タグ別アーカイブ: SEIMEI

「悔しさが一番の原動力」


オータムクラシック銀メダル、おめでとう。(ハビの金メダルを羨ましそうにチラ見の姿が可愛い)

新・SEIMEIの初お披露目は不本意だったと思うけど、けがが悪化しないことが皆の願いです。

オータムクラシック2日目・男子フリーもライスト観戦。
結弦クン登場。ジャージ脱いだ時の衣装の印象は、基本のデザイン変わらずで手袋なし?

(この写真でやっと細部の違いをチェック出来たボケボケな私です。)

ライストだと画質が劣るので襟元ちょっと違う?と思ったくらいで、他の部分をチェックする間もなかった。

(襟元に黄色が加わって3重。狩衣により近くなった印象。色も模様も、こちらの方が良い感じと私は思います。サッシュベルトもこちらの衣装のが映えますね)

演技が始まったら、ジャンプがあまりにも決まらなかったので、「膝?膝?」とそればかりが気になって仕方なかったし。

ビールマン抜くとか3Aで転倒も、調子の目安って思ってしまう。(^^;


ハビエルの点数聴いてやっぱり逆転されちゃった!って感じです。フリーでの155点台は2014年・中国大会以来って言ってましたね。SPとFSの点差が42点て言うのも、なかなか見られないスコアかも・・・

ライストではジャンプの成功を祈ることしかできません。
良い演技はリピートしますが、良くなかった演技は殆ど見直せないです。

自分用ジャッジスコア

フリーは総合5位(;;)。8本中ジャンプの失敗は6本。

ジャンプが大崩れでも演技構成点が9点台が多いのは、凄いです。

演技中も演技後も良い表情をしているので怪我は大丈夫かな、という印象です。(私の予想当たらないけど今回は当たって欲しい。)

ジャンプに精彩を欠いた理由も、小塚君がわかりやすい解説。
「4回転の練習を積んでいるから身体が4回転のタイミングに慣れている」

あとはフリーの難易度を落としたことで却ってリズムが狂ったのか?や、雑念が多くなって失敗を重ねたとの分析をしているのが、9月25日放送のeveryです。

pinoさんから動画をお借りし、キャプチャーもさせて頂きました。
http://www.dailymotion.com/video/k7wlXzwgF1CL4voLEj1


悔しさっていうのは一番の僕の原動力になるし
また新たな悔しさを胸にこれからさらに力つけて行かないとと思いました。」

(everyは2015年のNHK杯で世界最高得点を更新した裏には、前のカナダ大会での悔しい思いをバネにしたこにもちゃんと触れてくれました!。)

世界最高得点更新の翌日に、フリーの失速で、予想通りの「まさかの2位」報道でした(苦笑)

結弦クンは同じシーズンで天国と地獄を見る人でもあるし、「悔しい思い」をした次の試合や、「悔しいSP」の次の日に良いフリーを見せてくれるのだけど。

報道する側もわかってて、「まさかの2位」とつけるのでしょうか。

(袖の内側のゴールドも効いていて、正面から見てもこの衣装素敵です。
フリーでは珍しく素手で良かったですね!)
グランプリの初戦は5年連続2位のスロースターターだから、この結果は全く心配なし。

むしろ、早くにピークが来ちゃうよりいつも通りのスタートにホッとしています。

ここぞという時に強いことも、土壇場での底力も皆わかって信じているから。

試合後にこんなリラックスした表情や

穏やかな佇まいを見せてくれているから、怪我は大丈夫って思いたいし、思ってます。


ハビエルに、スペインの国旗掲揚だよ、と教えてあげるこの写真はライストをスクリーンショットで来ました。

(3位は地元・カナダのケーガン・メッシング選手(存じ上げなくてすみません。読み方もあったるのか。(^^;))

SPはパーフェクトだったから認めてくれたけど、やはりこの試合のジャッジは、辛い感じーっ
イタリアが気前がいいのか、謎ですがあまり突っ込まないでおきましょう。

写真と動画をお借りした皆様、ありがとうございました。

初戦、お疲れ様でした。
完璧なSEIMEIはグランプリの楽しみに。

ロステレ杯までに順調に調整できますように。

最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

自分らしくいられる・「陰陽師」再び


五輪シーズンのフリーが「SEIMEI」と聞いた時、新しいプログラムじゃなくて寂しい、と思ったのは正直な気持ちだ。

(靴ひもを結ぶ姿も麗しい。エッジカバーが変わりましたね^^)

平昌後の展望が予想不能なこともあって、出来るだけ多くのプログラムが観たいという願望があった。

だけど次々に入ってくる練習の映像とインタビューを見て、やはり良い選択だと思った。

(佇まいが美しすぎて、それだけで涙が出ます)

彼自身が2015-16シーズンの時既に、オリンピックシーズンにもう一度このプログラムをやると決めていた強い意志。

「自分らしくいられる。滑っていて心地よい」と語るほど相性がいいのなら、そのプロを滑るのが良いんじゃないか。

「SEIMEI」は結弦クンに合っている。
笛や太鼓に合わせて舞い、陰陽師・安倍晴明を演じるこの曲は彼に良く似合う。

2015年のグランプリファイナルの時に2種類の4回転3本で出した当時の世界最高得点219.48は、ボーヤン・ジン、ネイサン・チェン選手が4Lz-3Tを成功させても越すことは未だできていない。

結弦クン自身が2017年のヘルシンキワールドで3種類4本の4回転(223.20)でようやく上回れた神プログラムでもある。

神プロが更にバージョンアップ。再演の今季は、3種類の4回転5本。

後半に持ってくる3本のうち2本が鉄板の4回転トーループなのでもう足の甲はすっかり大丈夫、なのかなって気になります。

(この恐ろしく美しいスパイラルはフリーの振り付けにあるのか期待してしまうんですけど~)

練習映像を観ていても、4Loは美着氷。
国別でいきなりやってくれた4T-1Lo-3Sは今回はきちんと構成に入っていて、とても綺麗だった。

SP・FSともに再演なので色々ご意見もあるようですが、概ねは賛成や喜ぶ声が多いかと思います。

「バラⅠ」と「SEIMEI」は最強のタグ。

自分に合った、身体にもなじんだ曲で構成の難易度を上げて表現に磨きをかけて連覇を狙って良いんじゃないか。

8月11日に公開された、websportivaさんの記事にも、今季のSP、FSがどれほど自分に溶け込んでいるかが語られています。

羽生結弦が語った五輪への戦略。「自分でいられるプログラム」を選ぶ

ルッツも跳べるようですが、今季は試合に入れないと明言。
ジャンプもミスした時、どんな状況でもリカバリーできるように対策していることも伺え、必ず金を狙っている強い意志、も感じました。

レツクレやホプレガがなかなかまとまらなかった昨シーズン。
今季はプログラムをシーズンの中で仕上げていく時間はなく、最初から仕上がった素晴らしいものを持ってくる必要がある。

websportivaさんの記事から、新しい物をやることの難しさも伺えましたが、「自分でいられるプログラム、勝負曲をこのシーズンにもってきた正しい選曲」と思います。

同じプログラムを滑ることは、ジャッジに新鮮味が欠けると判断され演技構成点で10点がつかないリスクもあるのだそうですね。(河合彩さん解説)

公開練習の映像を観てワクワクもしたので、その心配はないと思うけど新プロでないゆえの難しさもあるんですね。

衣装もどんなふうに変わるのかとても楽しみ。
(アイスショーバージョンのこの衣装も懐かしいですね。生地が硬そう)

「SEIMEI」には私自身も強い思い入れがある。

2015年・長野NHK杯。最初のジャンプが決まったと同時にノーミスを確信し、彼がゾーンに入って行く、そんなに簡単に出会えない場にいられた奇跡の4分半。

平昌で、再現してくれたらうれしい。

オリンピックの魔物も、自ら陰陽師として取り払って平昌でも金!。

今回もお写真、多くの方々からお借りしました。ありがとうございます。

神奈川のイベントや、24時間テレビが迫っているので、間もなく帰国ですね。

(やはり公開練習にはANAジャスでスーツケースガラガラでの登場♪)

元気に帰ってきてくれるのを楽しみにしています。

来月にはオータムクラシックが始まるので完全にシーズンモードに突入です。

スカスカの繋ぎみたいな記事なのに、とても時間が掛ってしまいました。(T_T)
と、公開練習まで頑張ったからしばらくゆっくり応援しようと思います。(^^)/

最後までお付き合い頂いてありがとうございました。