タグ別アーカイブ: 公開練習

自分らしくいられる・「陰陽師」再び


五輪シーズンのフリーが「SEIMEI」と聞いた時、新しいプログラムじゃなくて寂しい、と思ったのは正直な気持ちだ。

(靴ひもを結ぶ姿も麗しい。エッジカバーが変わりましたね^^)

平昌後の展望が予想不能なこともあって、出来るだけ多くのプログラムが観たいという願望があった。

だけど次々に入ってくる練習の映像とインタビューを見て、やはり良い選択だと思った。

(佇まいが美しすぎて、それだけで涙が出ます)

彼自身が2015-16シーズンの時既に、オリンピックシーズンにもう一度このプログラムをやると決めていた強い意志。

「自分らしくいられる。滑っていて心地よい」と語るほど相性がいいのなら、そのプロを滑るのが良いんじゃないか。

「SEIMEI」は結弦クンに合っている。
笛や太鼓に合わせて舞い、陰陽師・安倍晴明を演じるこの曲は彼に良く似合う。

2015年のグランプリファイナルの時に2種類の4回転3本で出した当時の世界最高得点219.48は、ボーヤン・ジン、ネイサン・チェン選手が4Lz-3Tを成功させても越すことは未だできていない。

結弦クン自身が2017年のヘルシンキワールドで3種類4本の4回転(223.20)でようやく上回れた神プログラムでもある。

神プロが更にバージョンアップ。再演の今季は、3種類の4回転5本。

後半に持ってくる3本のうち2本が鉄板の4回転トーループなのでもう足の甲はすっかり大丈夫、なのかなって気になります。

(この恐ろしく美しいスパイラルはフリーの振り付けにあるのか期待してしまうんですけど~)

練習映像を観ていても、4Loは美着氷。
国別でいきなりやってくれた4T-1Lo-3Sは今回はきちんと構成に入っていて、とても綺麗だった。

SP・FSともに再演なので色々ご意見もあるようですが、概ねは賛成や喜ぶ声が多いかと思います。

「バラⅠ」と「SEIMEI」は最強のタグ。

自分に合った、身体にもなじんだ曲で構成の難易度を上げて表現に磨きをかけて連覇を狙って良いんじゃないか。

8月11日に公開された、websportivaさんの記事にも、今季のSP、FSがどれほど自分に溶け込んでいるかが語られています。

羽生結弦が語った五輪への戦略。「自分でいられるプログラム」を選ぶ

ルッツも跳べるようですが、今季は試合に入れないと明言。
ジャンプもミスした時、どんな状況でもリカバリーできるように対策していることも伺え、必ず金を狙っている強い意志、も感じました。

レツクレやホプレガがなかなかまとまらなかった昨シーズン。
今季はプログラムをシーズンの中で仕上げていく時間はなく、最初から仕上がった素晴らしいものを持ってくる必要がある。

websportivaさんの記事から、新しい物をやることの難しさも伺えましたが、「自分でいられるプログラム、勝負曲をこのシーズンにもってきた正しい選曲」と思います。

同じプログラムを滑ることは、ジャッジに新鮮味が欠けると判断され演技構成点で10点がつかないリスクもあるのだそうですね。(河合彩さん解説)

公開練習の映像を観てワクワクもしたので、その心配はないと思うけど新プロでないゆえの難しさもあるんですね。

衣装もどんなふうに変わるのかとても楽しみ。
(アイスショーバージョンのこの衣装も懐かしいですね。生地が硬そう)

「SEIMEI」には私自身も強い思い入れがある。

2015年・長野NHK杯。最初のジャンプが決まったと同時にノーミスを確信し、彼がゾーンに入って行く、そんなに簡単に出会えない場にいられた奇跡の4分半。

平昌で、再現してくれたらうれしい。

オリンピックの魔物も、自ら陰陽師として取り払って平昌でも金!。

今回もお写真、多くの方々からお借りしました。ありがとうございます。

神奈川のイベントや、24時間テレビが迫っているので、間もなく帰国ですね。

(やはり公開練習にはANAジャスでスーツケースガラガラでの登場♪)

元気に帰ってきてくれるのを楽しみにしています。

来月にはオータムクラシックが始まるので完全にシーズンモードに突入です。

スカスカの繋ぎみたいな記事なのに、とても時間が掛ってしまいました。(T_T)
と、公開練習まで頑張ったからしばらくゆっくり応援しようと思います。(^^)/

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

挑戦的に「Let’s go crazy!」

open-practice-precan
私が長~くお休みしている間に、ギネス認定や24時間テレビ・ガーナのイベント等の大きなニュースが通り過ぎて行きました。

更に日常生活に戻るべく、リハビリしている時に新プロ公開練習の時期となってしまいました。

2016-he-prepairs-his-pracitce(クリケットでの映像はいつも、練習前の準備シーンからですね♪)

hero(上の写真について照れているのが、この言葉でしょうか。いつみても綺麗だな~。と癒される☆)

個人的なことで恐縮ですが、この度手術で悪い物を取り除くことができ、経過観察の身となりました。
ほんの少し触れさせて頂いたこともある人工透析も回避できました。

まずは家族と、長い期間を励まして、見守ってくださった方々のおかげです。ありがとうございました。

そして、もしもおなじみの方以外で少しでも心に懸けてくださった方がいらしたら、おかげさまで元気になりました。ありがとうございました。

と言っても体はまだまだヘタレで、日常生活を取り戻すのも時間がかかっています。

新プロについても、記事としてアップして良いレベルではないと思いますが「元気です。生きてます。」報告も兼ねさせて頂き、強行アップで。(^^)

以下は相変わらずテンポずれての更新で、皆様周知の新プロ。
新SPにPrinceのLet’s go crazy が来るとは驚きを隠せません。

purple-rain
確かにかっこいい系で、アップテンポに間違いありませんがまさかのぷりんす。

4lo-sand-eagle
4Loサンドイーグルもいい感じ♪

open-practice-3
ヘランジもあるの?とこちらのお写真見て思ったのですが、ニュース映像を観るとほんの一瞬のようですね。

彼らしいアレンジ施してくると予想しますが、似合いそうな紫のひらひらを再現してくれるのか?
楽しみ過ぎる。髪も(かなり)ウェーブにしてくれたら嬉しいかも。

80年代、洋楽ロックにどっぷりハマっていましたが、プリンスは苦手だったのです。
欠かさず観ていたベストヒットUSAも、プリンスは絶対録画しなかったのでPV何一つ残ってません。

prince-photo(個性的すぎて、きわどすぎてどうしても駄目でした。子供でしたから~)

そのツケがこの齢になって廻ってくるって知ってたら。
当時の私に言いたい。「プリンスちゃんと見ておきなさい」って。

それに今なら、80年代の中でなぜ彼にプリンスを持って来たのか、何となくですがわかる気がします。

lets-go-crazy-world
ニュースで流れる映像を観ても、ホントにかっこいい♪
ノリノリでかっこいい彼を見たい願望もあったので早く通しで観たいな~っ。

今年の4月に故人となってしまったのが、大変残念です。
お元気なら、Yuzuru Hanyuが、ご自分の曲で滑ることに関してコメントを頂けたかもしれない。

open-practice-2
FSは久石譲さんの、「Hope & Legacy」
もう少しメジャーな曲を選ぶのかと思っていたのでこちらもまさか、でしたが良いと思っています。

衣装も想像しにくいのが、却って楽しみかも。

プリンスには喰いつきましたが、久石譲さんには良いんじゃないでしょかと冷静な反応。
自分ながらはっきりしてると思います。(笑)

SP、FSと合わせて6つの4回転。
2年前と比べるとSP・FSとも数が倍になってる(^^;)
3種類跳べると、SPでつま先に負担のかかる4Tを抜いて勝負できるのも凄いな~♪

open-practice-prince
FSは半分が4回転の挑戦的な構成に身体への負担は気になります。

各局が4Loの成功した映像のみを流す中、唯一パンクして苦労する姿を映してくれたのがevery。ブライアンにアドバイスもらって成功するところまで流してくれていつもながら、good jop。
時間も長くとってくれるし、視点もちょっと違うのでやっぱりeveryは好き☆

pino2016さんより、everyの動画お借りしました。
160914 新プロNews⑤

Hero’sの動画もお借りしましたので、リンク貼らせて頂きます。キャプもさせて頂きありがとうございました。
160918 緊急取材!カナダで今

i-dont-know-4lo-suceed-if-i-try
ループの成功率は高そうに見えますけど、確率5割と言っていた局もあったし、試合で実際に跳んでみないとわからない感覚ってあるかもしれませんね。

iwant-to-beyond-my-record
今年は、自分の記録にとらわれ過ぎずにやれるか。
やってくれると思ってますよ~。もちろん。

今季はNHK杯・全日本共にお家観戦のつもりですが、ローチケのN杯単日券の抽選メールが届いたら、申し込みたいとうずうずして来ました。

申し込んでみようと思ってはいますけど、当たるとも思えず予定通りお家観戦になることでしょう。
来年はショーと試合観戦に復帰できることを願って体力回復に努めたいと思います。

gunes
ギネス認定で結弦クンが久しぶりに公の場に姿を現したのが、手術の前日。
縁起がいいと嬉しくなったら、本当に望んだ結果を得ることが出来ました。

subway-ad
あまりクリアなお写真ではありませんが、今年の1月からずっとこの結弦クンの広告を見ながら、今お世話になっている病院に通っていました。

今は三浦カズさんの広告に代わってしまいましたけれど、結弦クンの笑顔を見てから病院に行けたことも、私にとっては幸運を呼び込めたと信じています。

まだ体が戻るのに時間もかかりそうですし、結局この記事も5日近くかけて書いているので、次の更新もかなり先になるかもしれません。

一度更新すると安心してしばらく休む癖が付いているので、お気が向いたらのぞきにきてやってください。各社のキャンペーンには参加します。(笑)

オータムクラシックもグランプリももちろん楽しみにしてます。

今回のお写真はweb sportivaさん、マイナビさん、産経フォトさんからお借りしました。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。