カテゴリー別アーカイブ: 書籍

「蒼い炎Ⅱ」発売・アサイン発表・他

sportiva
お久しぶりです。ブログ放置記録を更新してしまったと思います。
一週間と少し入院してる間に、アサインも発表され・青い炎Ⅱが発売になってしまいましたっ!!

本来の病気の治療はまだまだ続きますが、副作用で以前の古傷に影響が及び入院・手術の運びとなりましたが、無事に済み退院できました。
ご心配下さった方々ありがとうございました。

「何のことか訳わからん」と言う方は読み飛ばしてやってください。(苦笑)

既出すぎて今更書くのも憚られますが、「それなりに維持してます」のご報告も兼ねての更新ということで。(^^)

長いお休みの間にのぞいてくださった方々、ありがとうございます。

退院したのは七夕ですが、通院の「通り道だから~♪」と理由を付けて、池袋の三省堂サンにて等身大パネルのお写真を撮らせて頂けましたので、「蒼い炎Ⅱ」発売から。

Blue flameⅡこちらはAmazonにて注文しておいたので、病院にもってきてもらいました。

前作の方が、結弦クンが自分の言葉で「語る」部分が多かったので、感情移入しながら読めたな~というのはあります。

「蒼い炎Ⅱ」は既にテレビや雑誌で聞いていた話も多かったし、結弦クンの言葉も「インタビューに答えている」形式のこともあってか淡々と読んでしまいました。

2012 romeo(2012 ワールドのリンクに出る直前の表情。気迫の演技前にこんな切ないお顔を見せていたんですね(涙)

2012年の世界選手権初出場から現在を時系列で、その時の彼の心境を自身の言葉と共に振り返ることも出来ました。
既出のインタビューに新しく加えられたところもあり、やはり読んでよかったです。写真も良かった☆

Blue Flame panel(池袋三省堂書店にて。端の方にひっそりと設置され、写真を撮りに来たのも私一人。この配置だと、結弦クン自ら本を売ってるように見えなくもない・・・(^^;))

尿膜管遺残症については初めて語られたこともあり、2014年の全日本はお臍が痛みと出血で大変な状態に耐えての演技で優勝だったんだと思うと泣けても来るし、行きつくところはメンタルの強さになってしまいます。

最終章では、ボーヤン君のルッツ・昌磨クンのフリップについて語り、パトリックやハビも進化している中で闘えている「今が一番スケートが楽しいかも!」
ご本人も進化を止める気はなく、四回転の種類増やす気マンマン。

本文も、「羽生結弦は体力もまだ向上できるし、表現も更なる高みを目指す」 と言う当然希望に満ちた言葉で締めくくられてます。(かなり端折りました。スミマセン)

今シーズンも怪我の心配しながら応援することになりそうです。心配することに慣れることはできない~。

Blue Flame Pop(嫌というほどご覧になっていると思いますが、POPの実物。思ったより小さかったです。この本の出版はチャリティの意味もあるんですよね、とエピローグと結びつくお言葉ですね。)

個人的にはやっぱり前作が好き。
紙質も良かったし。← 消費税も上がってるし仕方ないか。

では、1週間以上前に出ましたアサインに関して。

2016 gpf asign men(字が見えにくい方はリンクをクリックして頂くと見やすいかもしれません(^^;))

シングルス男女のアサインと世界ランキングのリンクも貼らせて頂きます。

ISU Grand Prix of Figure Skating 2016/2017 Men

ISU Grand Prix of Figure Skating 2016/2017 Ladies

世界ランキング 男子シングルス

結弦クンは、10月28日~30日のスケートカナダ、11月25日~27日のNHK杯にエントリーですね。

スケカナのパトリック、NHK杯のミハイル・コリヤダ、ジェイソン君、ネイサン君が気になります。

昌磨君が、10月21~23日のスケートアメリカと、11月4日~6日のロシア杯にエントリー。

スケアメでボーヤン君、ロステレでハビと強い相手と当たりますのでその戦いぶりに注目したいと思います。
結弦クンとファイナルへ!

ハビは連戦だけど大丈夫そう。SP自信作の持ち越しだし(笑)

ネイサン君、草太君、クリケットから出ちゃったナム君がどこまでお兄さんたちを脅かすのかもヒジョーに気になります!!

後は結弦クンの状態しかアタマにありません。
新プロはSPジェフ。FSシェイリーンさんとのことですし、元気に滑る映像も流れてましたね。
criket workout(一番後ろは確かに結弦クンですね)

私が留守の間に良い情報が出て良かったです (^_^)v

今季はショーで新プロのお披露目の機会がなかったのでいきなり試合で初披露でしょうか。
それもキンチョーするかもしれませんね。

自分の入院騒動でDOIの事すっかり忘れてました。
ドクターXも、2011四大陸のアーカイブも観られていない。(汗)
いずれも録画はしてあるのでおいおいと観ます。

アサインと、青い炎Ⅱを、記録できてよかった!とします。

お写真は自分で撮ったもの、Web sportivaさん、蒼い炎Ⅱ本書よりお借りしました。

結弦クンのキャプは、yuzuemon1207さんよりお借りしましたので、リンク貼らせて頂きます。ありがとうございました。
クリケット練習風景

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

待望の「蒼い炎Ⅱ」

world he is so beautiful
FaOI幕張では福間洸太朗さんの生演奏のバラⅠと、結弦クンの演技との映像コラボがあったとのこと。

6月5日のテレビ放送で、ノーカットは無理でも少しは放送してくれるよね!とテレビに貼りついていましたが、少しどころか一切放映ナシ(T^T)

実際にショーに出演した人の放送を優先にしたのはわかるけど、ちょっとでも映してほしかったのが本音です(泣)

ファンが回復を案じている中で、ようやく発表になった「蒼い炎第Ⅱ章」発売。
昨年から第Ⅱ章が発売される噂がありながらなかなか出版されなくて、怪我に紛れて忘れかけてたこの時期にようやくAmazonで予約が受け付け開始になりました。

Blue flameⅡ

著者名 羽生結弦
予 価 1620円
発売日 2016/07/07

★前著刊行から4年。2012-2016 待望の自叙伝続編・第二章!

2012年、仙台からトロントへ練習拠点を移した羽生結弦。ソチ五輪金メダリストとなり、史上最高得点を更新し続ける“王者”の姿と、その陰で怪我や病気と闘い、苦難を糧に飛躍する“一人の青年”の姿。2012年から2016年までの激動の4年間とその舞台裏を、ロングインタビューと豊富な写真で描く自叙伝・第二章。

★2004年から現在までのカラー写真110点を掲載!

-目次より-
気づきの時/新天地カナダへ/見えてきた課題/苦しい戦い/五輪シーズンを前に/五輪の戦略、ライバルとの戦い/銀盤の王者へ/成長の実感/被災地で見つけたもの/予期せぬ痛みとの闘い/苦難を乗り越えて/さらなる高みを求めて/史上初の300点超え/最高得点のその先へ

羽生選手への印税はすべて、アイスリンク仙台へ寄付されます。芙桑社の売り上げの一部も寄付いたします。

蒼い炎Ⅱ-飛翔編- 書籍詳細 芙桑社

パートⅠも、王者のメソッドも読んだけれど、感想を人様に読ませられるような文章には起こせません(^^;)
Blue flame「蒼い炎の表紙はやっぱりこの、「悲愴」の青い衣装だよね~。」
等と言いながら、久しぶりに頁をめくってみましたが涙腺が緩んできたので中断。

ベストセラー間違いなしのこの本の印税。パートⅠと同様、全額アイリンに寄付するのね(感涙)

下は2014年のアイスリンク仙台。凱旋公演TOIに行ったときに撮ってきたものです。
Rink sendai4あの時が羽生フィーバーのピークと私は軽く考えていた。

タクシーの運転手さんに「今日3組くらいリンクに送ってるんですけど、何かあるんですか?」
と訊かれたほどだ。彼の人気はさらに加速し、リンクの見学者は夕方で3組なんかでは済まないだろう・・・

rink sendai 3
写真がヘタなのは、私がスマホを持っていない時期で慣れないデジカメで写したこと。

更に加藤商会の社長さんに、「写真良いですか?」とお聞きしたら、「人物が写らないようにお願いします」と言われ、不自然なアングルで撮ることになったからだ。

実際のリンクはもっと練習する子供たちで賑わっていた。

ice rink Sendaiだけど、意地でも蒼い炎の広告だけはカメラに全部おさめたかった。

今ならもう少し上手に取れるだろう(と思う)。

2014年のTOIは観に行けることになったらうれしさが先に立ったが、本当はショー多すぎじゃないかと思っていた。

rink sendai 2今年、少し長く休めることが彼にとって吉と出ると良いな。
神戸・長野の欠場発表が未だなことが少し心に掛っているけど。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。