タグ別アーカイブ: 2016

「蒼い炎Ⅱ」発売・アサイン発表・他

sportiva
お久しぶりです。ブログ放置記録を更新してしまったと思います。
一週間と少し入院してる間に、アサインも発表され・青い炎Ⅱが発売になってしまいましたっ!!

本来の病気の治療はまだまだ続きますが、副作用で以前の古傷に影響が及び入院・手術の運びとなりましたが、無事に済み退院できました。
ご心配下さった方々ありがとうございました。

「何のことか訳わからん」と言う方は読み飛ばしてやってください。(苦笑)

既出すぎて今更書くのも憚られますが、「それなりに維持してます」のご報告も兼ねての更新ということで。(^^)

長いお休みの間にのぞいてくださった方々、ありがとうございます。

退院したのは七夕ですが、通院の「通り道だから~♪」と理由を付けて、池袋の三省堂サンにて等身大パネルのお写真を撮らせて頂けましたので、「蒼い炎Ⅱ」発売から。

Blue flameⅡこちらはAmazonにて注文しておいたので、病院にもってきてもらいました。

前作の方が、結弦クンが自分の言葉で「語る」部分が多かったので、感情移入しながら読めたな~というのはあります。

「蒼い炎Ⅱ」は既にテレビや雑誌で聞いていた話も多かったし、結弦クンの言葉も「インタビューに答えている」形式のこともあってか淡々と読んでしまいました。

2012 romeo(2012 ワールドのリンクに出る直前の表情。気迫の演技前にこんな切ないお顔を見せていたんですね(涙)

2012年の世界選手権初出場から現在を時系列で、その時の彼の心境を自身の言葉と共に振り返ることも出来ました。
既出のインタビューに新しく加えられたところもあり、やはり読んでよかったです。写真も良かった☆

Blue Flame panel(池袋三省堂書店にて。端の方にひっそりと設置され、写真を撮りに来たのも私一人。この配置だと、結弦クン自ら本を売ってるように見えなくもない・・・(^^;))

尿膜管遺残症については初めて語られたこともあり、2014年の全日本はお臍が痛みと出血で大変な状態に耐えての演技で優勝だったんだと思うと泣けても来るし、行きつくところはメンタルの強さになってしまいます。

最終章では、ボーヤン君のルッツ・昌磨クンのフリップについて語り、パトリックやハビも進化している中で闘えている「今が一番スケートが楽しいかも!」
ご本人も進化を止める気はなく、四回転の種類増やす気マンマン。

本文も、「羽生結弦は体力もまだ向上できるし、表現も更なる高みを目指す」 と言う当然希望に満ちた言葉で締めくくられてます。(かなり端折りました。スミマセン)

今シーズンも怪我の心配しながら応援することになりそうです。心配することに慣れることはできない~。

Blue Flame Pop(嫌というほどご覧になっていると思いますが、POPの実物。思ったより小さかったです。この本の出版はチャリティの意味もあるんですよね、とエピローグと結びつくお言葉ですね。)

個人的にはやっぱり前作が好き。
紙質も良かったし。← 消費税も上がってるし仕方ないか。

では、1週間以上前に出ましたアサインに関して。

2016 gpf asign men(字が見えにくい方はリンクをクリックして頂くと見やすいかもしれません(^^;))

シングルス男女のアサインと世界ランキングのリンクも貼らせて頂きます。

ISU Grand Prix of Figure Skating 2016/2017 Men

ISU Grand Prix of Figure Skating 2016/2017 Ladies

世界ランキング 男子シングルス

結弦クンは、10月28日~30日のスケートカナダ、11月25日~27日のNHK杯にエントリーですね。

スケカナのパトリック、NHK杯のミハイル・コリヤダ、ジェイソン君、ネイサン君が気になります。

ハビは連戦だけど大丈夫そう。SP自信作の持ち越しだし(笑)

ネイサン君、草太君、クリケットから出ちゃったナム君がどこまでお兄さんたちを脅かすのかもヒジョーに気になります!!

後は結弦クンの状態しかアタマにありません。
新プロはSPジェフ。FSシェイリーンさんとのことですし、元気に滑る映像も流れてましたね。
criket workout(一番後ろは確かに結弦クンですね)

私が留守の間に良い情報が出て良かったです (^_^)v

今季はショーで新プロのお披露目の機会がなかったのでいきなり試合で初披露でしょうか。
それもキンチョーするかもしれませんね。

自分の入院騒動でDOIの事すっかり忘れてました。
ドクターXも、2011四大陸のアーカイブも観られていない。(汗)
いずれも録画はしてあるのでおいおいと観ます。

アサインと、青い炎Ⅱを、記録できてよかった!とします。

お写真は自分で撮ったもの、Web sportivaさん、蒼い炎Ⅱ本書よりお借りしました。

結弦クンのキャプは、yuzuemon1207さんよりお借りしましたので、リンク貼らせて頂きます。ありがとうございました。
クリケット練習風景

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

「氷上練習再開!」と「来季試合多いですね」

practice started
このニュースをどれだけ待ったことでしょうっ。(ウルッ)

羽生 左足甲負傷から順調回復

日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は22日、都内で行われた理事会後に報道陣に対応し、4月の世界選手権後、左足リスフラン関節靭帯損傷のため、全治2か月の安静、加療と診断されたソチ五輪金メダリストの羽生結弦(21)=ANA=について、「表情で滑っていると聞いている。ジャンプ、スピンをどんどんと言うわけではないが滑り始めている」と、氷上練習を再開したことを明かした。

羽生は2年ぶりの優勝を狙った世界選手権でSP首位発進したが、フリーで逆転され、2年連続の2位に終わった。シーズン途中から左足甲を痛めており、その後、帰国はせず、練習拠点のあるトロントで治療に専念。今夏に予定されていたアイスショーについては、今のところ全てキャンセルしている。

http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/06/22/0009211918.shtml

He is revovery dailyなぜかネットニュースではこのお写真が使われています☆

今朝(6月23日)の「めざまし」と「あさチャン」でも、「羽生選手氷上練習再開」を取り上げてくれていて、嬉しかった~。
織田クンの、「焦らないで治そう」「彼ならすぐ跳べるようになるから」のお言葉を信じることに致しましょう。

例年のシーズンなら、DOIで新プロ披露目してる頃なので、確かに遅れてはいますが、まずは良かった~!!
多くの方の回復祈願が通じたのでしょう。(一応ワタクシもしてました(笑))
onnnmyouzi(昨年のアイスショーバージョンの衣装のSEIMEI懐かしいです)

出場選手の決定はこれからだそうですが、グランプリシリーズの6大会については日程は決まったとのこと。
フィギュアスケート速報さんより

リンク貼らせて頂きありがとうございます。 グランプリの日程のほかに、四大陸選手権~国別までの日程のほかにも、平昌オリンピックのチケットの手配のことについても挙げてくださっています。

今回の試合の日程も参照させて頂きました。改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
羽生選手のNHK杯出場はほぼ確定としても、もう1試合をどこにエントリーするか、ワタシ如きには明確な予想が出来ません(^^;)

NHK FS finish smile(NHK杯もまた異次元の演技を期待してしまいますので、来季もプレッシャーとの闘いはあることでしょう)

あまりNHK杯に近いとファイナルも含めて連戦になってしまうので、靭帯に不安を抱えた羽生選手には厳しいでしょうから、どの試合を選択するのかドキドキしながら発表を待ちたいと思います。

ワタクシ個人は来季の試合のチケ取りは全て不参戦ですので、皆様のご健闘を心よりお祈り申し上げます。

来年は、世界選手権前にもう一試合増えるとのことで、大変驚きました。
四大陸フィギュアスケート選手権2017 2月15日(水)~2月19日(日)(韓国・江陵)の後に、
2017 冬季アジア札幌大会 2月23日(木)~26日(日)
が、あるとのことで選手の負担が気になります。

2017 冬季アジア札幌大会
フィギュアのことしかアタマにありませんでしたが、スキーやカーリングもあるんですね。
ウィンタースポーツの選手が大変になりそう。(^^;)

JIJI.comさんより 世界フィギュア選考基準承認=スケート連盟

世界選手権 2017年 3月29日(水)~4月2日(日)(フィンラン・ドヘルシンキ)
国別対抗戦 2017年 4月20日(水)~4月23日(土)(日本開催・場所は未定)

冬季アジア札幌大会を全日本優勝者から選出等、スケ連はベストメンバーを組みたいようですが、選手は平昌と同じリンクで開催の四大陸の方に出たいのではないかということも想像してしまいます。

世界選手権はオリンピックの枠がかかる大事な試合ですし、いつもの年よりプレッシャーがかかるでしょう。世界選手権の前にどちらの試合に出ることになるのか。

結弦クンもどちらかには出ることになりそうですね。四大陸に出て平昌のリンクで滑ってほしいのはやまやまですが。
足の状態もシーズン保ってほしいですし~。

JIJI(ワールドのFSのお写真。足痛かったんでしょうね。と思うとまた涙が。)

怪我の心配・身体の負担はどの選手に対しても考慮しないといけないことは承知していますが、羽生選手がじん帯に不安を抱えているシーズンに限って、試合が多いことがヒジョーに心配なのは否めません。

Lambiel twitterランビエールさんのツイッターからお借りしましたこのお写真、可愛すぎます。鏡の前でクールに台本か何かを読んでいる女性たちとの対比も何とも言えません(笑))

今日はまず、練習再開のニュースが聞けたことを素直に喜び、後は足の状態をよくしつつ、大事に新プロ作成まで持って行ってほしいと心から思います。

4Loへの挑戦をどうするのか等も気になりますが、彼がグランプリに元気な姿で臨めることを今は願いたいと思います☆

今回のお写真はJIJIさん、朝日さん等からお借りしました。ありがとうございます。
NHK杯の画像はRikoさんより以前にキャプさせて頂きましたので、リンク貼らせて頂きます。ありがとうございました。151128 N杯 FS結果NEWS 2

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。

聞けて良かった!結弦クンのメッセージ

2014 World champion ship
今年の夏は史上最大ともいえるゆづロスですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

6月18日はJSports4にて ISUフィギュアスケート選手権アーカイブで、2014年の世界選手権男子シングルが放映され、わずか2年と少し前のことなのに懐かしい気持ちで見入ってしまいました。最初のお写真はその表彰式。町田選手が懐かしい☆

実は、この試合の男子フリーが人生初のフィギュア観戦という思い出の試合でもあります。
それまでの私は、「フィギュアは家で観るもの」という観念にとらわれていて、まさか自分が観に行けるとは思っていなかったんですね~。
2014 world championship entrance(この柱の横で自分も撮って頂いたのですが、どう見ても初観戦に舞い上がった見苦しいおばさん(笑)人差し指の形もチョット違う。顔隠して載せようかと思いましたがやはりボツにしました(^^;)

また同じ日に2016 FaOI神戸のテレビ放送があり、結弦クン自身のメッセージが流れるシーンも見られ、彼の声が直接聞けてと~っても嬉しかったです。

2016 FaOI神戸は録画したものを、アイスショーとして楽しみながら見ていましたが昨年を懐かしむ気持ちが出てきて、ぼ~っとすることもありました。

けれど、「羽生結弦さんからのメッセージお聞きください」のナレーションで我に返りました(^_^)

「こんにちは。羽生結弦です。
ファンタジーオンアイスの後半のツアー、神戸公演・長野公演に出演できるようけがの回復に努めてきましたが、なかなか思うように回復が出来ず残念ながら出演することが出来ませんでした。一日も早く皆さんの前で元気な姿を見せられるよう一生懸命頑張っていきます。」

やはり見込みより、少し回復が遅いのかな~。

FaoIの後半の公演に出たい気持ちもあったのだな~というそのお気持ちが十分嬉しいです。

グランプリのアサインもそろそろ出る頃だろうし、彼がどの大会にエントリーにするかも凄く気になりますね。

どうか、怪我が順調に回復してくれていますように。
次のシーズンが最大の試練の時にならないようにと願うのみです。

同日にJsports4でダイジェストで放送された、2014さいたまスーパーアリーナでの世界選手権、本当に懐かしいです。昨年の300点越えで少し印象が薄れた感がありますが、異次元の演技の前に史上二人目の「三冠達成」の偉業も成し遂げていたんですよねっ。

前述の通り、全く初めてのスケート観戦でしたが、慣れた方が一緒だったので観戦マナーなども色々と教えて頂きました。

2014 world champion ship real pooh
あ~ホントにプーさんが居る~と感激したのも覚えてます。

2014 world yuzu shake hands with pooh
サルコウを初めて降りたことや、キスクラの真正面だったので、一人でプーさんと握手する可愛さも目の当たりにできました。

SPで転んで3位スタートでしたから、逆転出来るかもドキドキ。
マッチ―の火の鳥が素晴らしかったので、逃げ切られちゃうかもと思った記憶も鮮明。

2014 world his performance(初めて見る彼の演技はとても美しく、一挙手一投足見逃すまいと思った)

2014 world gamzatti is be there
(最後のルッツを決めて喜んでいる姿。あの中にワタシがいます(笑)比較的探しやすい席なので本人だからわかるんですね。人は今がつらいと過去の楽しかった時間を思い出して逃げたくなることもあるんだな~と実感。)

2014 word championship Y and T
町田樹さんと二人で仲良くインタビューに答え、マッチ―が、
「来年これ目指すから」と結弦クンの金メダルを指していたことも印象深かったですね。

町田さんの引退宣言は突然すぎて「来年はこれ(金メダル)を目指すからって言ってたじゃない。」と涙ぐんだこともありました。

町田さんが現役を退いても、昨季は昌磨クン・ボーヤン君の台頭があり進化が止まらない男子シングルとなってしまいました。

その立役者である結弦クン、今シーズン間に合うのか心配ではありますが平昌連覇を見据えて無理はしないでほしい、けど早く回復して元気な姿を見せてほしいと気持ちは複雑です。

今は、私の人生の中で最もゆっくり時間が流れている感じ。

夜も早く寝てしまう日が多く、朝も7時ごろに起きますが朝食後は又寝てしまうことが多く、起きていられる時間に結弦クンの録画したものを観たり、フィギュア雑誌を見る時間は必ず取ります。

やはり好きな人や好きなものを観て笑顔になることは身体にも良いようです。(^^)

この記事も3日かけて書いているので、18日に放映された番組のことが今日に至ってしまいました。

今回は、結弦クンの声が直接聞けたことが嬉しかったので、それだけでいいから書きたいなと思いました。が、それだけという訳にはいかず、結局自分にとっても思い出深い2014ワールドを少し振り返ることに致しました。

お写真はNews.comさん、自分で撮ったもののほかに、WDMBF2さんよりお借りしましたのでリンク貼らせて頂きます。
[HD] 羽生結弦 Yuzuru Hanyu – 2014 ISU World Championships – FS

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。