タグ別アーカイブ: イベント

「花になれ」を舞う綺麗な羽生先生


羽生先生、その美しさは「反則」です(>_<)

8月16日に横浜で行われた神奈川区制90周年の記念行事。
「真夏の氷上カーニバル」として行われたエキシビションとスケート教室。

エキシビションで滑ってくれたのは、「花になれ」。

全演技の映像は観られていませんが、各局の映像で断片的にはいってくる演技はやはり美しく。

ジャンプ構成は、4T → 3A → 4T(むつかしい入り方から)

スケートファンが集うアイスショーでなくても高難度ジャンプを跳んで、「本物の技」をしっかりと子供たちに見せてくれた。

彼にとっては、東日本大震災で「アイスリンク仙台」が使えなかった期間、練習場所としていた思い出のリンクでのアイスショー。

オリンピックシーズンの夏でも、お世話になった所でのイベントにはしっかり参加する。
そんな姿に皆惹かれる。

彼の演技を見る子供たちの眼がキラキラしていたこと。

彼の演技にスケート観戦はしないであろうお父様たちまでが魅入っていたこと、などの感動が短いニュース映像から感じ取れました。

久しぶりにみたお花衣装が、いまだなお似合ふ。

エキシビの後はスケート教室で、初の「羽生先生」へ。

「ある程度経験のあるお子さんに教える姿」をイメージしていたのですが。

全く初めてと見られるお子さんが多くて、それは大変!思ったら。
何かとってもいい感じ!

(この、「あら、いいじゃない」がツボすぎます)

「上手!」「上手いねー」と優しく声を掛けて褒めて伸ばすタイプだった!

世界ランク1位の結弦クンが、スケートは初めての子供たちにわかりやすく細やかに教えてる姿が微笑ましすぎて幸せ。
子供たちを見守る視線が優しい(^^)/


習っているお子さんにはレベルにあった教え方もしていて、凄いなって思っちゃいました。
(こちらの女の子には、「コマみたいにキューンてされてるような」とスピンのアドバイス)

結弦クンは絶対良い指導者になる!

(この男の子はハイドロいけると思って指導したのかも(^^;)衣装がパリ散♪)

(個人的にはこの「マイク持ってのハイドロ」もかなりツボです。)

「たくさん失敗してそこから工夫しよう!」という深すぎる言葉を語る羽生さんの年齢が(22)と表示されているところが何とも・・・凄い22歳です!)

子供たちだけでなく、保護者の方(特にお母様)にとっては最高の夏休みの思い出になったと思います。

今回のお写真もたくさんの方々からお借りしました。
キャプチャーは、pinoさんの動画、https://www.youtube.com/watch?v=HlJhlp2PMYsと、https://www.youtube.com/watch?v=HlJhlp2PMYsからさせて頂きました。

写真と動画をお借りした皆様ありがとうございます。


皆さんの応援のパワーを持って、このシーズン頑張ってくださーい!!

初戦からドキドキですが、ピークを五輪に持っていかなければいけない難しいシーズンを、頑張って応援したいと思います。

最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。