タグ別アーカイブ: ボトルガム

笑顔で戻ってくる日を待ってます。

World FS op
私達がキシリトールの羽生ボトルゲットに奔走している日に、奇しくも結弦クンの「リスフラン関節靭帯損傷、2か月の加療・安静を要す」ことが発表になった。

更に翌朝は今季始動が、例年より1か月遅れの6月になること。
プログラムも例年は5月に作り始めていたのが、6月にずれ込むことなども発表され、怪我の重さを知らされた感じでした。

I wish your recovery 4

アイスショーは今年は恐らく全休と思った方がよさそうで、寂しさはもちろんありますが、「治療に専念」の報道にホッともしています。
7月のDOIは微妙な気もしますが間に合わせようとは思わずに、今はひたすら療養してほしいと思います。

オリンピックシーズンでなかったことが救いで、そこに彼の運の良さも感じます。

syoma 4F
昌磨クンのフリップ成功のニュースも当然聞いていてメラメラしているとは思いますが、
その気持ちを抑えて「早く治すこと」に集中してくれるんだなと。

スケカナ以降、状態が悪化していく中で、NHK杯・GPFで神演技での2度の記録更新達成を思うと涙が出そうになったり、精神力の強さにまたしても驚かされたり。

I wish you recovery
「ゆっくり治してほしい」と思っていましたが、6月始動だとあっという間なので、早い回復を願うのみです。

ロッテキシリトール・羽生結弦ボトルはその日のうちにコンプリート出来ました。
というか、その日のうちに揃えないともう無くなってしまうようで焦りました。(^^;)

world sp flow like a river 2
世の中は甘くなかったです。

問い合わせたコンビニの方の、「お取り置きしましょうか?」お言葉につい甘えてしまいました。

キャンペーン開始当日、未開封の6個入りパックをお店の方から受け取り、念のため確認したら同じ顔が3ボトル入ってました~。(泣)

XIL1 (2)(こちらのお顔のボトルが3個入ってました~)

気付いてよかったとお店に戻り、2個を交換して頂けばOKと思ったのですが
コンビニさんも、1パックに6種類入っていると思ってしまって、私が受け取ったパックしか仕入なかったとのことでショックすぎ~。

やはり、お取り置きでコンプしようなどとは許されなかった!!

駅も大きいしコンビニの数も多い所なのに、あと2種類を手に入れるために廻ったコンビニでは既に完売かゲット済みのボトルが少しだけ残っているパターン。

私が手にしそこなった2種類のうち1個は買えました。(どの顔だったか記憶が飛んでます)

XIL6 (2)手に入っていない最後の1個はよりによってハイドロ~(泣)

運悪く今の自分は甲状腺の機能低下で普段より疲れやすい状態。

少し歩くとすぐ息切れがしてくる。それでも最後の1種類ハイドロにこだわる自分にあきれつつ、その地にあるヨーカドーの開店時間になったのでいってみましたが、予想通り通常ボトルしかないっ。

このまま諦めて帰るか。どーするっ。

少し考えて現在地からバスで一本の所にイオンがあるのを思い出し、行くことにしました。
着いたら駅の階段がつらいッ。(泣)

甲状腺の機能が落ちると、筋力落ちるってホントだな~などと冷静に分析しながらも、手すりにつかまってまさに脚ががくがく。

それでも何とかイオンにたどり着き、ガムの売り場に行ったらありました~。
自分で好きでやってることだから誰にも文句も言えませんが、無事、コンプリート。

I wish your recovery complete
(半日掛かりでコンプリートしました)

最初から件のイオンに来ていれば一度に全部揃ったのですが、一日限りの勝飯キャンペーンも不参加だったから敬遠してました。

普段寝てばかりいた割に動ける自分にも驚きました。いやいや、今日はたまたま調子が良い日だったのがラッキー。
「殿、利息でござる」も観に行けるかな。何とも言い難いですが行く気ではいます。

17日からまたクリアファイルキャンペーン開始のお知らせを見かけ戦慄しました。

行けるのか? 寝てばかりの状態に陥っている可能性もあるので、なるようになれということで(笑)

我ながら凄い執念と思ってしまいました。異次元の力かしらと思いましたが、一緒にしないで!とお気を悪くされた方がいらしたら申し訳ありません。

次のキャンペーンはチョコが良いんですが、またガムだったような?

どちらでもいいから結弦クンの怪我が早く治りますように。
笑顔で戻ってくる日を待ってます。

最後になりましたが、結弦クンが熊本に飲料水を届けたニュースが出ていました。
yahooニュースの記事が削除されていましたので、こちらのリンクも削除させて頂きました。
これからも継続的に支援を続けるとのことで、やはりご自身の経験から東北のみならず、被災された方々への思いやる心が深いのですね。

と感心している場合でなく、自分もまだどこにも寄付などもできていないので少しでも協力せねばと思う次第です。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。