タグ別アーカイブ: 2017四大陸選手権

「気持ちは四大陸選手権」&「早くもFaOI?」


2月に入ってフジテレビさんの四大陸選手権の番宣始まりました☆
フジさんのCMは煽りが上手いので楽しみな気持ちが高まります。

最初のお写真は、NHK杯の時のものですが素敵だなと思ったのでお借りしました。(それだけ最近のお写真が無いということ(^^;))


男女ともSPはLIVEだそうですが、FSはライストがありそうですね(で、すみません)。
スケカナが見られた中国魚章やdailymotion(今回は関係あるとは思えませんが)でやってくれないと、私個人はお手上げ☆なのでおとなしく地上波の放送を待ちます。


もうあと10日前後で、公式練習の映像なども上がってくることでしょう。
元気に滑る姿を観られることを楽しみに待っています。(ワクワク)


今回の試合は、真の4回転時代。絶対王者・羽生結弦選手に挑む4種類の四回転を操るネイサン君・結弦クンと同じ3種類を跳ぶ伸び盛りの昌磨君の対決につい、注目したくなります。

けれど、パトリック、ボーヤン君だってとても能力の高い選手たち。
平昌に出るであろう選手がそろうと思われるこの大会、とても楽しみです。

といいつつも、自分用に先日放送されたデータ・コロシアムと言う番組に出ていた、結弦クンとネイサン君のジャンプの基礎点をおさらい。

(羽生選手・FSジャンプの基礎点 87.53)


(チェン選手・FSジャンプの基礎点91.96。)

やはり最初の4Lz-3Tが大きいし、全米選手権ですべて成功させてますもんね(^^;))

ジャンプの基礎点はネイサン君が上でも、質の高さは断然結弦クンが上なのはファンの方が周知!
完成したプログラムをお披露目してくれるのが待たれます^^

気持は四大陸。けれどまだ先のことなのに、既にFaOIのチケットプレゼントの応募はがきが店頭に置かれてますね。もう皆様にお持ち帰りされて追加されることはないのかな?(応募用紙すらオークションに出てくるのが何とも(^^;))
Fantasy on Ice 2017


ここ数年は、悲愴の衣装の結弦クンが応募用紙の写真を飾ってますね。そして今年も。
イオンでもらい損ね、ウェルシアでもらってきました(^^)
今年は、観覧チケットのほかに当選者から60名様限定で非公開リハーサルにご招待!

あぁ。リハーサルにご招待されたい。

店舗が少ないウェルシアには何度も行けるものではないので、その場でパンテーンのシャンプー・コンディショナー詰め替えお買い上げ。
当分シャンプーには困りません。

イオンで購入するのはボールドとJOYかなぁ。ロッテとP&Gにはめられっぱなしの自分。
イオンの応募用紙はこちらからダウンロードできます。

欲しいのはA賞。

出来れば神戸公演希望。幕張より地方のプログラムの方が良いように感じてしまう。
「believe」も、記憶にはあるんですが「好きなプログラム」としての印象は薄いです(苦笑)

B賞のメッセージ入りフォトは見なかったことにしよう。

今年のFantasy on Iceの開催地は昨年より1か所少ない。
プレオリンピックシーズンだから選手の負担を減らしてくれたのかまでは不明ですが、チケット取りは激戦となること必須。

恐らく結弦クンは怪我さえなければINする。と、私も含めて多くの方が予想されているはず。(チラシに出てるんだも~ん。)

もちろんこの応募用紙での抽選以外に、各プレイガイドでの抽選もトーゼン行われる。

行けるんだろうか??たとえ1公演でも。(既に全公演外れた夢を見ました)

今年、2017-2018シーズンのアサイン、試合会場が発表になったら素早く動けるでしょうか。自分。(^^;)

チームブライアン・300点伝説もまだ購入していません。

前作の「チーム・ブライアン」はとても面白かったのですが1度読んでそれきりなので、ちょっと迷っていました。
アマゾンのカスタマーレビューでの評判がいいので、読む方に気持ちが行っています(笑)

平昌オリンピックのチケットの情報もちらほら聞きますね。

行きたい気持ちは強いですがチケットを入手するのは難しそう。

今の自分にとって「先の未来」を見ることは大切なことなので、難しいとしてもチャレンジだけはしてみたい。

その平昌と同じ舞台で行われる四大陸選手権。


しっかりと平昌の前哨戦として四大陸を意識していることがわかるインタビューですねっ。

そうして、納得のいく演技をして優勝してくれること願って、楽しみにしています。

今回のお写真は、web sportiva・newsomさんからお借りしました。(困った時のnewscomさん(笑))

フジテレビさんの番宣と、データコロシアム・羽生選手のインタビューの動画はpino16-17さんよりお借りしました。
2017 4CC 番宣 真実の方の真4回転時代
20174CC 番宣 四大陸選手権16日開幕
170128 男子フィギュア 勝負を分ける4回転
20170109 2017年の目標を語る
キャプチャーもさせて頂きました。いつもありがとうございます。

昨年病気をしたことで、モノを探したり片付たりする力が落ちてしまいました。素早く動くことが出来なくなったことも実感します。

体力も、札幌NHK杯を観に行けたことでどんどん戻ってくれるかと思ったら、年始の入院で後退しその後の戻りも少しづつです。
(お顔にロゴが入ってしまっているのが少し残念ですが、とても綺麗なこのお写真。NHK杯時のものです☆)

クリアファイルのお迎えやウェルシアに用紙をもらいに行ったり、アトリウムに手形を観にいく。そんな外出がリハビリみたいなところはあります。

今季は残り2試合。2連勝する結弦クンを観て自分も早く日常を取り戻そうと思います。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

2017・世界フィギュア代表決定


最初のお写真は彼がいないのがさみしいですが敬意を表して、全日本選手権で発表になりました2017・世界選手権の代表メンバーです。

男子の最後の一枠が、無良選手か田中選手のどちらになるのか気になりましたが田中選手が選ばれ、初出場おめでとうございます。

羽生、宮原ら世界フィギュア代表に決定 浅田は外れる

全日本スケート連盟は25日、フィギュアスケートの世界選手権(来年3月開幕、フィンランド・ヘルシンキ)代表選手を発表した。男子は宇野昌磨(中京大)、羽生結弦(ANA)、田中刑事(倉敷芸術科学大)、女子は宮原知子(関西大)、樋口新葉(日本橋女学館)、三原舞依(神戸ポートアイランドクラブ)が選ばれた。

世界選手権を3度制した浅田真央(中京大)は、代表選考に関わる全日本選手権で12位となり、派遣選手から外れた。

<フィギュアスケート国際競技会派遣選手>
■世界選手権
2017年3月29日~4月2日、フィンランド・ヘルシンキ
・男子 宇野昌磨(中京大)・羽生結弦(ANA)・田中刑事(倉敷芸術科学大)
・女子 宮原知子・樋口新葉・三原舞依

■四大陸選手権
2017年2月15日~2月19日、韓国・江陵
・男子 宇野昌磨・羽生結弦・田中刑事・
■アジア冬季競技大会
2017年2月19日~2月26日、北海道・札幌
・男子 宇野昌磨・無良崇人

ブログの性質上、ペア・アイスダンスの代表選手は割愛、四大陸選手権・アジア冬季競技大会もも男子シングルのみの掲載です。
ジュニアの代表選手、補欠選手名も割愛して申し訳ありません。

全ての競技の代表選手名・補欠選手名は下記からご覧になれます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161225-00000101-spnavi-spo

選手の皆さんが、自分の納得のいく演技をされ笑顔で試合を終えられるように応援しています。

今年の全日本も波乱でしたね

絶対王者の突然の欠場により、突然「勝って当然」の立場になってしまった昌磨君ですが、SPはまさかの2位発進。


ずっとトップの選手として闘っていた無良選手が、羽生選手の同級生・田中刑事選手に逆転を許し、世界選手権の代表から落ちてしまった。これも全日本の怖さ!

昌磨君、フリーで逆転の初優勝おめでとうございます。
FS終了後に流した綺麗な涙にノックアウトされた方も多いと思います(笑)。

平昌での3枠を獲得するためには昌磨クンの力が必要です。

冬季競技大会にまで選ばれて連戦になってしまうことを心配していますが、どうか怪我せずに頑張ってください。
私も感動したけれど、唯一無二の存在はやはり彼です(^^)V(一言多い?)

さっとん、三連覇おめでとう。新葉ちゃんも初めての世界選手権頑張ってください。

三原舞依ちゃん、昨年の全日本を病室から見ていたのにその1年後に見事に世界選手権代表内定。状況が少しだけですが似ていますので、心から応援させて頂きます。

真央ちゃん、来季も現役続行なんですね。今季のプログラム、好きです。(^^)

今でこそ、結弦クンのブログを書かせて頂いていますが、15歳でシニアデビューした真央ちゃん見たさに、フィギュアにチャンネルを合わせていた時期も長いです。外野の声を気にせずに自分のスケートを続けてほしいと思います。

結弦クンは、安静にして身体はだいぶ楽になっていると良いのですが。

全日本を欠場になってしまったけれど、
・過去3年連続で世界選手権は表彰台
・グランプリファイナル4連覇と今季の総合で世界最高得点を出していること
・世界ランキング1位

で文句なしの世界選手権代表選出だと思います。

彼のいない全日本はさみしくて、頑張っている選手たちに申し訳ないと思いつつ一歩距離を置いてみてしまう自分がいました。

年明けにあっという間に、四大陸選手権のニュースで姿を観られることを楽しみにしています。

カナダに渡った最初の冬に、インフルエンザ明けに無理をし怪我をした状態で世界選手権に出場した当時18歳の少年。


(演技終了後、全てを出し切って氷に突っ伏した姿は今でも忘れられません。(;;))

本番直前の6分練習でも怪我をし満身創痍の中、4位を勝ち取ってソチオリンピックの3枠を死守した責任感の強い彼は、オリンピックチャンピオンになっても進化を続けて今は「絶対王者」と呼ばれています。

この時のノートルダム・ド・パリの演技は無性に見たくなることがあります。

Poplar359さんより、懐かしの
羽生結弦 2013 世界選手権フリー(B.ユーロ日本語字幕)
の演技の動画をお借りしました。

彼の大きなニュースが出てこなければ、今年最後の更新になると思います。

私個人にとっては大きな大きな1年でしたが、多くの方に支えられ乗り越えることが出来ました。

皆様、優しさと励ましをありがとうございました。
来る年が皆様にとって、良い年でありますように。

今回のお写真も スポナビ・newscom・gettyさんからお借りしました。

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。