カテゴリー別アーカイブ: テレビ番組

2015・24時間テレビ アイスショー プログラムは「花になれ」

まず、7月21日にyahooと他の一部のサイトからお越しくださった方々が「404エラー」の表示画面をご覧になってお帰りになられた事と思いますので、心からお詫び申し上げます。

せっかくお越し頂きましたのに、誠に申し訳ございませんでした。
今後充分注意いたしますので、懲りずにまたお越しいただけると大変ありがたく思います。

2014 SOI

私は「いちファン」であって、ファン日記を読んで頂いている立場なのだなぁと感じる今日この頃です。

トップのお写真は、2015年・24時間テレビで滑る曲「花になれ」
昨年のStars on Iceのお写真です。本日のお写真は全てnewscomさんからお借りしました。

福島・南相馬市合唱団とのアイスショー
(こちらのスッキリ!の動画を拝見して間もなく、24時間レテレビのプログラムが「花になれ」であると明らかになりました。)

2012年から2013年までのエキシビションとしても使用され、結弦クンと親交の深い指田郁也さんとのコラボである「花になれ」

「足許に咲く花でさえ生きる事迷いはしない」

の歌詞にあるように、本当に生きる希望を与えてくれる楽曲だと思います。

そんな意味では、被災地への想いをこめて滑る今年の24時間テレビのアイスショーのプログラムとしてはピッタリかもしれない。
ファンでも、「花になれ」と「花は咲く」混同してしまいます。(笑)

復興活動

スケートで勇気を持っていただく

一つ一つの活動

「花になれ」は、エキシビションとして2シーズン使われて、ちょっとお腹いっぱいだなぁ、新しいEXが観たいなぁなどと思った時期も正直ありました。

でも、少し時を置いて改めて観て指田さんの歌声と結弦クンの美しい滑りがマッチしていてとても素晴らしいプログラムであることに最近ようやく気付いた、情けないファンであります。

昨年、SOIで生の滑りを観ておいて良かったっ!

花になれ・イナ

指田さんとの共演が確定したとのことですので、指田さんご自身のツィートお借りします。
指田さんのツイート

昨年の「花は咲く」のビデオ作成以来の共演。楽しみがまた増えて、嬉しい限りです。
サッシーと結弦クンのツーショット大好きな方、多いと思います。

いなばうぁーもっとやれよ
さすがに当日は、ここまでのやり取りはないと思いますが(笑)またこんな二人の絡みが見たいですね。

花になりましょう

24時間テレビで滑るのは「天と地のレクイエム」が有力かと思っておりましたが、「生きることへの希望につながるプログラム」という意味では「花になれ」のほうが、多くの方の共感を得られるような気がしています。

「天と地のレクイエム」もエンディングは明るい希望が差し込みますが、序盤の演技に狂おしいほどの感情が込められておりますので観ていてつらいと感じる方もいらっしゃるかもしれないと思うのです。

神戸で観た時に感情移入しすぎてしばらく動けなかった人が約1名おりますので、「花になれ」で良かったということで。

RIKOさん、21日付everyの動画お借りいたします。早速のアップありがとうございます。
動画アップの大変さを身に沁みた者としていつも以上に感謝の気持ちを持ってお借りいたします。

150821 彼が知る”福島の現実” 投稿者 YzRIKO

私は以前、町ごと避難の英断をした福島県富岡町のことを取り上げたNHKの「支え合おう」という番組について「花は咲くと天と地のレクイエム」というタイトルで文章を書かせて頂きました。

お借りした動画で、羽生選手は6月にいわき市を訪れた際に富岡町から避難されている方からとても熱心にお話を聞いていらっしゃいました。
いつもは多くを語る彼が、本当に言葉少なく富岡町から避難されてきた方の言葉に耳を傾けていらした姿がとても印象深い映像でした。

NHKでは富岡町に除染物が詰め込まれたフレコンバッグという黒い袋が、以前は緑に囲まれていた場所に積み上げられた映像が流れて、大変ショックを受けた記憶があります。

羽生選手がご覧になったフレコンバッグは、広野町にあったものとのこと。
考えてみると、避難区域である富岡町に入れるはずはありませんよね。
さりげないご指摘(と私は解釈しております)を頂いたおかげで気づくことができました。ありがとうございます。

この映像が22日の24時間テレビで再び流れ、皆様が被災地の現実はまだ厳しいということに目を向けてくださるきっかけとなることを願ってやみません。羽生選手が一番願っていることだと思います。

最後までお付き合いいただいてありがとうございました。

懐かしの旧ロミジュリ(昨年の24時間テレビより)

一番美しい天と地のレクイエム
結弦クンファンが今知りたいのは、2015年24時間テレビのアイスショーの放送時間帯と、どこでどんなふうにショーが行われるかだと思うのですが、日テレのHPを観ても詳しい情報が載っていないので、こればかりはどうしようもなく(苦笑)

(トップのお写真は天と地のレクイエムの中でも最も好きなお写真。この演技が観たいとの願いも込めております)

今日(16日の特番でも特に説明もなかったですしね)
「アイスショー」なので、やはりお客様を招待して演技を披露するのだろうなと、私自身も思うようになってきました。

今年6月のDOIの後に福島の仮設住宅を訪問していらっしゃるので、そちらの方々をご招待されるのかなぁ等と思ったりもします。

昨年は当日に放送予定時間が新聞に出ましたがちょっと記載より遅めの放送になった記憶があります。

アイスショーをやって

やらせて頂きたい

ここまでご自身で、強い決意を持たれているのですから「時期が悪い」だのぶつぶつ言ってしまった自分が恥ずかしくなってしまいます。 猛省。

昨年の本放送終了後、翌月曜日のeveryで演技をノーカットと、武道館で流れなかった映像も放送されたのですが、動画が見つからず思い切って自分の録ったものをアップしてみることにしました。

大変さは予想はしておりましたが、実際にやってみると予想以上!。諸事情で画面の比率や画質も落ちてしまい、お恥ずかしい限りです。

いつもアップしてくださる動画の女神様方に改めてお礼と感謝を申し上げさせて頂きます。

最初で最後の動画のアップになる可能性大ですので、お時間ちょっとかかりますがご覧になって頂けると嬉しいです。

140901.eve.24H 舞台裏 Yuzuru.H 投稿者 gamzatti3

大好きな卵かけごはんをほおばる可愛らしい映像などもあり、懐かしさが甦ってきました。

演技では3Aを跳び直してちょっとお疲れかな?と思ったこともよく覚えています。

現在の結弦クンの方がはるかに難しいことをやっているのが明らかなのにも関わらず、「いつまでも輝いている素晴らしいプログラム」とも改めて感じさせられました。

今年のショーは、何をどこで滑ってくれるのでしょうか?
ホントに早く知りたいですね。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

「大変なことばかりだと思うんですけど、そこに全部ありがとう」

精悍なUA
2015年、今年の24時間テレビまで、あと10日を切った。

everyの時間帯に「羽生選手のアイスショー」の15秒CMは流れるが、今年のショーはどんな形で行われるのか未だ不明。
会場を借りて昨年同様被災地の方を招待するのか等も東京在住の私達にはわからず。

(トップのお写真はデジタル朝日さんからお借りしました。かっこよすぎの水色UA)

「トロントからの中継じゃないの?」
などと大ちゃんファンの友人に言われたりして「そうかな~、だったら良いな~」と間にうけたりしましたが、8月28日(金)のNHKのあさイチに出演するという情報が上がってきました。

これが生出演なら24時間テレビの時にも日本にいる可能性もある訳で。(笑)
やっぱりどこかの会場を借りての生中継?

水色めっちゃ好き
(公開練習以来すっかりはまった水色アンダーアーマー。本日のお写真は全てデジタル朝日さんよりお借りしました)

競技会だって表彰式が終わるのが夜9時30分過ぎはありがちなので、生中継でも無謀な企画ではないこともわかってはいる。
「滑りこめていない。調子が悪いとアクセルも飛べない」とのご本人の談も映像で観ました。

けれど昨年のタイトすぎる強行スケジュールとは違って、公開練習前にしっかりクリケットでブライアンやジェフの指導を受けられたようなので、昨年のように疲弊した状態のアイスショーではない!と信じたいです。

被災地の為のみならず、日本及び世界を「繋ぐ」ために滑ってくれるのでしょうか。
ここまでくると何をどこで滑ってくれるか、楽しみにしちゃうのがファン心理です。

あさイチも、もしかしたら本格的トークコーナー初出演?

有働さんにきわどいこと等を突っ込まれても、あざと可愛くかわしそうですね。
多分タジタジになることは無いんじゃないかと。頭の回転速いですし。

妄想はこのくらいにしておきます。(^^;)

女の子みたいに身体が薄い
(このお写真、女の子みたいに身体が薄くてびっくり!です。)

8月に24時間テレビのアイスショーとあさイチ。
9月は5週にわたってJsports4で、KENJIの部屋出演。(収録済み)

今年は砂漠がなく過ごせそうで嬉しい限りです。
9月にクリケットでしっかり練習できる環境であれば、10月の初戦を安心して迎えられそう。

今年こそは思い切り最強プログラムに挑戦してほしいです。

精悍なUA2
とりあえず、来週は24時間テレビのアイスショーですね。
今年はどんな形で行われるのか、楽しみというより気がかりです。

結弦クンにはいろんな名言があるけれど、私が一番心に残っている言葉はまさに、昨年の24時間テレビで流れたものなのです。

昨年6月に被災した石巻の中学校をサプライズ訪問して生徒たちに喜んでもらって楽しい時を過ごした後、彼らに語った言葉。

大変なことばかり

ぜんぶありがとう

感謝の気持ちを持っていればいつか絶対いことがある

僕は信じています

その時は(当時)19歳の青年がなかなか言える言葉ではない、と率直に感心したにとどまってしまったけれど。

この時の映像が流れてから約2か月半後。

中国大会での怪我に始まり、これでもかと襲い掛かるアクシデントにも決してあきらめることなく試合に出続けた彼が、その時生徒たちに語った言葉の重さを痛いほど感じた次第です。

下は昨年の、4位に終わったもののギリギリでファイナル進出を決めた後のNHK杯後のインタビュー。

まれな体験

本当に幸せ者だと思いました

壁を作って頂いて

シッカリ乗り越えていきたい

その後もファイナル2連覇、全日本3連覇でもう無敵!と思いきや、手術に捻挫。
「壁を越えたらその先には更に壁でした」(ビミョーに違う?)のさらなる名言が。

「あれを乗り越えたからどうにでもなるんじゃない?」

今笑ってそう言える状況で良かった。
気づけばアイスショーをすっかり楽しみにしている自分。昨年より今年の夏がオーバーワークでないと思えるからでしょう。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

今年の「アイスショー」(「一夜限り」が付くでしょうか)

対談
ワタシが暢気にHNの由来についてなんて書いている間に、18日の日本テレビでは24時間テレビ関連の番組があり、やっぱり今年もやるのですね。
「羽生選手のアイスショー」
(トップのお写真はお借りしています)

FaOIで震災への想いを込めた「天と地のレクイエム」を披露した時に、今年も被災地のために24時間テレビで滑るかもしれない、実はそんな予感がしたのです。
たまたま前々回の記事で昨年の24時間テレビについて触れ、時期が悪いとこぼしてしまいましたが、彼にはそんなこと関係ないのかもしれない。
そろそろ24時間テレビについて企画が発表される時期ではあるけれど、我ながらタイムリーだったなぁ、と思ったりなんかしています。

Tシャツのデザインにも参加されて、本当に結弦クンらし~い深い意味と思いののこもったデザインですね。
24時間 YUZU
(ちゃんと自分の目と口にyuzuの文字が・・・・ユーモアのセンスも抜群)

笑うときくち開けあけてるんで。
(ホント、ご本人そっくり~っ!!)

今年は「一夜限りの」が付いていないので、もしかしたら本当に無理やりの生中継ではなくて録画にしてくれるかもしれない。プログラムも「天と地のレクイエム」の可能性が高いし、今年のEXとして使用するかもしれないこの曲なら、昨年の旧ロミジュリより負担が少ないだろうかなどと行きつくところはそこ、です。

結弦クンならたとえ平昌のプレシーズンの大事な時期であっても被災地のためならいつでも滑ってしまう気がします。
1昨年前は8月は追い込みの時期としてThe Iceの出演依頼もお断りしたらしいのですが、被災地の為となるとお受けするのが結弦クンらしい、と思います。

今年の24時間テレビは8月22日(土)と23日。
前後にイベントなどが少ないことをひたすら祈るしかないです。
でもっ!滑ると決まったからには楽しみにしてしまうっ!!
スケートで元気になって頂く

もともとショーが終われば砂漠に突入するフィギュア界。
そんな中で昨年に引き続いてのオアシスがっ(キラッ)

とはいえ、昨年の8月は本当に過密スケジュールだったと思います
25日に上月スポーツ大賞表彰式。27日に都内でガーナのイベント。
そして30日に24時間テレビのアイスショーと、本当に多忙で疲れていたと思います・・・

全て自分のブルーレイから引っ張り出した日付。録画しておくものですね~。
今年の夏も、ガーナ・キシリトール・アミノバイタルの新CM撮るのかな~。

ファンとしては新CMも見たいけど、スケート以外のことで時間を取られてまたお疲れが溜まって怪我につながるのも心配。
どのCMのメイキング観ても本人は楽しそうにやってるんですけどね。
特にモンハンなんて素がでてすっごく面白かった。
渋谷の巨大な看板まで撮影に行ってしまい、「私ってバカ」と思いました。

そんな中で一昨日、晴明さん表紙の本、来ました~。

memorial

昨年のブルーのオペラ座のお衣装の写真が表紙の本、何冊持ってるんだって話です。
今年はシーズン前からSEIMEIさん表紙の本が来てしまうのではこの先どうなるのでしょう?
SEIMEIさんの衣装表紙がどれだけの量になってしまうのか!?
「天と地のレクイエム」の美し~い表紙も期待してますっ。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

昨年の「一夜限りのアイスショー」

Romeo

神戸から戻って2週間後にようやく、7月5日に放送されたNHKの「「明日へ-支えあおう- 三十一文字の思い~」を見ることができた。
結弦クンの震災・復興への想いを直接感じたのだから、被災地の現状をきちんと知っておかなければ。
(トップのお写真はnews.comさんからお借りしました)

番組はNHKが募集した震災にまつわる短歌とそれを詠んだ方へのインタビュー構成だった。
深い内容については泣く泣く割愛させて頂きますが、ある方の
「除染物の仮置き場とされてしまった故郷に、戻れと言われても戻れない。復興と簡単に言う人もいるけれど、これが現実。」
の言葉で、被災地が今も厳しい状況なのを思い知りました。

少しでも震災にあって

活動を続けたい

やはり復興にしろ再建にしろ時間はかかるし、長い支援は必要だ。
番組の最後での羽生選手のインタビューで、心に残ったのがこの言葉。

できることは、人によって絶対違うと思う。自分もできることで被災された方々のためになるような活動を続けたい。」

私でもできること、あるだろうか。ボランティアで力仕事ができないとお役にたてないという思いがずっと心にありました。

私は以前の記事で、「8月に一夜限りのアイスショーで無理させないで!」と簡単に書いてしまった。
しかし昨年被災地の方の前で滑った時、招待された方たちはとても喜んでいた。
ご本人も「被災地の方の前で滑ることができた、夢のような時間でした」と述べている。

今年も日本テレビは同じ企画をしているのだろうか。
依頼があって彼が受けるのなら、応援するし被災地の方の笑顔は私だって見たい。
「無理させないで」と息巻いたのは、時期のせいだ。昨年の8月の彼はあまりにも多忙だった。
本番の演技にキレがなかったのは明らかだし、何よりどう見ても疲れていた。
3Aを跳び直したシーンの印象が強すぎて、時折見返すときもついそこに眼が行ってしまう。

onenightstand

一夜限りのアイスショー3

その企画、生中継でなくて録画にしたっていいと思うのですが。被災地の方に喜んでいただくのが主旨ならそれでいいはず。

妄想で記事にまでして、アイスショーが今年の企画になければ笑えるけれどそれでも良いと思う。
金メダリストとしての行事・イベント、アイスショーラッシュや、CM撮影で忙しすぎて疲れが出たのだろうか。
翌月彼は腰痛でフィン杯欠場を発表する。

私がHNをガムザッティにして、ファンブログなどに時折コメントを投稿するようになったきっかけは彼のフィン杯欠場だ。
その後ブログまで書くことになってしまうなんて、自分では全く想像していなかった1年前。

長文を、最後まで読んでくださった方ありがとうございました。

Dreams on Ice 感想

昨夜の21日深夜、先日全公演制覇したDreams on Iceが放映されました。
夜が苦手な私は、夫を送り出した後に録画しておいたものを早々に観ました。
ほんの一週間前の記憶が甦ってくるものですね。

休憩を除いて、約2時間半のショーを1時間30分にまとめてありましたので随分とカット・編集されていました。
出演順通りに放映されたわけではなかったし。

羽生選手のことを追うのに精いっぱいの私のDOIレポでしたが、町田樹さんの演技も素晴らしかったのです。
氷上でここまで忠実にバレエの動きを再現してくれる人がいるなんて!と、感激しました。
(私はバレエ歴が15年程あります(腰痛で止めました))
樹君の演技の時、自分と家族にしかわからない程度ですが私、映ってました(笑)
スローで観てわかる程度です。
明らかに見とれている自分の姿がわかっておかしかったです。
川口悠子・スミノルフペアの時も演技の最中に一瞬映り込んでいる自分もわかって、それも笑えました。

そして最終滑走の結弦クン。
ノーカットで大画面で観られるのはやはり嬉しい。
羽生クンの演技だけ、観たい方はこちらをどうぞ。
動画のアップ、ありがとうございます。お借りします。

150622 DOI 2015 Y.H SEIMEI~Show ver. & Finale 投稿者 YzRIKO
演技前に、「日本人らしさを出したい。日本人としての誇りを大事にしている」
と相変わらずしっかりとしインタビューに受け答えしてました。
ジャンプミスは多かったけど、転んでも不敵に笑ってました。
あぁこれなら大丈夫。
会場では見落としていた細かいポーズなどもはっきりわかりました。
日本的な動き・ポーズもところどころあり美しかったです。
ステップがキレキレで(素人なので専門用語使えません)。
フリーには珍しくハイドロブレードが入っていて、真田さんを結界に封じ込める動きを思い出させられました。
ハイドロ3
(ハイドロブレード。骨格によってできない選手もいるとか。この動きが晴明と重なる私です。)
ジャンプの見分け方は全然ダメダメでした。
ジャッジ側から遠いショートサイドで、4回転のトゥループがお決まりなのかと思ってたけど、今回は、その位置でサルコウが来たので思い込みはダメだな、とか。
ジャンプが見分けられなくっても良いんですけどね・・・
でも、わかったほうが絶対楽しいので。もうちょっと勉強します。

自分が観に行った試合やショーをテレビで観るのは特別な思いがします。
「そうそうこの会場、こんな感じだった」
「私の席このあたりなんだけど、ちょっでも映るかな?」
色々な思いが甦ります。
選手の演技を生で観る迫力は何物にも代えられないけれど、細やかな動き、表情はやはりテレビの方がよく伝わってきます。
自分が行った試合やショーをテレビで改めて観られることは、本当に幸せです。
NHK杯でも、この感覚味わいたいんだけど行けるかなぁ。
(行きつくところはそこ)

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。