タグ別アーカイブ: オータムクラシック2017

「悔しさが一番の原動力」


オータムクラシック銀メダル、おめでとう。(ハビの金メダルを羨ましそうにチラ見の姿が可愛い)

新・SEIMEIの初お披露目は不本意だったと思うけど、けがが悪化しないことが皆の願いです。

オータムクラシック2日目・男子フリーもライスト観戦。
結弦クン登場。ジャージ脱いだ時の衣装の印象は、基本のデザイン変わらずで手袋なし?

(この写真でやっと細部の違いをチェック出来たボケボケな私です。)

ライストだと画質が劣るので襟元ちょっと違う?と思ったくらいで、他の部分をチェックする間もなかった。

(襟元に黄色が加わって3重。狩衣により近くなった印象。色も模様も、こちらの方が良い感じと私は思います。サッシュベルトもこちらの衣装のが映えますね)

演技が始まったら、ジャンプがあまりにも決まらなかったので、「膝?膝?」とそればかりが気になって仕方なかったし。

ビールマン抜くとか3Aで転倒も、調子の目安って思ってしまう。(^^;


ハビエルの点数聴いてやっぱり逆転されちゃった!って感じです。フリーでの155点台は2014年・中国大会以来って言ってましたね。SPとFSの点差が42点て言うのも、なかなか見られないスコアかも・・・

ライストではジャンプの成功を祈ることしかできません。
良い演技はリピートしますが、良くなかった演技は殆ど見直せないです。

自分用ジャッジスコア

フリーは総合5位(;;)。8本中ジャンプの失敗は6本。

ジャンプが大崩れでも演技構成点が9点台が多いのは、凄いです。

演技中も演技後も良い表情をしているので怪我は大丈夫かな、という印象です。(私の予想当たらないけど今回は当たって欲しい。)

ジャンプに精彩を欠いた理由も、小塚君がわかりやすい解説。
「4回転の練習を積んでいるから身体が4回転のタイミングに慣れている」

あとはフリーの難易度を落としたことで却ってリズムが狂ったのか?や、雑念が多くなって失敗を重ねたとの分析をしているのが、9月25日放送のeveryです。

pinoさんから動画をお借りし、キャプチャーもさせて頂きました。
http://www.dailymotion.com/video/k7wlXzwgF1CL4voLEj1


悔しさっていうのは一番の僕の原動力になるし
また新たな悔しさを胸にこれからさらに力つけて行かないとと思いました。」

(everyは2015年のNHK杯で世界最高得点を更新した裏には、前のカナダ大会での悔しい思いをバネにしたこにもちゃんと触れてくれました!。)

世界最高得点更新の翌日に、フリーの失速で、予想通りの「まさかの2位」報道でした(苦笑)

結弦クンは同じシーズンで天国と地獄を見る人でもあるし、「悔しい思い」をした次の試合や、「悔しいSP」の次の日に良いフリーを見せてくれるのだけど。

報道する側もわかってて、「まさかの2位」とつけるのでしょうか。

(袖の内側のゴールドも効いていて、正面から見てもこの衣装素敵です。
フリーでは珍しく素手で良かったですね!)
グランプリの初戦は5年連続2位のスロースターターだから、この結果は全く心配なし。

むしろ、早くにピークが来ちゃうよりいつも通りのスタートにホッとしています。

ここぞという時に強いことも、土壇場での底力も皆わかって信じているから。

試合後にこんなリラックスした表情や

穏やかな佇まいを見せてくれているから、怪我は大丈夫って思いたいし、思ってます。


ハビエルに、スペインの国旗掲揚だよ、と教えてあげるこの写真はライストをスクリーンショットで来ました。

(3位は地元・カナダのケーガン・メッシング選手(存じ上げなくてすみません。読み方もあったるのか。(^^;))

SPはパーフェクトだったから認めてくれたけど、やはりこの試合のジャッジは、辛い感じーっ
イタリアが気前がいいのか、謎ですがあまり突っ込まないでおきましょう。

写真と動画をお借りした皆様、ありがとうございました。

初戦、お疲れ様でした。
完璧なSEIMEIはグランプリの楽しみに。

ロステレ杯までに順調に調整できますように。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

ワールド・レコード更新おめでとう!


圧巻!完璧!お見事!でした。(日本からの応援がやはり凄い!)

羽生、圧巻のSP最高得点…「納得できる演技」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00050042-yom-spo
【モントリオール(カナダ)=永井順子】フィギュアスケートのオータムクラシックは22日、カナダのモントリオールで男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季初戦となる羽生結弦(ANA)が自身の持つSPの世界歴代最高得点を更新する112・72点をマークして首位に立った。
村上大介(陽進堂)は70・09点の7位と出遅れた。
来年2月の平昌五輪でソチ大会に続く連覇を目指す羽生は、4回転サルコー、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、4回転トウループ―3回転トウループの連続ジャンプと、すべてのジャンプを成功。このうち二つのジャンプの出来栄え点で3点満点を獲得した。スピンやステップもすべて最高難度のレベル4となる圧巻の演技だった。演技後は、「いい演技が出来た。納得できる演技で(世界歴代最高得点を)超えられた」と語った。


ライストをスマホとパソコンの両方準備。画質の方が断然良いスマホから観ることにし、フリーズに備えてパソコンもそのままでスタンバイしてました。

全てのジャンプを綺麗に降りて、スピンもステップも美しい最高のバラⅠありがとう!


右ひざに負担をかけないように4Loを4Sに変えてのサンドイーグルも美!

SPの3Aは心配ゼロだし、4T-3T(タノ)がとても綺麗でしたね。


完璧バラⅠで、2015-16シーズンより進化してるから点数を待つ間もドキドキ。
112.72!ワールドレコードを自ら更新おめでとうございます。やはりプーさんは戦友


世界最高得点が発表になった時のお顔です。表情豊かで可愛いですね。

本来予定の構成より難易度を落としても、世界最高得点を更新!!
ループを入れての完璧を見せてくれたらどこまで行くか、ワクワクしますね。
納得のいく演技が出来たことが一番嬉しい。

衣装はマイナーチェンジがあると思っていましたが、そのままでしたね。

ライストで観ていた時は、色がファーストシーズンの時の濃いブルーに見えたのすが、ネットに上がってきた写真を見たら同じでした(^^;

五輪シーズンだからこれから新調する気もしますが、そのままでももうOK!な感じ。

FaOIの時より、更に進化してることだけ!は感じました!やっぱり「バラⅠ派」と言い続けてきて良かった。(^^)

解説のお二人の“What can we say. A masterpiece!” “One word!”
が全てだと思いました。フィギュアの解説って、英語に堪能でなくても伝わってきますね。


順位・点数はは上のフィニッシュのポーズの横に出てます。元・トップ3がクリケット3兄弟というのが感慨深い。

演技とインタビュー、のキャプチャーは、pinoさんの動画からさせて頂きました。
http://www.dailymotion.com/video/k55hErFVay4uiPoJYJd
http://www.dailymotion.com/video/k1p2Z0iaMXRcWRoJV7U
お写真と動画をお借りした方々、ありがとうございました。

羽生選手を超えられるのはやはり彼自身。

オリンピックも無事に開催できるのか心配なところですが、今日は素直に彼の点数を喜ぶことにします。

もしかしたら、ファンの中でも「バラードⅠ番」というプログラムへの信頼感もあったのかもしれない。
彼が自分でいられる、滑っていて心地よいと語ったことで更にそれが増した印象。
あっそれはSEIMEIの方だっけ。でも二つのプロともそうだと解釈して良いということで!

(公式練習ではジャンプん苦しむような映像もチラリ。公式練習で調子がいい!のニュースの時の方が本番は良くない気がします。)

自分用ジャッジスコア

まずは膝が大丈夫!で、明日のフリーと今シーズンこのまま、行けますように。

SPが会心の出来だったことをまず、アップしてしまおう。(SP急いだからフリーはゆっくりでいいかな。)

最後まお付き合い頂いてありがとうございました。