KENJIの部屋エピソード1のラストの方で、結弦クンの口から初めて、

「追われる立場」

という言葉をきいた気がします。

追われるものの立場
(お二人のお写真は、エピソード2の予告からお借りしました)

以下は抜粋で、彼の言葉を正確に起こしたものではないことをご了承くださいませ。

「オリンピック後のシーズンはとても期待されていたと思う。
中国大会のショートはプレッシャーに押しつぶされてしまった。」

そして、自ら後半の4回転が3回転になってしまったことにも触れていたのがとても印象深かったです。
調子悪そうな中国大会2
(中国大会というと、まずアクシデントと怪我を圧して滑りきったフリーが語られますが、見るからに体調の悪そうだったSPも、私の中では大変心に残っているのです。)
(お写真はお借りしたものです)

「勝てば勝つほど追われる立場ということを意識するので、そこがまた難しいところ。
(オリンピックチャンピオンであることは)ずっと続く称号なのでどう向き合っていくかが一番の課題」

特に、オリンピックチャンピオンとしての初戦、中国大会でのSPの緊張は並大抵のものではなかったことでしょう。

昨年のインタビューでは、「オリンピックチャンピオンだから」という言葉はよく出てきていたけれど、「追われる立場」について語られたことはなかったと思います。

追うもの・昌磨クンと草太くん
(今年からシニア参戦の宇野昌磨クンと、今年は未だジュニアですが期待大の山本草太クン。二人ともこのまま伸びていけば結弦クンを追う者の筆頭候補に成長すると思います。)
(草太クン、ジュニアGP米国大会3位入賞、おめでとうございます!!)

やはり2014年に3つのタイトルを取ったことで、他の選手から常に追われる立場に立たされたことを常に意識していたのだろうな。

今回、結弦クンの言葉で初めて聞いて私の中で腑に落ちました。

賢二先生、オリンピックの話題久々に出してくださってありがとうございます。

既出ですが、ここ最近2016年のカレンダーも含めて怒涛の出版物ラッシュですね☆

FIGURE SKATE BEST SEANE
FIGURE SKATING BEST SCENE
2015年9月28日発売 エイ出版 1296円
(お写真は能登直さんのツイートからお借りしました)
美しいので買うしかございません。

羽生結弦語録
羽生結弦語録 羽生結弦著
2015年9月25日発売 ぴあ出版 1296円

サンプルがいくつか読めますが、もうすでに涙してしまいました。
羽生結弦語録・サンプル2

最後にカレンダー。卓上もあります。

もったいなくて飾れないの、わかっているのですが買ってしまいます。
今年のも飾れていません。額に入れても日に焼けてしまうのが嫌なので・・・

買って満足しているだけかも。時々眺めてうっとりしますが、しょっちゅう見ると傷むので控えめにしています。呆れてください。

2016カレンダー表紙

2016カレンダー1・2月
羽生結弦 2016年カレンダー 壁掛け A2
ハゴロモ 2015年 10月7日発売予定)2484円

2014年のカレンダーのお値段があがっており、びっくりしております。
絶対手放しませ~ん。(笑)
12000円
高っ。

最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。

「KENJIの部屋」・エピソード1(映像無し)

KENJIの部屋OP
あさイチに始まり、9月はJsports4での「KENJIの部屋」と、例年に無くトーク番組が続きファンにとっては嬉しい限りです。
最初のお写真は、KENJIの部屋の予告よりお借りいたしました。

本当は映像があって画面キャプでレポできればよろしいのですが、今回の結弦クンを観るためにJsports4に加入された方も多いと思います。

そういった諸事情があるかは不明ですが、現時点で予告以外、本編の映像のアップはされていないようです。

映像が見たくてお越しい頂いた方がいらしたら申し訳ないので、始めにお断りさせて頂きます。

9月6日(日)BS無料の日に、Jsports4さんが13時30分~14時
「KENJIの部屋 羽生結弦編 エピソード1」をオンデマンドにて放映してくださるとのことです。
ご覧になれなかった方はチャンスではないでしょうか。

どんな話を?
(どんな話をしたいか聞かれ、「振付やスケートの話を選手と振付師という形で盛り上げていけたら」と答える結弦クン。

あっという間の30分間でした。
KENJIの部屋のリンク、貼っておきますのでお二人の濃い対談が読めます。

「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」羽生結弦選手エピソード1(前篇)

「フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋」羽生結弦選手エピソード1(後篇)

印象に残った話、全てと言えばそれまでですが、

「最近どう?」
と賢二先生に聞かれた結弦クンが、
「スケートと、仕事関係にほぼ時間を取られています」と答えたシーンです。
「アイスショーと、仕事、大学の勉強が大変」
ということをおっしゃっていて、
(えっ?仕事?メディア関係の仕事、ショーの時期でもあるんだ~)
と思ったもので。

話がそれますが、LOTTEさんで始まったこのキャンペーン、昨年と衣装が違うのでこういうお仕事がやっぱりあったんだ~。と思った次第です。
衣装、昨年と違いますよね?羽根があるし。見間違いなら指摘してくださる方がいらしたら嬉しいです。

キャンペーン2
ガーナクオカードキャンペーン

新CMも撮ってるかもしれませんね。
スチールだけかしら?それももったいない気も。
クオカード、30名なんて絶対当たらないと思うけど応募しないと当たらない・・・
またしてもチョコが増えそ~。

よりによって、こんな素敵な写真の時にクリアファイルじゃないのでしょう?
クリアファイルも早朝にコンビニにお迎えに行くの、大変なんですが(苦笑)
完璧にヨコ、スミマセン。

やはり、「スケート以外の仕事が忙しくて身体大丈夫かっ!」って、今年は昨年より心配せずに済むかと思ったら甘かったと、昨日番組を見て感じました。

「アイスショー、仕事、大学のレポートでゲームもあまりできないくらい忙しい」
とのことでしたので、ショーの時期で収録場所が新横浜プリンスホテルということは、DOIの頃に撮られたのかなぁと想像してみました。

お揃い
(ご自分のブランドのTシャツ・ジャージを着て登場の結弦クンに「気を遣わせちゃって」と恐縮する賢二先生。優しい方ですね)

ソチオリンピックで金メダルを獲った時のことを久しぶりにご本人から聞けたことも印象深かったです。

オリンピックで金メダルを獲った時のインタビューで答えることも決めていたのに、実際には(考えていた言葉が)「なんも出てこなかった」

確かにあの時は、生で観ていて、各国のメディアが待ち構えていてNHKの中継も、「いつ羽生選手の声が聴けるのかわからない」雰囲気だったですね。

ご本人のお言葉通り、「プレスカンファレンス行けよ!」オーラが画面を通しても感じられました。

結弦クンの印象
(結弦クンの印象を聞かれ、「振付中休んでいるところを見たことが無い」と。集中して、ガッツリとやるタイプですよね。)

一見コワモテの賢二先生、大ちゃんと仲良しのイメージがあって、

「もっと結弦クンとも仲良くして~っ!!」

と、勝手にひがんでいた時期が私にはあったのですが、お二人のトークの息もあっていたと思いますし、お話を引き出すのが上手でとても優しい方だなという印象です。

そもそも壁ドンさせたのも賢二先生でしたね。
その頃の私は未だブログを書いておりませんでした。
反響が大きすぎたことを結弦クンに謝る先生もお人柄の良さが出ていると感じました。

壁どんゆづ・賢二先生ヴァージョン
(お写真はもちろん、先生ご本人のブログ・賢二流からお借りしました。織田君そこ替わって!と今でも思います。)

今頃壁ドン貼る人もワタシくらいでしょう。でも、懐かしいですね。

そんなこんなで楽しい時間はあっという間。でも、まだ4回あると思うと楽しみです。
火曜日が5週ある9月の放送にしてくださってJsports4サン、ありがとうございます。

結弦クンのインタビューなども、Jsports4でしか見たことのないの映像などがアップされていることもあるので、今シーズンはこのまま契約しちゃおうかなぁ、と思ったりもしています。

しかし、今回の「KENJIの部屋」は自分のような未熟者には難しすぎます(泣)
とはいえ、彼のファンである自分の「記録」でもありますので、うまく記事にできないことがあってもご愛嬌でお許しいただければと思います。

最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。

至福の「あさイチ」

あさイチ・OP
今朝のあさイチは完璧に眼がハートマークになってずっと画面に釘付け。
そのようなお方がどれだけいらっしゃったことでしょう?
最初のお写真は、8月28日(金)8時15分の結弦クンです。

チョコ開きのニュースもあるのは承知ですが、今日は「あさイチ」で終わってしまいそうなのでそちらに関しては、後日か割愛ということで。(笑)

今朝は8時15分と同時に爽やかな笑顔が画面に登場。

お話がたくさん聞けたし、地方訪問のコーナーにまで結弦クンが映り続け、イノッチさんの機転のおかげで園芸コーナーにも結弦クンが出演。
カットするところがないプレミアムトークコーナーでしたっ!

RIKOさんが、動画をアップしてくださっておりますが今回はお借りしておりません。
見逃してしまってぜひ、ご覧になりたい方は
dailymotionで、「150828 Y.H Premium Talk 前編」「後編」に分けてアップしてくださっていますので、そちらでご覧になれます。

あさイチ・衣装
衣装についての質問も沢山あったようですね。(当然だよね、と改めて納得)
ジョニー・ウィアーさんデザインのこのお衣装。
ソチでのFS「新ロミ・ジュリ」
男性と女性の二面性をだしたかったとのこと。

短剣で胸を突くのはジュリエットだから、両方を演じているのかな?とは思ってました。
結弦クンの言葉で聞いてこれにもまた、改めて納得。

小鳥のことも、「言えないぞ!」とか、やりたくないことは「やらない」と、ヒジョーにはっきりしてるんですよね☆
決して優等生な面だけではない。本当にすべてが魅力的な結弦クンです。

衣装に縫い付けてある小鳥の画像キャプ出来ましたので貼っておきます。♪
わかりにくくてスミマセン。
「意味」は気になりますが「言えないぞ!」を尊重して追求しないでおきませう。

小鳥ちゃん1R

小鳥ちゃん2R

あさイチ・今季プロ
今季のプロで和物を演じるSEIMEIについてもタイヘン興味深いお話が聞けました。
編曲に携わって、和風の音楽をフィギュアに合せる難しさだとか・・・
大河ドラマの曲を聴いて「和」を思いついたとのこと。

特に誰かをイメージしたわけではないですが、「篤姫」「龍馬伝」等、スケートにどうだろう?と思ったことはあります。
「天地人」は信成クンに滑ってほしいと、今でも思っている私です。

お恥ずかしいくらい勉強不足で、今季から4回転の転倒がマイナス4、ディダクション1と合わせて5点を失うことをつい最近知った次第。

色んなご意見もあるようですが、廻りきっての転倒ならGOEからマイナス3点だった時と比べたら痛いのは確か。

ゼロコンマの点差の闘いで、ファイナル進出をもぎ取った昨シーズンの彼。
曲が一秒オーバーで、1点マイナスなんてとんでもないですよね。

あさイチ・ムチャ振りアラベスク

長い手脚が見たい!のムチャ振りに応えて高いところに貼ってあるイノッチマンを取る結弦クン。

美しい第一アラベスクです。バレエ、2~3か月かじっただけなんですね。
やるべきとまでは思いませんが、少し取り入れれば動きがもっとエレガントになるのにな、と思ったことはあります。

あさイチ・ムチャ振りケン玉
ムチャ振りケン玉。もともと器用で筋が良いのでしょうね。
久しぶり・マイケン玉でないにもかかわらず、きっちり決めるのはさすが。
一発で決められなくて悔しがる負けず嫌いさがかわいい♪

あさイチ・カットする部分がないっ

今回のあさイチ、本当にカットする部分がありません。
最高画質で録画して、ノーカットでディスクに落としました。

地方訪問のコーナーで栃木県・小山市をリポーターが訪れているシーンでもずっと映ってました。

ちなみに栃木名産のかんぴょうの元、ひょうたんで作るスピーカーのご紹介。
彼が手に持っているのはひょうたんから作られたスピーカー。

あさイチ・最も美しいお顔

園芸コーナー、ゲストの方が呼ばれるなんてなかったと思いますがイノッチの機転で結弦クンも参加。

この、根腐れ防止剤を敷き詰める時の結弦クンの超度UPが私の今日のあさイチでの一番のお気に入りの表情なのです。

1度のチャレンジでキャプ出来た嬉しい1枚です。

本当に綺麗だなぁと見惚れてしまいます。

本当に私のお気に入りのところだけ抜粋で、イヤホンとか、サラオレインさんまでカットしてしまってスミマセン。

あさイチ・ムチャ振りヘランジ

最後はお約束のヘランジ。
リクエストに応えて「やるぜっ!」とノリノリ。
そういうサービス精神旺盛なところも好きだなぁ。

あさイチ・ラストカット
ラストカットはイノッチとウィンク。
参りました。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

被災地の想いをつなぐアイスショー(2015・24時間テレビ)

サッシ―のツイッター
15時30分からの直前SPで、本日の会場は東大和市、ショーでは2曲披露、ショーを終えた結弦クンも武道館に駆けつけるとの発表。
全く意表を突かれっぱなしの今年のアイスショー。
トップのお写真は指田郁也さんのツイッターからお借りしました。

武道館に結弦クン到着~。
お出迎えの芸人さんの「頭ナデテください」を華麗にスルーし、羽鳥さん達の待つメインステージへ。

RIKOさん、早速の動画アップありがとうございます。
お仕事の速さにも脱帽です。感謝してお借りします。
分けてアップして下さるお心遣いにも感謝申し上げます。


150822 24hTV ~武道館に登場 投稿者 YzRIKO

瀬戸大也選手と貴重なツーショットを見られ、義手の少年の和太鼓挑戦に「太鼓を叩くだけでも大変なのに、ポーズが綺麗に決まっていて感動しました」という彼らしい優しいコメントなども聞けました。

なんだか、ああいう芸能人の多い場所(バラエティではないんですが)に結弦クンがいること自体が不思議な感覚でした。

演技の前に流れたのは福島県の仮説住宅の個人宅を訪問とお裁縫教室の見学のVTR。
皆様、結弦クンの訪問と笑顔に癒されていたと思います。

仮設住宅は名前の通り、仮の住まい用の簡易な心もとない作りで「夏は暑く冬は寒い」
未だにそこを出ることのできない方々が大勢いるのが現状。

被災地の厳しい現実は結弦クンのファンでなければ、多分あまりよくわからないままでいたと思います。

再びのRIKOさん、仮設訪問の映像、ありがたくお借りします。

150822 24hTV ~福島仮設住宅訪問 投稿者 YzRIKO

福島の仮設にお住いの方々を中心に、100名余りを招待して行われたアイスショー。

アイスリンク仙台にしないで東大和市のリンクを選んだのは結弦クンに武道館にきてもらいたかったからかしら?と疑い深い私ですが、福島からなら東京も仙台もさほどかわらないのかな。

2曲披露ということで、「花は咲く」と「花になれ」ってことはないよね?
ぢゃぁやっぱりレイクエム?と思ったら、「レクイエム」でした~。

最初は「レイクエム」を滑って欲しかったけど、「花になれ」と発表になった時は
「そちらの方が良いのかな?レクイエムはちょっと重たいかもしれない」
と思いましたが、結弦クン自らの選曲だったのですね。

招待された方がおっしゃっていたように、本当に結弦クンの滑りは花のようです。

能登さんのレクイエム2
(お写真はマダムタッソーにて私が撮影させて頂いたものです)

ただ、どうしてもフィギュア中継を観る目になってしまって、カメラアングルがイマひとつなのが気になってしまいました。

「日テレだから、フジやテレ朝と違ってカメラマンが撮影に慣れていないのよっ」

「これは大会の中継じゃないのよっ。チャリティーのアイスショーなんだからカメラワークに文句を言ってはいけないわっ」

「今回は、観客の皆様を映すことにも意味があるのよっ」

と自分に言い聞かせていました。
が、さすがに年配のご婦人二人のアップが映し出された時、
「ハイドロカットしないでぇっ」と叫んでしまう瞬間がありましたが、無事に映ってホッとした私。

能登さんのレクイエム
神戸で初めて見た時は泣く程感動したのに、今回のアイスショーの初見では違うトコが気になってしまい、結局5回ほどリピして演技を観てしまいました。

結弦クンの演技は素晴らしかったし、久しぶりにレクイエムの新しい滑りも観られて嬉しかったです。

でも、最後のアップももっと正面からちゃんと撮って~等と思ってしまい、すみません。24時間テレビの趣旨から外れた感想です。

2曲目はお着替えをして「花になれ」
本当に久々に観ました。
(演技の画面キャプは今回のものではありません。ご了承くださいませ)
サッシ―とグータッチをしてから演技開始。

花になれ・2015
(やはり花になれは滑り出しのこのポーズが印象深いです)

今改めてみると本当に、良い曲で結弦クンもいつもジャンプ以外は口ずさみながら滑っている。
賢二先生の振り付けも素晴らしいし、指田さんの歌声と結弦クンの滑りが本当に良く合っている。

変形イナバウァー
(賢二先生の振り付けだとイナバウァーの腕の動きがきれいですね。)

着物風の衣装も今見ると、和物がお似合いなので違和感もない。
やはり2シーズン持越しのEXだったから、新しいものが見たい気持ちが強くて「良さ」がチョット見えなくなっていたのだと思います。

「決してあきらめなければ輝く明日はやってくる」「歌詞の強いメッセージを伝えたい」
結弦クンの想いを感じます。

グランジュッテ
(このグランジュッテ、キャプ出来たのが嬉しくて載せてしまいました)

合唱団の皆様も、羽生選手との共演を楽しみに練習されたとのことで本当にお疲れ様でした。自分の歌に合わせて羽生選手が滑ってくれるなんて最高の思い出になることでしょう。

2曲目に入る前に、合唱団の皆様の入場があったり着替えたりの時間はありましたが、EXを2曲続けて滑るのはやはり大変だったと思います。
演技後はサッシーと今度はハイタッチ。

結弦クン、指田さん、合唱団の皆様、福島からお越しのお客様方、皆様お疲れ様でした。

RIKOさん、最後に演技の動画、お借りします。
やはり映像があった方がわかりやすいので、とてもありがたいと思っております。

150822 24hTV ~被災地の想いをつなぐアイスショー 投稿者 YzRIKO

そういえば今年のアイスショー、24時間テレビが始まる数日前の番宣までは「一夜限りの」がついていましたが、当日は「被災地の想いをつなぐアイスショー」となっていました。

ショーが行われたのはお昼頃の様でしたから。

「一夜限りの」がつくか、気にしていたのは多分私だけだと思いますが。(^^;)

最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。