タグ別アーカイブ: 東京西川COOL SLEEPキャンペーン

「FaOI 2017全日程終了後のあれこれ」


楽しかった新潟公演からまだ10日程しか経っていないのに、キャンペーン・テレビ放送・嬉しいお写真公開等、色々あって自分が追うのが精いっぱい。

ようやく記録しようと思えました。(^^;)

最初のお写真はFaOIさんのFacebookより、新潟公演での「バキュン!」

他のお写真などでも思ったのですが、結弦クン、ハビより背が高くなってる気がするんですよねーっ。公式発表の身長は変わらず171cm。でも絶対もっと伸びてる!とは思いますがご本人が教えてくれないから仕方ない(笑)

(新潟公演最終日の、ずべっとこけてフィニッシュに間に合わなかった立膝バキュンのお写真。公開後にFaOIさんがFacebookに追加してくださったようです。しばらくお休みすると思うので私もお借りして貼らせて頂きます。結弦クンばかり見ていたので、昌磨君と真凛ちゃんのいい感じも、明子さんのリフトにも気づかずすみません(汗))

昨年の夏より再びの東京西川さんのキャンペーン。

6月23日開始の東京西川さんのクリアファイルキャンペーンを知った時、新潟で最高の時間を過ごせたのだからもうグッズは良いんじゃないか、と本気で思った。

ですが、当日は近所のヨーカ堂で実施することを確認して9時の開店時間前にお店の前にいました。(^^;)

自分にコレクター気質の部分があったことに気づかされました。

対象商品2000円お買い上げにつき1枚で全4種。

とはいえ、2000円ピッタリのものはヨーカ堂でもありませんでした。税込2700円の敷きパッドとか。デパートに行かれた方などはもっとお高めの対象商品しかなかったようです。(;;)

一枚2000円以上のクリアファイルです。(苦笑)

ヤフオクの方が安く手に入ったかも・・・今回のファイルはそちらで買っても良かったかな・・と言う気もちょっとします。

ですが自分でお迎えに行くことに意味もある、と自分を納得させ他で節約。

キャンペーン実施期間は6月23日~7月31日ですが既に終了しているかも?
な、東京西川COOL SLEEPキャンペーン

そんな中、関西の方で放映されたFaOI神戸の映像は、「キャッツアイ」のアングルが違う。

ずっと、側転?と思い切り勘違いしていた結弦クンの得意技は、「ロンダート」と言うのだと最近学ばせて頂きました。(笑)

BS朝日では思い切り切られていましたが、関西版では「ロンダート、切れてないよっ!」
と感激された方、多いと思います。


織田クン・真凛ちゃん・鈴木明子さんとのトークや、明石焼きをほおばる姿も見られました。

「食が細い」と言われ続けている彼が、美味しそうに食べている姿って貴重だし嬉しいんですよね。


演技後のインタビューもたっぷり。だけどその分、OPやフィナーレ部分が少ないかな?

Mさんより動画をお借りしました。一度削除されてしまったものを最アップして頂き、ありがとうございます。キャプチャーもさせて頂き、重ねてお礼申し上げます。

Kobe 1(Opening)
Kobe 2(Talk oda yuzu akko marin)
kobe 3(Y- Finale)

プルシェンコさんのインスタのこのお写真の笑顔がかわいいんですが、筋肉に釘づけ!

脚を見せてくれてますがファンサービスではなく、プルシェンコさんのマッスルマンに近づけようとしていると思われます。

ホントに脂肪がない。(^^)血管にすら喜んでしまいました。
この足で華麗なジャンプが繰り出されているんですね。

絶対王者じゃなくって「ただのプルオタ」になってるところが微笑ましすぎる(^^)/

記事に貼っておけばいつでも見られるということで写真お借りしました。ありがとうございます。

平昌五輪代表発表の場でもある、年末の全日本選手権12月20日~24日の開催が、「武蔵野の森総合プラザ」であることも発表になり、新しいシーズンに入ることを改めて実感しました。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/06/23/kiji/20170623s00079000131000c.html
個人的には収容人数が多いし、さいたまスーパーアリーナだと良いなと思っていました。

通える距離だからありがたいなんて思いましたが、その前に「チケット」ですね。(^^;)

8月は公開練習や、神奈川県でのイベント、そして今年も24時間テレビがあるようで7月の砂漠期間を乗り切れば、またすぐに会えるかな?

(猫耳つけた新潟千秋楽の彼。楽しそうに滑る姿がやはり印象的。)

24時間テレビに関しては、「夜遅めの生放送時間中に演技をしなくていいのでは」と言うのが彼のコンディションを心配するファンの意見としては多いようです。ワタシもそう思います。

7月1日が2017-2018シーズンインと言うことで、「明けましておめでとう」
という挨拶がかわされる、なんてことも一年を通してフィギュアを追うようになって知ったことです。

(ソチ五輪シーズン中に発売されたNumber Plus。この本の裏表紙である彼を見て衝動買いした時から、私の地球は結弦クン中心に廻りはじめたのかもしれません。ちなみに表は高橋大輔さんです。)

「パトリックや高橋君に演技で勝てるとは思わない。だったら僕はどんどんジャンプを跳ぶしかない」

そう言っていた彼に勝つために、若手たちがどんどんジャンプを跳んでいる。とてもとても時代を感じる1冊です。

五輪シーズン開幕まであと3日。怪我なくシーズンを過ごして彼が大好きなスケートを楽しんでくれること。その上で結果がついてきてくれることを信じて、ずーっと彼を応援し続けます。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。