タグ別アーカイブ: 世界最高得点更新

ワールド・レコード更新おめでとう!


圧巻!完璧!お見事!でした。(日本からの応援がやはり凄い!)

羽生、圧巻のSP最高得点…「納得できる演技」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00050042-yom-spo
【モントリオール(カナダ)=永井順子】フィギュアスケートのオータムクラシックは22日、カナダのモントリオールで男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季初戦となる羽生結弦(ANA)が自身の持つSPの世界歴代最高得点を更新する112・72点をマークして首位に立った。
村上大介(陽進堂)は70・09点の7位と出遅れた。
来年2月の平昌五輪でソチ大会に続く連覇を目指す羽生は、4回転サルコー、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、4回転トウループ―3回転トウループの連続ジャンプと、すべてのジャンプを成功。このうち二つのジャンプの出来栄え点で3点満点を獲得した。スピンやステップもすべて最高難度のレベル4となる圧巻の演技だった。演技後は、「いい演技が出来た。納得できる演技で(世界歴代最高得点を)超えられた」と語った。


ライストをスマホとパソコンの両方準備。画質の方が断然良いスマホから観ることにし、フリーズに備えてパソコンもそのままでスタンバイしてました。

全てのジャンプを綺麗に降りて、スピンもステップも美しい最高のバラⅠありがとう!


右ひざに負担をかけないように4Loを4Sに変えてのサンドイーグルも美!

SPの3Aは心配ゼロだし、4T-3T(タノ)がとても綺麗でしたね。


完璧バラⅠで、2015-16シーズンより進化してるから点数を待つ間もドキドキ。
112.72!ワールドレコードを自ら更新おめでとうございます。やはりプーさんは戦友


世界最高得点が発表になった時のお顔です。表情豊かで可愛いですね。

本来予定の構成より難易度を落としても、世界最高得点を更新!!
ループを入れての完璧を見せてくれたらどこまで行くか、ワクワクしますね。
納得のいく演技が出来たことが一番嬉しい。

衣装はマイナーチェンジがあると思っていましたが、そのままでしたね。

ライストで観ていた時は、色がファーストシーズンの時の濃いブルーに見えたのすが、ネットに上がってきた写真を見たら同じでした(^^;

五輪シーズンだからこれから新調する気もしますが、そのままでももうOK!な感じ。

FaOIの時より、更に進化してることだけ!は感じました!やっぱり「バラⅠ派」と言い続けてきて良かった。(^^)

解説のお二人の“What can we say. A masterpiece!” “One word!”
が全てだと思いました。フィギュアの解説って、英語に堪能でなくても伝わってきますね。


順位・点数はは上のフィニッシュのポーズの横に出てます。元・トップ3がクリケット3兄弟というのが感慨深い。

演技とインタビュー、のキャプチャーは、pinoさんの動画からさせて頂きました。
http://www.dailymotion.com/video/k55hErFVay4uiPoJYJd
http://www.dailymotion.com/video/k1p2Z0iaMXRcWRoJV7U
お写真と動画をお借りした方々、ありがとうございました。

羽生選手を超えられるのはやはり彼自身。

オリンピックも無事に開催できるのか心配なところですが、今日は素直に彼の点数を喜ぶことにします。

もしかしたら、ファンの中でも「バラードⅠ番」というプログラムへの信頼感もあったのかもしれない。
彼が自分でいられる、滑っていて心地よいと語ったことで更にそれが増した印象。
あっそれはSEIMEIの方だっけ。でも二つのプロともそうだと解釈して良いということで!

(公式練習ではジャンプん苦しむような映像もチラリ。公式練習で調子がいい!のニュースの時の方が本番は良くない気がします。)

自分用ジャッジスコア

まずは膝が大丈夫!で、明日のフリーと今シーズンこのまま、行けますように。

SPが会心の出来だったことをまず、アップしてしまおう。(SP急いだからフリーはゆっくりでいいかな。)

最後まお付き合い頂いてありがとうございました。